ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


09月

会津駒ケ岳・中門岳 2017年9月19日

今日は台風18号が去って晴天が保証されています。ならばと会津駒ケ岳へ行くことにしました。出発は5時40分、すでに駐車場には10台以上が停まっていました。ここの標高が1100M、会津駒へは標高差約1000Mの登りです。

 

2時間近くかけて登り、森を抜けると会津駒ケ岳の山頂が見えて来ました。風もなく良い天気です。

 

 

 

山頂付近は湿原地帯となっています。

 

山小屋が見えて来ました。

 

山小屋前です。会津駒ケ岳山頂まではもう一息。

 

山頂へ向けて出発。

 

途中、アザミが咲いていました。

 

2132Mの山頂到着。このあと中門岳を目指します。

 

北へ伸びる中門岳への尾根は湿原で覆われています。今日のルートの一番のハイライトです。

 

湿原の先に東北最高峰の燧ケ岳が見えました。

 

湿原には食虫植物のモウセンゴケがいっぱい。

 

中門岳に到着。会津駒ケ岳から約2キロずっと湿原歩きが楽しめました。

 

チングルマです。

 

アキノキリンソウです。

 

山小屋まで戻って昼食とします。今日はカップ麺とおにぎり。

 

山小屋から下山方向の眺め。降りて行く人もこれから登ってくる人も見えます。

 

エゾリンドウがたくさん咲いていました。

 

標高差1000M、距離にして往復17キロ。食事や休憩時間も入れて8時間の行程でした。膝サポーターをしていたのですが、やはり下山途中から痛みが出てしまいました。また、濡れた木道で滑って転んでしまいましたが、腰のヘルニアの方は大丈夫だったようです。

 

 

 

 

家形山 2017年9月5日

休みで快晴というのは何と7月下旬の月山山行以来です。今年は、夏を経験しないまま秋に突入してしまいました。とにかく夏を取り戻したい!という気分でいっぱいなので、今日は手っ取り早く森林限界を散歩できる浄土平スタートとしました。

 

ヤマハハコが咲いていました。北朝鮮の動向が気になります。「今は対話の時期ではなく、更なる制裁が必要なんだとか・・・」私はやっぱり対話だと思うんですが。

 

シラタマノキも咲いています。学校では2学期が始まる季節。中高生の自殺がニュースで流れています。ご本人は閉塞感で考える余裕も無いのでしょうが、世界中旅してから死んでも遅くないのではとオジサンは思ってしまいます。

 

鎌沼を見ながら一切経山へ標高を上げて行きます。

 

ウメバチソウも咲いていました。

 

一切経山のてっぺんからは魔女の瞳を見ることができました。目指す家形山はその奥の小高い丘です。

 

エゾリンドウが沢山咲いていました。

 

家形山へ登る途中、エゾリンドウ越しに一切経山を振り返ったところ。

 

家形山山頂です。ここから西へ吾妻連峰の縦走路が伸びておりまして、先日の3連休に二十年以上ぶりで行ってみようと思っていたのですが、雨で中止となってしまいました。今日のコンデションなら行けそうですが残念ながら明日は仕事なので、気ままに山歩きするわけにも行きません。ここから引き返すことにします。

 

下山路は鎌沼周遊ルートを行くことにしましょう。天気が良いと本当に楽園ですね。数日間ここでのんびりしたいなぁ・・・下界の事情もあるので先へ進まねば。

 

湖畔の水辺には食虫植物のモウセンゴケが沢山ありました。

 

今日は晴天の中距離にして11キロ、4時間の楽しい散歩ができました。山道はもっと先へ先へと続いているのに帰らなければならないのが辛いところです。踵を返す時・・・期限を決めずに大陸を横断するような旅行がいかに贅沢なことであることか実感する瞬間です。

 

下山後は野地温泉で汗を流して帰宅しました。(今日の温泉はお客さんいっぱいで撮影できず、写真は数年前に自分んで撮影したもの)