ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


31日

安達太良山(馬車道~勢至平) 2017年1月31日

西会津の山へ山スキーに行こうと、前日から移動を始めたもののやっぱり吹雪よりは天気が良い方が良いしねと気が変わって安達太良山麓の岳温泉で車中泊することにしました。午後8時ころスーパーへ入って見切り品をゲット!色々掘り出し物がありましたよ。枝豆30円!カキフライ120円!かつ丼150円!などなど・・・

 

で、翌日は晴天を求めて安達太良山へ。ところが予想以上の強風でした。何と、平地でも強風注意報が出てJR東北線が徐行運転をしているほど。車を停めたスキー場の駐車場は突風が吹き荒れていましたが馬車道ルートに入ると風も止みました。

 

とても稜線には出れない強風でも、樹林帯は風のない別世界。

 

雪の山道を登りつめていくと勢至平へ出ました。案の定、突風が吹き荒れています。今日はここまでとして引き返すことにします。

 

道が細いので、ターンを楽しむような滑りできませんが、これはこれで楽しいものです。あっという間に下山しました。

 

早く下山してしまったので、今日は以前から気になっていた、道の駅つちゆ近くにある「旧土湯スキー場跡」を訪ねてみました。かつてのスキーセンターのような建物でしょうか?リフトは無いようですね。今では考えられませんが、昔はリフトのないスキー場もあり、お客さんは板を担いでゲレンデを登っていたという話を聞きます。ここも、そんなスキー場だったのかもしれません。良い時代だなぁと思います。そういう私も今シーズンは今日でスキー12日目ですがまだリフトに一回も乗ってなかったです。ゴンドラはグランデコで1回乗りましたけど。

 

ゲレンデ跡地をシールを付けて登って見ましたが、もう森林に戻っているのでかつての面影はありません。リフトが無いことで痛々しさを感じずに済みました。日本にはスキー場が多すぎます。もうこれ以上作るべきではないと思うし、廃業するときのために、リフト設備を撤去するための資金をスキー場側に最低でもストックさせておくべきだと思います。リフト設備の残った廃スキー場ほど痛々しいものはありませんから。

 

早く下山したので、郡山の「かつや」へ。一回からっと油で揚げたカツレツを醤油だしで煮て卵でとじる、一体いつ誰が考えたのか、すごい料理ですよね。世界で一番うまい料理はかつ丼かも、と思ってしまいます。

 

今日の温泉は、「郡山日帰り温泉」という温泉本で無料入浴できる郡山温泉であったまってから帰宅。

 

 

にほんブログ村