ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


07日

鎌倉岳(常葉) 2016年11月7日

pb072157紅葉も下界近くまで色付き始めて来たので、今日は阿武隈高原まで足をのばしてみます。阿武隈高原とは福島県の中通りと浜通りに挟まれた高原地帯です。町がある田村市船引の中心部で標高400Mほど、周辺の山々もやっと1000Mに届く程度のなだらかな高原地帯。太平洋にも近く冬でも日照時間が多くて雪が少ないため、原発事故前は都会から田舎暮らしをするための移住先としても人気だったエリアです。我が家からは約50キロのドライブで鎌倉岳が見えて来ました。なかなか格好の整った風格のある山ですね。頂上付近のゴツゴツとした岩がアクセントになっているし、紅葉も素晴らしいです。

 

pb072159登山口には車が5台くらい置けそうな駐車場とトイレがありました。すでに先行されている登山者もいるようです。ここの標高が520Mほどなので標高967Mの鎌倉岳までは約450Mほどの登りです。コースタイムだと1時間半くらいになるのでしょうか?最近は体が山登りモードになっているので1時間くらいで登れてしまうかもしれません。

 

pb072174見た目より急な登りが多かったです。汗をかきかき登ります。鎌倉岳と名の付く山は阿武隈高原に二つあります。ここと、もう一つは古殿町にあります。ガイドブックによると、鎌倉の倉の字は岩場を示す文字でどちらの山も岩場があり、群馬県、谷川連峰の一の倉沢、仙ノ倉岳もそのよい例だと書かれていました。

 

pb072173思った通り、1時間も登るとひょいと岩でゴツゴツした山頂へ着きました。

 

pb072164ちょうどひと月前に登った移ヶ岳方面の眺め。

 

pb072165竜子山、天王山方面の眺め。遠く太平洋も望めるとのことで楽しみにしてきましたが、これ以上ない秋晴れの本日でも確認するのは難しかったです。何となくあの先の何にもない平らなあたりが海なんだろうか?という程度にしか確認できず。

 

pb072168-2山頂から紅葉で色付いている近辺を撮影。山頂付近は散っているし、麓はまだこれからというのが見て取れます。

 

%e9%8e%8c%e5%80%89%e5%b2%b3%e3%80%8020161107今日のGPSトラックです。たっぷりと一日歩きたい時もあれば、軽く流したいときもあります。阿武隈高原の山はお手軽ハイキングにぴったりのコースがいっぱいあります。

 

pb071126午前中に下山して昼食はお気に入りのラーメン屋さん「丸信」へ。チャーシュー麺大盛行ってしまいましょう!体重も運動しているからなのか、何らかの病気のせいかわかりませんが、20代のときと変わらぬ66キロをキープしています。

 

郡山市の成田温泉で汗を流そうと行ってみましたが、おなか一杯なこともあり風呂より昼寝がしたくなってしまい、駐車場で2時間ほど昼寝。こういうとき、車中泊仕様のワンボックスカーは役に立ちます。午後3時過ぎ、目覚めてからゆっくり温泉に浸かって帰宅しました。かなりグーな一日。