ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


11月

ユーザー車検&信夫山 2016年11月29日

pb291177

愛車「梵号」のユーザー車検に行ってきました。海外旅行中は車検切れ状態にしておいて、今年の2月9日に帰国してすぐに車検を通して乗れるようにしてありました。梵号は4ナンバーなので、車検の有効期限は1年、なので、来年2月まで乗れるのですが、2月は路面状態も良くないし、スキーなどで忙しいし、車検を受けるために車中泊仕様に改造した荷室を空っぽにする作業も寒くて辛いし、面倒。なので、前倒しで車検を受けることにしました。重量税とかちょっと金銭的には3か月分くらい無駄にはなってしまうけど、11月なら時間に余裕もあるので私にとって、車検には良いシーズンです。

 

pb291176-2

ユーザー車検は、もう何度も受けてるので慣れたもの。係りの人の言う通りにすれば良いだけなので簡単です。ナンバープレート灯が切れていたので一旦、車検場を出て85円で買って付け替えて、再検査して手続き終了。

かかったお金は、

自賠責保険代  13420円

重量税     12300円

車両検査代   1700円

車検申請用紙代 30円

ナンバー灯   85円

合計      27535円

貧乏人には辛い出費ですが、天栄村では、車はひとり1台無いと生活できないので仕方ないですね。梵号ももうすぐ走行20万キロ、買い替えなければならない何てことになると大変なので30万キロくらいまでは頑張ってもらわないと。

 

pb291179

せっかく陸運支局のある福島市まで来たので、うつくしま(福島)100名山のひとつである信夫山に登ってみることにします。山といっても人口30万の県庁所在地、福島市街のど真ん中にある小高い丘で、公園と遊歩道が整備されています。

 

pb291185

駐車場に車を停めて遊歩道を歩いて登って行きますと、猫稲荷なるものがありました。

 

pb291186

猫の幸せ祈願ということで、たくさんの自慢猫、思い出猫の写真がありました。

 

pb291196

さすがに歴史のある山のようで、参道には猫稲荷以外には歴史のある祠や神社などが建ち並んでいまして、頂上は羽黒山神社となっていました。奥に見えるのが有名な日本一のわらじなんだとか。

 

pb291195

もともとは飛脚が健脚祈願で300年前に建てたのが最初だとか、今は、足の不自由な方の義足などがたくさん奉納されていました。何とわらじの長さは12メートル。

 

pb291200

信夫山第2展望台から福島市街、花見山や競馬場、阿武隈川方面を望む。

 

 

%e4%bf%a1%e5%a4%ab%e5%b1%b1%e3%80%8020161129

GPSトラックです。

 

pb291202

お昼時になったので、福島市街へ戻って有名ラーメン店「伊達屋」へ。

 

pb291201

塩ラーメンがおススメとのこと。1番人気は塩チャーシュー麺らしいけど、私は塩ワンタン麺の大盛(1150円)にしてみました。ワンタンはエビワンタンでプリプリ、かなりグー。塩のスープもちょっと他では味わったことないくらい美味しい、大きなチャーシューはお箸で切れるほど柔らかく美味しかった。麺は平凡な感じ。赤みそラーメンも美味しいらしいし、塩のスープがかなりイケるので塩バターも試したいし、やっぱりこのチャーシューはもう一遍食べたい。行列ができるのも納得の伊達屋さん、値段は高いと思いますが、また来てみたいです。

 

pb291203

温泉は、奥つちゆ、川上温泉へ。半洞窟風呂目当てに訪れましたが、残念ながら今日は女性入浴日とのことで、万人風呂に入浴。

車検も無事通ったし、歴史のある信夫山も歩けたし、美味いラーメンと良い温泉を味わうこともできました。今日も良い休日だったと思います。感謝、感謝。

 

 

 

 

 

権太倉山 2016年11月26日

pb261171-2

今日は午前中は晴れの予報。午後から曇りになるというので、家から近い権太倉山へ行くことにしました。

 

pb260071

林道の終点に車を置いて登り始めることにします。

 

pb260073

登山道にはうっすらと雪が残っています。融け始まっているところもありますが、落ち葉もあるので靴がドロドロになることもなく歩きやすいです。

 

pb260074

もうそこが1000Mに満たない山頂です。

 

pb260075

家から近く、登りやすい山なので来るのはこれで3度目です。前回は千葉県のほうから団体で来られている人たち20名ほどと山頂でお会いし、こんな地味な山なのにとびっくりしたものですが、今日は私ひとりのようです。

 

pb260077-2

山頂から見た羽鳥湖。

 

pb260078-2

こちらは、羽鳥湖スキー場方面の眺め。

 

pb260079-2

磐梯山も見ることができました。

 

%e6%a8%a9%e5%a4%aa%e5%80%89%e5%b1%b1%e3%80%8020161126

今日のGPSトラック。

 

pb261172

下山後は甲子温泉へ。

 

%e5%a4%a7%e9%bb%92%e5%b1%8b%e3%80%80%e5%a4%a7%e5%b2%a9%e9%a2%a8%e5%91%82

地面から温泉が自噴する大岩風呂です。すでに先客が3名ほどいらしたので、画像はHPより借用させていただきました。ここは、県内でもお気に入りの温泉の一つ、ぬるめでじっくりと湯につかることができます。

 

pb261173

白河へ出て、とら食堂でワンタンメンを食べました。昔に比べチャーシューが薄く小さくなったような?味はさすがにおいしかったです。

 

 

 

 

 

茶臼岳 2016年11月25日

pb250049

昨日、我が家周辺にも初雪が降りました。雪の感触をもっと楽しみたくなって今日は那須の茶臼岳へ行ってみることにします。かつては那須高原に住んでいたこともある私たち夫婦ですが、50キロほど北の福島県天栄村へ移住してからは久しぶりの茶臼岳となります。

 

rimg1589

今日の日差しで溶けて道がドロドロになったら嫌だなと心配していたのですが、気温も低くサラサラと気分の良い雪の感触です。このルートは風の通り道で、体が吹き飛ばされそうになるほど強風が吹き荒れることもありますが、今日は風もなくとても穏やかでした。

 

pb250052

峰の茶屋避難小屋が見えて来ました。歩き始めてすぐに森林限界を越え、1時間もするとこのような荒々しい火山特有の風景に出会えるので初めて冬山を始める人にも人気のルート、久しぶりに来ると、福島の山には無い華やかさを感じます。

 

pb250057

尾根を北へ向かえば朝日岳を経て、三本槍岳、福島県に入って地味な甲子山、大白森山、そして我が天栄村の二岐温泉まで縦走することも可能ですが、今日は南へちょっと登ったところの茶臼岳を目指します。

 

pb250065-2

しばらく歩くと茶臼岳山頂に到着。何だか曇って来てしまいました。

 

rimg1601

峰の茶屋避難小屋へ戻って昼食休憩としましょう。

 

pb250068

避難小屋の存在は、これからのシーズン、とってもありがたいです。天気の良いときばかりとは限りませんからね。

 

rimg1605

カレーヌードル&カレーパンでカレーづくしの昼食。これからの季節はおにぎりだと凍ってしまうので、パンやカップ麺が重宝します。山で食べるカップ麺って何でこんなに旨いのかな。

 

pb250069

天気も崩れて来たので、さっさと下山して今日の山歩きは終了。雪というアクセントが加わっただけで今日は、とても新鮮で楽しかったです。これから本格的に積もって来ると、山でスキーが楽しめます。今から待ちどおしいですが、滑れるほどの積雪量になるまではもう少し今日みたいな雪歩きを楽しむことになりそうです。

 

%e8%8c%b6%e8%87%bc%e5%b2%b3%e3%80%8020161125

今日のGPSトラック。

 

rimg1607

下山後は雲海閣にて400円で極上の硫黄泉でまったり。気を良くした私たちは、今夜は寿司でも食べちゃおうかと、平禄寿司で1人前610円の寿司を2セット買って家路につきました。今日は天気良し、山良し、雪良し、温泉良し、寿司良し、たぶん(これから頂きます)、の贅沢な休日となりました。

 

 

 

 

高土山 2016年11月19日

pb191133先月お亡くなりになった田部井淳子さん、世界で初めて女性でエベレストに登られた福島県出身の方ですが、その田部井さんが、地元福島県で100名山を選定し「うつくしま100名山」と命名しました。南米旅行中、日本に帰国したら少しづつ登ってみようと考えていました。

いくら福島県に良い山が多いといっても100となると、地味な山も数多く入っています。福島県といっても広く、太平洋に面した浜通りから、豪雪地帯の会津まで変化に富んでいます。同じ県内といっても、何度も訪ねるエリアもあれば、未だ行ったことのない地域もあります。山を通じて県内のあちらこちらを訪ねるのは面白そうだと思って、今年の春から登り始めました。

今日は朝から冷たい雨が降っています。一番良い選択は家で読書でもするか、近くの温泉にでも行くかというところですが、毎週毎週、山へ行き慣れてしまうと、天気が悪いなら悪いなりに楽しめる山もあるのだからと、出かけずにはいられなくなってしまいます。それは、厳冬期でも一緒で、スキー場のリフトが強風で止まってしまうような時でも、風の影響を受けない樹林帯の山へ行ったりするのです。頂上など踏めなくても、雪の山を歩き、登り、スキーで滑るだけで満足するんです。

今日も、居てもたってもいられず、我が家から15キロほど離れた高土山へ行くことにしました。登山口は藤沼湖。東日本大震災ではダム湖が決壊し、7名死亡、現在でも1名行方不明となっているところ。

 

pb191135登山口に車を停めて登り始めるとすぐに、「東日本大震災により一部危険個所があるため、高土山への入山は禁止させていただきます 須賀川市」と看板が立っていました。一部危険個所って登山道ががけ崩れで落ちてしまっていたりするのでしょうか?だとしたら、もう、震災から5年半が経過していて修理するつもりはあるのでしょうか?5年半登山禁止の割にけっこうしっかりと踏み後が残っていますので私も偵察に行ってみることにします。

 

pb191140高土山登山コースの看板もあり、道もしっかりとしています。この先に危険個所があるのかな?

 

pb191148広葉樹林なので紅葉真っ盛り。太陽光が当たればもっときれいなのにと思ったけど。これは、これで、地味で静かで、かなり良いかも。

 

pb191145

落ち葉の中、雨の土曜日。誰も居ない山歩き。

 

pb191144

山頂付近だけ笹に覆われていましたが、三角点周辺はちゃんと草が刈ってありました。ところで、どこが危険個所なんだかよくわかりません。もう一度文字を読み返します。

「東日本大震災により一部危険個所があるため、高土山への入山は禁止させていただきます 須賀川市」

危険とは、登山道のことではなく、放射線量のことなのでしょうか?それとも、除染する予定も、登山道を整備する予定も当分ないから、何かあっても須賀川市は責任持たなくて良いように、登山禁止の看板を立てているのでしょうか?

放射線量については断定はできませんが、この付近もかなり下がっているはず。歩行するのに何の問題もない登山道をいつまで閉鎖するつもりなのでしょうか?

登山口の標高が400M、山頂が720M。往復1時間20分でした。ちょっと物足りないですが、悪天候の時はこのくらいがちょうどよいかも。

 

pb191150

下山口には藤沼温泉やまゆり荘があります。350円で温泉に入れます。震災で温泉も壊れてしまい、数年前にリニューアルオープンしました。お蕎麦が安くておいしかったのですが、リニューアル後、盛そば500円から750円に値上がりしてしまったのが残念です。

 

pb191151

須賀川市へ移動して、伏龍というラーメン屋さんでチャーシューワンタンメンを注文。1010円もしますが、味の良さはわかっているので大丈夫。カロリーはかなり高そうなので、今日の運動量だと普通のワンタンメンにしておいた方が良かったかも。

午前中に動き回って満足したので、午後は家へ帰ってゆっくり過ごすことにしました。

 

 

 

東京海外旅行研究会 ~仙台例会~

東京海外旅行研究会 ~仙台例会~

旅の話をさせていただくことになりました。

 

日時:2016年12月10日 土曜日 午後1時~5時
場所:仙台市民会館 第三会議室 地図
仙台市青葉区桜ヶ岡公園4-1  電話 022-262-4721
会費:海外旅行研究会会員 100円 非会員300円
内容:旅の発表希望者は幹事までお知らせください。(1人20分まで)
定員:50名(基本的に事前申込制です。空きあれば当日も受け付けます)
懇親会:場所 だんまや水産 定禅寺通り店。時間 17時半から3時間 飲み放題コース。会費 3500〜4000円を予定
申し込み先:幹事 大場 obamaki23@ybb.ne.jp または、東京海外旅行研究会事務局まで

 

pa011938

私が旅の話をさせていただくのは午後3時から5時くらいまでの特別講演になります。題は「旅立て!中高年!」旅立ちのきっかけは、2011年3月11日の東日本大震災でした。
私たち夫婦がユーラシア・アフリカの旅を終え、永住の地に選んだのは福島県の天栄村。定年まで長い旅はできないなとあきらめながらも、アウトドア三昧の日々を楽しく送っていました。
移住して6年目、東日本大震災で被災しました。買ったばかりの家も大規模半壊となりました。海辺では何万人もが津波で亡くなりました。爆発した福島第一原発のせいで、今も10万人の人々が故郷を追われ避難生活を強いられています。
怒り、悲しみ、虚しさ、今まで味わったことのない強い感情に揺さぶられました。そんな気持ちは今も残っており、生涯消えることはないでしょう。出てきた答えは、やってみたいことは今すぐやろう、ということでした。それが私にとっては今まで行ってない地域への旅行でした。2012年、思い切って退職し、夫婦でのバイク旅が始まりました。
興味のある方はぜひ話を聞きに来てください。

 

東京で旅の話をしてきました 2016年11月12日~14日

pb121128-2東京の品川区で、ワールドツーリングネットワーク主催で旅のお話し会をするために上京することになりました。地方へ行くときはたいてい道の駅で車中泊をするのですが、東京方面はなかなか良い宿泊地が見つかりません。千葉県の流山市の総合運動公園は24時間ゲートが閉まらずトイレも使用可とのことで、福島県天栄村から200キロ、約6時間のドライブでたどり着きました。お話し会は明日なので、今日はここでゆっくりと過ごすことにします。

 

pb135625-2翌日は朝から近隣を散歩などしてから10時過ぎにゆっくりと出発。運動公園からつくばエクスプレスという電車で秋葉原へ出て、山手線など乗り継ぎお話し会の会場へ向かいます。電車に乗るのも5か月ぶりです。前回は原宿で行われた海外ツーリングフェスタに参加するために電車に乗ったのでした。

人前で2時間も話をするのは大変だなぁ、時間が余ったらどうしよう?と思っていたのですが、実際は時間切れになってしまい、話したかったベトナムの話など削らねばならなくなってしまいました。来月は宮城県の仙台市でお話しする機会があるので、今回の反省点を踏まえてもっと簡潔にわかりやすく話ができればと思います。

 

pb131131-2お話し会の後は、居酒屋へ行きました。居酒屋へ行くのも5か月ぶりの体験。やっぱり居酒屋はいいなぁと思います。できれば、もう少し頻繁に来てみたいものです。この日は12時近くまで盛り上がり、車中泊の地、流山運動公園へ戻ってぐっすりと眠りました。

 

pb140044

翌日はタカノフーズへ。茨城県小美玉市、おかめ納豆の本社工場へ向かいます。ここには、納豆博物館があるほか、納豆の工場見学もできるので、納豆好きの私は数年前から来てみたいと思っていたのです。今回、お話し会で関東地方へ来る機会があったので、帰りついでに寄ることにし、事前に工場見学ツアーの予約も入れておいたのです。

 

pb140006

見学ツアーは毎日午前午後2回行われています。参加費は無料。私たちが参加したのは11月14日月曜日午前のツアー。集合時間の10時に行ってみると、すでに全国から納豆ファンが30名以上集まっていました。今回のツーアーの説明と納豆やタカノフーズの歴史について学ぶビデオを見ます。

 

pb140010

その後、工場内の見学です。納豆ができるまでの工程を見ることができ、とても興味深かったのですが、工場内の写真撮影は禁止でしたので外観のみ撮影。

 

pb140016

最後に納豆博物館を見学します。稲わらにはもれなく納豆菌が付いており、大豆を煮て40度くらいの温度を保った状態で納豆菌とくっ付くと納豆になるようです。元々は偶然の産物だったようですね。

 

pb140026

実に興味深い、納豆好きにはたまらなく魅力的な博物館です。

 

pb140032

昔のパッケージも何となく覚えています。そうそう、こんなんだったよな。

 

pb140033

1970年代のおかめ納豆のパッケージ。

 

お話し会は反省点もあるけど、次回12月の仙台の講演会につなげられればいいかなと思います。そして、以前から行きたいと思っていたタカノフーズの納豆博物館を訪ねることができて有意義な休日を過ごすことができました。これから寒くなって雪が降ると私の一番好きな季節がやってきます。毎日々々少しづつ寒くなるにつれワクワクと期待する気持ちが高まって来ます。

 

 

 

 

 

鎌倉岳(常葉) 2016年11月7日

pb072157紅葉も下界近くまで色付き始めて来たので、今日は阿武隈高原まで足をのばしてみます。阿武隈高原とは福島県の中通りと浜通りに挟まれた高原地帯です。町がある田村市船引の中心部で標高400Mほど、周辺の山々もやっと1000Mに届く程度のなだらかな高原地帯。太平洋にも近く冬でも日照時間が多くて雪が少ないため、原発事故前は都会から田舎暮らしをするための移住先としても人気だったエリアです。我が家からは約50キロのドライブで鎌倉岳が見えて来ました。なかなか格好の整った風格のある山ですね。頂上付近のゴツゴツとした岩がアクセントになっているし、紅葉も素晴らしいです。

 

pb072159登山口には車が5台くらい置けそうな駐車場とトイレがありました。すでに先行されている登山者もいるようです。ここの標高が520Mほどなので標高967Mの鎌倉岳までは約450Mほどの登りです。コースタイムだと1時間半くらいになるのでしょうか?最近は体が山登りモードになっているので1時間くらいで登れてしまうかもしれません。

 

pb072174見た目より急な登りが多かったです。汗をかきかき登ります。鎌倉岳と名の付く山は阿武隈高原に二つあります。ここと、もう一つは古殿町にあります。ガイドブックによると、鎌倉の倉の字は岩場を示す文字でどちらの山も岩場があり、群馬県、谷川連峰の一の倉沢、仙ノ倉岳もそのよい例だと書かれていました。

 

pb072173思った通り、1時間も登るとひょいと岩でゴツゴツした山頂へ着きました。

 

pb072164ちょうどひと月前に登った移ヶ岳方面の眺め。

 

pb072165竜子山、天王山方面の眺め。遠く太平洋も望めるとのことで楽しみにしてきましたが、これ以上ない秋晴れの本日でも確認するのは難しかったです。何となくあの先の何にもない平らなあたりが海なんだろうか?という程度にしか確認できず。

 

pb072168-2山頂から紅葉で色付いている近辺を撮影。山頂付近は散っているし、麓はまだこれからというのが見て取れます。

 

%e9%8e%8c%e5%80%89%e5%b2%b3%e3%80%8020161107今日のGPSトラックです。たっぷりと一日歩きたい時もあれば、軽く流したいときもあります。阿武隈高原の山はお手軽ハイキングにぴったりのコースがいっぱいあります。

 

pb071126午前中に下山して昼食はお気に入りのラーメン屋さん「丸信」へ。チャーシュー麺大盛行ってしまいましょう!体重も運動しているからなのか、何らかの病気のせいかわかりませんが、20代のときと変わらぬ66キロをキープしています。

 

郡山市の成田温泉で汗を流そうと行ってみましたが、おなか一杯なこともあり風呂より昼寝がしたくなってしまい、駐車場で2時間ほど昼寝。こういうとき、車中泊仕様のワンボックスカーは役に立ちます。午後3時過ぎ、目覚めてからゆっくり温泉に浸かって帰宅しました。かなりグーな一日。

 

 

 

 

小野岳 2016年11月5日

pb052124今日はとても良い天気でした。仕事も休みだし、家にじっとしてはいられないので隣の下郷町の小野岳へ登ってみることにしましょう。ここはまだわが村、天栄村の羽鳥湖。なかなか紅葉も色付いて来ました。ここからさらに会津方面へ車を走らせます。

 

pb052130小野岳が見えて来ました。湯野上温泉あたりからの撮影です。山よりも標高400M~600Mあたり、阿賀川沿いから山裾あたりが紅葉の盛りでした。

 

pb052134登山開始。落ち葉の積もった山道をカサカサと音を立てて歩くのは実に気分が良いものですね。

 

pb052146ピンクのリボンには「放 0.05μ㏜/h」の文字が。こんなところも放射線量計ってるんですね。0.05なら東京都内と同様ですが。

 

pb052145山頂まであとわずか。ずいぶん景色も開けてきました。

 

pb052139

昨日は雪が降ったようで、標高1000Mより上は雪で覆われていました。今日はぽかぽかと暖かいのですぐに溶けてしまうでしょうが、思いがけず初雪に遭遇できて嬉しかったです。

 

pb052144

山頂は広々としていました。土曜日で快晴ということもあり、山頂には1私も含め12人もの登山客が来ていました。ひさびさの賑やかな山頂を楽しみました。

 

pb052142南米から帰国してしばらくは、コンビニのおにぎりなど高くてとても買えないと思っていたのに、いつのまにか日本の物価にも慣れて買うことができるようになりました。帰国当時大感動していた納豆や刺身などの日本食にもすっかり慣れてしまい当たり前になってしまいました。

 

%e5%b0%8f%e9%87%8e%e5%b2%b3%e3%80%8020161105今回のGPSトラックです。山スキーのルートとしても意識して登って見ましたが、少し急すぎるかもしれないなと感じました。

 

pb052149下山後、近くの観光地、大内宿へ行ってみました。小野岳から降りてくると観光客の多さにちょっとうんざり。写真だけ撮ってそそくさと逃げ出しました。

 

pb052155さらに、塔のへつりという観光地へも行ってみました。奇石と紅葉のコントラストで有名な観光地ですが、日が川に当たってないのと、紅葉の盛りはもう少し先かなというところでした。

家の近くの新菊島温泉に入浴し、イオンスーパーセンターで88円のさんまを買って帰宅しました。今日も良い一日でした。

 

額取山 2016年11月1日

pb012106-2仕事が休みなので、目覚まし時計を掛けないでいたら8時半まで寝てしまいました。疲れているのでしょうか。天気もいまいちなので近場の額取山へ登りにいくことにしましょう。額取山は郡山市の西側に見える格好の良い山容の山で標高は1008M、ちょうど紅葉も良さそうかなと思って選んだのですが、やっぱりバッチリ、標高500~800Mあたりがちょうど見ごろな感じでした。御嶺櫃峠に車を停めて登り始めます。

 

pb012113-2御嶺櫃峠がすでに標高850Mほどあり、目指す1008Mの額取山までは森林限界を越えるか越えないかくらいの眺めの良い尾根道のアップダウンを歩いていきます。郡山市にも近いこともあり、登山道もきちんと整備されていて歩きやすいです。

 

pb012110-2東側には郡山市方面が眺められます。

 

pb012115-2西側は猪苗代湖が見えます。曇りの天気なので色が生えませんが、紅葉はなかなか綺麗でした。

 

pb012117-2奥に見えるのが額取山です。気分の良い尾根歩きが続きます。標高は低いものの、満足度は高いです。なかなか優れたルートだと思います。

 

pb012119-2御嶺櫃峠方面を振り返ります。日が当たればもっと紅葉が綺麗でしょうね、残念です。

 

pb012120-2山頂に到着です。往復で6キロ、早歩きで約2時間半の尾根歩きでした。良い汗もかけたし、展望も楽しめるし、お手軽コースで良かった、また来たいと思います。

 

%e9%a1%8d%e5%8f%96%e5%b1%b1%e3%80%8020161101今日のGPSトラックです。

 

pb011122下山後は、郡山市総合卸売市場にある市場食堂へ。海鮮丼をいただきました。790円で大満足できました。

 

pb011125その後は郡山市にある昭和チックな月光温泉で入浴。民間ですが、値上げせず未だに350円でがんばってます。

 

家の近所をくるりと回って来ただけの感じですが、なかなか充実できた一日でした。