ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


09月

木幡山 2016年9月29日

p9291023

天気が悪いのでメジャーな高山ではなく阿武隈高地の低山を昨日から巡っています。千貫森だけでは物足りないので今日2つ目の山は木幡山。初めて聞いた木幡山、毎年12月の第一日曜日には900年以上も続くお祭りが開催されるそうです。何とその祭り、日本三大旗祭りなんだとか。でも、この周辺人家もなく全くの山の中なんだけどなぁ。本当に日本三大旗祭りの会場になるのでしょうか。

 

p9291035

登山口は隠津島神社、さすがに有名な神社だからでしょうか、山の地肌が剥ぎ取られ除染されていました。

 

p9291034

遊歩道を歩いて標高を上げていくと、樹齢800年の大杉が現れました。

 

p9291036

三重塔もありました。何の変哲もない地味な山の中にしては立派すぎる建築物の存在に圧倒されます。雨なので、傘をさしてさらに上へと登って行きます。

 

p9291043

さらに標高を上げると、神社の本殿がありました。

 

p9291052

本殿を過ぎると道は山道になるも、一応整備されていました。

 

p9291045

経塚到着。仏典を地中に埋蔵した塚なんだそうですが、盗掘などにあい、残っているものは少ないそうです。重要な一部は奈良の博物館へ移送されたんだとか。何の興味もなく、今日ガイドブックをパラパラと見て天気が悪くても登れるかなと思って来たこの山にも、そんな大事な歴史があったことに驚かされます。

 

p9291048

経塚から山頂までは道も不明瞭になり、藪に覆われた道を進みます。

 

p9291049

展望のない山頂にはちゃんと三角点がありました。展望はまったくありませんが、山歩きはやはり面白いと思いました。

 

%e6%9c%a8%e5%b9%a1%e5%b1%b1%e3%80%8020160929

木幡山のGPSトラックです。

 

p9291053

下山後は三春町の「村田や」でワンタンメンの昼食。お気に入りのラーメン屋です。

 

p9291054

最後の閉めは三春町の斉藤の湯で。ここは放射能泉が楽しめる庶民的な温泉施設。

 

雨づくしの2日間、まったく参りました。高い山へは行けませんでしたが、阿武隈の低い山を4つ、傘をさしながら歩くのはなかなか楽しかったです。

 

 

 

千貫森 2016年9月29日

 

p9281008

今日も雨。天気は昨日以上に荒れるようで福島県内の降水量は80%。高い山はあきらめ、昨日同様、阿武隈高原の低山を目指そうかと考え中。とりあえずは朝風呂でも入ろうと飯坂の天王寺穴原温泉共同湯へ向かいました。まだ朝の7時前というのに大盛況です。温泉町飯坂は出勤前に温泉に入る人も多いようですね、ただ、皆さん、45度くらいの熱い湯じゃないとダメみたいでよそ者にはつらい温度です。頑張って20秒くらいしか湯舟に浸かれませんでした。

 

p9281009

福島市、飯野町の千貫森は日本でも有数のUFO目撃情報が集まる山らしく福島100名山にも選定されています。まずは、ここへ行ってみることにしましょう。

 

p9281011

UFOふれあい館なるものがありました。ここが登山口のようですが、入場料400円を払って千貫森とUFOの関係について学びたいと思います。

 

p9291706

UFOふれあい館、平日で雨ということもあり、お客は私一人。町おこしにUFOを使ったんでしょうが、効果はいまひとつな感じが伝わってきます。でも、実際、UFO目撃情報が多いのは事実のようです。3Dの解説動画では千貫森のピラミダスな形状、地中に強い磁場があり磁石が利かないこと、周辺に巨石があることなど説明し、パワースポットであることを強調されていました。

 

p9291709

このような意味深な写真も。

 

p9281012

それでは、千貫森へ登ってみることにしましょう。道は宇宙人が案内してくれるそうです。

 

p9281013

遊歩道はきちんと整備されていました。ところどころに宇宙人の石像がありました。

 

p9281021

頂上にはUFOとコンタクトするための基地が設置されていました。

 

p9281022

雨のため展望は全くなし。そのまま下山しました。

 

%e5%8d%83%e8%b2%ab%e6%a3%ae%e3%80%8020160929

千貫森のGPSトラックです。福島にこんなスポットがあるなんてしりませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

虎捕山 2016年9月28日

p9281690

霊山だけでは物足りないので阿武隈高原で霊山に近い福島100名山を探していると、虎捕山というのが目につきました。霊山からは15キロほどの移動で登山口まで行けるようです。距離は近いですが虎捕山は飯舘村になります。飯舘村は福島第一原発がメルトダウンし、放射性物質が大量に降ったので全村避難となっています。伊達市の霊山も飯舘村の虎捕山も放射線量がそれほど違うとは思えないのですが、自治体ごとに避難の仕方が違うので飯舘村に入ったとたん、民家は荒れ放題で目にする人は除染作業員ばかりになりました。登山口付近にも大量の除染フレコンバックが積まれていました。

 

p9281692

除染するのは民家と農地と道路の周りだけ。山の中までは手をつけられませんから、登山道の除染はされていません。自然に癒されたくてハイキングに来ているのに、どうやら被ばくしながらのハイキングとなりそうです。

 

p9281694

登山口はオオカミを祭っている山津見神社です。2013年4月に焼失した後新たに建てられたそうです。

 

p9281696

まだ雨は降っているので、傘をさしながらのハイキングとなります。

 

p9281698

神社の奥の山道を登って行くと手水所がありました。

 

p9280987

更に登って行くと大きな岩の上にある奥の院に到着。

 

p9281701

奥の院の裏の岩場、広々としてちょうどよい休憩ポイントだけど、雨なので先を急ぎます。

 

p9281001

奥の院までの整備された道と違って、本当の虎捕山山頂までの道は藪に埋もれていました。藪をかき分け、この辺りが山頂のはずと探していると、三角点を見つけました。何だかオリエンテーリングのようで楽しいです。

 

p9281002

展望は全くなく、藪のため衣類はぐっしょり濡れてしまいました。山頂を味わうこともなくすぐに下山しました。

 

%e8%99%8e%e6%8d%95%e5%b1%b1%e3%80%80

虎捕山のGPSトラックです。

 

p9281005

下山後は福島市の飯坂温泉まで移動。飯坂温泉には9つの共同湯がありますが、今日は、今までまだ未入浴だった「十綱の湯」へ。入浴料は200円。

 

p9281007

飯坂温泉って熱いんですよね。水で薄めてぬるくすると地元の人に怒られると聞いたことがあるのですが、今日は貸し切りだったので温度調節してしまいました。

 

その後は、茂庭っ湖まで移動して車中泊しました。

 

 

 

霊山 2016年9月28日

p9281668

天気予報では午前中は大丈夫なはずでしたが、山はそういうわけにはいかないようです。今日は東吾妻山へ行ってみようと磐梯吾妻スカイラインを車で登って来たのですが、雨が降っており強い風も吹いています。少しずつ紅葉も進んできたようですが今日はあきらめることにします。

 

p9281670

天気が悪くても行けそうな山ということで、予定を変更して阿武隈高原の低山に決めました。まずは福島県伊達市の霊山へ。

 

p9281672

相変わらず雨が降っていたので傘をさしてのハイキングですが、道がきちんと整備されているので歩きやすいです。

 

p9281673

岩の上からの眺め。登山口の駐車場や霊山こどもの村が眼下に小さく見えました。

 

p9281677

岩場が連続していますが、遊歩道が整備されているのでスニーカーでも歩けるほどです。

 

p9281679

更に岩場を進んでいくと自然に出来たトンネルのようなものが見えてきました。

 

p9281681

岩には弁天岩、宝寿岩など、それぞれ名前が付いているのですが、ここは護摩壇と呼ばれるポイント。古くは東北における天台宗の山岳宗教の中心地として栄えていたそうです。山は800Mほどと高くはないですが、なるほど、ごつごつとした岩場が連続する山並みは存在感があり、ここに修行僧が集まって暮らしていたことも想像できるような気がします。

 

p9281685

霊山は横に広がった山ですが、最高峰ポイントは東物見岩の825M。

 

p9281686

天気が天気なので頂上からの展望もいまひとつでした。

 

%e9%9c%8a%e5%b1%b1%e3%80%8020160928

霊山のGPSトラックです。

 

 

 

烏峠 2016年9月23日

p9230979

9月に入ってから全く天気に恵まれません。今日も休みなのに雨。全くどうなっているのでしょう。雨だからと言って家にこもっているのも嫌なので出かけることにします。まずは11時に、矢吹町の割烹料理店「いやさか」で早めの昼食。唐揚げ定食が980円。美味しいのは良いのですが値段がちょっと高め、ですが、セルフサービスでコーヒーが無料ですし、何といっても食事をすれば温泉入浴が無料というのがここの良いところです。

 

p9230983

黄色がかったヌルヌル系のアルカリ単純泉。硫黄臭も感じられます。平日の11時30分頃ということもあり貸し切り状態でした。たまらんです。

 

p9230984

ひとっ風呂浴びたあとは、泉崎村にある烏峠へ登ります。ここは、うつくしま(福島)100名山に選定されている山です。標高は485M足らずですが山頂に稲荷神社がある歴史のある山なのだそうです。

 

p9231641

特に駐車場はないのですが、数台は車を停められるスペースがあり、そこから登山を開始します。烏峠稲荷神社の石塔がありました。

 

p9231642

登山口に周辺地図が掲示されていました。雨なので、まずは車道を登って、様子を見て遊歩道を下りてこようと思います。

 

p9231645

車道を登っていきます。前回の関山と違ってしっかりとした車道ですが、一台の車も見かけませんでした。

 

p9231643

彼岸花が咲いています。

 

p9231647-2

マツムシソウも咲いていました。

 

p9231648

円満平から泉崎村方面を眺めます。

 

p9231651

山頂には立派な稲荷神社がありました。

 

p9231654

キツネがなぜ神様になったのでしょう。日本人の宗教観はキリスト教徒やイスラム教徒にはなかなか理解されないでしょうね。

 

p9231658

きつねの嫁入り伝説とかありますよね。日本では当たり前のように風景に溶け込んでいる神社ですが、改めて見ると不思議な感じですね。外国人からみたら東洋の神秘という風に見えるんじゃないでしょうか。

 

p9231664

下山には遊歩道を使ってみました。いったい誰が利用するのかなと思うのですが、道は意外にもきちんと整備されていました。

 

%e7%83%8f%e5%b3%a0%e3%80%8020160923

今日のGPSトラック。標高差160M、距離4キロ、約1時間の雨のお散歩でした。

 

p9230986

それなりに汗もかいたので、家の近くの新菊島温泉で入浴。入浴料は300円。午前中に入浴した「いやさか」と同じ感じのヌルヌル系の泉質ですが、硫黄臭はなく、色は黄色というより茶色です。

 

秋雨前線にはこりごり。次の休みには晴れて欲しいです。

 

 

 

 

関山 2016年9月19日

p9191627

雨だからといって家で落ち着いていられないのが困ったもの。うつくしま(福島)100名山に選定されている関山は山頂に三十三番札所満願寺がある歴史のある山、白河市なので我が家からも近いし、白河ラーメンでも食べるついでに登ってみることにしましょう。山は標高600M程度なのですが、歴史のある山だけあって登山口へ行く前から常夜灯だの札所の案内石塔などがでてきました。

 

p9191628

大昔は巡礼者でにぎわっていたのかもしれませんが、今は登山する人も少ないのかもしれません。雨ということもあり、今日の登山者は私一人のようです。駐車場に車を止めて登っていきます。

 

p9191629

カラス天狗ルートというのもあるらしいのですが、雨も降っているのでノーマルな林道歩きのルートを選びました。

 

p9191630

私の車は4WDですが、晴れていればこの道を登れそうな気もしますが、今日は雨というか、連日雨で台風も来ています。側溝などにはまっては大変なので、やっぱり歩きが一番無難でしょう。

 

p9191632

山頂も近くなってきました。

 

p9191633

何気ない石像。顔が3つ、腕がいっぱい。日本では千手観音などと言われています。冷静にこの手の仏像を見ると奇形のような異様な雰囲気を持っています。仏教やヒンドゥー教を知らない外国人が見ると、ぶっ飛んでるとしか思えないこの姿、実は、ありとあらゆる人をくまなく助けるために顔も手も複数あるんですね。いつでも助けに来てくれる神様、同時に何人でも助けることができる神様、ということなんです。石像のたもとに彼岸花が咲いていました。ちゃんとこの関山を大事に思って通っている方の存在を感じます。

 

p9191635

よく見るととても綺麗です。

 

p9191637

山頂には満願寺が建っていました。ただ、とても辺鄙な山の上、和尚さんが常駐しているわけではないようです。でも、きれいに管理されていましたよ。お寺の鐘は400年近く前のものだそうです。

 

%e9%96%a2%e5%b1%b1%e3%80%8020160919

今日のGPSトラック。

 

p9190969

白河ラーメンの名店、朝日屋さんで昼食。ここは、ワンタンメンを食べたいときに来ていた店。20年以上前から通っていて、帰国後久々に訪れてみました。何と!メニューからワンタンメンが消えていた。。。せっかくだからとチャーシュー麺大盛を注文したけど、この店はワンタン麺が絶品だったから良かったんだけどな。どうも、思い道りにいかないものです。

 

p9190975-2

ラーメンを食べたあとは、那須湯本温泉の雲海閣で温泉にはいることに。天気が悪いと、美味い物と温泉がたより。硫黄泉でまったりとしてから家へ帰りました。

 

 

 

三坂山 2016年9月15日

p9140959

14日、15日と連休ですが天気が思わしくないようです。14日は栃木県の塩原温泉でのんびりした後、福島県の桧枝岐村で車中泊、15日早朝から会津駒ケ岳へ登るという計画をたてましたが。。。画像は、塩原温泉湯荘白樺の露天風呂。すぐ後ろが源泉という立地で新鮮な硫黄泉が楽しめます。

 

p9140963

早めに移動して桧枝岐村で車中泊。涼しくなってきました。今日の宴会メニューはおでんです。

 

p9140965

翌朝は雲が重く垂れこめていました。予報では晴れてくるとのことですが、どうなることやら。

 

p9140966

会津駒ケ岳登山口まで移動してみると、雨が降ってきました。雨雲レーダーで確認すると、桧枝岐周辺だけピンポイントに雲があり、午前中一杯は雨の予報になっていました。登山途中から降ってきた雨なら我慢できますが、登り始めから雨というのはちょっと。

 

p9151602

予定を変更し、雨の降っていない只見町方面まで移動。今日は三坂山という簡単に登れそうな山にします。登山口は美坂高原です。

 

p9151603

コスモスが咲き始めていました。

 

p9151608-2

これはネジバナという花。ネジのようにグルグルに花が咲いているのが面白いです。

 

p9151619

ブナ林の中を歩いていきます。

 

rimg1465

キノコも沢山でてきていました。秋ですね。

 

p9151622

マイナーな山なのにきちんと道が整備されていたのは、東北電力の反射板が山頂にあるからのようです。

 

p9151621

山頂からは三島町方面が良く見えました。

 

p9150968

下山後は西山温泉せいざん荘へ。割引券利用で200円で入浴できたので入ってみたけど、西山温泉なら下の湯とか老沢温泉など他のところに入る方がおすすめかも。

 

%e4%b8%89%e5%9d%82%e5%b1%b1%e3%80%8020160915

三坂山のGPSトラック。

 

 

 

安達太良山 2016年9月9日

p9091581

太平洋側は晴れるけど、会津側の天気が良くないようなので、今日は表側から安達太良山を目指すことにしました。安達太良スキー場横の林道から登っていきます。

 

p9091585

スキー場の最上部から更に登ると、安達太良山の手前にある奥岳です。智恵子抄の言葉「この上がほんとうの空です」と書かれていますが、山頂付近にはガスがかかっていました。

 

p9091588

ガスの中に入ってしまうと霧雨と強風が待っていました。

 

p9091587

山頂に到着。風が強く稜線へ出るのは危険なので峰の辻軽油でくろがね小屋へ向かうことにします。

 

p9091591

くろがね小屋が見えてきました。通年営業している山小屋としては日本最北の小屋です。雰囲気が良く私も大好きで何度か泊まったこともあります。

 

p9091597

くろがね小屋の良いところは、極上の温泉に入れること。日帰り入浴も可能です。今日は無料のクーポンを持ってきています。

 

p9091596

何度来てもここの硫黄泉はすばらしい、すぐ横が源泉なので湯が新鮮です。

 

p9091599

帰りは、咲き乱れるリンドウを眺めながら馬車道を下って戻りました。

 

%e5%ae%89%e9%81%94%e5%a4%aa%e8%89%af%e5%b1%b1%e3%80%8020160909

今日のGPSトラック。

 

 

箕輪山・不動湯温泉 2016年9月3日

P9031533

どうせなら、登りと下りで別の道を歩ける日帰り周遊コースはないかなと地図を眺めていて横向温泉から鬼面山と箕輪山へ登って再び横向温泉へ降りてくるコースへ行ってみることにしました。ホテルマウントバンダイのちょっと上から送電線沿いに旧土湯峠まで登り、そこからは尾根づたいに鬼面山へ登っていきます。

 

P9031538

天気はガスっていますが、道端に咲く花に癒されながら登っていきました。

 

P9031542

鬼面山の山頂へ着きましたが、ここも霧の中。鬼面山までの山道は以外にもよく整備されていました。マイナーな山なんですがね。トレールランニングをされている方を3人も見かけましたので、下山してからネットで調べると来週は安達太良トレールランニングの大会があるようで、ここもコースの一部になっていました。大会に向けて練習されていたんですね。

 

P9031546

道にはリンドウが咲き乱れていました。

 

P9031548

箕輪山山頂に近付くにつれ晴れてきました。登ってきた鬼面山方面はやはりガスがかかっています。

 

P9031556 (2)

登り始めから2時間ほどで箕輪山山頂に到着。冬場山スキーではシーズンに何度も来る箕輪山ですが、夏場に来るのは初めてでした。

 

P9031577

鉄山や安達太良山方面も良く見えます。ちょっと時間は早いですが、お昼にします。今日はカップ麺と自作おにぎり2個、凍らせてきた100%オレンジジュースでした。

 

P9031565 (2)

広い箕輪山の山頂もリンドウが咲き乱れています。

 

P9031579

登ってきた道ではなく、箕輪スキー場方面へ降り横向き温泉まで戻りました。

 

20160903 箕輪山

今日のGPSトラックです。お手軽で景色も良くなかなか良いコースでした。また来たいです。

 

P9030948

下山後は不動湯温泉へ。かつては秘湯ファンに人気の渋い温泉旅館でしたが2013年の火災で全焼してしまいました。それが最近になって日帰り温泉として土曜日曜のみオープンするようになったらしいのです。横向き温泉からは20キロほど離れていますが、今日は土曜日ですので行ってみることにしました。すっかり建物はなくなっています。

不動湯温泉のホームページ

 

P9030951

温泉までは階段を下りていきます。

 

P9030954

ありました、ありました。渓流沿いの露天風呂。旅館は消失してしまいましたが、露天風呂は昔のままの姿で残っていました。

 

P9030957 (2)

長湯できるぬるめの硫黄泉にゆっくり浸かり登山の疲れをとりました。