ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


30日

蒲生岳 2016年8月29日

P8291515

台風10号が来ている影響で福島県の浜通りと中通り地方は今日一日雨の予報。明日、東北地方を直撃だそうです。今日県内で晴れているのは会津地方のみ、それも、新潟県境に近いほど天気が良いみたいなので只見町の蒲生岳へ登ってみることにしました。家を出発して甲子峠を越え会津に入ると天気予報通り雨もやみ、写真の蒲生岳のある只見町まで来ると燦々とした夏の日差しが降り注いでいました。

 

P8291517

蒲生岳は標高こそ828Mと低いですが、切り立った山容が目を引きます。会津のマッターホルンと呼ばれているそうですが、いったい誰が呼んだのか。。。さしずめ只見町観光協会あたりではないかと私は思います。駐車場に車を置いて登り始めました、ここから山頂までの標高差は470Mなので、1時間半くらいで登れそうです。

 

P8291518

JR只見線は車窓の風景が素晴らしく、日本でもトップの人気ローカル路線でしたが2011年7月の新潟・福島豪雨災害で大きな被害を受けました。徐々に復旧しているようですが、未だに全線開通の見通しは立たず本名駅とここ蒲生駅間の約20キロは運休されたままで、バスで代行運転されています。莫大な予算を使って復旧しても採算が取れないということなんんでしょうね。そんな蒲生駅を横に見ながら登山道は続き、やがて山道となっていきます。

 

P8291521

中腹まで登ると眼下には滔々と流れる只見川と蒲生集落、遠くには只見の町も見えてきました。

 

P8291522

急峻な山容からわかるように、登山道も鎖場が連続したりとのんきなハイキングとはいかず、緊張の連続です。落ちたらケガするなぁと心配しながらよじ登って行きます。自分としては、こういうのはあまり好みではありません。もっと、ぶらりぶらりと散歩でもするように登れる、なだらかな山が好きですね。

 

P8291527

山頂に着くと同時に雨が降ってきました。ここで昼食予定でしたが、眺望を楽しんだらすぐに下山開始することにしました。この辺りも台風の影響を少しづつ受け始めたようです。

 

P8291529

下山途中、眼下に只見川を望みます。

 

P8290944

何とか、大雨にはならず曇りのまま無事下山。近くの滝沢温泉「民宿松の湯」に入っていくことにしましょう。入浴料100円ながら、極上のグレー色のナトリウム―塩化物・硫酸塩泉に浸かることができます。値段も良心的ですが泉質も最高級なので、もう何度も来ているお気に入りの場所です。

 

P8290942

土日でなければ、たいていは貸し切り状態です。鉄分、塩分、カルシュウム分が入っているグレー色の硫酸塩泉、中通りや浜通り地方にはあまりないんですよね。硫黄泉ももちろん好きなんだけど、毎日入るには強すぎるように思います。毎日入れるならば、こんな温泉が理想ですね。

 

蒲生岳  20160829 

今日のGPSトラック。急峻でなかなか手ごわかったです。登りは久保登山口から登り、下りは小蒲生口へ降りてきました。

今日も良い一日でした。