ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


20日

半田山・微温湯(ぬるゆ)温泉 2016年7月19日

P7191077

関西方面は梅雨明けしたそうです。福島はというと、梅雨明け宣言はまだ先ですが連日天気の良い日が続いています。今年はじめじめと雨が降り続くという事もなく梅雨が過ぎてしまいそうです。今日は福島県中通りの一番北に位置する半田山へ登ってみることにしました。標高はわずか863M、江戸時代には日本三大銀山と言われていたそうでどちらかというと、花や自然を楽しむというより歴史を感じつつ山歩きをするという感じでしょうか。国道4号線から車で山道をくねくねと登った先に半田沼がありビジターセンターがありました。かつてこの沼の回りは大いに栄え、家々が建ち並び賑やかな町だったそうですが、今はその面影もありません。

 

P7191078

登山口から山道を登って行くことにします。

 

P7191080

眼下にハート形の半田沼と桑折町方面が見えてきました。

 

P7191081

20分ほどで山頂に到着してしまいました。うつくしま(福島)100名山には、ここ半田山のように簡単に登れてしまう山もけっこう沢山あります。今日は、山よりはこの後の温泉の方がメインなのでぜんぜんOKです。福島県に住み始めて10年以上になりますが、まだじっくり見たり歩いたりしていない地域も残っています。これから長い期間をかけて、うつくしま100名山をきっかけにそんな地域にも足を伸ばし、訪ねてみたいなと思っています。

 

P7191084

下山するとちょうどお昼時。福島市の人気ラーメン店「和屋(なごみや)」へ入店。おススメらしいチャーシューメンをいただきました。炭火焼きの3種類のチャーチューが絶品、麺もスープも美味しかったです。これは好きな味、ぜひまた食べにきたいと思いました。900円もしたけどかなり満足しました。

 

P7191099 (2)

午後は、吾妻山山麓の微温湯(ぬるゆ)温泉旅館・二階堂へ向かいます 。細い山道をくねくね車で進んだ先、東連峰の麓にある渋い旅館です。

 

P7191088

手前の木の浴槽の源泉温度は32度と低いです。後ろのバスタブは温泉ではないのですが42度くらいのお風呂になっています。源泉と交互に入れるようになっているので春先や晩秋に来ても楽しむことはできるのですが、やはりここの温泉が最高に気持ち良いのおは夏場の今の季節、ゆ~くり長湯でき心身共にリラックスできます。

 

P7191093

泉質も酸性・含鉄(Ⅱ・Ⅲ)-アルミニウム-硫酸塩泉と申し分なく、何度でも訪れたい福島自慢の最高ランクの温泉なのです!

 

P7191092 (2)

いや~、たまりません。インターネットも、テレビも、電話も、仕事も全部忘れて、本を何冊も持ち込んで自炊しながら何日かこもってしまいたいです。

 

P7191106

温泉の近くにはあじさいが沢山咲いていました。

今日もいい一日だったなぁ、明日からまたがんばろう。