ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


15日

入水鍾乳洞と阿武隈高原巡り 2016年7月15日

むし暑い日が続きますね~。今日は夏にうってつけ、ぽこゆうこおススメの涼しい鍾乳洞、その名も入水鍾乳洞へ行って来ます!楽しみ。。。

 

P7151061

その前に、まずは須賀川の古寺山であじさいが満開と福島の地元紙、福島民友に掲載されていたので早速行ってみることにしました。正確には古寺山白山寺というようで、グーグルマップでは白山寺と記載されていました。それを頼りに進んでみたものの、道はくねくね、みるみるうちに細くなり本当にこれでいいの?と思っていると到着しました。お寺といっても誰も訪れることがなさそうで、世間とはかけ離れた山奥のひっそりとした環境にポツンとある小さなお寺でした。辺りにはあじさいが咲き乱れていて見事なものでしたが、見に来る人はあまり居ないのかも。

 

P7151055

お寺には茅葺の鐘付堂があり、天狗の石像があったり、全体的に苔むしていてちょっと異様な雰囲気も。。。

 

P7151049

あじさいは、いろいろな種類のものがこれでもか!とたくさん咲いていました。お客はほとんど居なそうですが、県内でも有数のあじさいの名所らしいです。

 

P7151072

次に、お隣平田村のジュピアランド平田へ。ユリ園が無料で見られるというので寄ってみました。確かにきれいだなと思いますけど、こういう派手な花よりも高山植物の方が私は惹かれるかな。

 

P7151075

ジュピアランドにもあじさいが咲いていました。これはカミキリムシかな。

 

RIMG0493 (2)

最近、ダムに行ってダムカードをもらって集めるのが流行っていると聞きました。小野町へ向かう途中、こまちダムというのを偶然通りかかったので、どんなものかとカードをもらってみました。無料ですが、こんなもの集めて何が面白いのか良くわかりませんでした。

 

P7150740 (2)

お昼時になりました。春のさくら巡りツーリングの際、臨時休業で食べはぐってしまっていた、小野町の仙台屋食堂でリベンジ。今日は開いていて良かった。入店すると平日なのにすでに満席状態。メニューはいたってシンプル。中華そばと大盛の2種類のみ。私たちは普通盛りをそれぞれ注文。

 

P7150736

福島県の中でもかなり地味で田舎な小野町のラーメン屋さんと侮っていましたが、平日というのにお客さんがひっきりなしに入店してきます。何と、創業100年中華そばひとすじというのもすごいですよね。野菜たっぷりのダシと豚骨ベースの甘いスープは、すごく好みの味ではありませんが、食べ歩きのバリエーションとしてはありかなという感じでした。

 

P7150738

普通盛りを注文しましたが、一般店の大盛級の盛りの良さでした。女性で大盛はちょっと危険かもしれません。それにしても。福島県はラーメンのレベルが高いですね、素晴らしい!というか、昭和初期くらいに流行っていた味が淘汰されずにそのまま残って営業を続けているという感じかな。懐かしい味の中華そばがあちこちで食べられるのは嬉しいことです。

 

P7150744 (2)

いよいよ今日のメインイベント入水鍾乳洞です。入場料は700円。鍾乳洞内の気温は1年を通して14度。洞内には水が流れていて、じゃぶじゃぶと水に浸かって川を遡行するように散策しなければならないらしいです。Aコース、Bコース、Cコースに分かれています。私たちは片道600メートルのBコースにチャレンジしました。私は初めてですが、何と妻のぽこゆうこは3回目のベテラン、夏の暑い時期に一押しのお遊びとのこと、さてどんなもんなんでしょうか。。。

 

P7150759

正直、なめていました。Aコース区間は足を水に浸ける場所もなく、道は広く照明も整備されていて余裕でしたが、Bコースエリアに入ったとたん、水温10度の水に浸かっての遡行となり、道も狭くなります。足は冷たいというより、痛いという感じ。すでにここへ来てしまったことを後悔しはじめています。

 

RIMG0451 (2)

立って歩けると思っていました。鍾乳洞の中は人がやっと一人かがんで通過できるような狭い空間なのです。こんなのが600メートルも続くのか。。。戻りたい、けど、700円分の元は取りたい。必死に洞窟を前に進むのみです。

 

P7150789

いやいや、何でこんなに狭い洞穴がどこまでも続いているの?足が冷たいのはなんだか慣れてしまったみたい。ヘッドランプを消すと真っ暗で怖くなるけど、何だか凄すぎて楽しくなってきたな。

 

RIMG0465 (2)

写真はフラッシュ使用しているから、こんな感じに明るく見えるけど、実際は暗くて狭い、水の流れる洞窟をはいつくばって進んでおるのですよ。しかも水温は10度と低く最初は冷たいというより痛いという感覚です。でもですね、ずんずんと、頑張って数百メートルも進んで行くと何だか楽しくなって来るんですね。腰が痛いぜ、いぇい!

 

P7150795

これで入水鍾乳洞3回目のぽこゆうこもテンションあげあげです。とにかく狭くて暗いので、私たちも頭や肩や膝を岩にぶつけて痛い思いをしましたけど、よくもまぁ、日本でこんな観光地が許可されているなぁと思います。せめて、ヘルメットくらい着用義務があっても良いのではないでしょうか。本当に危険ですよ、ここは。

 

RIMG0479 (2)

ようやく、600メートルの狭い洞窟の川を遡行してかぼちゃ岩というポイントまでたどり着きました。この先はさらにCコースがありますが、ガイドと一緒に行動しなければならないことになっています。このときは、早く地上へ帰りたい、もうこんな閉鎖空間から出たい!と思っていました。が、不思議なもので、こうしてレポートを書いているとまた行きたくなって来る。しかも、その先のCコースが何だか気になる。人間の心理はわかんないものですね。

 

P7150800

そんなこんなで、無事に生還したぽこけんでした。ここ、本当におススメです。こんなにワクワクハラハラする観光地なかなかないです。また来ますよ、絶対!

 

P7150801

最後は田村市の針湯鉱泉に入浴。入浴料は250円。

 

今日も近場を巡って満足な休日を過ごせました。