ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


13日

上州湯めぐり 2016年5月10日~11日

P5090555

朝4時に福島を出発して一般道を約300キロ、群馬県まで走ってきました。今回は草津で友人と車中泊&居酒屋宴会、その前後に群馬の温泉をあちこち入ってみようという計画です。午前10時、まずはじめに来たのは水上温泉です。名前はもちろん聞いたことはあったのですが、水上温泉まで来るのは今回初めてです。「温泉センター諏訪の湯」1回入浴300円を支払って入ってみることにします。温泉センターという名前からしてもっと大きな施設を想像していましたが、普通の民家風です。

 

P5090546

お湯はちょっとぬるめ、40度くらいでしょうか?カルシウム-硫酸塩泉です。無色透明でさらっとした印象だけれど、わずかにゆで卵のような香りもします。意外とパンチのある湯なのかもしれません。先も長いのでほどほどにして湯からあがりました。

 

P5090557

次に向かったのは川古温泉浜屋旅館。山の中にある川沿いの温泉宿です。入浴料1000円のところ、温泉本で無料で入浴できました。カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉、もともと川沿いに自然湧出していたのを利用していましたが、ボーリングして湯量を増やしたそうです。40度以下のぬる湯なので、これからの季節、ゆっくりと時間をかけて浸かるのに良さそうです。

 

P5090562

川沿いには大きな露天風呂もあり開放的な雰囲気でした。お風呂へ注がれる温泉口には析出物が付き紫色に変色しています。

 

P5100570

次に向かったのは、林温泉かたくりの湯。八ッ場ダム付近にあります。道路沿いに看板が出ているわけではないのでちょっとわかりにくいですが、王城山神社の斜め前にあるので神社を目指していけばたどり着きます。地元向け温泉ですが、300円払えば外部の入浴客も入ることができました。

 

P5100574

油臭のするトロリとした温泉。ナトリウム・カルシウム-塩化物泉です。ちょっと熱めですが、入っては出てといつまでも長湯したくなるような湯でした。油臭も心地よいです。やはり、匂いのある温泉っていいですね。

 

P5100577

夕方、道の駅草津で友人と合流して草津温泉共同湯「地蔵の湯」へ。

 

P5100582

湯上りに居酒屋へ。

 

P5100585

我々皆、山の住人なので居酒屋へ来るのは数年振りという者ばかり。なかなか新鮮な感覚を楽しむことができました。最初は私たちだけでしたが、帰るころには満席になっていました。結構人気のある居酒屋のようです。

 

P5100588

酔っ払い4名で湯畑の回りを徘徊し、共同湯「白旗の湯」に入ってから1キロちょっとの距離を歩いて車中泊会場の道の駅へ。車の中で2次会が始まります。

 

P5100594

翌日はセブンイレブンでカップ麺の朝食。その後共同湯「千歳の湯」で朝風呂。

 

P5100597

草津の共同湯は無料なのがありがたいです。いつか、草津にある全ての共同湯に入ってみたいものです。何と友人はすべてに入ったことがあるとのことです。なんでも、翠の湯は閉まっていることがあってなかなか入れないこともあるのだとか。

 

P5100606

万座温泉へ向かいました。日進館の露天風呂です。白濁した硫黄泉、入浴料は本来1000円ですが、温泉本利用で無料になります。温泉は最高によかったのですが、昨日に引き続き今日も雨。最近天気に恵まれません。

 

P5110609

みんなと別れ、奥日光の湯元温泉「釜屋旅館」の硫黄泉に入浴してから福島に戻りました。久しぶりの草津方面での温泉三昧、十分楽しめました。