ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


04月

風呂山公園のヤマツツジ 2016年4月28日

P4280554 (2)

4日ぶりの仕事休み。晴れれば再び山スキーへと思っていたけどあいにくの雨。雨ならば家でゆっくりすれば良いのにとも思うんですが、出かけるのがとにかく大好きな自分はじっとしてはいられません。今日は、ヤマツツジが見ごろと思われる福島県塙町の風呂山公園まで足を延ばしてみました。歳を重ねるにつれ、花の美しさに癒されるようになり、こういう場所を訪れるのも楽しみのひとつになりました。

 

P4280553 (2)

風呂山公園の麓付近は満開でしたが、山の上のほうはまだまだ5分咲き程度でした。

 

P4280552 (2)

ヤマツツジを見ながら遊歩道を登っていくと、こじんまりとした塙町が見えてきました。

 

P4280550 (2)

風呂山公園の展望台までたどり着くと、塙町の全景が見えました。わが天栄村に比べるとだいぶ都会でした。

 

P4280542 (2)

ヤマツツジのアップ。

 

P4280539 (2)

イカリ草。船のイカリに似ているから命名されたのでしょう、なかなかお目にかかれない珍しい植物らしいです。

 

P4280499 (2)

塙町で昼食。「きせん食堂」さんへ。ちょっとした有名店らしいけど、店構えはものすごく地味、というか古い普通の大衆食堂風で、知らなければ入ってみようとは思わないタイプ。出発前にネットで塙町の美味しい食事処を調べたら出てきたのがココでした。平日なのにお客さんでいっぱいです。私はラーメン大盛750円、ぽこゆうこはニンニクラーメン普通盛り700円を注文。麺はすぐ横のガラス張りスペースで打っていて、注文すると打ち立てを鍋に投入している様子が見て取れます。太目の手打ち中華を固めにゆでて、濃いめのスープで食べるのが「きせん食堂流」のようです。

メニューは他に塩タンメン、味噌ラーメンがありますが、餃子や定食類はなく、ラーメンだけで勝負しているお店でした。家族にに連れられおばあちゃんが入店してきました。座敷には座れないので、テーブル席で他のお客さんと相席になりました。おばあちゃんがラーメンを注文すると、お店の方が気を利かせて麺を軟らかめにお出ししますかと尋ねると、ここの店の固めのが好きなんだから普通に出してくださいとおっしゃっていたのを聞き、なんだか楽しい気分になりました。この「きせん食堂」かなり気に入りました。お昼時、塙町を通る時があればまた食べにきたいと思います。

 

P4280500 (2)

最後に泉崎カントリーヴィレッジのさつき温泉に入浴。温泉本割引で2人で400円。一応かけ流しのアルカリ単純泉。その後は、我が家の強い味方、「業務スーパー」で買い物をして帰宅。何気ない雨の休日でした。明日から世間はゴールデンウイーク、我々ぽこけんは仕事をがんばります。

 

 

 

燧ケ岳 2016年4月23日

P4230501

今日は午前中天気が良いみたいなので、早起きして5時に家を出発。尾瀬の御池駐車場にやってきました。7時半なのにもう車がたくさん停まっています。テントも見えるので前日から宿泊している人も多いのでしょう。

 

P4230502

その御池駐車場から、燧ケ岳へ向けてスキー登山開始です。雪の量は例年のゴールデンウイークの半分くらいだから、すでに5月下旬くらいのコンディション。今年はどこも雪不足、スキーシーズン終了もかなり前倒しになりそうです。

 

P4230507

ひと登りして広沢田代で休憩。家で凍らせてきた梅ジュースが程よく溶けて激うま!平日山へ行くと年齢層が高いんですが、今日は土曜日なので若い人もいっぱいいました。山の衣類も年々オシャレになっているなぁ。

 

P4230513

熊沢田代まで来ると燧ケ岳の山頂が見えてきました。天気もバッチリです。雪はやっぱり少ない、木道が見えちゃってました。こうなってしまうとシーズン終了も秒読みです。

 

P4230516

最後の急登をジグザグに登っていきます。ここが燧ケ岳で一番辛いところですが1時間の我慢です。振り返ると歩いてきた熊沢田代の後ろに会津駒ケ岳、三岩、窓明近辺の存在感ある山塊が見えました。正に会津の背骨のようです。これらの右側(東側)に流れる伊那川沿いに南会津の人々の生活があります。

 

P4230524

10時40分山頂に到着。今日は2時間50分で着くことができましたが、雪のコンディションや体調によって4時間くらいかかることもあります。向こうに見えるのが燧ケ岳の本峰、柴安嵓(しばやすぐら)ですが、急でスキー向きではないので私は4回くらいしか行ったことはありません。今日もこちらの峰、俎嵓(まないたぐら)をもって登頂とします。

 

P4230530

尾瀬沼はまだ氷が張っています。雪の量は少ないですが、氷の具合は例年通りのようです。栃木県側奥に見えるのは日光白根山。

 

P4230527

群馬県側を見れば、尾瀬ヶ原の奥に至仏ヶ岳。

 

P4230535

メラッパシ湿原を経由してあっという間に下山。スキー道具を乾かしながら、車の中で横になって2時間ほど読書図書館で借りてきた、又吉の火花を読了。なんだかよくわからない本でしたが吹いてくる風がとても心地よかったです。

 

P4230493

下山後は温泉本で無料入浴できる、たかつえ温泉白樺荘へ。なめらかなアルカリ単純泉で山の疲れを癒すことができました。明日からまた頑張っぺ!と思えるような充実した一日でした。

 

燧ケ岳 20160423

今日のGPSトラックです。

 


にほんブログ村

 

 

福島さくらめぐり 2016年4月15日~16日

P4140367 (2)

帰国、就職とあわただしい日々を過ごしていましたが、初めての連休です。山スキーにでも行こうかとぽこ&けんいち二名で勇んで出発しましたがどうも天気が思わしくありません。平地でも強風が吹き荒れているので山は危険と判断してとりあえず花見でもしようと今見ごろの会津方面へ行ってみます。まずは、会津若松の「石部桜」です。大河ドラマ「八重の桜」のオープニングにも出てくるという有名な桜ですが、エドヒガンザクラなので咲くのが早かったようですでに満開を過ぎてしまっていて残念でした。

 

P4140378

白虎隊の飯盛山を見学したあとは喜多方の「日中線記念自転車道路のしだれ桜並木」。きれいでしたが桜の木がまだ若くて貫禄はないですね。

 

P4140384

喜多方で昼食です。先日、喜多方の「坂内食堂」で朝ラーをして味にがっかりしたので、今日は「はせ川」でラーメンをと思ったのですが、残念ながら定休日。「松食堂」へ行くことに。ここは、味も期待を裏切らないし混んでいることも少ないのでお勧めの店です。喜多方ラーメンはどこも1杯が少なめ、600円はちょっと高い気もしますが。

 

P4140396 (2)

喜多方の鏡桜ももう散りはじめだったので、会津坂下の立木観音へ向かいます。この周辺にも有名な桜がたくさんあるようです。

 

P4140404 (2)

薬王寺の「杉の糸桜」、会津美里町の「米沢の千歳桜」、伊佐須美神社の「薄墨桜」と有名どころを見学していきますが、満開にはまだ早かったり、遅かったりとタイミングが合わず夕暮れ時になってしまいました。

 

P4140487

会津若松駅前の「富士の湯」で温泉に入り、ヨークベニマルで買い出しして、今夜は「道の駅ばんだい」で車中泊。

 

P4150412

翌日、天気が回復すれば山スキーへと思っていましたが昨日以上の強風。山はあきらめて今日も桜巡り&温泉に予定変更です。まずは、満開の会津若松、鶴ヶ城へ。

 

P4150414

風情のある城下町、会津若松。その町の中心にあるのがこのお城、鶴ヶ城です。今、桜は満開です。お濠に架かる朱塗りの橋を渡って近づいていきます。空が曇っているのが残念。

 

P4150423 (2)

強風のため、せっかく満開の桜が飛ばされていくのが何とも寂しい気持ち。平日というのに県外から観光客がたくさん来ていたのは嬉しかったです。

 

P4150436 (2)

せっかくの休日、昼間から温泉に入るのが贅沢というもの。岳温泉まで移動して来ました。岳温泉の桜坂も満開でした。

 

P4150489 (2)

空の庭リゾートで温泉入浴。割引で300円でした。共同湯も同じく割引なしで300円なのですが、たまには違うところも良いかなと。

 

二本松で昼食。ホットモット弁当を買って霞ヶ城公園の駐車場でお弁当を食べようとしましたが、海苔タル弁当のタルタルソースが付いていませんでした。たった20円増しのタルタルソースですが、付いているものと思って公園へ行き、いざ食べようというとき無いのは残念なものです。我慢しちゃおうかとも思ったのですが、ホットモット弁当二本松店まで戻って事情を説明、タルタルソースをもらってガソリン代もバカにならないので結局は、公園へは戻らず弁当屋の駐車場で食べることにしました。

 

P4150457 (2)

昼食後は、二本松、中島の地蔵ザクラへ。田んぼの水面に映る姿が美しいらしいのですが、今日は風が強くて田んぼの水が波立ってしまい、良いコンディションとは言えなかったかも。でも、咲き具合は満開でしたし、天気も回復し青空を望むことができました。

 

P4150485 (2)

午後4時ころ、二本松の合戦場のしだれ桜へ向かいました。満開、すばらしかったです。

 

P4150499 (2)

三春の滝桜には劣るかもしれませんが、福島では超有名な郡山の「紅枝垂れ地蔵ザクラ」へ寄って見ました。滝桜が満開の時にはいつも3分咲き、5分咲きなので今日のような9分咲きの姿を見たのは初めてです。丁度今頃満開を迎えているのではないでしょうか。

2連休もあっという間に終わり。明日からまたお仕事がんばります。

 

花見山 2016年4月5日

P4050241

福島にもやっと春がやってきたようです。桜の便りもあちこちから聞かれるようになりました。ここ数年は海外にいることが多かったのですが、久しぶりに福島市の花見山へ行ってみることにしました。我が家のある天栄村から花見山のある福島市へは約60キロ。その途中にも桜の名所はいくつかあります。今まさに満開という、本宮市にある日輪寺というお寺にあるしだれ桜を見ることにしました。

 

P4050237

昨日でも、明日でもなく、まさに今日こそが一番の見ごろという感じ。周りの灯篭やらお墓やらも良いアクセントになって、しだれ桜の美しさを引き立てていました。

 

P4050239

ソメイヨシノが点在している風景も良いですが、私はやっぱり一本物のしだれ桜に魅かれます。

 

P4050250 (2)

福島市の花見山です。バイクでなら花見山へ直行できるのですが、今日は車なので臨時駐車場に駐車。県外ナンバーもたくさん来ています。何とか空きスペースを見つけた後、シャトルバスに乗り場へ行ってみると長蛇の列。1時間以上待ってやっとバスに乗ることができました。平日というのに凄い人気です。

 

P4050254 (2)

朝は晴れていた天気は徐々に曇りがちになってしまい残念でしたが、桜の開き具合は最高でした。

 

P4050260 (2)

花見山は花木農家である阿部さん個人の所有地ですが無料開放されています。花木農家なので、桜だけでなく様々な花が咲き乱れているのが特徴です。

 

P4050272 (2)

花見山から福島市内を遠望。県外からもたくさんの観光客が来てくれて嬉しく思います。除染によって放射線量も飛躍的に下がってきています。実際我が家の周りも0.08~0.14マイクロシーベルトパーアワーと東京都内と変わらない数値になりました。今後の順調な廃炉作業に期待します。

帰りのシャトルバスも再び長蛇の列に並ばねばならず、来年以降はバイクで来ようと思いました。福島市内で遅めの昼食を取り、土湯温泉に入浴、大玉村のプラント5という巨大スーパーマーケットで買い物して帰宅。今日も良い一日でした。

 

 

 

 

 

高曽根山 2016年4月1日

P3310473

明日、会津の高曽根山へ山スキーに行こうということになりました。そのため、今日は道の駅「喜多方」まで移動して車中泊です。スーパーの見切り品などをおつまみに車内で宴会、これが意外と楽しいのですよ。

 

P3310479

翌朝は喜多方で「朝ラー」です。町の規模は大きくないのに100軒以上のラーメン店がひしめく喜多方。この町の人はとことんラーメンがお好きなようです。通勤、通学前の朝食にラーメンを食べる人も多いようで、朝早くから営業しているラーメン屋さんが何軒かあるということです。この町では朝食にラーメンを食べることを「朝ラーする」というそうで、私たち、ぽこ&けんいちも朝ラーに挑戦してみることにしました。行ったのは朝ラーをやっている坂内食堂。喜多方ラーメンの有名店のひとつですが、さすがに朝7時に並んでいる人はいませんで、すぐに入店することができました。650円の中華そばを注文。最近はお隣の松食堂で食べることが多かったので坂内は久しぶりです。昔よりチャーシューが薄くなったような気もします。それと、スープがしょっぱすぎるのが気になりましたが案の定、その後の登山で水が何度も欲しくなって困りました。登山前の朝ラーはあまり良くないのかもしれません。

 

P4010193

蘭(あららぎ)峠に車を路駐して登山準備。

 

P4010199

最初は小塩川林道を歩いて行きます。長く単調ではありますが、ある程度の斜度があるので帰りは滑って帰れそうです。

 

P4010201

林道終点から右側の尾根に取り付きました。立派なブナ林が広がっていました。

 

P4010205

青空で風もなく穏やかな天気です。気分よく標高を上げていきます。

 

P4010208

後ろに檜原湖が見えてきました。頂上はもうすぐです。

 

P4010210

広々とした高曽根山の頂上。南には会津磐梯山が、北には飯豊山が望めました。

 

P4013270

頂上からの眺め。西吾妻スカイバレー方面。

 

P4013275

頂上から少し下った樹林帯で昼食。最近定番のカップ麺です。

 

P4013276

一部、藪の混んでいる地点もありましたが滑降はあっという間です。林道もスキーが滑ってくれたので蘭峠まで楽に戻ることができました。

 

P4013302

下山後はやっぱり温泉。桧原湖畔の桧原集落には無料で入れるビニールハウスの温泉があるということで初めて行って来ました。

 

P4013296

手作り感いっぱいの天然温泉。湯は最高ですが、掃除が行き届いているとは言えず、床にたくさん居るカメムシが気になりました。無料なので文句は言えませんが。

 

高曽根山

高曽根山のGPSトラック。

 


にほんブログ村