ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


04日

チリ→アルゼンチン国境越え 2015年12月2日

PC020865

キャンプ地から25キロほど進むとチリ側のチレチコの町がありました。ここからアルゼンチン国境までは5キロほどです。随分へネラル・カレラ湖沿いを走っていますが、さすがに南米第2位の大きさの湖、まだ、湖の真ん中付近です。

 

PC020866

チリ側の国境に着きました、並んでいる人も居なくて手続きはスムーズです。イミグレで出国印をもらって、税関にバイクのペルミソを返却して終了。

 

PC020868

この川を渡れば向こう側はアルゼンチンです。

 

PC020870

アルゼンチン側の国境施設。こちらもイミグレで90日滞在可能なスタンプをもらい、税関でバイクのペルミソを作ってもらいました。時間は10分も掛からずスムーズです。ここの、アルゼンチン税関ではバイク保険を要求されませんでした。

 

PC020871

アルゼンチン側に入ると、道はアスファルトになります。山がちだった地形も平な大平原になり、森が無くなり乾燥した大地に変わりました。

 

PC020872

ぺリト・モレーノという町で食料を買出ししました。やはり、チリのプエルト・モンでアルゼンチンペソを作って来て正解だったようです。小さな町でとても闇両替などやっている雰囲気はありません。できたとしても、レートはかなり悪いでしょう。その後は南下です。ガソリンも食料もチリより大分安めで助かります。

 

PC020874

今日は、ここでキャンプ。平原が続くので、野宿地探しに苦労します。

 

PC020876

アルゼンチンは肉が安いので、今日はステーキにしてみました。この大きな肉で160円ほどでした。

 

パタゴニア5

グレゴレス野営地へのルート。

今日の走行距離469キロ、合計65888キロ。

 

チリデータ

入国 無料
出国 無料

走行距離 6019キロ
滞在日数 42日
通貨 1ペソ=0,17円
使ったお金 1875ドル (イースター島への航空券648ドル、MSR138ドル、バイクのチェーンなど81ドルを除いた一日平均24ドル)

宿 ドミトリー1泊6000ペソ~8000ペソ(1000円~1360円)
定食 4000ペソ(700円)
ビール 1本600ペソ(100円)
ワイン 1リッター1500ペソ(250円)
ガソリン 1リッター800ペソ(140円)

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

マーブル・カテドラル 2015年12月1日

PC012421

今日は、雲一つない快晴。最高の天気です。雪をかぶった山々も見えます。

 

PC012440

しばらく走ると、南米で2番目に大きいというへネラル・カレラ湖にでました。ちなみに、南米一大きいのはチチカカ湖です。ここへ来たのは、岩の洞窟の青色のマーブル模様が美しいといわれているマーブルカテドラルを見るためです。

 

PC012446

プエルト・リオ・トランキーロという小さな村が出発点になります。ここでマーブルカテドラルを見学するボートツアーに参加しました。ツアーは2時間で8000ペソ(1400円)。

 

PC012587

小さなボートでこのように青い岩の洞窟を巡って行きます。

 

PC012666

この周囲一帯が同じような、青のマーブル模様なのですが、何といってもメインの見どころはここ、マーブル・カテドラルです。

 

PC012676

マーブル・カテドラルの岩の模様。幻想的な不思議な雰囲気でした。

 

PC012688

マーブル・カテドラルを見学した後は、東のアルゼンチン国境方面へ向かいます。これ以上チリ側を南下すると、道が行き止まりになってしまい、アルゼンチンに入れないためです。

 

PC010854

へネラル・カレラ湖沿いに進みます。湖にアクセスできるところでは釣りもしてみました。2度ニジマスらしき魚がかかりましたが、ジャンプされて針が外れてしまいました。勢いよくジャンプするのは大体ニジマスが多いのでわかります。

 

PC010853

今日は本当に、一日中天気が良かったです。しばらく、雨続きでしたがようやくパタゴニアらしい景色を堪能できました。

 

PC010860

アルゼンチンとの国境、30キロほど手前で野宿しました。

今日の走行距離206キロ、合計65419キロ。

 

パタゴニア4

チレチコ野営地までのルート。

 

 
 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

 

へネラル・カレラ湖へ 2015年11月30日 

PB300826

コヤイケへ向かう途中、釣りをしてみるが全くダメでした。カナダのようにはなかなか行かないです。

 

PB300828

コヤイケの町。パタゴニアでは大きな町なのでしょうが、とても小さかったです。あわよくば、カッパを買おうとも思っていたけれど、手に入りそうもないのであきらめました。

 

PB300839

どんどん、南下します。今日のお昼はサンドイッチとコーヒー。倹約の意味もありますが、パタゴニアは一日走っても、昼食を食べれるような店が見つからないほど辺鄙な地域であります。

 

PB302377

天気が悪いので最近の撮影はコンパクトデジカメに任せていましたが、久しぶりにオリンパスのミラーレス一眼を取り出して撮影しました。曇ってはいますが、ようやくパタゴニアらしい風景に出合えました。

 

PB302397

道はダートになり、チリのパタゴニアを南下していきます。

 

PB302407

川沿いに良いキャンプ地を見つけました。洗濯、先髪、洗体、洗車とこなしているうちにいつの間にか夕方になってしまいました。さっぱりすることができました。ついでに、バイクのフロントブレーキパットの交換とチェーンにオイルもさして完璧な状態です。天気が良く、気温の上昇した日に川辺でキャンプできると、全てが片付き最高の気分を味わうことができます。

 

パタゴニア3

へネラル・カレラ湖までのルート。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

カッパ回収ならず!コヤイケへ 2015年11月28日~29日 

2015年11月28日

 

PB280785

いかにもマスが居そうな川沿いを進む。何となくカナダやフィインランドと似たような風景だ。

 

PB280782

20センチちょっとと小さいものの、日本では見ることのできないブルックトラウトを釣ることができました。パキスタンで釣って以来なので釣れて嬉しかったです。

 

PB280790

海に面したプイワンピー村です。ここへ来るまでに霧雨で路面が濡れていたのでカッパの下だけはいたのですが、何と!カッパの上を置き忘れてしまったようです。この時点で気づいて戻れば回収できたのかなと思うのですが。

 

PB280791

更に、パタゴニアを南下します。未舗装路も多く交通量も少なく、世界の果てへ向かっている感じがしてきます。

 

PB280803

ひとつ峠を越えると、雲が少なくなり青空も見えてきました。海から離れた方が天気は安定するのかもしれません。夏の北海道やカナダで見られるルピナスが、ここパタゴニアでも群生していました。

 

PB280811

モニフアレスという町の先10キロほどのところで野宿をします。この時になってやっと、カッパを200キロ近くも手前に落としてきてしまったことに気付きました。天気が悪く気温の低いパタゴニアでは、カッパは最重要品目なのです。どうしても、回収したいので明日早朝から探すために引き返すことにします。この時ばかりは、自分のバカさ加減が本当に情けなくなりました。

今日の走行距離274キロ、合計64505キロ。

 

 

2015年11月29日

 

PB290813

朝6時に出発。大事な大事なカッパを回収するため200キロの道のりを戻りましたが、カッパは見つかりませんでした。交通量も少ないパタゴニアなら、だれにも拾われず、1日経ってもそこにあると思ったのですが、もう私のカッパはそこにはありませんでした。残念です。バイクのジャケットが幸い、ゴアテックスなので、多少の雨ならずぶぬれになることは無いですけど、パタゴニアでのカッパ損失はかなり痛いです。

 

PB290818

カッパの件はあきらめて、先へ進むことにします。プエルトアイセンという港町で買出しして、夕方から今日の野宿地探しを始めます。

 

PB290821

チリの一般道沿いはトンボ線で囲われていて野宿地探しに苦労するのですが、河川沿いを探すとけっこう良い場所があります。今日もコヤイケ手前の河川敷で野宿します。

今日の走行距離477キロ、合計64982キロ。

 

パタゴニア2

コヤイケ手前野営地までのルート。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

 

 

 

フェリーでチャイテンへ 2015年11月26日~27日

 

チロエ島は夜中も雨が降っていた。朝も霧雨のような天気。早速、プエルトモンへ戻って10時にバイク屋へ行って見ます。チェーンは届いていましたが、作業は午予約が入っているため、午後3時からでないとできないとのことでした。

 

この先のルート取りをどうしようか迷っていました。魅力的なのはチリをそのまま南下するルートですが、フェリーを使わなければならないこと、それに、パタゴニアを随分南下してからアルゼンチン入りすることになるので、アルゼンチンペソの闇両替のレートがかなり悪くなるのが難点です。もう一つはここからアルゼンチンへ入国してしまい、バリローチェでアルゼンチンペソをゲットし南下するというもの。または、再びチリに戻って南下することも考えられますが、アンデス越えを2回もすることになりかなり遠回りになってしまいます。

まずは、ここ、プエルトモンでアルゼンチンペソがいくらでゲットできるのか調べてみました。両替屋で聞いたところ1ドルが15ペソ。バリローチェだと1ドル16ペソと他の旅行者から聞いたので、約7パーセントほど損してしまいます。

次に、フェリーターミナルへ行って見ます。チャイテン行きのフェリーは今夜11時に出向するそうです。週に3便しかないフェリーですが、日にち的には好都合です。その場でチケットを買いました。やはり、進みたかったルートでチリを南下していくことにします。フェリーはバイク込みで35500ペソ(6000円)でした。

両替屋へ戻って500ドルほどをアルゼンチンペソに換えました。バリローチェで両替するより3000円ほど損してしまうことになりますが、パタゴニアを南下してからだともっと悪いレートでないと両替できないおそれもあります。

 

PB260729

セントロでホットドックの昼食を食べてもまだ時間があるので、今日もジャンキウエ湖まで行って釣り。40センチクラスのマスが2匹かかりました。

 

PB260734

3時にバイク屋へ行ってチェーン交換とリアサスペンションのグリスアップをしてもらいました。チェーンは38000ペソ(6500円)。工賃は19000ペソ(3200円)。

 

4時からは、バイクをセントロのショッピングモールの無料駐車場に停めて、マクドナルドでインターネットにアクセスしました。野宿ばかりだったので1週間ぶりのアクセスです。ビックマックセットで4時間粘って昨日の分までのブログアップを終えることができました。

 

PB260735

チャイテンへ渡ってからはシャワーはなかなか浴びれなくなるので、高速道路のガソリンスタンドでシャワーを浴びておきます。もう時刻は夜9時、フェリーターミナルには9時30分からは入れるというので丁度良い時間です。

 

PB260737

フェリーターミナルです。バイクは私一人のようです。

今日の走行距離207キロ、合計64066キロ。

 

PB270746

フェリーの中の様子。それほど大きな船ではありませんでした。買ってきたポテトチップをつまみにワインを飲んでいると、何と、係りに取り上げられてしまいました。フェリー内は禁酒なんだそうです。知らなかったなぁ。そういえば、バス内も禁酒だったような気がする。

 

PB270749

朝8時にフェリーはチャイテン港へ着きました。プエルトモン同様、空模様はどんよりです。

 

PB270755

チャイテンの町。というか村。予想以上に最果て感の漂うところでした。

 

PB270761

アウストラル街道、国道7号線を南下していきます。

 

PB270774

空はどんよりですが、雨に降られず良かったです。昨日フェリーで寝不足気味なので今日は早めにロセロット湖で野宿。

今日の走行距離225キロ、合計64231キロ。

 

パタゴニア1

ロセロット湖までのルート。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村