ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


27日

プエルトモンとチロエ島 2015年11月22日~25日

2015年11月22日

PB230573

朝10時開店と同時にバイク屋へ行って見ましたが、残念ながら私のバイクに合うチェーンは置いてありませんでした。店員さんが親切に近所のバイク屋さんを一緒に見て歩いてくれましたが見つからなかったので注文することにしました、明日の午後3時に手に入るとこの時は言われたのですが。。。

 

PB230577

次にキャンプ用コンロのMSRを探します。さすがチリ。プエルトモンはいまひとつ町が大きくないからダメかなと思っていましたが、ちゃんとこんな立派なアウトドアショップがあってMSRも買うことができました。カナダで買った時の1,5倍くらいしましたが、この際値段は良しとします。これで、パタゴニアの自炊は安心です。

 

PB230579

と、今日はジャンキウエ湖まで移動して野宿。

 

PB230578

新しく買ったMSRで調理しようとすると信じられないことが起こりました。何と、新品だというのに、ポンプ内部にガソリンが逆流してしまいポンピングできません。しばらく頭が真っ白になってしまいましたが、逆流口のゴムボール部品とポンピングのゴムを自分がもともといざという時のためにカナダから持っていた新品に交換すると復活しました。これは、どういうことでしょうか。新品なのに消耗部品がヘタっているというのは、誰かが購入した後、部品だけ古いものに交換して返品したものを私が買ったということでしょうか、ゴムがヘタっているかどうかなんて、肉眼ではわかりませんからね。チリ、先進国だな~と安心していたけど、やっぱり南米マジック健在なのでしょうか。まあ、自分は部品をたまたま持っていたから良かったですけどね、もの一つ買うにしても、安心できませんね。

 

今日の走行距離75キロ、合計63442キロ。

 

 

2015年11月24日

 

PB240581

野宿続きでシャワーを浴びていなかったので、今日はまず、シャワーを浴びたいと思います。チリのすごいところは、ガソリンスタンドにも、シャワーが付いていること。どこにでもあるわけではありませんが、5号線などのハイウエー沿いのスタンドには時々あります。

 

PB240586

料金は500ペソ(100円)と安い上、制限時間があるわけではなく熱々のシャワーが浴びれます。これでさっぱり、再び野宿旅ができます。

 

PB240588

時間があまったのプエルトモンから15キロのところにあるジャンキウエ湖へ行って釣りをしてみることにしました。

 

PB240591

こんな広い湖に向かってルアーを投げたってかからないだろうと思っていたら、そこは、さすがのパタゴニア地方。40センチ越えのマスが2匹かかりました。魚影が濃い証拠ですね。

 

PB240621

高台から見たプエルトモンの町。

 

PB240622

町のシンボルのような存在の像。ユニークです。

 

PB240636

プエルトモンのすぐ近くのアンヘルモという漁港へ行って見ました。

 

PB240638名物のクラントを食べます。貝、ソーセージ、ハム、鶏肉、ジャガイモなど五目煮込みのような料理。とにかく量が多いのにびっくりしました。もちろん、味も最高。飲み物込で5000ペソ(850円)でした。

 

PB240655

アンヘルモの漁港にはアザラシが泳いでいました。

 

PB240668

予想はしていましたが、バイク屋へ行くと、3時に来るはずのチェーンは7時になるとのこと。まあ、南米ですからね。今日も、プエルトモン近郊で野宿、テントを立てて中へ入ったとたんに激しい雨が降ってきました。今回の雨はなかなかしぶとく、翌朝まで降り続きました。

 

今日の走行距離114キロ、合計63556キロ。

 

 

 

2015年11月25日

 

PB250678

あてにならないバイクのチェーンは置いておいて、まずはチロエ島へ観光へいってみることにしました。チェーンもその後のほうが確実でしょう。チロエ島へはフェリーで向かいます。バイクは片道7400ペソ(1300円)。ちょっと高いですが、満杯にならずともどんどん待たずに出港してくれるのが嬉しいです。アジアではこうは行きません。

 

PB250692

まずは、一番大きな町、アンクーへ行って見ました。このように、チロエ島の家は木造のものがほとんどで、壁は魚の鱗のようなのが特徴です。そして、色がカラフル。天気が良ければ相当綺麗な島なのだろうけれど、どんよりしているのが残念です。

 

PB250695

アンクーを出てカストロという町へ向かいます。このような、高床式の家もありました。雨は本降りになり、どうもテンションはさがりっぱなしです。

 

PB250703

カストロにある木造教会。サンフランシスコ教会というそうです。この教会を含め、チロエ島の14の木造教会が世界遺産に登録されています。

 

PB250710

カストロからも近いダルカウエの教会も見に行きました。この後も、教会巡りをする予定でしたが、雨が酷い上、道もダートになったのであきらめました。

 

PB250714

とにかく、雨のしのげるところで野宿したいとおもっていると、願ってもいない好野宿地発見。このあと、翌朝まで降り続けましたが、衣類やテントを乾かし快適に過ごすことができました。もう、住んでも良いくらい快適でした。

 

今日の走行距離303キロ、合計63859キロ。

 

チリ12

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

 

 

プエルトモンへ 2015年11月20日~22日

2015年11月20日

 

PB202360

ビーニャ・デル・マールの汐見荘を出発します。このニャンコは汐見荘のニャンコ。人間に触られるのが嫌いな猫ですが、自分からすり寄ってきます。そこで、撫でようと手を出したりすると噛まれてしまうという、難しいニャンコです。オーナーの山岸さんに見送られて出発。パタゴニアは雨が多いからね。と言われ、そうだったと今さらながら思い出しました。エクアドルで降られて以降、ここ数か月雨にはほとんど降られていなかったので、雨の苦労のことなどすっかり忘れていました。このあと数日後以降、雨に苦しめられることもこの時点では想像していませんでした。

 

PB200530

サンチャゴから北は乾燥した大地が多かったのですが、サンチャゴから南へ向かうにつれ、緑も多くなり、農地も目立つようになりました。そして、町と町の間も近く人口が増えてきました。この付近がチリでもっとも住みやすい気候なのかもしれません。

 

PB200532

農地も多く、人口も多いとなると、困るのが野宿地探しです。今日は川沿いの林道を進んだ先に良い場所を見つけることができました。

 

PB202371

夕日がとてもきれいでした。ここで、気になるのがMSR(調理用コンロ)の不調です。ガソリンの調整ネジがバカになってしまっているのをだましだまし使っていましたが、どうも、そろそろ限界のようです。あともう一つ、バイクのチェーンが急に伸びだしました。まだ交換して15000キロしか走ってないので、ウシュアイアへ行った後でも大丈夫と思っていたのに、予想以上の伸びの速さです。こんなことなら、ビーニャ・デル・マールに居るうちに探して置けば良かったと後悔。次の大きな町、プエルトモンで探して見ることにします。

 

今日の走行距離493キロ、合計62459キロ。

 

 

 

2015年11月21日

 

PB210539

やはり、明らかに気候が変わって来ています。これだけ緑が増えてきたので当たり前ですが、いきなりのどす黒い雲。バイク旅に雨ほどテンションを下げるものはありません。

 

PB210541

ついに合羽の登場となりました。この先が思いやられます。

 

PB210544

思ったよりは雨に降られませんでした。ロスラゴス州という火山と湖の多い州まで下ってきました。湖まで行ってしまうと観光地で野宿地探しに困ると思い、手前の牧草地で今日はキャンプ。

今日の走行距離467キロ、合計62926キロ。

 

 

2015年11月22日

 

PB220550

パンギプリ湖。湖畔の町もカナダの田舎町と変わらないくらいオシャレ。今まで通過してきた南米の国とは明らかに違ったエリアへは行ってきたことを実感します。

 

PB220570

朝のうちは晴れていたのに、南下するにつれ天気は悪くなってきました。富士山にそっくりというオソルノ山も雲にすっぽりと隠れて見えませんでした。今日はプエルトモン近郊で野宿とします。町でバイク屋も見かけました。今日は日曜日で休みなので、明日、チェーンについて聞いてみようと思います。

今日の走行距離441キロ、合計63367キロ。

 

チリ11

プエルトモンまでのルート。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

 

ビーニャ・デル・マールでの日々 2015年11月13日~19日

PB172316

ビーニャ・デル・マールの有名日本人宿「汐見荘」からは海鮮市場が近くにあります。しかも安い!手前のムール貝は1キロなんと170円。

 

PB140517

宿泊者の中に、これから日本で飲食店をやりたいという料理上手の旅行者が居たおかげで、海鮮パーティーが実現しました。驚くほど安い値段で、アワビ、カニ、サーモン、その他多くの魚介類を食べることができました。みんなで乾杯!

 

PB140510

料理の一例を。これは、大好評だったチーズ入りサーモンフライ、タルタルソースがけ。美味しそうでしょう。

 

PB140506

これは汐見荘キッチンからの眺め。海を眺めながらおいしいものを毎日食べていました。

 

PB1805211

オーナーさんが過去の受付名簿を持ってきてくれました。何とわが妻の名前もありました。21年前の3月10日から4泊したようです。好きな国はアルジェリア、将来の夢はお嫁さんなどと書かれていました。歴史を感じますね。

 

PB172313

汐見荘から最寄りの電車の駅へ向かいます。今日は隣町のバルパライソまで遊びに行って見ることにします。

 

PB172334

坂の多い港町で、その古い町並みが世界遺産にも登録されています。カラフルな家々が並び、ぶらぶら散歩するには楽しい町でした。

 

PB172354

本屋さんのニャンコです。絵になるニャンコですが、なかなかこっちを見てくれませんでした。気を引くために、ニャーオなどと鳴き声をまねてみましたがダメでした。さぞ、うるさいヤツと迷惑だったことでしょう。ごめんなさい。

1週間滞在した汐見荘を出てパタゴニアへ向けて南下を開始することにします。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村