ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


07日

チンチェーロの日曜市 2015年9月6日

P9061292

今日は日曜市があります。まずはバイクでチンチェーロ村へ。

 

P9061196

おみやげ屋もありますが、野菜など地元向けのものもたくさん売られていました。

 

P9061188

トウモロコシ、じゃがいも、トマトは南米原産ですからね。日本では見たことのないような種類がたくさん並んでいました。

 

P9061215

良い味だしているおばちゃん。トウモロコシを売ってました。

 

P9061224

メルカドから教会の方へ登って行きます。

 

P9061251

教会前の広場です。

 

P9061264

昔来たときと変わらぬ雰囲気が残っていて懐かしくなりました。アンデスはやっぱり良いなぁと実感します。

 

P9061273

チンチェーロの教会入り口です。この規模の村になぜこのような立派教会がと首をかしげたくなるほど内部は絢爛豪華。中の撮影は禁止です。

 

P9061306

次に、場所を移動しピサック村の日曜市へ。こちらは昔からおみやげ屋中心の市場でしたが、規模が拡大していて広場からはみ出すほど店がたくさん出ていました。

 

P9061316

数少ない野菜、果物コーナー。普通の市はこういうのが主役のはずですが、大観光地クスコに隣接するピサック村では少数派です。

 

P9061321

お昼時になったので食べ物屋さんを見て回ると、ロコト・レジェーノ(肉詰めピーマン)を揚げている屋台がありました。1個2ソル(80円)でジャガイモ付き。食べてみることにします。

 

P9061319

ペルーの代表料理のはずですが、北部でもアマゾンでも見かけませんでした。クスコあたりの郷土料理なのかもしれません。アヒ(辛いソース)が良く合います。

 

P9061330

ほら貝を吹きながら行進している人たちがいました。

チンチェーロとピサックの日曜市を21年ぶりに見学しました。観光客の全く来ないようなアンデスの町の日曜市のような素朴さはありませんが、華やかで楽しかったです。おみやげを探すならピサック村、アンデスの雰囲気や写真撮影重視ならチンチェーロ村が良いと思います。

明日はいよいよクスコへ向かいます。

 

クスコ3

クスコ近郊地図。訪ねたルート 。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

マチュピチュからウルバンバへ 2015年9月3日~5日

P9030732

朝、サンタテレサの温泉に入ってから出発します。次の目的地はクスコです。

 

P9030736

ビルカバンバの看板がありました。ビルカバンバとは、スペイン人に攻められたインカの最後の末裔がクスコから逃れて、最後の抵抗をするために立てこもった地です。マチュピチュを発見したハイラムビンガムは、最初、マチュピチュこそビルカバンバではないかと考えたのですが、違うことが証明され、しばらく謎に包まれていました。しかし、1977年になって日本の調査チームがビルカバンバの正確な場所をエスピリトゥ・パンパ遺跡であると立証しました。

 

P9030734

ビルカバンバの標識に導かれ、ちょっとばかりダートを入ってみましたが、素人が簡単に行けるような所ではないようでした。ガイドを雇って山歩きしなければたどり着けないような場所らしいので今回は行くのをあきらめます。

 

P9030737

次にキジャバンバへ向かいました。クスコを出発する列車は、マチュピチュの基点であるアグアスカリエンテスを経由しここキジャバンバまで走っていました。記憶を頼りにキジャバンバ駅があったと思われるところまで行き、周辺の人に聞くと、今から8年か9年くらい前に列車が廃線になり駅も取り壊されてしまったということでした。ここが、かつて、キジャバンバ駅があったところです。

 

P9030741

記憶を頼りにキジャバンバのメルカドへも行って見ました。青い壁のメルカドは21年前に来たときと全く変わっていません。懐かしいです。1泊しても良いかなと思いましたが、標高1200メートルのジャングル気候でとても暑いし、駅のあった場所とメルカドを見たら満足しましたので、先へ進むことにします。

 

P9030744

サンタマリアに戻って昼食。食堂の入り口では何か欲しそうなワンコが待っています。

 

P9030745

チキンとバナナのトマト煮、スープ、飲み物付きで6ソル(240円)。鶏肉をちょっとワンコにあげました。他のペルー人のお客さんたちも上げていたので食べ物にはそこそこ恵まれているかもしれません。

 

P9031170

ウルバンバでは、前回と同じオスタル・ウルバンバに泊まりました。リマを出てから今まで3000キロ以上走り回っていたような気がします。マチュピチュの線路歩きの疲れも残っているし、この町に連泊することにしました。

写真はウルバンバのアルマス広場でのイベント。周辺の村々からたくさんのチームが集まって踊りを披露していました。

日曜日には周辺の町で日曜市が行われます。それまではウルバンバに滞在します。

 

クスコ2

ウルバンバへのルート

 

今日の走行距離246キロ、合計53977キロ。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村