ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


28日

標高5000Mの峠を越えて、地上絵のナスカへ 2015年8月26日~27日

2015年8月26日

 

P8260551

ワンカベリカの町を出発します。町の大きさといい、雰囲気の良さといい、アンデスのこんな町を散歩したいという意味で最高ランクの町でした。

 

P8260704

どんどん標高があがり、素晴らしい景色が続きます。

 

P8260707

ワンカベリカから50キロほど進んだところ、地図に世界一標高の高い峠と書かれたポイントまで行って見ました。しかし、ネットで調べてみると標高の高い峠の1位マーシミク峠(5582M)から8位タングラ峠(5231M)までがヒマラヤ周辺のインド又は中国に存在しているようです。なんだ、世界一じゃなかったか、とがっかりしましたが8位で5231Mなんだから5059Mもけっこう良い線行っているはず。おそらく、南米一じゃないかな?ということにしておきます。

 

P8260715

その後も、山と湖の絶景ルートが続きました。今日中に地上絵で有名なナスカまでは行けないので、海岸部のピスコという町で宿泊することにしました。

 

今日の走行距離358キロ、合計52310キロ。

 

 

2015年8月27日

 

P8270584

ピスコを出発し、パンアメリカンハイウエーをナスカ目指して進みます。「K」とは何かというと、KEIKOの「K」、フジモリ大統領の娘、ケイコ・フジモリの「K」です。来年の大統領選挙に出馬するので宣伝のために道路脇に看板を出しているというわけです。もちろん、ケイコさんの政党だけでなく、他の政党の看板もたくさん見かけます。

景色の変わり映えのしない一本道を走り続けているといつの間にか勝手に考え事をしていてハッと気づくことがあります。道路の両脇には黒、白、青、黄、赤のビニール袋と透明のペットボトルが無数に捨てられています。土に帰るとでも思って捨てているのだろうか、捨てる人たちのモラルはどうなっているんだろうなんて考えていました。日本ならこんなことはない。いや、まてよ。私たちはゴミだらけのペルーを笑えるのだろうか?又は上から目線でモラルが無いと言えるだろうか。日本には、目に見えないけれど核のゴミが散乱しているじゃないか。ペットボトルやビニール袋のゴミなら拾い集め処理すれば済むけれど、あんな事故があった後でもなお、消すことのできないゴミを生産し続けようとしているじゃないか。なんて考え事しているとナスカへ到着。

 

P8270746

宿を決めて落ち着いた後、パンアメリカンハイウエーを戻ってミラドール(展望台)へ行って見ました。道路を走っているだけではわかりませんが、ここに登ると地上絵を見ることができるそうです。2ソル(80円)を払って登ってみました。

 

P8270726

「手」と言われている地上絵が見えました。大きさは45メートルあるそうです。驚いたのは地上絵の線がいかに頼りない線かということ。太さは約20センチ、深さは約10センチほど掘られているにすぎません。ちょうどスコップで10センチの深さに土を掬い取ったような感じです。雨が何度か降れば消えてしまうそうに見えます。作られたのは1000年以上前だそうですが、よくもこのような頼りない線が残ったものです。

 

P8270731

他にも「木」と呼ばれる地上絵も見ることができました。横を走るパンアメリカンハイウエーが真っ直ぐに伸びています。

 

P8270590

ここ、ミラドールでお土産を買いました。地上絵の図案を小石に彫った物です。実はこれと同じもの、我が家にいくつかあり、玄関などに飾ってあります。ぽこけん夫婦の妻ぽこが21年前同じ場所で買ったものです。たぶん彫っている人も同じではないかと思います。あっ、家にあるのと同じだと思ってまた買ってしまいました。1個3ソル(120円)です。石は重いですから数ある石の中で、なるべく平べったく軽くてかさばらない物を2つ選びました。

 

P8270745

半生をナスカ地上絵の保護と研究に捧げたマリア・ライへ女史の博物館へも行って見ました。設備の老朽化は否めません。

 

P8270744

博物館にいた猫たち。きっと餌をもらって可愛がられているのでしょう。

 

P8270591

本日、8月27日はけんいちの誕生日です、47歳になりました。まだ30くらいのつもりでいましたが、月日の経つのは早いものですね。47なんて信じられません。誕生日といえば何かしらお祝いしたい、豪華にやりたいものです。日本にいれば、我が家の場合お寿司を食べたりとかということになるのですが、なかなか海外ではそうもいきません。昨年の誕生日は確かアメリカのソルトレイクの湖畔で野宿して、肉じゃがを作ってひとりお祝いした記憶があります。

さて、今年はどうしよう?ナスカの町で下手にツーリスト向けのレストランなんか入るより自分で作った方が美味しいの食べれるかなと思ってツナカレーをホテルで自炊してみました。カレーのルーは日本からバイクパーツと一緒にペンションひみつ基地さんに送ってもらったものです。ホテルで自炊できるの?と思うかもしれませんが、キャンプ用のガスコンロを部屋で使えばできます。ご飯も炊くし、カレーも作れます。洗いものはバスルームでできます。

味の方はかなり良かったです。ジャガイモを入れず、グリーンピースをたっぷり入れたのが新鮮で良かったと思います。というのは、ペルー料理はジャガイモをすごくたくさん使うんですね。またジャガイモかと少々飽き気味でありますので、ツナ&グリーンピース&玉ねぎのカレーはバッチリはまりました。

47歳という年も転換期になるでしょう。長い旅行を終え、日本で仕事をしながら余暇を楽しむ生活スタイルにスムーズにシフトチェンジして行かなければなりません。仕事をしながら、夫婦で春はしだれ桜を巡るバイクツーリング。夏はいわな釣りやキャンプ。秋は紅葉を求めて北へ南へ。冬はテレマークスキーで雪の山旅。そして日本の各地の温泉巡り、そんな生活も今から楽しみです。何だか早く帰りたくなってきたな。

さて、明日はナスカ地上絵のフライトをしてみようと思います。

 

今日の走行距離307キロ、合計52617キロ。

 

ペルー13

ナスカまでのルート。

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村