ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


10日

フニンのカルナバル 2015年8月8日

P8080395

ウアイジャイの奇石群を出発。幹線道路へ戻って標高4000メートル以上のどこまでも続く高原地帯を走って行きます。

 

P8080403

すると、車の渋滞が始まりました。バイクなのですり抜けて先頭まで行って見ると、何と、巨大なトレーラーが横転していました。こんな真っ直ぐな道で横転とは居眠りでもしてしまったのでしょうか。

 

P8080411

フニンという町に着きました。ちょうどお祭りの最中のようです。楽隊の音楽に合わせて様々なグループがパレードしていきます。このような仮面を被ったユーモラスなグループもいました。

 

P8080420

こちらはチョリータ(インディヘナの女性)たちの優雅な踊り。福島県川俣町で毎年行われる日本最大の中南米音楽祭コスキン・エン・ハポンを思い出します。

 

P8080430

おじさんたちもおばさんたちに負けじとポンチョを着て踊っていました。

 

P8080396

今日は、このフニンという町に泊まることにします。しかしながら、世界をあちこち旅行してきたけれど、この一帯には、標高4000メートル以上の広大な高原にあちこち普通に町があります。広場があって、銀行や郵便局があり、食堂やインターネットカフェや雑貨や文房具店、車やバイクの修理屋があります。こんな高地に人々が普通に生活していることに驚かされます。20年ほど前にペルーを旅行した時は公共の交通機関を使っての旅行だったので、このような地域があることを知りませんでした。クスコ、マチュピチュ、チチカカ湖、ラパス、ウユニ塩湖という人気の観光地とはまた違った魅力がアンデスにはまだまだあるんだなと思い知らされる毎日です。こんな体験が日々出来ているのはバイク旅行だからこそだと思います。宿の部屋からは町の中心リベルターデ広場を見渡すことができました。1泊25ソル(1000円)、wifiは部屋の外へ行かないとつながりませんでした。夕方には天気が崩れてヒョウが降りました。高地にいると、屋根と壁があるだけでもありがたいと思います。翌朝、町のあちこちの水溜りはバリバリに凍り付いていました。

 

ペルー9

フニンまでのルート。

 

今日の走行距離115キロ、合計49827キロ。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

 

ウアイジャイ・カレラ温泉 2015年8月7日

P8070380

ウアイジャイ村とウアイジャイ奇石群のちょうど中間付近、標高4250メートルのところに、ウアイジャイ・カレラ温泉がありました。けっこう大きな温泉施設のようです。

 

P8070378

プール式の温泉だけだったら入浴はやめようかなと思っていたところ、たくさんのプール風呂のほかに個室のお風呂もあることがわかり入浴してみることにしました。今日はキャンプするつもりなので、その前に温泉に入れるのは都合も良いです。

ウアイジャイ・カレラ温泉の場所。

 

P8070384

入浴券2,5ソル(100円)を払って中に入ります。個室風呂はここで待つようにと言われました。私の前に先客が2人、すぐ順番が回ってくると思ったのですが、30分近く待たされることになりました。手前の茶色のレンガで仕切られたところが個室温泉。奥が室内温水プールのようです。

 

P8070379

個室温泉の順番を待っている間、隣の人にちょっとプール見て来るからと言って列を離れて身に行って見ました。なかなかの賑わい。外にもっと大きなプールもあるようですが、この標高の高さですから天気によっては相当冷え込むはず、屋内温水プールの存在価値は大きいのでしょう。

 

P8070388

やっと順番が回ってきました。制限時間は30分だそうです。脱衣場の奥にタイル張りの個室風呂が見えます。

 

P8070390

お湯は無色透明、無味無臭。特徴の感じられない温泉です。湯の温度は43度くらいです。で、気になるのが湯船に流される湯量と湯船の大きさの関係です。

 

P8070389

制限時間30分なのですが、なかなかお湯が満たされて来ません。長いこと待たされた理由が分ってきました。みなさん、湯がたまるのを個室でそれぞれ待っていて制限時間いっぱいまで過ごすのでしょうね。

 

P8070394

そういう私も、やっとお湯が胸の下あたりまで来たなと喜んでいたら、ドアをノックされ「時間ですよ!」のお告げ。何だよ、これからが良いところだったのに。もっと湯船の大きさを小さくリニューアルして欲しいと願いながら温泉を後にしました。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村