ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


06日

キトに戻って絶品餃子、ラジオに生出演など 2015年7月1日~5日

P7012409 ガラパゴスからキトへ飛行機で戻ります。動物いっぱいの楽園、いやぁ、楽しかったですね。地球にとって本当に大切な地域だと思いました。絶滅危惧の動物もいるそうですが、保護活動も行っていました。このままの状態で後の世代につないで行ってほしいと思います。 キトに着くと、やっぱり気温が全然違いました、Tシャツの上にフリースを羽織ります。空港から出てタクシーでセントロのホテル・スクレに戻りました。私がバイクを心配していたので、管理人のホセがバイクだいじょうぶだったろう、と迎えてくれました。再び眺めの良い4階へチェックイン。やっぱり、キトへ戻ってくると金銭的にほっとします。夕食は4,4ドルの中華弁当とビールでキトへの帰還に一人乾杯しました。

 

P7023780 ホテル・スクレの私の部屋からも見えるプラサ・サンフランシスコへ降りてみます。ガラパゴス疲れがちょっと残ってるので、あまり無理せずセントロをぶらぶら散歩します。

 

P7033788 インターネットでエクアドルのキトの観光やおススメ情報など検索していると、必ず出て来るバックパッカーに絶賛されている中華食堂があります。中には南米ナンバーワンと言いきっているサイトもありました。キトの新市街、エコビアという市内を走る連結バスの Manuela Canizares駅のすぐ西向いにある「玉面館」という中華食堂です。 で、私も行って見ました。レストランではなく、あくまでも大衆食堂の店構えですが、他の店のようにセットメニューや昼定食はやってないようです。味に自信ありと見ました。

ネット情報によると、どれも美味しいらしいのですが、中でも焼き餃子が絶品らしいので注文してみました。焼いた面を下にして出てきました。日本人としては、焼いた面は上でしょう、と思って1個ひっくり返してみましたところ、パリッとした焼け具合からしてかなり期待できそうです。中身の具はニラと豚肉でした。皮の厚み具合といい、もっちり具合といい、申し分ない味。これは、皆さんが美味いと唸って紹介したくなるのも分かる気がします。ビールが1,5ドル、焼き餃子は3,5ドルでした。キトへ来た際はぜひ玉面館へ!

海外を長く旅行していると、中華料理でリフレッシュできるということが良くあります。日本料理店も首都などにはありますが、日本よりうんと高い料金の事が多くなかなか貧乏旅行者には手が出ません。その点、中華料理屋は数が多いし、料金が安い店もあるので私たちの強い味方です。アフリカの辺鄙な田舎町にも中国人が住み着いて中華料理屋を開いていたりするんですよ、ホントに。そんな店での一食にパワーを貰ってまた旅行を続けたという思い出がたくさんあります。韓国料理も中華ほど多くはないですが海外では見つけると嬉しくなりますね。 日本にいると、近すぎるせいか日中韓の仲の悪いところばかりニュースになりますが、日本にとって広い地球の中で、中国と韓国ほど生活習慣や文化の似た地域はありません。一旅行者としては、何とか仲良くやってもらいたいものだと思います。

 

P7033785 ただいま朝の4時30分。ホテル・スクレ、1泊6ドルの安宿、4階の私の部屋からの眺めです。NHKラジオの「ちきゅうラジオ」という番組に電話で生出演することになりました。日本時間の午後6時半に合わせるために早起きして放送に備えています。

 

アーカイブを録音してYouTubeにアップしました。話の内容は今回のアメリカ縦断ツーリングについてです。話が下手で恥ずかしい限りですが、興味のある方は聞いてみてください。 ちきゅうラジオのホームページはこちら

 

P7043804 キトはとても過ごしやすい気候で、泊まっているホテルも安くて眺めが良いし、他の町では食べられないような中華料理屋もたくさんあるのでガラパゴスから戻って5泊のんびり過ごしました。キトはスペイン人が来る以前はインカ帝国の北の首都とも言われていた重要な町だったそうです。南の首都はもちろんペルーのクスコです。スペイン人が来てからはこの町が重要な基点となり教会をはじめ、数々の豪華な建物が建てられました。町を一角曲がるごとに400年の歴史のある建物を見ることができます。

 

P7043815 ここは、独立広場で後ろに見えるのがキトのカテドラルです。いつも人でいっぱいです。

本当に良い町で去りがたい気持ちもありますが、明日はキトを出発します。バイクに乗るのも久しぶりです。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村