ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


25日

コスタリカ→パナマ国境越え 2015年5月24日

ferry

まず、残念なニュースです。パナマのコロンとコロンビアのカルタヘナを結ぶフェリーが運休してしまいました。

パナマとコロンビアの間は陸でつながっていますが、ダリエンギャップという湿地ジャングルが広がっていて道が寸断されています。両国のブラックな事情により作らない方が都合が良いから技術的には作れるけど作らないのだとか、ゲリラの潜伏地でもあり、麻薬や武器の密輸ルートとなっているなどと呼ばれています。

フェリーは4月にジャマイカでチェックした時はちゃんと運行されていたのですが、先日ホームページを見てみると、「来シーズンのご利用をお待ちしています」などと、まるでスキー場のようなコピーが書いてありました。本当にシーズン営業なのか、事実上営業停止なのかは不明ですが、利用するつもりだった私がこのフェリーに乗れなくなったのは確実です。

となると、セイリングボートか貨物飛行機でコロンビアへバイクを運ばねばならないのですが、ネットで調べた結果、どちらも10万円くらいかかるようです。フェリーなら2万円くらいだったので、痛い出費になりそうです。大陸横断ライダーに有名なドイツ人船長のボートStahlatte号はキューバ方面へ行っていて、7月中旬にならないとパナマからコロンビアへ就航しないようです。パナマでセイルボートを斡旋している旅行会社へメールしたところ、バイクの輸送する法的許可が私たちには無いと断られてしまいました。行けるボートはあるでしょうが、不定期なので見つけるのは大変かもしれません。今は気持ちはGIRAGという貨物飛行機に動いています。まだ問い合わせはしていませんが、何名ものライダーが利用しているようです。

スムーズにコロンビアへ行けるかな、不安になったり、大丈夫だと思いなおしたり、そんなことを考えながら。まずは、パナマ国境へ行って見ました。

 

P5231799

コスタリカ側で昼食を食べておくことにします。なるべく安そうに見える食堂へ。

 

P5231800

定食は一律2500コロン(580円)、ジュースは500(120円)とのこと、同じ値段ならとビステク(焼肉)を注文。先日食べたハンバーガーに比べ高いですが、量を考えるとこっちの方がお得感があります。

 

P5231802

腹ごしらえしたらコスタリカ出国手続きに向かいます。まず、イミグレーションへ行くと、出国税を払うように言われます。職員の着服を防ぐためか窓口で払うシステムではなく、自分で操作するクレジット払いか、商店での現金払いになります。クレジット払いの場合7ドルで、商店で手続きを代行してもらう場合は手数料がプラスされ8ドルです。私は、やたらと色々な場所でカードを使わないようにしているので現金で8ドル払いました。商店の人がコンピュータを操作してレシートを発行してくれます。これをもってイミグレ窓口に提出すれば、OK。

次は税関で、ペルミソの返却手続き。パスポートのコピーとバイク登録証のコピーが必要です。

 

P5231803

200メートルほど離れたパナマ側へ向かいます。まずはイミグレーションへ、パナマから出国するチケットはありますかと聞かれました。バイクで旅行していますというと、じゃあ、現金で500ドル見せてください、言われました。えっ、500ドル見せるの?聞き返すと、悪いね、一応決まりだからという感じで言われました。パナマで不法労働しなことを証明するための見せ金なのでしょうか。見せると、入国スタンプをが押されました。バックパッカーの間ではパナマ陸路入国の際、出国チケットの提示がネックになっているようで、ダミーのeチケットを自作すると言っていた旅行者にも会ったことがあります。なかなか面倒なシステムですね。

次に、税関でのペルミソ作手順は以下です。

①バイクの強制保険に加入。1か月有効15,45ドル。税関のすぐ目の前で加入。加入時、パスポートとバイク登録証のコピー必要。

②イミグレの2階へ上がり、保険証にスタンプを押してもらう。

③パスポート、パスポートコピー、保険証、バイク登録証コピーを税関に提出するとペルミソを作ってくれる。

④ペルミソをもらったら、外にいる税関職員に書類と車両が一致してるかチェックしてもらい、スタンプを押してもらう。

⑤バイクの消毒。1ドル。レシートをもらって、全ての手続き終了。

 

P5231805

バイクの消毒をしてもらっているところ。

 

P5231807

パナマ入国後、高原の町ボケテへ向かいました。パナマへ入って道路が素晴らしく整備されているのにびっくりしました。

 

P5231810

涼しい環境で、キッチンも付いているペンション・マリロス。部屋も清潔、wifiもあって15ドル。スーパーマーケットも近いし、コスタリカに比べてビールが半額以下の1本0.65ドル。パナマシティーへ行ったら忙しくなりそうなので、ちょっとここで休養していきます。

 

中米13

ボケテまでのルート。

 

 

今日の走行距離354キロ、合計39868キロ。

 

 

コスタリカのデータ

入国税 無料

出国税 7ドル(クレジットカード使用、自分で機械操作。商店で現金8ドルで代行可)

通関手数料 ペルミソ作成代金 無料、 強制保険 25ドル

走行距離 718キロ

滞在日数 2日

使ったお金 107ドル(出国税、強制保険を含む)

1日平均の出費額 37ドル(上記を除いたガソリン代、宿泊費、食費、施設入場料など)

ガソリン代 リッターあたり1,1ドル

食事代 定食2500コロン(580円)、ビール1本850コロン(200円)

宿 シングルルーム5900コロン~9000コロン(1400円~2000円)

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村