ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


03月

キューバへ 2015年3月9日~11日日

メキシコの特にユカタン半島周辺で日本人旅行者に会うと、「キューバへは行きましたか?」が合言葉のようになっています。行っていないと言えば、ぜひ行くべきだと勧められるし、行ったと言えばキューバの魅力について話が弾むという具合です。そして、皆が口をそろえてキューバは素晴らしいと言います。私の場合、元からキューバへは行くつもりでしたが、そんな話を旅行者から聞いて、キューバへちょっと行って見るかという旅行者がたくさん居ます。さてさて、キューバっていったいどんな国なんでしょう。アメリカにもっとも近い社会主義国、経済制裁で貧しい暮らし、カストロ、チェ・ゲバラなどのイメージが私にはあります。それでは、行ってきます!

メキシコのカンクンからキューバの首都ハバナへ飛行機で飛んできました。空港の様子も電気が暗く殺風景で社会主義っぽいなと思っていましたが、韓国人の女性とタクシーをシェアしてハバナの中心へ進むにつれ益々メキシコとの違いが目についてきます。コンクリートむき出しのビルがポツポツと並んでいますがお店の数は少なく、走っている車は古くてボロボロ、バス停にはたくさんの人が並んでいます。陽気なカリブ海の島という印象は全くなしです。

 

P3090752

日本人バックパッカーに人気の「シオマラさんの宿」へ行って見ましたが満室。代わりに別の宿を紹介してもらい何とか1日目落ち着くことができました。紹介してもらった宿には、カンクンの宿で一緒だったコバさんもいました。それにしても、首都の中心部にしては町の灯りが少ないです。コバさんと一緒に、夕食、ビール、水などを買出しに町に出てみたのですが、これまたなかなか苦労します。コンビニなどもちろんないし、商店も遅くまで営業しているところは少ないようです。何とか、ハンバーガー、水、ビールをゲットして宿に戻りました。

実は、カンクンを出る1日前あたりから夏風邪を引いてしまったようで、のどが痛くて咳もでます。キューバ入国そうそう体調不調もあって、不便を楽しむ余裕がでてきません。

 

P3101495

翌日コバさんと一緒に「シオマラさんの宿」へ移動。町歩きもちょっとしてみます。さすがに、古い車がたくさん、といってもこれは綺麗にペイントされた観光用のタクシーです。同じ型の車はたくさん走っていますが、ペイントがはがれてボロボロなのが多かったです。

 

P3101498

遊園地の乗り物のようなかわいいタクシーも走っていました。

 

P3110758

ハバナに2泊してからバスでバラデロへ移動しました。レンタルバイク屋さんを3軒聞いてまわりましたが、今日から借りれるものは1台も無いそうです。意外と人気があるみたいです。明日の9時にまた来てチェックしてみてと言ってくれた店に行ってみようと思います。バイクが無事に借りられると良いなぁ。

 

P3110759

バラデロはリゾート地なので、なかなか夕食問題は厳しそうです。近くで安そうな店構えのところへ入って焼肉定食みたいのとビール1本で5クック(650円)でした。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

カンクン 2015年3月5日~8日

キューバへの出発は5日後の3月9日。途中のコスメル島へ寄ってみようと思ったけど、カーフェリーの場合毎日は出ていないようで、コスメル島に1泊または3泊の選択になります。3泊してしまうと、カンクンが1泊ということになりキューバ行きの準備ができないし、コスメル島1泊というのももったいない。ということでカンクンへ直行することにしました。

 

P3050732

カンクンではセントロのロサス7という日本人宿に泊まります。ここは、これからキューバへ行く旅人やキューバから帰ってきた旅人の拠点になっていて、さまざまな情報が得られるとのこと。楽しみにしています。それから、パソコンに入れていたキューバのガイドブックデータもパソコン故障と同時に消えてしまったので、誰かにガイドブックを借りてコピーできればと考えています。

 

P3051355

ここは、カンクンのドルフィン海岸。見たことのないような海の色です。メキシコ人らしき観光客もケ・コロール!(何て色してるの、この海は!)と感嘆の溜息が聞こえてきました。

ロサス7は、予想通りキューバの情報が豊富で助かりました。ガイドブックのコピーもできました。

 

P3071383

船でイスラ・ムヘーレスという島へも遊びに行ってみました。この島も海がとてもきれいです。

キューバ旅行ですが、少し予定を変更してジャマイカへも行ってみることにしました。

今後の予定ですが、3月9日カンクンからキューバのハバナ、3月27日ハバナからジャマイカのモンテゴベイ、ジャマイカを8日間旅行して、4月3日にモンテゴベイからハバナ、4月6日にハバナからカンクンに戻る予定です。

 

P3071393

ジャマイカへのフライトも518ドルかかったし、キューバから戻る便の日程変更で手数料も58ドルかかってしまったけれど、ジャマイカへ行って置かないと後々後悔するかもしれないので、この計画に変更して良かったと思っています。

キューバもジャマイカもバイクをレンタルして走れればと思っています。ジャマイカには温泉もあるみたいなので楽しみです。インターネットがキューバでは一般的ではないらしいので、残念ですが、しばらくブログの更新は休むことになります。

明日から約1か月のキューバ・ジャマイカの旅とても楽しみです。ブログの更新は休みますが、いつでもアップできるよう書き留めておくつもりです。それでは、次の更新まで、アスタ・ルエゴ!

 

メキシコ5

カンクンまでのルート。合計走行距離33841キロ。

 
 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

 

チチェン・イッツァー遺跡トゥルム遺跡 2015年3月4日

今日もまたマヤ文明の遺跡づくしです。毎日、石ばかり見ているようですが、それだけ、ここユカタン半島にマヤ文明が発達していたということでしょう。今日の一つ目は、チチェン・イッツァー遺跡です。

 

P3041245

昨日のウシュマル遺跡とは違って、くっきりとしたピラミッドでした。角度といい、階段といい、美を計算して作られているなと思ったら、天文学的にも相当計算されて作られているそうです。世界広しといえ、どうして北アフリカと中南米にだけピラミッド文化が発展したのか、不思議だなぁと思います。他にもたくさんの貴重な遺跡とセノーテが周辺に残っていて見ごたえのある遺跡群でした。入場料216ペソ(1800円)。

セノーテというのは天然の泉です。ユカタン半島は地質の関係で水が地中に入ってしまい、川が一つも無いそうです。そのため、人が生きるためには昔から、地下水の湧き出るセノーテが重要だったようで、遺跡の中にもあるし、今人々の暮らす村にもあったりします。ユカタン半島に入ってから、全く人の住んでないところが何十キロも続くかと思えば、いくつもの村が固まっているなど、極端だなあと思っていましたが、セノーテの話を知って納得しました。

 

P3041285

遺跡内もそうですが、この辺りではたくさんイグアナを見かけます。こいつは約80センチくらい。まあ、普通の大きさです。見かけに寄らずのんびりしていて動きもコミカルです。これは、吠えてるのではなく、たぶん、あくびかな?

 

P3040721

トゥルム遺跡方面へ進むと街道沿いに刑務所がありました。入り口横には、服役者が作業で作成したハンモッグや民芸品も売られていました。ハンモッグというところがメキシコらしいですね。

 

P3040725

街道沿いの食堂で昼食にします。

 

P3040723

ポヨ・アサド(鳥の炭火焼)の定食しかないとのことで、それでOKと伝えます。実は昨日の夕食もポヨ・アサドだったんですが、まあ良いでしょう。美味しいですからね。中南米でこの料理はこれから何度もお世話になりそうです。鶏肉そのものが日本で食べるよりかなり美味ではあります。更に、肉をソースに漬け込んでから焼くのですが、どうもそのソースが味の決め手のような気がします。45ペソ(380円)。

 

P3041316

トゥムルの町で宿を確保してから、カリブ海沿いに残るトゥルム遺跡へ向かいました。ここもマヤ遺跡です。こじんまりとしていて、海風がとても気持ちが良い遺跡でした。入場料金64ペソ(540円)。ここ、トゥルムの町まで来ると、カンクンにも近いせいか、英語が良く聞こえて来ます。アメリカ人が沢山遊びに来る場所のようです。私が数か月前にバイクで転倒して骨折したエンセナーダにも少し雰囲気が似ています。安宿はなかなか見つからず、今日は400ペソ(3400円)のホテルに泊まっています。

 

メキシコ4

トゥルムへのルート。

今日の走行距離200キロ、合計33688キロ。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

ウシュマル遺跡へ 2015年3月2日~3日

2015年3月2日

P3020691

エスカルセガを出発。流行っていそうなお店があったのでここで朝食を食べていくことにします。

 

P3020690

タコスとコーヒー。コーヒーはインスタントでした。全部で30ペソ(260円)とちょい高め。

 

P3020692

チャンポトンからは海沿いの道になります。かなり気温も高くジヤケットが暑いです。この後、世界遺産の城塞都市カンペチェで宿さがしをしてみましたが、値段や駐車場の問題でここというところが見つからず、縁が無かったのかなとあきらめて先へ進みます。次の目的地はウシュマル遺跡です。

 

P3021193

ウシュマル遺跡へ着いたのは、17時閉館の40分前。40分ではもったいないので17キロほど北にあるムナという町のホテルに泊まることにしました。世界遺産の遺跡に近いというのに、観光客らしい人は誰もいない静かな町でした。夕食は屋台のハンバーガーで済ませました。

 

今日の走行距離363キロ、合計33265キロ。

 

2015年3月3日

P3031198

マナの町の屋台でこれから出勤の地元の人たちに交じって朝食を食べます。私はこれから世界遺産のウシュマル遺跡へ。

 

P3031213

ウシュマル遺跡では、何といっても魔法使いのピラミッドが素晴らしかったです。今までは四角っぽいのしか見たことがありませんでしたが、ここのは、土台部分が楕円形で美しい曲線のピラミッドでした。入場料金は199ペソ(1700円)と高いですが、やはり良いものは良いのだしここへ来なければ見れないのだから、きちんと観光しておくべきだと私は思います。

 

P3030696

その後、チチェン・イッツァー遺跡方面へ向かうのに近道を選びました。小さく細い道はスピードは出せませんが、景色ものどかです。小さなバイクでトコトコ走るには最高に楽しい道でした。

 

P3030701

高地や山間部のように美しい民族衣装を着た人には出会えませんでしたが、茅葺の可愛らしい建物が沢山ありました。今の時代、メキシコでも茅葺は維持が大変なのか、家の門だけ茅葺で住む家はトタン屋根というパターンも多かったように思います。

 

P3030709

そんな楽しい細道を抜けたところで食事ができそうなお店があったので入ってみることにします。スープ付きで、メインがポヨ・デ・メヒカーノ(メキシコ風鳥煮込み)の定食を注文。

 

P3031235

今日はチチェン・イツァー遺跡手前のピステという町に泊まることにします。

 

メキシコ4

チチェン・イッツァーまでのルート

 

今日の走行距離223キロ、合計33488キロ。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

 

 

パレンケ遺跡へ 2015年2月28日~3月1日

2015年2月28日

パソコンも新しくなり心機一転。3月9日出発のキューバ行きのエアチケットもインターネットで買いました。8泊した日本人宿カサカサを皆に見送られて出発します。次の目的地パレンケ遺跡です。

 

P2281129

オハチュクという村、活気があって面白そうだったので寄り道してみます。こうして気軽に寄れるのがバイク旅行の良いところだと思います。

 

P2281134

この村の女性の衣装がとても美しかったです。ざっくりとしたポンチョのようなものを着ています。胸元には細かい刺繍が見られました。マヤの人は写真に撮られるのを嫌がることが多いので、望遠で狙ってみます。あくまでもさりげなく。見知らぬ村で撮影をきっかけにトラブルにでもなったら大変です。

 

P2281145

サンクリストバル・デ・ラスカサスから離れるにつれ、標高がグングン下がり、暑いくらいの気候になってきました。民族衣装など誰も着ていません。伝統を守って生きているたくさんの集落が点在する特別なエリアだったことを、山から下りてみて実感します。お昼はタコス。日本人宿で自炊が多かったので久しぶりです。ハイビスカスジュースも頼んで40ペソ(340円)。たっぷりとした付け合わせが嬉しいです。

 

P2280674

パレンケ遺跡のあるパレンケ市内です。今日はこの町に泊まって明日遺跡へ行ってみます。こうして初めて訪れた夜の町を歩いていると、旅がまた始ったんだなぁと喜びが込み上げてきます。

 

今日の走行距離、252キロ、合計32560キロ。

 

2015年3月1日

P3011178

ホテルに荷物を置いたまま、軽装で8キロ離れたパレンケ遺跡まで行ってみます。まだ朝早いので靄が出ていて良い雰囲気です。真昼間も良さはあると思いますが、遺跡見学は朝方と夕方が良いような気がします。

 

P3011168

お土産屋さんも、これから商品を広げたりとまだ準備中の人も目立ちます。

 

P3011184

これは、お土産屋さんに売られていたマヤ文字をかたどったもの。材質は石膏かな。ハンコに使うのでょうか。

 

P3010677

ホテルをチェックアウトしてユカタン半島へ向かいます。一瞬ですが、土砂降りの雨になりました。この後すぐまた晴れました。

 

P3010684

馬に乗った、牛飼いの人たちとすれ違いました。こういう風景が普通に道路で見ることができるところまで来ているんですね。

 

P3010688

街道沿いの、こちらの食堂で昼食。私が入って行くと、最初からウエルカムムード満点で料理がおいしいのはもちろんのこと、気持ちよく食事が楽しめました。最後にどこから来たの?と聞かれ、このノートに何か書いて欲しいと言われました。ノートを見てみると、日本人の書いたものはありませんでしたが、各国から来た自転車旅行者やバイク旅行者がひとことづつ綴ってありました。次に日本人の旅行者がこの食堂に立ち寄ったら、きっと、日本人でバイクの人が来たよと私が書いたページを見せるんだろうなと想像してみると何だか楽しくなってきました。

 

P3010685

食堂で食べたポヨ・コン・サルサ・ロッホ(チキンのトマト煮)。メキシコにまずいもの無しだなあと思います。こんな田舎の食堂でも、たまげるほど美味しい料理を出してくれて毎回感動です。コーラにも慣れてきて抵抗が無くなってきました。全部で72ペソ(600円)と安くはなかったけれど、美味しくて量は多かったし、良しとしましょう。

 

P3010687

食事中、私の横に野良犬が来て何かくれよと言うので、鶏肉を少し上げたら喜んでいました。これがその時の顔。嬉しそうでしょう?

 

P3010689

今日は、ユカタン半島入口付近の町、エスカルセガに泊まることにします。旅行者など誰も来ないような何の変哲もない町です。駐車場もあって部屋の前にバイクが置けて楽なので、300ペソ(2500円)と高いですが、宿をここに決めました。

夕方、町一番の大きなスーパーへ行ってみると、10歳くらいの賢そうな地元の女の子からブエノスタルデス!とあいさつされました。日本でも、田舎町を旅していると地元の子供たちからこんにちは!とあいさつされますよね。同じような感覚なのでしょうか。私が外国人で目立ったからあいさつしてくれたのでしょうが、とても良い気分になりました。あいさつは大事、当たり前のことをメキシコの片田舎で女の子に改めて思い出させてもらいました。

 

メキシコ2

パレンケ経由ユカタン半島へのルート。

今日の走行距離252キロ、合計32902キロ。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村