ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


13日

タスコぶらぶら歩き 2015年2月12日

メキシコに入ってから、サカテカス、グアナファトとスペイン人が作ったコロニアルの町を訪ねて来て、ここタスコが3か所目です。グアナファトは町の規模が大きく観光開発も充分されていて派手な印象、サカテカスはグアナファト同じく世界遺産に登録されているけれども、現代の町として今も普通に機能していて飾らない魅力を感じました。

そして、今回訪れたタスコですが、ここは世界遺産ではなく、他の二つの町よりずっと規模が小さいです。一応、観光地ではあるのだけれど、活気のある市場がカテドラルの横にあって、気取った感じはなく庶民的な印象。急な傾斜に町が作られているため、道も曲がりくねっているのと、家々の壁が白色なのが特徴です。曲がり角を曲がるたびにカメラのシャッターを切りたくなるような町でした。

 

P21207210

さて、タスコぶらぶら歩きを始めます。宿のあるサンファン広場を出て、まずはサンタプリスカ教区教会の方へ歩いて行きます。この教会が町で一番目立つ建物です。

 

P21207271

フアンルイス・デ・アラルコン通りを歩きます。通りから、町のてっぺんの十字架方面を見たところです。

 

P21207382

ベルナル広場へ出てきました。ここでちょっと休憩。随分と白いワーゲンが多く走っていますが、全てタクシーです。一方通行で急坂が多いので、運転はかなりの技術が要りそうです。数回切り返さないと曲がれない場所などもありましたが、皆さん慣れた運転捌きで感心しました。

 

P21207713

タスコのメルカド(市場)へやってきました。メルカド、何と懐かしく暖かい響きでしょう。中南米の旅行はメルカドと切っても切れない関係にあります。とにかく、食べ物でも何でも売っていて活気があって、歩いて楽しいところ、それがメルカドです。

英語のマーケットがスペイン語ではメルカドになります。英語のようにaとeの中間音とか、舌を丸めるような形に、などと難しいことは全然なくて、カタカナ読みでOK。これがスペイン語の良いところです。ちなみに、スーパーマーケットはスーペルメルカドと言います。

市場では、それこそスマートフォンから豚の頭まで売ってます。メキシコにはアメリカ式のスーパーもあればこういう市場もあり、人々はその時その時で便利に使い分けて買い物しているようです。日本だと、観光向けの魚介市場とか特別なところへ行かないと見られなくなってしまったなぁと実感。

 

P21204010

市場ではたいてい、安い食堂街というのが併設されています。競争が激しいので、味良し、ボリューム良し、値段良しと三拍子そろっていることが多いんで私は大好きです。今日は肉団子のトマト煮定食を注文してみました。40ペソ(340円)。なかなか美味しかったです。

 

P21207824

町をぶらぶら歩いてみて、急坂の上り下りは大変でしたが、世界広しと言え、これだけ角を曲がるたびに景色に見とれてしまう町、散歩のし甲斐がある町も少ないなぁと思いました。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村