ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


02月

ついにパソコン購入@サンクリストバル・デ・ラスカサス 2015年2月23日~27日

2015年2月23日

P2230663

パソコンがやっぱり不調。画像がアップロードできないし、初期化しようとしてもダメ。パソコン修理屋さんへ持っていったけど初期化できませんでした。

 

2015年2月24日

ハードディスクを交換したばかりではあるけれど、一応、ハードディスクをチェックするソフトをインストールして調べてみる。すると、ハードディスクに不良セクタがあって書き込みできないと表示されてしまいました。

 

P2230665

もう一度昨日行ったパソコン屋さんへ行き、ハードディスクの交換をお願いしました。

 

2015年2月25日

P2251075

午前中はテネハパという村までバイクで遊びに行きました。小さな村の規模に合わないほど広場に人がたくさん集まっていたので、これから何か始まるのかなと思って見ていましたが、別に何か始まる風でもありません。これが、村の平日の普通の風景なのかもしれません。

夕方、パソコン屋さんへ様子を見に行きました。ハードディスクを交換してみたり、2日間いろいろやってもらったけれどやっぱり治らず。明日また見に来るとお願いして宿へ戻りました。

 

P2251086

今日は宿の中庭で鳥のバーベキューをやりました。宿泊者はみなさん日本人旅行者です。真ん中にいるのは近所の子供、ホセです。遊びに来たついでにバーベキューを手伝ってくれています。

 

2015年2月26日

今日も、どんなものだかパソコン屋さんへ行ってみました。昨日は、絶対修理できると自信をもってくれていたのですが、どうも修理は難しいようです。修理屋さんが3日やってもダメなのだから、やはり買い替えるしかないでしょう。

 

P2270670

ウィンドウズ8はスペイン語から日本語へ変えられることをパソコン屋さんでもう一度調べてもらってから、電気屋さんへ向かい新しいパソコンを買いました。ヒューレッドパッカードというアメリカのメーカーのパソコンで8000ペソ(68000円)ほどでした。

 

2015年2月27日

P2271093

今日はガーミンGPSのマップソースや必要なソフトをインストールしたり、スカイプの設定をしたりブログを書いて過ごしました。夕方町の中心へ行ってみると、しゃぼん玉の大道芸に物売りや靴磨きの貧しい子供たちが大喜びしている場面に遭遇。思わず、5ペソのおひねりをあげました。なかなか良い光景でしたよ。

 

 

最初は出てくる画面すべてスペイン語なので戸惑いましたが、何とか日本語化することができ、必要なソフトもダウンロードでき、こうしてブログも再開できるようになりました。

パソコン問題でここ数日モヤモヤしていましたが、やっと解決してバイク旅行も再開できそうでほっとしています。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

 

サンクリストバル・デ・ラスカサス周辺の村へツーリング 2015年2月22日

 

画像のアップロードができなくなってしまいました。

パソコン、やっぱり、調子悪いのかな?

グーグルクロームから画像のアップロードをやってみたら成功しましたが、グーグルクロームだと相変わらず広告がどんどん出てきたり、勝手に別のサイトへ飛んでしまったりして落ち着いて作業できません。インターネットエクスプローラーでぽこけんを開きなおしてから記事を書くことにします。

パソコンの初期化も試みましたが、何度やっても、ハードディスクに不良セクタがあるため初期化できませんとでてきてしまいます。

 

image_55

さて、旅行の話です。今日は日曜日。近郊のサンファン・チヤムラという村で青空市があるというので行ってきました。男性はこのような純毛の衣装の方がたくさんいました。

 

image_22

女性もこのような黒い絨毛のスカートをはいています。

 

image_33

赤ちゃんは布にくるまれて、お母さんに抱っこしてもらっていました。

 

image_44

子供も純毛のスカートのようなものをはいていました。

教会では何か儀式のようなものを行っていました。床に草を敷き詰め、蝋燭を灯して、スペイン語ではないこちらの言葉で呪文を唱えていて、厳粛な雰囲気でした。涙を流している人も見かけました。儀式は撮影禁止でしたので写真はなしです。

 

image_66

次に、シナカンタンという別の村へ行ってみました。ここの村の女性は皆、紫色っぽい肩掛けのようなものを着用していました。村によってだいぶ衣装が違うのですね。

 

image_00

刺繍用の糸も青空市で売ってます。

 

image_11

シナカンタンの村で昼食にします。カルド・デ・ポヨという料理を食べました。スープの中に鶏肉と野菜が入ってい美味しかったです。タマリンドジュース付きで40ペソ(340円)。

 

image_99

午後は、さらに北に位置するサンアンドレス・ララインサールという村へ向かいます。途中にあった小さな教会です。

 

image_1010

この村の男性の衣装もなかなか個性的でした。

 

image_1111

村の教会の入り口付近にいた女性たち。今、滞在している宿は自炊ができるので、この村で野菜と肉を買って夕食は肉じゃがにしました。

 

image_1212

今日は一日、村めぐりをしてみましたが、気に入ったポーチの民芸品をひとつ買い求めてみました。10センチくらいの小さなものです。20ペソ(170円)でした。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村 

 

 

 

 

サンクリストバル・デ・ラスカサスぶらぶら歩き 2015年2月21日

image_11

悩みの種のパソコン問題ですが、今日は大奮闘の結果、クリアーになりました。日本語表示のAGVという無料ウイルス対策ソフトを入れたところ広告は出てこなくなりました。それと、あきらめていたガーミンのマップソースや中南米の地図データもインストゥール完了でスッキリ!

 

image_22

ということで、カサカサを出て町をぶらぶら歩きです。

 

image_00

遅めの昼食となりました、タコスの屋台です。

 

image_44

町一番の繁華街、10月20日通りを歩いてカテドラル方面へ。

 

image_33

これが、サンクリストバルのカテドラル。

 

今日はパソコンも治って良かった、良かった。明日は市が立つという村までバイクで出かけてみようかな?

 
 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村
 

サンクリストバル・デ・ラスカサス 2015年2月20日

image_33 4日間滞在した漁村、プエルト・アンヘルを出発。街道沿いの屋台で朝食です。

 

image_22

途中、やたら風の強いエリアを走り続けました。風の通り道なのか、木の枝の形も風になびいたように変形しています。風力発電のための風車が無数に立ち並んでいました。

 

image_55

昼食も途中の小さな町のタコス屋さんで食べます。

 

image_66

チアパス州に入りました。

 

image_11

夕方、宿さがしをしようとしたところ、トゥクストラ・グティエーレスという町に到着。町が大きすぎるので、飛ばしたところ、そのうち延々と山道になってしまい日が暮れそうになってきました。湖のある小さな村を見つけたので降りて行ってみます。

 

image_00

女性がすべて民族衣装という素敵な村でしたが、宿のことを聞いてみるとこの村には無いとのことで、20キロ先のサンクリストバル・デ・ラスカサスまで行くしかないと言われました。

image_44

もう、日はとっぷりと暮れて真っ暗の中、一方通行の多い道に迷いながら日本人宿カサカサにたどり着くことができました。ここには本当は明日来る予定でしたが、夕方の宿さがしが上手く行かずに、今日は630キロも走ってしまいました。

 

1メキシコ

サンクリストバル・デ・ラスカサスまでのルート。

今日の走行距離626キロ、合計32192キロ。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

海は最高なんだけど、パソコン不調でがっくし 2015年2月17日~19日

image_00

プエルト・アンヘルから銀行などもあるちょっとした町、ポチュトラへお金を下ろしに行って、タコス・デ・ギザードスを食べました。

 

image_11

プエルト・アンヘルの海は相当きれいです。

 

image_22

シュノーケリングのセットを1時間25ペソ(220円)で借りて、岩場周辺を泳いでみると熱帯魚がいっぱいででしたが、防水カメラ写真に撮るのはなかなか難しいですね。ホントは、もっときれいでいっぱい居たのですが。

 

image_33

夕方になると、港の堤防でアジ釣りです。昨日は4匹でつまみには多すぎたので、今日は1匹にしておきます。

 

image_44

夕暮れの港。地元の人がバスケットボールをしています。ビーチではなく漁村なので観光客はごくわずか、こういうところの方が私は好きです。

 

image_55

夕食は、ビールとアジのたたきとメキシコ料理のテイクアウト。

 

と、まあ、ここまでは順調だったのですが、翌日の朝、パソコンのスイッチを入れるとカチカチカチと嫌な音がします。立ち上がらず、青い画面が出てきました。

 

image_00

ポチュトラの町まで行ってパソコン屋さんに見てもらうと、やっぱり、ハードディスクが壊れているということ。ハードディスクを交換してもらい、日本語が打てるようにしてもらいました。

でも、いまひとつパソコンの調子が良くないんです。

キーボードに何も触れていないのに同じ文字が続いてしまったり(こんな感じ→‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘)、インターネットに接続しても、同じ広告が何度も出てきて、消しても、消してもまた出てきてしまいます。

これらを何とかしようと昨日、今日と2日間奮闘しましたがダメでした。

 

今までも、海外でのパソコントラブルはたくさんありました。そのたびに、大きくへこみましたが、今回はまだ、ブログが、こうして更新できるだけ良い方だと思います。

 

もうそろそろ、買い替え時なのかな?とも思いますが、海外でパソコンを買った場合、日本語表示に変更したり、キーボードの位置が違ったりするんでしょうね。

 

もし、海外でパソコンを買って日本語で使っている方が居たら、お知恵を拝借願いたいです。

 

image_11

プエルト・アンヘル最終日、今日も夕方から漁港の堤防で釣り。

 

image_00

アジのたたきも食べ納めです。明日以降、次の目的地はサンクリストバル・デ・ラスカサスですが、ここから一日ではきついので明日は途中のどこかで泊まりですね。安全第一で行きたいと思います。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

アジのたたき@プエルトアンヘル

正直、飛ばし過ぎだと思います。メキシコシティーのペンションアミーゴに2泊だけのライダーなどかつて居たのでしょうか?これは、骨折で足止め4か月の反動ですね。でも、見たいものは効率よく見ているつもりです、オアハカもたった2泊ですが充分堪能しました。そのうち自然にスピードダウンするに任せて旅行したいように行くしかないでしょう。

 

P21604980

今日も、飛び込みで朝食を食べさせてくれそうな店に入りました。前の人の食べているものを見て、当然ブリトーだと思ったのですが、タコス・デ・ギサードスしかないとのこと。じゃあ、その、聞いたことのないギサードス2個ねと注文すると、5種類の具材を見せてくれてここからどれが良いか選んでねとのこと。やっぱり、ブリトーみたいのが出てきましたが、これがタコス・デ・ギサードス?1個12ペソ(100円)、コーヒー10ペソ(80円)。

 

P21605001

山から海辺へ下りて来ました。バイクジャケットが暑くてたまりません。ポチュトラという町で昼食休憩。

 

P21604992

するとまた、朝食と同じタコス・デ・ギサードスの店。偶然なのか何なのか?タコス、ブリトー、エンパナーダスの違いが自分はまだ分かってないみたい、形は一緒に見えるんだけどな。メキシコより小さい日本だって関東と関西でうどんの汁が随分違うんだから、タコスの好みも地方によって違うのかも何て思ってみたりして。奥のジュースはアグア・デ・オルチャタ(お米のジュース)。コーラばかりでは芸が無いので新しい分野に挑戦です。

 

P21605095

プエルト・アンヘル、日本語にすると天使の港という小さな漁村へ来ました。実は、オアハカの宿のオーナーは、プエルト・エスコンディートというこの近くのリゾート地にぜひ行くようにと薦めてくれたのですが、やはり、自分の好みはリゾートではなく漁村です。今まで訪ねてきたメキシコのどの町よりものんびりとしていそうな雰囲気です。

 

P21605023

漁村とはいっても、とても風光明媚なところなのでホテルは何軒かあります。人気は西側のビーチ沿いのようで、ホテルの値段も400ペソ(3400円)からとなっていました。打って変わって、漁村のセントロ(町の中心部)の宿は料金設定が安めになっていました。このちょっと古いですが立派なホテルが3泊以上する場合は1泊150ペソ(1300円)、2泊以内だと200ペソ。そういわれちゃあ3泊するかと前払いしてしまいました。

 

P21605034

ホテルから見える眺めも抜群です。なぜ、買い物にも便利で安い食堂もあるここセントロのホテルが安くて、ちょうど、写真の中央のビーチ沿い、お店も無くて不便なところのホテルが高いのでしょうか?たぶん、あっちはビーチ好きのアメリカ人に人気で値が上がっているんだと思います。私は断然こっち派です!

 

P21605116

ひと泳ぎした後、堤防で釣りをしている人がいたので私もやってみました。アジがたくさん釣れているようです。私は、最初はメタルジグという日本から持って来たルアーでやったのですが、1匹釣れたのみで、根がかりでルアー2つを失ってしまいました。周りの人の仕掛けを観察すると、餌は付けない、いわゆるギャング釣りという釣り方です。

海外の釣りは郷に入れば郷に従えです。私も早速、港の釣具屋へ行ってギャング釣りの針を10ペソ(80円)で購入。たちまち3匹ゲットで計4匹。釣れ過ぎても調理に困りますので、後は明日のお楽しみに。

 

P21605267

釣れた4匹のアジを海辺である程度下ごしらえ、小骨が多いので思い切って余計な部分は捨てます。そして、ホテルの部屋でたたきにしました。しょう油はありますが、生姜やワサビは今回持ってきていないので、タコスを買うともれなく付いてくるライムを絞ってしょう油にひたして頂きました。これは、かなり美味しかったです。最低3泊するので毎日アジのたたきをおつまみにしても良いかも。リゾートしているばやいじゃない、やっぱり漁村は良いです。

 

メキシコ18

プエルト・アンヘルへのルート。

今日の走行距離267キロ、合計31463キロ。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村
 

オアハカ周辺ツーリング 2015年2月15日

今日は、オアハカ周辺の魅力的な場所をぐるっとツーリングしてみたいと思います。

 

P21504580

まずは、朝食。コンビニに行けばホットドッグとコーヒーの簡単な朝食が安くできるのは分かっていますが、メキシコの食は奥が深いので、できれば分かっていない分野にどんどん踏み込んでいきたいものです。バイクを止めて、道端の屋台を覗いてみました。ソパ・デ・コンソメ(コンソメスープ)だそうです。聞くと、日曜日の朝に家族でこれを良く食べるんだとのこと。トルティージャが付いて35ペソ(300円)ということで頼んでみました。

日本のコンソメをイメージすると全く別物です。味にコクがあって具も牛筋肉、野菜各種、ひよこ豆などたくさん入っています。これに、お好みで薬味の玉ねぎ、唐辛子、パクチー、ライム、ハラペーニョ、アボガドソースを加えます。もう、美味しいの極地です!語彙が少なくて済みません。メキシコ人は料理の天才揃いなのでしょうか。

 

P21508653

ティアンギス(青空市)がオアハカから30キロ離れたトルコルーラという町で行われるというので行ってきました。このティアンギス、何曜日はどこそこというように、毎日行われているそうです。鳥を売るおばさん。ニワトリではなく七面鳥か何かでしょうか。

 

P21508724

商談成立。売れたようです。

 

P21504676

肉を焼くおばちゃん。いい臭いが漂ってきます。

 

P21508422

唐辛子屋さんです。

 

P21504615

これは、すり鉢ですね。メキシコ料理はサルサ(ソース)が重要なので、どこの家庭でもすり鉢で色々すりつぶしてサルサを作るんでしょうね。デザインもメキシコらしさが伝わってきます。

 

P21504730

次はアメリカ大陸で一番大きな木があるというので見に行ってみます。バイクも荷物を積んでいないと痩せっぽっちに見えて頼りないような?

 

P21504861

サンタ・マリア・エル・トゥーレと呼ばれる大木です。イトスギの一種で樹齢2000年、高さ40メートル、幹回り60メートルとのこと。さすがの貫録です。

 

P21504900

大木を見た後は、近くで昼食。エンパナーダスというクローズドピザのようなものを食べました。20ペソ(170円)。焼きたてで中のチーズが溶けて美味しかったです。

 

P21508917

午後2時ころ、オアハカ郊外のモンテ・アルパン遺跡へ行きました。紀元前500年から建設が始まったということは今から2500年前ですね。ということは、アステカよりもマヤよりももっと古い遺跡です。一番南の台基壇からは全体が見渡せました。

 

明日は、高原を離れて海へ下りてみようと思います。

 

今日の走行距離116キロ、合計31196キロ。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

インディオとインディヘナ オアハカにて 2015年2月14日

P21404330

 

今日は、オアハカ州へ向かいます。小さな田舎町で客待ちしているミニタクシーを見かけました。これは、インドやスリランカでオートリクシャーと言われているのと同じものだと思います。まさか、アメリカ大陸にも走っているとは意外でした。

その後、オアハカ市内でBAJAJ(インドのバイクメーカー)の看板を見かけたので、間違いなく進出しているようです。確かに、道が狭く一方通行の多い古い町はいつも渋滞気味なのでこれは便利です。

 

P21408092

気分の良い高原道路が続きます。スピードの出るオンロードバイクで走っても楽しめそうな道でした。ただ、路面は所々穴が開いていたりするので注意が必要です。

 

P21408113

今まで、見たことのない珍しい木。髭のようなものがブラブラと風に揺れ、風景を独特の雰囲気にしていました。

 

P21408214

オアハカ州の州都、オアハカ市に到着しました。オアハカ州はメキシコの中でも、先住民の人口比率が一番高いのだそうです。町の中心部にはこのようなカテドラルやコロニアル建築も多数残っていました。

 

P21408230

カテドラル横のおみやげ屋さんも、今までの町と違ってインディヘナの色合いが濃いものに変わってきました。

さて、北米では先住民族の人々のことをアメリカ・インディアンと呼んでいましたが、これは、アメリカのインド人という意味で変だなぁ、おかしいなぁ、本当はネイティブ・アメリカンと呼ぶべきじゃないかと思っていました。

メキシコ以南のラテンアメリカでも、先住民の人たちの呼び方がインディオだったりインディヘナだったり色々聞こえてきます。どういう意味なのか調べてみました。もともとはインディオと呼ばれていたそうです。インディオはインド人のスペイン語読みです。これは侮辱的な意味が含まれていることから、数十年前より土着の人と言う意味のスペイン語インディヘナを使うようになったそうです。インディヘナとインディオは元々の語源が全く違うんですね。

アメリカでも、アメリカ・インディアン(アメリカのインド人)でなく、トゥルー・アメリカン(本来のアメリカ人)と呼ぼうという運動はあるようですが、全く広がる様子もなく、看板に堂々とインド人居住区と書いてありました。でも、インディヘナの場合は響きが似ているから定着しやすかったのかもしれないですね。

 

P21404551

州都だけあって、大都会で凄い活気です。

明日は、ちょっと郊外まで足をのばしてみます。

 

メキシコ17

オアハカへのルート

今日の走行距離207キロ、合計31080キロ。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

ポポカテペトル山は富士山そっくりナノだ! 2015年2月13日

タスコ、良い町でした。「見知らぬ町ぶらぶら歩き愛好家」の私を虜にするような町でした。歩く速度で景色を眺めることがいかに贅沢なことか。現在、バイクでの旅行をしていますが、積極的にバイクを降りて歩くべきだと思い知らされました。

 

P21304070

タスコを出発し、街道沿いのタコス屋で朝食を食べた後、お隣のバッテリー屋さんに居た犬。この手前の犬に親近感を持ちました。たぶん、私と同じような性格のようです。なんとなく表情を見れば分かるんですよね。こいつとは気が合うような気がしました。アディオス!

 

P21304091

しばらく街道を走って行くと、富士山そっくりの山が見えてきました。標高5426メートルのポポカテペトル山です。今も噴火中! 存在感ありますね、久しぶりに雪を見ました。

 

P21304112

トペについて、ちょっと触れて置きます。

メキシコはトペだらけです。「徐行」とか「減速」の表示だけでは効果が薄いため、物理的なギャップを作って交通事故を減らそうという意図で作られた道路の上に作られた盛り土(ギャップ)です。これが、とにかく多いんですね。1日100回くらいは越えなければならないんです。時間に大らかなはずのメキシコですが、こと運転に関してはせっかちなようです。

 

P21304123

昼食は街道沿いの田舎町で。定食の看板を出している店に飛び込みました。ポヨ・コン・サルサ・デ・ベルデ(鶏肉の緑色トマト煮込み)が35ペソ、フーゴ・デ・ナランハ・ナトゥラル(天然オレンジジュース)が15ペソというのでそれも注文して、計50ペソ(430円)。

アメリカ・カナダは、食にあまり期待できなかったですが、メキシコに来てまだ3週間ちょっとというのに、種類の多さ、味の良さに毎日感動しています。アジアなどに比べると決して安くないので、金額的には自炊で済ませたいくらいなのですが、どんな料理が出て来るのか毎回楽しみで、一食、一食と向かい合うつもりで旅行しています。

 

P21304174

ワフアパン・デ・レオンという町で泊まることにしました。観光的には何もない、ごく普通のメキシコの町ですが、こういう町のぶらぶら歩きはまた、楽しいものです。町の中心部のホテル・レラードに宿泊。1泊230ペソ(2000円)。

 

P21307995

町の市場の八百屋さんです。

 

P21308056

町の中心部の様子。観光客がだれひとり来ないような、こんな町のぶらぶら歩きも楽しいものです。人が生きていられる時間は長い人でもたった100年。次にこの町に来れるチャンスは、たぶん、自分にはもうないでしょう。そう思って歩く、こんな散歩の時間が自分には大切な宝のように思えるのです。

 

メキシコ16

ワフアパン・デ・レオンまでのルート。

今日の走行距離361 キロ、合計30873キロ。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

タスコぶらぶら歩き 2015年2月12日

メキシコに入ってから、サカテカス、グアナファトとスペイン人が作ったコロニアルの町を訪ねて来て、ここタスコが3か所目です。グアナファトは町の規模が大きく観光開発も充分されていて派手な印象、サカテカスはグアナファト同じく世界遺産に登録されているけれども、現代の町として今も普通に機能していて飾らない魅力を感じました。

そして、今回訪れたタスコですが、ここは世界遺産ではなく、他の二つの町よりずっと規模が小さいです。一応、観光地ではあるのだけれど、活気のある市場がカテドラルの横にあって、気取った感じはなく庶民的な印象。急な傾斜に町が作られているため、道も曲がりくねっているのと、家々の壁が白色なのが特徴です。曲がり角を曲がるたびにカメラのシャッターを切りたくなるような町でした。

 

P21207210

さて、タスコぶらぶら歩きを始めます。宿のあるサンファン広場を出て、まずはサンタプリスカ教区教会の方へ歩いて行きます。この教会が町で一番目立つ建物です。

 

P21207271

フアンルイス・デ・アラルコン通りを歩きます。通りから、町のてっぺんの十字架方面を見たところです。

 

P21207382

ベルナル広場へ出てきました。ここでちょっと休憩。随分と白いワーゲンが多く走っていますが、全てタクシーです。一方通行で急坂が多いので、運転はかなりの技術が要りそうです。数回切り返さないと曲がれない場所などもありましたが、皆さん慣れた運転捌きで感心しました。

 

P21207713

タスコのメルカド(市場)へやってきました。メルカド、何と懐かしく暖かい響きでしょう。中南米の旅行はメルカドと切っても切れない関係にあります。とにかく、食べ物でも何でも売っていて活気があって、歩いて楽しいところ、それがメルカドです。

英語のマーケットがスペイン語ではメルカドになります。英語のようにaとeの中間音とか、舌を丸めるような形に、などと難しいことは全然なくて、カタカナ読みでOK。これがスペイン語の良いところです。ちなみに、スーパーマーケットはスーペルメルカドと言います。

市場では、それこそスマートフォンから豚の頭まで売ってます。メキシコにはアメリカ式のスーパーもあればこういう市場もあり、人々はその時その時で便利に使い分けて買い物しているようです。日本だと、観光向けの魚介市場とか特別なところへ行かないと見られなくなってしまったなぁと実感。

 

P21204010

市場ではたいてい、安い食堂街というのが併設されています。競争が激しいので、味良し、ボリューム良し、値段良しと三拍子そろっていることが多いんで私は大好きです。今日は肉団子のトマト煮定食を注文してみました。40ペソ(340円)。なかなか美味しかったです。

 

P21207824

町をぶらぶら歩いてみて、急坂の上り下りは大変でしたが、世界広しと言え、これだけ角を曲がるたびに景色に見とれてしまう町、散歩のし甲斐がある町も少ないなぁと思いました。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村