ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


06日

2014さようなら、2015こんにちは

2014年は自分にとってどんな年だったのか、時が過ぎて書く気が無くなってしまうまえに、今のうち、ちょっとまとめておきたいと思います。

 

P10800830[1]▲アヒルを生きたまま配達中のカブ

2014年のお正月は、ベトナムの片田舎、名前も聞いたことのなかったゴックホイという、カンボジア国境に近い町で迎えました。大晦日からパソコンが不調で、正月早々町のパソコンショップで直してもらいました。リカバリーディスクのお世話になるのは、これで何度目でしたか。この後も、今年は何度かパソコントラブルがありました。バイクで旅をしていると、振動があったり、通信が不安定でダウンロード途中で切れちゃったり、色々とトラブルに会いやすいんですよね。

 

P12981567[1]

▲ベトナム北部ムーチャンチャイにて、大人たちの井戸端会議に飽きた様子の少女

ベトナムツーリングは以前からやってみたかった旅でした。南のホーチミンでバイクを買って旅をスタートさせ、北のハノイまで、2か月かけて6900キロを走りました。南北に細長く、しかもベトナム戦争終結までは、別の国だった南と北、気候も、人々の性格も、景色も、食べ物も全く違っていました。そういう、変化していくベトナムの様子を、地元の人が乗っているのと同じ、110㏄のカブという小さなバイクで細かく見て歩くのは楽しいものでした。

 

P20284707[1]

▲ベトナム北部バックハーの町、行商のおばあちゃん

そして、ベトナムは今でも変化し続けている国です。ベトナム人は、他の東南アジアの国の人々より勤勉で、しかも器用に思えます。今後増々発展するのではないでしょうか。あと数年後、必ず再訪してみたいと思っています。

 

その後、1か月のマレー半島ツーリングを終え、3月に帰国しました。そして、妻であるぽこのお父さんが亡くなりました。ぽこは、お母さんの世話と福島での動物保護活動などで忙しく関東と福島を往復する生活となりました。東南アジアの次のステージとして、中南米の旅を予定していました。夫婦二人で旅行する予定でしたが、ぽこが、日本に残り、けんいちがひとりで行くことになりました。

4月、5月はテレマークスキーで東北の山を中心に登りました。月山の品倉山や会津の三岩岳に初登頂でき、満足できました。

 

P40828422[1]

▲福島県吾妻連峰蓬莱山

P41414205[1]

▲山形県湯殿山

6月からは、再び海外ツーリング、出発はカナダのバンクーバーでした。バイクは、日本人経営のウィンドベルモーターサイクルで新車のXT250を購入しました。カナディアンロッキーの美しさ、温泉、釣りの醍醐味、どれをとっても素晴らしいのですが、インフォメーションが充実していて旅行しやすく、外国人を歓迎する雰囲気を強く感じました。カナダには、外国人であることを意識せず自然と溶け込める雰囲気があるようです。例えば、ヨーロッパを旅していると、私は当然アジアからの外国人と見られます。が、カナダではそうとも限らないんですね。私がカナダ人と思って話しかけてくる人の方が多いんです。それだけ、移民を受け入れてきたからでしょうね。私にとって、カナダは良いこと尽くめでしたが、物価の高いのはちょっと辛かったですね。

 

P61802760[1]

▲カナディアンロッキー

7月にはアメリカ合衆国のアラスカ州に入りました。アラスカ北端のデッドホースへ向かいましたが、7月というのに。雪に降られたのにはびっくりしました。マッキンリー山も見ることができたし、サケも釣ることができて良い思い出になりました。アウトドアショップに銃が売ってたりして、やはり、カナダとは違う雰囲気です。私の思い過ごしかもしれませんが、人々の雰囲気もカナダ人に比べるとドライな感じがしました。物価はカナダより安くてありがたいんですけれど。

 

P72107390[1]

▲アラスカ北端、デッドホースにて

P72719960[1]

▲北米大陸最高峰、デナリ山(マッキンリー山)

8月、9月と北米大陸を南下していきました。雨にたたられ、バイクがスタックしてしまいクラッチ版が壊れてしまったときもありました。動かなくなってしまったバイクをドロドロになって押し、荷物も手で運んで、国道まで歩いてSOSのヒッチハイクと本当に大変でしたが、親切な方に助けれました。

 

P82827091

▲アメリカ合衆国、グレートソルトレイク

P91233181

▲アメリカ合衆国、奇岩の絶景ザ・ウエーブ

P83129570

▲アメリカ合衆国、モニュメントバレーへ続く道

9月20日、メキシコ入国してすぐ、エンセナーダという町でバイクで転倒し、右の鎖骨を骨折。中米へ南下の予定を変更し、日本へ一時帰国することにしました。骨折の治療は時間がかかるようで、3ケ月半経過した今も、完全にくっ付いていませんが、また同じように転倒するなどの力がかからない限りは大丈だろうという状態です。今回のことを教訓に、次回はバイク用のジャケットや靴を揃えてツーリングをすることにしました。

帰国して味わった納豆と日本酒の何と美味しかったことか。その後、日本で水疱瘡になってしまいました。この年でかかるとは、自分でもビックリでした。そして、半年前から気になっていた左手小指のしびれ、これを治すために、思い切って手術を12月2日に行いました。現在は、しびれも取れました。小指の感覚の鈍さは残っていますが、これは、神経の回復と共に感覚は戻って来るそうです。身体に不調があると、気分もすっきりしません、思い切って手術して良かったと思います。2015年1月中旬にアメリカへ戻って中南米ツーリングを再開します。

今年は、西アフリカでエボラ出血熱の流行があり、現在も進行中です。また、シリア内戦は泥沼化していて、イラクとまたがる広範囲にイスラム国が根を下そうとしています。また、パキスタン、イランも政情不安定で旅行がし難くなってしまいました。バイクで旅行するには、陸路で国境を越えなければならないのでルート取りが難しい時代に入ってしまったと言えると思います。また、政情不安と同列に並べてはいけないことですが、日本がどんどん安い国になる一方、中国、ブラジル、トルコ、メキシコ、タイなどの国々との経済各差が縮まりつつあります。旅行費用も、10年前くらいまでは1年間100万円と言われてきましたが、もっともっとかかる時代になって来ているのかなと感じています。

日本はというと、福島に住んでいるので、気になるのはやっぱり原発です。民主党時代、20年後か30年後を目標に廃炉という話がありましたが、今は、自民党の安部さんが再び原発推進に舵を切ろうとしています。安全が確認されたから再稼働とかではなく、稼働すれば必ずでてくる核のゴミをどこでどう処分するのか、それが一番の問題だと思うのですが、どうしてか、そういう話が出てきません。あれほど、「美しい国、にっぽんを作りたい」と言っていたのだから、ゴミは邪魔なはずでしょう。ゴミの処分方法が決まってから稼働するしないを考えてほしいと思います。

さて、2015年はどんな年になるのか、今年も「ぽこけん」をよろしくお願いします。