ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


15日

フェアバンクスあっちこっち 2014年7月13日~14日

2014年7月13日

 

とりあえずで滞在していたタナバレーキャンプ場、なかなかホットシャワーも無料でドバドバ出て良いのですが、蚊が多いのと共有スペースが無いのと電源確保が難しいのが難点。今日はセブンス・ベースキャンプ・ホステルに引っ越してきました。

 

P71406290

ここはホステルのドミトリー、キャビン、テントといろいろな宿泊方法がありますが、ベースがホステルだけあって個人にやさしい値段設定になっています。キャンプは1サイト7ドル+1人7ドル。私の場合は14ドルです。カナダ・アラスカではほとんどのキャンプ場で1サイトいくらという値段表示なのでひとり旅は損だな~といつも思っていたのです。しかも、共有スペースが充実しているのがグーです。奥に見えるのが広々としたキッチンです。wifiはもちろんありますが、ホットシャワーは1分25セント(25円)となっています。ここなら快適に連泊できそうです。

 

P71317112

まず、ちょっとしたエピソードから。。。昨日、をウォールマートという巨大なスーパーマーケットで食料品をいろいろ買ったのですが、マヨネーズと玉ねぎをレジに忘れてきてしまったのです。アメリカは自己責任の国、ダメ元と思って今日スーパーマーケットのカスタマーセンターへ行って訳を話すと、何と!戻って来ました。いや~、アメリカもなかなか良い国ですな。今後もウォールマート御ひいきにしちゃいますよ!

 

P71306190

はい、次のトラブルです。私がかけていた眼鏡。掛けているかいないかわからないくらい軽い、というのがキャッチコピーのような眼鏡でした。だから、もともと強度はなかったのです。どちらかというと、インドアーな方向けの眼鏡だったのかもしれません。で、ついにぽっきり逝ってしまいました。もちろん、眼鏡の破損は想定内で予備は持ってきています。でも、予備がいつ壊れるかわかりません、なので、もう一本眼鏡が無いと旅に不安が付きまとうことになります。

ということで、フェアバンクスの眼鏡屋さんへ行ってきました。眼鏡フレームが、お値段いろいろで15ドルから200ドルほど、レンズが今のと同じクオリティーだと140ドルとのこと。200ドルか、しょうがないか、と思って話を聞いて行くと、更に、眼科医の診断書が150ドルかかるというじゃありませんか!これは、法律で決まっていて避けては通れないとのことです。カナダもアメリカ本国もそうなの?と聞くと、その通りとのこと。

 

P71306211

ここで、4万円も眼鏡に使うのは惜しいので考えた挙句、今、キャンプ場に戻れば壊れた眼鏡があるけど、レンズは生きている。それを、ここに並んでるどれか合いそうな眼鏡フレームに合うかどうか試してみてくれる?と聞くと、OK、持ってきてみて、とのこと。それで、持ってきてみると、微妙にフレームの形が合わないものの、予備眼鏡としては何とかなる感じにフィット。18ドル(1800円)とのこと。壊れてしまった眼鏡は日本に帰ってから海外旅行保険でゆっくり治すとして、取りあえずの予備眼鏡としては上出来です。我ながら、拙い英語で必死の交渉術ですな。

 

P71317143

ちょっと観光です。ダウンタウンで一番古い教会だそうです。

 

P71317154

ダウンタウンのゴールデンハート・プラザのユーコンクエスト(犬ぞりレース)館を見学語、フェアバンクスから世界の各都市への距離を見てちょっとびっくり。東京までが5600キロ、ロサンゼルスまでが5719キロとのこと。平面の地図を見る限り信じられないことですが、東京よりロサンゼルスが遠いなんて、地球はやっぱり丸いんですね。

 

今日の走行距離63キロ。合計8400キロ。

 

 

 

2014年7月14日

 

P71417231

我が、XT250の後タイヤがもうちょっとでツルツルです。あと数千キロは行けると思うんですが、探しておいた方が良いと思ってバイク屋を何軒か回ってみました。17インチはどこででも手に入ります。要は、少し大きな650㏄クラスのバイクのタイヤならどこででも常備しているのですが、250㏄用の18インチのタイヤを置いてある店がありません。無理もないかもしれません、走っているバイクはほとんど大きなバイクばかりで250㏄はかなり少数派だからです。

アフリカや中近東でのことを思い出します。それらの国々を旅していたときは、18インチ(250㏄用)なら見つかるけれど、17インチ(650㏄用)は無い、という状況で、18インチの私たちは苦労しませんでしたが、ヨーロッパのライダーたちは、DHLという国際宅急便で400ユーロ(5万円)という高い輸送量を払ってまで空輸してもらっていました。

ここでは、状況が逆のようです。カナダへ行っても、アメリカ本土へ行ってもその場ですぐ手に入る保証はないし、私はちょうどダルトンハイウェーのツーリングへ行って1週間か10日後にフェアバンクスへ帰ってきます。なので、注文することにしました。1週間で来るというのでちょうど良いです。値段は96ドル(9600円)まあ、こんなものかな、という値段です。たぶん、中米・南米へ行けば、18インチのタイヤが手に入り安くなるでしょう。今は、こんな小さなバイクで旅するのかと驚かれていますが、XT250の本領を発揮するのは中米以降です。

 

P71417372

午後から。アラスカ大学フェアバンクス校のミュージアムへ行って来ました。なかなか見応えがありました、特に、この体長2,5メーターはありそうなグリズリーのはく製は迫力満点。入場料は12ドル(1200円)。

 

P71417393

アラスカの動物や自然の様子を写真や文章で伝える活動をしていた星野道夫さんンもコーナーもありました。残念ながら、星野さんはロシアで熊に襲われ亡くなってしまいました。今、この方の本を読みながら旅しています。

 

P71406280

このあと、ダルトンハイウェーへ行くので、ヘッドライトを何かでガードしたほうが良いかなとホームセンターを物色し、このような、金網を装着しました。本来は小鳥をおびき寄せて捕まえるための網のようですが、ぴったりサイズで我ながらグッドジョブです。製作費は約4ドル(400円)でした。

 

今日の走行距離85キロ。合計8485キロ。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

フェアバンクス到着 2014年7月12日

今日は快晴。フェアバンクス目指して行きたいと思います。

フェアバンクスってゴールドラッシュ時代に詐欺師たちが作った町だと聞いたことがありますが、ふと、アルファベットのスペルをみるとFAIR BANKS。直訳すると公正な銀行?詐欺師が作ったまじめな高利貸し?面白いネーミングだ何て考えてしまいました。実際はBANKSには川の土手なんて意味もあるみたいだからそっちの方なんでしょうけどね。

 

P71217045

アラスカハイウェーを進んで行く途中いくつも池や湖がありました。

 

P71217080

朝食を食べないで出発したので、景色の良い湖のほとりで朝食休憩です。釣りの方は最近さっぱりダメですね。北へ行くほど良く釣れるのではと考えていましたが、実際は南の方が釣れていました。北へ来ると、道路の数が少なくなります。なので、人が入って行ける釣り場も限られてきて、釣り人が南より集中してしまうからなのかも、なんて思ってみますが、どうなんでしょう?

 

P71206134

やっと来た!と思ったらまだまだお子様のニジマスちゃんでした。

 

P71217091

アラスカ州でアンカレッジに次ぐ第二の都市、フェアバンクスに到着しました。第二といっても人口は8万人くらいのようです。それでも私にとっては久しぶりの大都会。ホワイトホースに比べると大分大きな町です。ここはダウンタウンにあるゴールデン・ハート・プラザ。このあと、近くのビジターセンターでキャンプ場やアウトドアショップ、スーパーマーケットの情報をあつめました。

 

P71206142

今日は取りあえず、タナバレーキャンプ場というところに落ち着きました。wifi、ホットシャワー付きで16ドル(1600円)ですが、このあと、別のキャンプ場やホステルも偵察に行くと、もっと安くて良さそうなところを見つけたので明日引っ越すことにします。

 

P71206153

14年使ったスリーピングマットがはがれてボロボロになってしまったので新しいものを購入しました。REIというアウトドアショップですが、品揃えの豊富さにびっくりしました。広い店内でアウトドアグッズがならないものはないのでは、という感じでした。このサーマレストのマットは約90ドル(9000円)。カナダでも同じ表示価格でしたが、カナダだと税金がプラスされます。アラスカでは何故か消費税がかからず、安く済みました。こっちで買って正解です。別の店で釣り具も何点か買いましたが、カナダの半額から3分の2くらいで買えました。ス^パーマーケットでの食料品の値段もカナダに比べると大分安いです。アラスカ、エエんでないの、って感じです。

 

アラスカ10

フェアバンクスまでのルート。今日の走行距離238。合計8337キロ。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村