ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


14日

アラスカハイウェーを進む 2014年7月11日

朝から曇り空でしたが、7時過ぎに出発。白夜で夜中でも明るいんですが、何せ電気もないので早寝早起きになってしまい、6時には目が覚めてしまいます。太陽が出ていないとかなり寒いです。バイクだと尚更です。下はモモヒキ、ズボン、カッパの下と3枚重ね、上は長袖Tシャツ、薄手のフリース、ジャケット式のフリース、ライトダウンジャケット、ウインドブレーカー、カッパの上と6枚重ねですがそれでも寒いです。とは言っても10度くらいの気温だと思うんですが、暑いところで邪魔になるような衣類はあまり持たないようにと、薄手の重ね着で対処しています。

 

P71106050

アラスカハイウェーを西へ進みます。アメリカやカナダナンバーのキャンピングカーもたくさん見かけます。ヨーロッパでもキャンピングカーは良く見かけましたが、日本で走っているようなコンパクトなものが主流でした。北米ではこのような大型バスタイプのものも良く見かけます。バスタイプの部分が居住スペースで、後に引いてるのは、観光や買い物などに使う小回り用の普通車です。これに、更に、250㏄程度(私のXTも250)の小さなバイクや、自転車などを乗せているパターンもよく見ます。こんなサイズで旅しているひとが沢山居るものだから、私など、いつも、よくこんな小さなバイクで旅しているねと驚かれてしまうのです。

 

P71106081

1時間も走ると雨が降って来てしまいました。州立のキャンプ場に逃げ込んで東屋で雨宿りです。昼食も兼ね、3時間半ほど待っていると天気も回復してきたので再出発することにしました。

 

P71106092

トクという町のビジターセンターへ寄ってみました。無料のロードマップをもらうのが目的でしたが良いものはありませんでした。施設の中にはオオカミのはく製がありました。はく製になるくらいだから、アラスカでも数が減っているのでしょう。見た目は犬そっくりですが、それにしてもデカい。体重50キロくらいはありそうです。

 

P71116784

家々があまりに広範囲に点在しているからでしょう、郵便配達の手間を省くためだと思いますけど、街道沿いに各家の郵便受け(メールボックス)が並んでいました。

 

P71116845

これがあの、石油のパイプラインでしょうか。北極海のプルドー・ベイからバルディス港まで長さ1280キロの長い長いパイプラインです。このあとの旅の予定で目指すダルトンパイウェーも、この、パイプラインの建設のために作られた道です。環境保護か開発かで大分もめたようですが、やはり開発の方向へ舵が切られたんですね。巨大な油田が見つかって、自然保護のためにそのままにしておくという選択はなかなか難しいんでしょうね。

 

P71106118

今日は州立のクオーツレイクキャンプ場に泊まります。ここは1区画10ドル(1000円)です。

 

P71116896

ここはキャンプ場横のスモール・クオーツレイクです。この桟橋から釣りを試みましたがルアーが浮草に引っかかり紛失。

 

P71116967

桟橋から見たスモール・クオーツレイクです。ビッグ・クオーツレイクはちょっと離れたところにありますが、モーターボートなどが走っていて賑やかな雰囲気でした。

 

アラスカ9

クオーツレイクまでのルート。今日の走行距離324キロ。合計8099キロ。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

アメリカ・アラスカ州へ国境越え 2014年7月10日

カナダのドーソンシティーからトップオブザワールド・ハイウェーを120 キロほど進むとアメリカ・アラスカ州との国境です。アメリカへの入国は面倒だということを良く耳にしますが、ここはどうなんでしょう?

 

P71005860

国境の手前に親切にもタイムゾーンが変わることを知らせてくれる看板がありました。奥に見えるのが国境の施設のようです。

 

P71005871

道なりに進んで行くと、このような信号のあるゲートがありました。信号が青になるまで待ちます。

 

P71005934

信号が青に変わり進んで行くと、係官に居住地を聞かれました。日本と答えると、パスポートと言われたので渡しました。バイクを停めて中で手続きしてくださいと言われました。この係官の制服がアメリカの税関職員の制服。どうやら、カナダ出国の手続きは無いようです。この緑色の建物が国境施設です。入国カードか何か書かされるのかなと思って、バイクの登録証を持って中へ入ると両手10本の指の指紋と顔写真の撮影、そして、6ドル払わされました。ワイロではなく、たぶん車両入国の手数料でしょう(後日、カスタムではなく入国カードの費用と分かる)。

以上で終了、のようです。税関の制服を着ていたので、心配になって、この後イミグレーションへ行くんですか?と聞いて見たら、この施設はイミグレと税関が一緒になった施設で、あなたのアメリカへの入国手続きは全て終了です、とのこと。あっけないほどシンプルな入国でした。

 

P71005892

パスポートとこの紙に2か所、90日滞在可の入国印が押されました。

 

P71005913

これが、国境のモニュメント。

 

P710166614

で、今後の旅の舞台はしばらくアラスカとなります。

 

P71005955

アラスカ州へ入ったといっても、店一軒あるわけではなく、しばらくはただただ未舗装路が続くだけ、適当なところで昼食休憩にします。レタスが余っているので、ラーメンに入れます。ヌードルスープとレタスの相性はなかなか良いんですよ。ベトナムやラオスでは麺に当たり前にレタスや香菜をたっぷり入れて食べます。日本のラーメンに入れる人は少ないと思いますが、これは、かなりおススメの食べ方ですよ。

 

P710059611

アラスカへ来て変わったことといえば、まず、マイル表示になったことです。慣れないと分かりにくくてちょっとマイルのです。

 

P710059712

アラスカへ入って最初の村がチキン村。なんでこんな名前なのか、ガソリンスタンドの売店にはチキンのTシャツなどお土産で売られていました。ここで給油しました。マイルに続いてガロンの登場です。ガロンもちょっとピンと来ませんよね。1ガロンが約3,8リットルだそうです。1ガロン4,9ドルということなので、1リッターに直すと約1,3ドル(130 円)。カナダより大分安くなりました。アラスカではディーゼルの方が1割くらい高い値段設定になっているようです。

 

P710167015

さらにしばらく走って、今日はウエストフォークキャンプ場という州立キャンプ場に泊まることにします。1泊10ドル(1000円)です。

 

P710060313

7000キロ以上走って、チェーンが少し伸びだしたので1コマ詰めて置くことにしました。

 

8アラスカ

ウエストフォークまでのルート。今日の走行距離217キロ。合計7775キロ。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村

アラスカ国境へ 2014年7月9日~10日

2014年7月9日

 

夜中までかかって何とかホワイトホースを出てから昨日までのブログをアップ。カナダはwifiに繋ごうと思うと高いキャンプ場やホステルに泊まらなければならないので、旅のレポートアップが遅れがちになってしまいます。

昨夜から今朝までずっと雨が降っていましたが、ブログをアップした以上、24ドルもするキャンプ場に泊まっていられないのでキャンプ場を移ります。

ユーコン川の対岸にあるホステルのキャンプ場は14ドルですがwifiは使えず。同じ使えないならばと、広々とした12ドルの州立キャンプ場へ移動しました。ドーソンシティーの図書館では1時間限定でwifiが使えるのでネットをチェックしてからドーソンの町を歩いて見ることにしました。

 

P70916300

ゴールドラッシュ時代の砂金採りのおじさんの銅像。

 

P70916351

これで古い町並み?と首かしげたくなるような感じです。アジアとは歴史の深さのレベルが違うことを痛感します。ゴールドラッシュなんてたった100年くらい前の話なんですから。

 

P70916392

ユーコン川の遊覧船です。トム・ソーヤーの冒険に出てきそうな船です。

 

P70916454

ユーコン川には橋が架かっていないので、バイクも車もこのフェリーを利用します。ドーソンシティーから私の泊まっている州立のキャンプ場へもこのフェリーで移動します。

 

P70916423

アメリカやカナダナンバーの荷物満載の旅人ライダーもたくさんこの町を通過していきます。

 

今日の走行距離22キロ。合計7558キロ。

 

 

2014年7月10日

 

P71016470

今日の天気は快晴、ユーコン川の向かいのドーソンシティーに別れを告げアラスカへ向かいます。

 

P71016501

トップオブザワールド・ハイウェーと呼ばれている道を進んでいきます。道はどんどん上り坂になり、眼下にはユーコン川が眺められます。

 

P71016522

何が世界一のハイウェーなのかと思っていたんですが、山々の尾根の上を行く道だから名付けられたようですね。眺めの良い道が続きます。

 

P71016543

それにしても、あの、有名な犬ぞりレース、ユーコンクエストのルートはトップオブザワールド・ハイウェーと平行して通っていて、この付近の山越えが一番の難所だそうです。夏でも肌寒いこの付近を真冬に犬ぞりで山越えするとは、凄いレースだなとあらためて思いました。

 

P71016614

さあ、もう少しでアメリカ・アラスカ州との国境です。

 

 

アラスカ7

アメリカ・アラスカ州国境へのルート。

 

カナダのデータ

走行距離 7672キロ

滞在日数 38日

使ったお金 2212ドル(バイク保険205ドル、バイクパーツ367ドル、キャンプ道具205ドルを含む)

1日平均の出費額 37,8ドル(ガソリン代、宿泊費、食費、施設入場料、釣り道具などを含み、上記初期投資を除く)

 
 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村