ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


2014年

信州旅行2 福島のペットレスキュー報告会 2014年10月17日~20日

松本市で行われるのペットレスキューの報告会は午後からなので、毒沢鉱泉神の湯をチェックアウトしてから、午前中ちょっと観光します。

 

PA1741420

諏訪大社や御柱を観た後に向かったのは万治の石仏。日本の仏像というと丸い顔が多いと思いますが、ここのはモアイ像を思わせるようなアジア人離れした高い鼻に四角い顔。なかなか味があります。一度見たら忘れない、印象的な石像でした。

 

PA174146 - コピー1

今回の報告会のポスターです。松本市の楽蔵ぴあのというところで行われました。

 

PA1741742

報告会の様子です。私はパソコンの操作や写真撮影などの手伝いをしました。

 

報告会の内容に興味のある方は以下を参考にしてみてください。

 

「いぬのきもちねこのきもち」WEB版でのペットレスキュー記事・原文 (その1)

「いぬのきもちねこのきもち」WEB版でのペットレスキュー記事 原文+α(その2)

「いぬのきもちねこのきもち」WEB版でのペットレスキュー記事 原文+α(その3)

「いぬのきもちねこのきもち」WEB版でのペットレスキュー記事 原文+α(その4)

「いぬのきもちねこのきもち」WEB版でのペットレスキュー記事 原文+α(その5)

「いぬのきもちねこのきもち」WEB版でのペットレスキュー記事 原文+α(その6 最終です)

 

福島からは大分離れた松本での報告会ということもあり、たまたま寄ってみたという方より、動物保護に関心があり問題意識を持って報告会に参加したという方が多かったように思います。経済を優先するために再稼働はやむを得ないという意見もあるように、福島から遠い場所では、いつの間にか原発事故があったことさえ忘れられてしまったのではと思うこともありますが、松本でもこのような報告会に来てくださる方が居ることを心強く感じました。

最後の質問コーナーでは、何とか力になりたいと思っているけれど、自分たちに何ができるか?現地では何が必要とされているのか?と聞かれました。

もちろん、人や被災地に残された動物の餌、お金も必要だし、今以上に増えないための動物への医療行為も必要、保護された動物の里親になってもらうこともありがたい。けれど、一番は関心を持ってくれること、そして、時間があったら福島の被災地を見に来て欲しい、建物だけが残り、住む人の居なくなったがらんとした町に立って、そこで何が起きたのか想像して欲しいです、と答えて報告会は終了しました。

 

PA1841834

報告会の後は、楽蔵ぴあので食事会&打ち上げ、その後、主催者の方の温泉付き山荘に宿泊させていただきました。

 

PA1841803

中古の山荘を買って、自分で手直ししたんだとか。温泉は中房温泉から引いているそうです。なかなか素敵な建物、私たちもこんな山荘がほしいなぁと思いました。

 

信州旅行3へつづく

信州旅行1 毒沢鉱泉 2014年10月17日~20日

妻のぽこが信州の松本市で報告会(被災地での動物保護活動)をするので手伝いがてら私も行ってきました。手伝いといっても私は骨折療養中で重いものが持てるでもなし、長時間の運転ができるわけでもなし、報告会でパソコン操作や写真を撮るくらいのことしかできません。ほとんど、旅行気分で行って参りました。

 

PA1640590

東北から信州へは以前とてもアクセスしにくかったのですが、北関東自動車道が開通して便利になりました。あっという間に群馬県の高崎まで高速で進み、後はドライブがてら下道を進むことにします。ネギで有名な下仁田でちょうどお昼時になりました。下仁田カツ丼の有名店「きよしや食堂」へ入ってみます。

 

PA1640550

何とメニューには、カツ丼、玉子煮カツ丼、ソースかつ丼とカツ丼だけで3種もあります。私たちは名物のカツ丼をオーダー。この特製味付けがとても美味しいらしいのです。

 

PA1640512

平日なのに満席の店内、しばらく待つと出てきました。丼からカツがはみ出して蓋が閉まらないほどのボリューム。

 

PA1640521

蓋を開けてみるとご飯の上にカツが2枚ものっています。味付けはしょう油ベースの甘辛風味の特製タレがサクッとした衣にからんでとっても美味でした。これはかなりおススメできると思いました。下仁田へ行く際はぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

 

PA17413410

報告会は明日、松本市であります。今日は手前の下諏訪町にある毒沢鉱泉神の湯に泊まります。夫婦で温泉好きの私たちです、ここのちょっと変わった珍しい泉質に惹かれて選びました。含鉄((監))-アルミニウム-硫酸塩冷鉱泉でpH2,5の強酸性明礬泉です。

 

PA1741269

山の中の一軒宿のように見えますが、実は下諏訪の町からすぐ近くにありました。泉質への期待もありますが、雰囲気もなかなか良さそうです。

 

PA1740735

落ち着いた雰囲気のロビー。

 

PA1741258

浴衣の柄もなかなか良い感じです。

 

PA1741177

部屋に落ち着き、早速お目当ての湯へ向かいます。

 

PA1740906

左側の小さい浴槽が源泉。透明で冷たいです。飲んでみるとレモンサイダーのような濃い味。これはずっしり効きそう、期待できます。右がわかし湯です。鉄分空気に反応し、色が褐色です。

 

PA1740694

夕食です。山の幸がふんだんに使われています。豪勢というより、ちゃんとした素材を使った健康に良さそうな食事という感じ。カツ丼も良いですが、やはり中年になってくるとこういう食事が美味しく感じます。

 

PA17410411

翌朝の朝食。正しい日本の朝食という感じでした、ごはん、味噌汁共におかわりして大満足。

泉質、宿の雰囲気、食事と全て満足でした。

 

信州旅行2へつづく

 

 

コスキン・エン・ハポン 2014年10月11

福島県川俣町で行われる日本最大の中南米音楽の祭典、コスキンエンハポンへ行ってきました。今年で40年目という歴史のある音楽祭で、今日から3日間に渡って行われます。

 

PA1039171 第一日目の今日は、川俣町の中をラテンの歌や踊りで練り歩くコスキンパレードではじまりました。

 

 

PA1039282 川俣町は別名、ケーナの響く町と言われています。小学校でケーナを習うそうですから、住民すべてがケーナを吹けるのかもしれません。

 

PA1140153 開会式ではアルゼンチン大使の挨拶もあり、メインイベントの演奏会がスタートしました。ステージでは全国から集まった中南米音楽グループの演奏が次々と行われます。今年の参加グループは過去最多で203グループとのことです。

 

PA1140194 愛好会レベルのグループからプロのグループまでいろいろ出演します。この演奏会で選ばれると、アルゼンチンのコスキン市で行われる世界最大のラテン音楽イベントへの出場権が得られます。

 

PA1039455

会場では、中南米音楽の楽器も沢山販売されています。売られている楽器はおみやげ用ではなく、プロが使ってもおかしくないクオリティーの高いものも販売されています。

 

PA1140246 我が家へ懐かしい旅人、稲川くんが滋賀県から訪ねてきました。バイクで世界中を旅した後、登山に目覚め日本百名山に登ったそうです。アフリカ最高峰のキリマンジャロに登った経験はありましたが、今年からは、マレーシアのコタキナバル、ヨーロッパのモンブラン、ロシアのエルブルース、南米のアコンカグアを目指すそうです。そのついでに、あまった時間を利用して東南アジアをカブでツーリングするとのことです。羨ましい限りの自由人。この人が不思議なのは、いつになっても見た目が若いということ。もう50歳代のはずなのにぜんぜんそう見えません。

旅仲間の来訪 2014年10月10日

PA0939060

旅仲間の入江さんがこっち方面へ来るついでにと、茨城県からお見舞いに来てくれました。入江さんは前回、カナダへ出発するときも成田空港まで見送りに来てくれました。鎖骨骨折で療養中の身には嬉しい来訪です。

入江さんは60代半ばですが、世界中をバイクで旅されており、山スキーなどもやる根っからのアウトドアマンです。全く年齢を感じさせないタフさも感じられます。

話が骨折の経緯になりました。入江さんは今まで骨折の経験はなく、バイクに乗るときは転ぶのを前提に暑くてもパッド付きのジャケットを脱がないようにしていると言っていました。この謙虚さが、今までハードな旅を続けていながら骨折無しの理由なのだろうと思いました。石橋を叩いて渡るという言葉がありますが、その言葉には慎重さと同時に謙虚さがあるような気がします。そして、起こりうる沢山の可能性を想像する力が感じられます。

私の場合は逆に石橋を叩かず落ちるタイプでしょうか。情けないですが、痛い目に合わないとわからないんですね。今回も心のどこかで、足がべったり付く小さなバイクなのだ、転ぶはずがないと思っていましたが、実際は簡単に転んでしまい、骨折で帰国までするはめになってしまいました。さすがに、次回、旅の再スタート時にはパッと付きのジャケットとパンツを着用しようかと検討しています。

入江さんは、今シーズンの冬、ベトナムツーリング又はアフリカツーリングを検討中だということです。そして、春以降は日本100名山の登り残している山々を登りながら50㏄のスーパーカブで日本を巡るつもりと話してくれました。行きたいところ、旅のアイディアが沢山ありすぎて困ってしまう、という言葉が印象に残ります。私は、今はしっかり療養しなければならない時期ですので大人しくしていますが、将来、入江さんのように常に好奇心と、同時に謙虚さを持って旅ができたら素敵だろうなと思いました。

4か月ぶりに帰国しました 2014年10月5日

PA0438781

ロサンゼルスからソウルまで13時間、ソウルから成田までが2時間、妻に車で迎えに来てもらって成田から福島までが5時間。いや~長かったです。長時間の座った姿勢がちょっと辛かったですけれど、10月5日の夜中2時半、おかげさまで無事に自宅へ帰って来ました。やっぱり、日本は良いですね。そして、自宅は落ち着きます。緊張がほどけたところで念願の納豆をつまみに日本酒で一杯、また一杯。たまらんです!

 

PA05387901

そして、10月6日本日、整形外科へ通院しました。心配していた骨のズレは殆どありませんでした。良かったです、安心しました。物事には一般的にたちの悪い、悪くないと言うことがありますよね。たちの悪い酔っ払いとか、たちの悪い取り立て屋とか、たちの悪いウイルスだとかって。今回の私の鎖骨骨折はとてもたちの良い、折れ方だったようです。先生によりますと、鎖骨バンドなどの固定具も使わなくて大丈夫、このままの状態をキープして骨が付くのを待ちましょうとのこと。希望すれば、手術もできるけれど、手術したからといって骨が付くスピードが速くなるわけではないそうです。なので、手術はしないでこのまま保存療法で治るのを待つことにします。寝るとき右肩を下にしない、右腕を肩より上に上げないなど気を付けて生活すれば、早ければ6週間くらいで骨が付き始めるでしょうとのことでした。2週間後に再通院してレントゲン撮影をして変化を見て行くそうです。

 

20年ぶりのロサンゼルスへ 2014年10月1日~2日

2014年10月1日

PA0138425

11日間滞在したメキシコ・エンセナーダのホテルリオ。今日は朝からアメリカ・ロサンゼルスへ移動します。

鎖骨骨折などたいしたケガではないかもしれないけれど、骨がくっ付き始めるまでの日数が不明確というのがやっかいです。早ければ2か月で付くかもしれないけれど、半年しても付き始めないこともあるようです。それまで、ここでバイクにも乗れず待つなんて私には無理です。自宅へ戻って落ち着いた環境で気長に治療に専念する選択は正解だと思います。ロサンゼルスまでの350キロ、肩を刺激しないよう安全運転で行きたいと思います。

 

PA0138436

国境の町ティファナのバンヘルシートへ寄ります。バイクのペルミソ(一時輸入許可証)を返却しました。メキシコ、当たり前ですが、ちゃんとデポジットの400ドルを現金で返してくれました。ラテンの乗りで明日来いとか、係りが居ないから分からないとか言われなくて良かったです。さすが、中南米の優等生と言われている国ですね。

 

その後、オタイ国境から出国しました。メキシコ側ではチェックなし、アメリカ側では簡単な質問を受けましたが無事入国しました。

 

メキシコデータ

メキシコ滞在日数 12日

メキシコ走行距離 348キロ

メキシコ使ったお金合計367ドル(入国税24ドル、バイクペルミソ59ドルを含む)

使ったお金の1日平均 24ドル

 

アメリカへ入国してからは、ルート905W→805N→5N→405Nを通ってロサンゼルス国際空港前まで来ました。アメリカの道路標識はシステマティックで分かりやすく、地図もGPSも見ずに来ることができました。

 

 

PA0138497

まずは腹ごしらえ。何と吉野家があるじゃありませんか!今回の旅では北米で初めて見ました。さすがロサンゼルスですね。それに、歩いている人たちが国際色豊かです。今までのアメリカの田舎町ではほとんど白人社会の様でしたが、アフリカ系、ラテン系、インド系が目立ちます。田舎町と大都市では大分印象が違うものだと驚きました。まるで別の国のようです。

 

PA0138478

それで、お目当ての牛丼ですが、何かが違います。

  1. 紅しょうがの色が濃すぎます。
  2. 肉のスライス具合がちょい厚めな気がする、気のせいかもしれませんけど。
  3. 汁がしょっぱすぎます。

並とか大盛りはあったのかな?普通にビーフボールと注文するとこれが出てきました。5ドルと値段も高めなこともあり肉の量は日本の並盛りより多いようです。微妙な違いはありましたが、まあ、アメリカで食べれるとは思っていなかったので良い経験ができました。

 

PA0138519

ロサンゼルスの滞在はバイクを保管してもらって以降の行動がしやすいように、メトロのLennox駅から近いAmerica innというモーテルにしました。ここなら、バイク屋さんから帰って来るときも、空港へ行くときも公共機関で行けるので便利です。何があるかわからないし、国境越えもあったので、念のためにアメリカ出国1日前にロサンゼルス入りしました。明日はバイク屋さんへバイクを預けに行きます。

 

2014年10月2日

PA0238533

バイク屋さんへ行く前に腹ごしらえ。マクドナルドと対照的なファストフードのハンバーガーチェーンとして人気のin・n・out。注文を受けてから、しっかりちゃんとしたハンバーガーを作ると評判が良いようです。私が通ってきたアメリカの田舎町にはこういうのは見かけなかったので今回初めての入店です。ハンバーグも分厚く、ひき肉をこねてちゃんと作ってる感じだし、レタス、トマトなどたっぷりとした野菜も嬉しいです。フライドポテトは太目。正直美味しいです。メニューは実にシンプルで、ハンバーガー、チーズバーガー、ダブルチーズバーガー、フライドポテトのみ。私は明日出国ということで、贅沢して一番高いダブルチーズにしてしまいました。これで7ドルくらいでした。安くはないですけど、人気があるようで繁盛してましたよ。それと、日本ではすっかり姿を消してしまったかに見えるドクターペッパーがコカ・コーラと肩を並べてドリンクコーナーにありましたので、今回久々にドクターをチョイスしてみました。

 

PA0238550

午後、ロサンゼルスのバイク屋さんMoto Whoopsを訪ねました。こちらでバイクを保管していただけることになり、今回の帰国が実現しました。大変感謝しています。Moto Whoopsではバハ・カリフォルニアのオフロードツアーなどもやっているそうです。なので、私が転倒、骨折したエンセナーダ付近についても良くご存じでした。エンセ ナーダから先はきれいな一本道が続いていて、それこそ片手運転でも行けるくらいだそうです。今となっては時間を巻き戻すわけには行かないので、骨折を後悔してもしかたないです。後続車に巻き込まれなかっただけ良かったと考えるべきでしょう。私の希望では2~3ケ月後に戻って旅を再開したいのですが、すべては骨の付き具合次第です。バイクと荷物の保管、よろしくお願いします。

 

PA0238732

公共のバスとメトロを乗り継いでダウンタウンのリトルトーキョーへ行って見ました。20年ぶりの再訪です。

PA0238624

日本人村と名付けられた一角はやぐらなどが建ち、観光地として整備されていましたが、今はもう日本人街としての機能はしていないようで、町並みは20年前より寂れてしまっているように見えました。

 

PA0238601

懐かしいダイマルホテルです。当時は日本人の旅行者で賑わっていたものです。あの当時でシングル1泊がたしか25ドルくらいだった気がします。バイクだったらこんなダウンタウンのど真ん中まで来ようと思わないですね。骨折したからこそ、ロサンゼルスへ来て、メトロで足をのばし、懐かしい町を再訪することができました。寂しい町になってしまったのは残念ですが、今のリトルトーキョーを見ることができて良かったです。

 

それでは、明日の飛行機に乗って一時帰国します。

 

世界地図 ルート2

これまでバイクで走って来たルート。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

 

御嶽山噴火に思う 2014年9月30日

P80365300

2012年8月2日撮影

御嶽山、退職して時間が出来、あの地を一昨年バイクで旅行したとき、何と存在感のある山かとバックミラー越しに見ては、写真撮影をし、また進んでバックミラーを見て撮影。その日は山の写真ばかり撮ってなかなか進めなかったことを思い出します。まさか、あの山が噴火するとは...亡くなった多数の方、青天の霹靂だったとこでしょう。まさか、自分が再び自宅へ戻れないなどとは想像もできなかったことでしょう。本当に、いつ何が起こるのかわからないものだと痛感します。

ポーランドのアウシュビッツ、ベトナムなど、人間の命が紙きれかボロ雑巾のように命を落として行った場所を訪れると、現代に自分がこうして生きていることが奇跡に思われるときがありました。生きた時代や場所によっては生きのびることが五分五分のときもあるでしょうし、死ぬ確率の方が高いこともあるでしょう。福島原発だってそうです。私は福島出身ではありませんが、福島の自然が好きで福島に家を買いました。自分ではコントロールできないものに、いつのまにか巻き込まれてしまうことってあるんですね。まさか、事故が起こるなどこれっぽっちも思わずに暮らしていました。東日本大震災に遭遇したけど生きてて良かった、助かったという感覚のほうが強く、東電がどうだこうだと、ここで言うつもりはありません。

そんな経験をしてからは1年に一度見られる桜や紅葉、雪の美しさを見るたび、こんな光景はあと何回見られるのか、と思うようになりました。あと、上手くいって数十回見られるかもしれないけれど、これが最後かもしれないという思いが付きまとうようになりました。ならば、今しっかり見ておこうと思うようになりました。海外へ行っても、ここはもう来れないかもしれないと思って景色を眺めながらバイクで走っています。だからこそ、その日一日を大切にと思うようになりました。

今回の御嶽山ので噴火は予測できなかったのでしょうか?事故は防げなかったのでしょうか?いくら時代が進歩しても自然の驚異の前では人はあまりにも小さく無力な存在でしかないのかもしれません。だからこそ自然の前では謙虚に生きなければならないのでしょう。亡くなった方にはご冥福をお祈りします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

一時帰国を決意しました 2014年9月24日~27日

P92538340

帰ろうと思った理由

  • こちらの病院へ行き、3週間たったら治るからそうしたらバイクに乗って良いと言われましたが、ネット等で調べたところ、3週間程度で骨がくっ付くのは子供や若者の場合で、自分の年だともっと時間がかかるし、折れた場所によってくっ付きにくい場合もあり、その時は治療が長引くらしいです。
  • バイクにも乗れない状態、いつ骨がくっ付くかわからない状態で、この町に滞在し続けるのは退屈過ぎます。
  • 病院がとても混んでいる上、スペイン語のため医師とのコミュニケーションが上手く取れず不安が残ります。

以上の理由で一旦日本に帰って治療したいと思いました。もともと、11月下旬にメキシコシティーにバイクを置いて一時帰国の予定でしたので、2か月帰国が早まることになりますが、今回のトラブルは帰国日変更の良い機会と思いました。

 

バイクと荷物をどうするか

  • バックパッカーではないので、帰ろうと思っても好きにヒョイとは帰れないのがバイク旅行者です。バイクを安全なところに保管できて初めて一時帰国できます。考えたルートは2つです。
  • ひとつは350キロ離れたロサンゼルス近郊でバイクを保管してもらえるところを探し、元々持っているロサンゼルスからのエアチケットの帰国日を変更して帰る。
  • もうひとつ、これは、ロサンゼルス近郊でバイクを保管してもらるところが見つからなかった場合ですが、3000キロはなれたメキシコシティーまで走って、当てにしていた宿にバイクを置かせてもらって帰国。でも、骨折した状態で3000キロも走ることはなるべく避けたいというのが本音です。骨折したところが痛いとかではなく、骨が付かなくなってしまうのが一番心配です。

天の助けとでもいう感じで、ロサンゼルスでバイクを預かっていただけるところが見つかりました。日本人の方のやっているバイク屋さんで、相談のメールを送るとすぐにOKの返事をいただけました。ああ、これで帰れると本当に安心しました。

 

帰国の準備

  • 帰国便の変更手続きも順調に済みました。私たち夫婦はここ2年ほど大韓航空を良く利用しています。値段も比較的安い上、融通が利くので助かっています。1か月往復でも1年間の往復でも料金が一緒なのは長期旅行者にはありがたいし、今までも、便の日時や出発地(バンコク発→チェンマイ発など)の変更を何度もしてもらいました。今回も11月29 日発だったものを10月3日発に無料で変更してもらえました。
  • 今日はロサンゼルス国際空港付近の宿を押さえたり、バイク屋さんの場所や予約した宿の位置を自分のGPSにダウンロードしました。そして、持って帰る荷物、置いて行く荷物、処分する荷物の仕分けなども進行中です。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

ポキート折れてました 2014年9月20日~23日

2014年9月20日

メキシコに入って昨日はティファナで1泊しました。いよいよ今日から本格的にメキシコツーリングへ出発です。

太平洋沿いの1号線を100キロちょっと南下してエンセナーダの町でのことです。町中に入り交通量が増えたため、前後左右に気を使い過ぎたのか、路面状況の陥没を見落としてしまいました。10センチほどの縦に走る段差があり、右に転倒。右肩を路面に強く打ちました。

バスや他のライダーが止まってくれ、私のバイクを起こしてくれました。肩は上に上がるし、肘を擦りむいた程度でしたので、その後は自分でバイクを運転して安宿を見つけて今日はこエンセナーダの町に泊まることにします。

 

P92038060

ここがエンセナーダで泊まることにしたのホテルリオ。

 

P92038071

1泊160ペソ(1300円)で中庭にバイクも停めることができます。

 

P92038032

取りあえず腹ごしらえと、近くの食堂へ。ビステキ・ランチョとコーラで78ペソ(640円)でした。

バイクで転倒し打った右肩が、だんだん痛くなり腫れてきました。ちょっと様子を見ることにします。

 

今日の走行距離131キロ、合計25741キロ。

 

 

2014年9月21日

 

P92138140

エンセナーダの町をぶらうら歩き。ここはアメリカ国境からたった130キロにある海辺の町。土曜日の昨日と今日の日曜日は、アメリカ人、メキシコ人含めて観光客で活気がありました。

 

P92138182

表通りにはドル表示のレスランやバーがいくらでもありますが、裏通りに行けば行ったで庶民的な食堂もたくさんありました。この店に入ってみることにします。

 

P92138151

メニューなどないので、何があるか聞くとケソ(チーズ)、ハモン(ハム)、チョリーソ(ソーセージ)、ウエボ(玉子)などと言うことば以外は聞き取れませんでした。それじゃ、チョリーソでいいやと注文すると、玉子とソーセージを炒めたものが出てきました。コーラと一緒で57ペソ(470円)。

夜になっても右肩の痛みと腫れが引きません。今日は日曜日で病院が休みですが、明日は病院へ行って見てもらおうと思います。

 

 

2014年9月22日

今日は病院へ行ってきました。レントゲン撮影の結果、Fractura clavicula ?なんじゃそれって思いましたが、右の鎖骨骨折、全治3週間だそうです。

生まれてこのかた、骨折は初めてのことでした。骨折というと凄く痛そうで大変なイメージがあったんですが、先生が言うには折れてるけどポキート(ちょびっと)だそうです。そうか、ただの打撲ではなくポキート折れていたか、と思いました。今回の鎖骨骨折の場合、痛いことは痛いけど、凄く痛いというほどではありません。治療方法も、肩をたすき掛けに胞体のようなもので固定されましたが、ほおっておけばそのうちくっ付いて治るそうです。今度、いつ通院すれば良いか聞いたらもう来なくてよろしいそうです。なんだか、簡単なものなんですね。

全治3週間ということなので、しばらく、最低1週間か10日ほどはバイクには乗らずにこの町で療養生活を送ることになりそうです。

 

P92238210

コミーダ・コリーダというのがメキシコではランチセットのことようです。

 

P92238231

上の写真の分で終わりかな?と思ったら後からこんな鳥の炒めものと豆の煮込みが来ました。トルティ-ジャの食べる配分があるので早く持ってきて欲しかったです。これが来たときあと1枚しか残ってなくて寂しかったです。コーラと定食で47ペソ(390円)。

 

2014年9月23日

 

P92338240

しばらく療養生活をおくらねばならないことが決定したので、怪しい東洋人が何するでもなくぶらぶらしていると思われないように、主要人物である宿のおじさん、そうじのおじさんには鎖骨骨折の話をしておきました。あとは彼らが周りに広めてくれ、私のご近所での市民権も徐々に確立されていくでしょう。

 

メキシコ2

エンセナーダまでのルート
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

メキシコ入国 2014年9月19日

昨日はメキシコへ一旦入国したものの、バイクの一時輸入許可証(ペルミソ)を作ってもらえる場所までたどり着けずにアメリカへ戻って来ました。昨日は国境を越えた時間も遅かったので、今日は朝から再チャレンジです。

 

P91937600

オタイ国境です。矢印にそって進んで行きます。例によって、ここもアメリカ側のチェックはなし。去る者は追わずのアメリカです。出国印が無くても以降何の問題もありません。アメリカへの再入国はできます。

 

 


より大きな地図で Otay 国境 を表示

 

上のマップで説明します。メキシコ側へ来ると、ティファナに72時間以内の滞在のアメリカ人の場合はイミグレーションへ行く必要がないし、車は渋滞しているので、係官がどんどん先へ進めと合図してきますが、真に受けて行っては行けません。係官にイミグレーションはどこ?と聞くと、案の定、入国後すぐ右側の建物でした。ここで手続きしておかないと不法滞在になってしまいます。

 

 

イミグレーションでの手続き

 

P919376814

1.イミグレーションで入国カードをもらう。必要事項を書いたら、それをもって上のマップの銀行まで歩いて行って306ペソ(約2450円)支払う。

2.銀行のレシートと入国カードをもってイミグレーションに戻り提出すると入国スタンプを押してくれ、入国カードの半券をくれる。以上。

 

次に、バイクに乗って進んで行くと、カスタム(スペイン語ではADUANAアドゥアナ)が止るよう指示します。

 

 

 

カスタムでの手続き

1.アドゥアナの係官が荷物を調べ、簡単な質問があります。

2.申告し、関税を払わなければならないかチェックし、白い紙を渡されます。日本人旅行者の場合は普通申告するもの無しでしょう。そのときは、紙に斜線が引かれ、係官のサインがある紙をもらいます。

3.白い紙をもって、銀行へ行きます。申告するものがある場合はこの銀行で関税を支払います。無い場合はその白い紙を提出すると、緑色の紐状の細い紙をくれます。この緑の紙はちゃんと、税関でチェックを受けましたという証明になり、国境施設から出るときに必要になります。

 

上の地図のオタイ・バンヘルシート(Otay Banjercito)へ向かいます。国境施設を出たら最初の角を右折、次1つ目を右折(地図では2つ目に見えますが1つ目に見えるところは、トラック等が国境施設から出る一方通行の道です。ゲートがあって行けないようになってます)して、最初の十字路の右の角がバンヘルシートの建物です。建物は1階建て、壁は茶色のレンガ、下部分は緑色です。

 

 

 

バンヘルシートでの手続き

 

P919376915

ここでは、バイクの一時輸入許可証(ペルミソ)を作成します。

1.ペルミソを作りたい旨伝えると、バイクの登録証、パスポート、イミグレーションでもらった半券この3つのコピーを1枚づつ取って来るよう言われます。コピー屋さんはすぐ近くに数軒あります。

2.原本3枚とコピー3枚を窓口に提出します。ペルミソ作成料金は59,16アメリカドルです。バイクのデポジット代金は年式によって違います。2001年モデル以前のは300アメリカドル、2007年モデル以降のは400アメリカドルです。このデポジット代金はメキシコ出国時に戻ってきます。支払いはクレジットカード又は現金が可能です。私は現金で合計、459,16アメリカドルを支払いました。おつりが、細かいドルのコインで来ますが、すぐ近くのマネーチェンジャー(カサ・デ・カンビオ)で細かいお金もペソに代えてもらえました。ペルミソの有効期限は180日です。以上。

 

 

 

P91937652

いや~、何だかんだと朝から行動したのにもう10時です。やはり国境越えはそれなりに時間がかかりますね。昨日、一旦戻って出直して正解でした。町の中心部(セントロ)に入る前にショッピングモールに寄って、銀行で500ドル分ほどのメキシコペソをキャッシング。その後、モールの中のお店でメキシコのロードマップをゲット。古い人間なんでしょうね、GPSは持っていても、どうも、紙の地図がないと落ち着かないんです。地図は以外と高くて99ペソ(800円)でした。

 

P91937673

そして、セントロで宿探し。1泊250ペソ(2000円)で駐車場無料のホテル・エル・レイに決定。メキシコでは高いのかもしれないけど、1泊目だし、まあいいでしょう。

 

P91937716

部屋はまあ、小奇麗な安宿って感じですね。もちろんホットシャワー&wifi付き。

 

P91937747

シャワーを浴びて早速ティファナの町歩きです。兄さん、お上手です。

 

P91937829

とりあえず、腹が減りました。何でしょう、この解放感!物価が安いのでホテルも泊まれるし、レストランだって入っちゃいます。

長かった自炊生活よ、さらばじゃ~!

 

P91937818

タコスとセルベッサ(ビール)でサルー(乾杯)!何でこんなに美味いのさ!タコスは3個で20ペソ(160円)、ビールは23ペソ(180円)でした。バリバリの観光客向けの店だったからメキシコでは高いのかもしれないけど、もう、いいです。これでも、アメリカから来た私には充分安いです。

 

P919379514

お腹も満たされ、ティファナの町をぶらぶら歩きします。鼻歌でもでてきそうな私。メキシコ素敵だね~。

 

P919378812

おじさんたちもセルベッサ飲んでます。サルー!

 

P919379213

雑誌と新聞売りのキオスク。

 

P919378411

靴磨き屋さん。

 

P91937990

夜、町に出てみると昼間目に付けておいた安そうな食堂がどこも閉まってます。開いているレストランはどこも高そうです。ラテンの国なのであまり商売熱心じゃなく、夜は店を閉めてしまうのでしょうか。メキシコに来てまでホットドックもないんですが、ほかに適当な夕食になりそうなのが見つからず、今日は15ペソ(120円)のホットドッグ2個が夕食となりました。

 

今日の走行距離67キロ、合計25610キロ。

 

メキシコ1

ティファナの位置

 

 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ