ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


30日

海よさらば!内陸への旅、プレイクへ 2013年12月30日

青空の元、コバルトブルーの海で海水浴、日焼けし過ぎないように、気を付けなきゃね、なんて思って海辺の町まで来てみたものの、毎日曇り空、裏切られた気分です。快晴の日もそのうち訪れるでしょうが、もう、待ってはいられません。華やかな海旅がダメなら、渋めの山旅に切り替えます。本来、ぽこけんはこっちが得意分野、それじゃあ、行って見ましょう!

 

PC3052080

チェックアウトして、泊まってた宿のすぐ隣のフォー屋で朝食。店の張り紙に、dac biet 30000ドン、 to lon 25000ドン、 to nho 20000ドンと書かれていました。具の種類?なんて思って一番安いのでいいやと、20000ドンのを注文しました。何の意味なのかな?と思って持っていた本でその場で調べてみると、特盛、大盛り、小盛りの意味とわかりました。小盛りとわかっていれば注文しなかったのに、と思いましたが、これでひとつベトナム語を覚えました。

 

PC3052450

トゥイホアからチュセまでは約180キロ、国道25号線を進みます。峠越えはなく、ソン・バ川沿いを緩やかに登って行く道です。国道1号線と違って、交通量も少なく、景色がローカルでいいですね、和みます。こういう道こそ、小さなバイクで走る甲斐があるというものです。

 

PC3052481

田植え前の準備でしょう。ドロドロの中を牛に引かせています。

 

PC3052582

少し標高が上がると、田んぼが少なくなった代わりに、サトウキビの収穫の真っ最中でした。どんどん運んで来てはトラックの荷台に乗せて行きます。

 

PC3052633

ニワトリ業者の専用カブ。生きたまま売り歩けるよう工夫されているんですね。すごいアイディア。

 

PC3052724

フトゥックという町で、たまには三脚を出して記念撮影。オンボロカブも1800キロほど走りましたが今のところ快調です。

 

PC3052816

アユンパという町で昼食にします。焼肉はタレに付け込んでから焼いているところがベトナムらしく芸か細かいです、それと、タケノコとモヤシの和え物、インゲン、青菜のスープで25000ドン(125円)。田舎町の冴えない食堂でこのクオリティー、ベトナム恐るべしです。お隣のラオスではこうは行きません。

 

PC3052765

ベトナムだけではありませんが、道路は弱肉強食の世界です。交通ルールは建前だけ。大きなものほど強い、野生の王国と一緒ですね。

 

PC3052857

内陸部に来ると、天気も回復してきました。海辺は湿気が多いから曇りの天気が多かったのでしょうか。快適なアスファルト道路が続きます。

 

PC3052681

国道25号線を走って来ましたが、ここ、チュ・セの町で国道14号線と合流します。コーヒー屋でちょっと休憩。地図で今後の旅のルートを検討中。このまま進むと、何の変哲もない場所で新年を迎えることになりそうだなぁ。。。明日は大晦日、年越しフォーでも食べることになるのかな?

 

PC3052948

チュ・セから国道14号線を40キロほど走って、プレイクの町に到着。思ったより大きな町でした。町中を走って宿探しをしていると、ダンフアホテルというのが目についたのでので泊まることに決めました。1泊230000ドン(1150円)です。ベトナムのホテルは町の中心部のホテルでも、1階がバイクの駐車場兼ロビーになっていることが多く大変便利です。大きな町なのでいつもより高めの値段ですが、とても快適です。ここもインターネットの無線ランOK。ベトナムでは、フェイスブックにアクセスできない宿が多かったけど、ここはOKでした。

 

バンメトート6

プレイクまでのルート

 

にほんブログ村 旅行ブログへ