ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


15日

ホーチミンでバイク購入 2013年12月14日

さあ、今日はバイクを買いにいきますよ。

どの店で、どのバイクを、いくら位の値段で交渉するかも決まりました。

バイク屋へすぐにでも行きたいんですが、まずは朝食です。

20131214193945PC143508

昨日、夕食を食べるときに通った裏通りに食べ物屋が色々ありそうなので路地に入ってみることにします。何だか、懐かしいような風景が広がっています。

20131214193946PC143517

電車の線路脇でお客さんが沢山入っている屋台がありました。こういう店は、きっと美味しいはず。皆さん麺を食べています。わたしたちも同じものを注文しました。麺はなぜか細い米の麺と黄色の日本のラーメンに使われている麺がミックスされています。大きな豚のチャーシューが3枚入っていました。かなり、美味しかったです。これだけの具が入っていて、値段は30000ドン(150円)。味も値段も大満足でした。

20131214193945PC143515

下町風情の残る路地裏で電車の線路脇の小さな屋台の店です。お風呂で使う椅子と同じような椅子に腰かけて食べます。笠をかぶったおばさんの前で座って食べているのは私です。

20131214193947PC143396

路地裏の八百屋さん。バイク屋街があるというだけで、町の中心から6キロも離れ、観光には不便なところではありますが、生活がにじみ出ているこんな裏通りがあったりして、案外面白いところだな、なんて思いはじめています。

20131214193947PC143400

 路地裏の雰囲気と美味しい朝食に満足し、バイク屋へ向かいました。

家族会議の結果、3万円ほどで買える中国製の中古バイクは値段の安さは魅力的だけど、やはり、長距離のツーリングには不安が残るので却下。かといって、転売ができる保障もないのに15万円以上は高すぎる、ということで、ちょっと古めのホンダDream110とホンダWave110に狙いを絞りました。昨日聞いた値段はドリームが8300000ドン、ウェイブが7500000ドンでした。それを何とか2台で14000000 ドンで交渉したかったのですが、結局はお店側もなかなか譲らず、15000000ドン(75000円)で購入しました。

お金を払って登録証とバイクを受け取るだけの簡単な手続きです。

20131214193946PC143537

バイクに乗って宿へ戻ります。カンボジアのプノンペンでこういう無秩序な場所での運転技術を身に付けていたつもりでしたが、ホーチミンはプノンペン以上にバイクの数が多くて気を使います。

 20131214194243PC143406

宿にバイクを置いて一休み。午後はまた路地裏にある別の食堂に入りました。今度の店はガラスケースの中のおかずを指さすと、ご飯に乗せて出してくれるシステムのようです。私は揚げ豆腐、ぽこゆうこはさつま揚げを頼んでみました。どちらも美味。揚げ豆腐は中に肉団子が入ってました。おかずにかける付けダレがまた何とも美味しい。空芯菜のスープも付いてひとり18000ドン(90円)。ベトナム飯、たまらんですね、毎回ご飯が楽しみになってきましたよ。

20131214193946PC143539

昼ご飯を食べたら、市バスにのって、ホーチミンに来たら必ず行きたいと思っていた旧大統領官邸の見学に向かいました。

1975430日、南ベトナム民族解放戦線の旗を掲げた北ベトナムの戦車がこの場所へ突入してベトナム戦争が終結しました。

19681月のテト攻勢で南ベトナム解放戦線の共産主義者ではない、学生、労働者、知識人、民族主義者 で構成されるグループ、南ベトナムの平和で中立な独立を目指していた人たちの大半は死亡してしまいました。それ以降の南ベトナム解放戦線は事実上、北ベトナム共産党が実権を握ることになりました。

アメリカと南ベトナム政府には勝利することができたけれども、南ベトナムを解放することを目的に戦い続け、死んでいった多くの人たちはベトナムが共産化することを望んでいるわけではなかったという皮肉な結末でこの戦争は終わりました。北ベトナムの共産党だけが、上手いこと残った獲物を持ち去ったというふうに見えなくもありません。

20131214193946PC143564

次に、ベトナム戦争証跡博物館へ向かいました。庭にはベトナム戦争に使われた戦車や戦闘機が展示され、3階建ての建物内部には沢山の戦争の資料、写真が展示されていました。枯葉剤の後遺症というと、日本で体の分離手術をしたベトちゃんどくちゃんを思い出しますが、もう、すでに過去のものと思っていました。ベトちゃんどくちゃん以上に目を覆いたくなるような奇形の胎児が現在も生まれ続けていることに衝撃を受けました。ダイオキシンと放射性物質では人体への影響は随分違うだろうけど、福島も大丈夫なのかな?と心配になってしまいました。

20131214193947PC143593

博物館を出るともう夕方。入口でワンが昼寝中。

20131214193948PC143444

ホーチミンの町中をバス停まで戻ります。途中見かけた竹細工屋さん。

今日も一日沢山歩いて足もクタクタです。

にほんブログ村 旅行ブログへ