ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


03日

福島原発被災地に残された犬猫たちに給餌してきました (2013年12月2日)

2011年の原発事故直後、飼っていたペットを置いて避難せざるを得なかったケースも多く、取り残されてしまった動物たちがたくさんいました。そんな動物たちを保護して飼い主さんを見つけ出し返してあげたり、保護できない動物に対しては定期的に餌を運んで命をつなぐ活動をしてきました。妻は原発事故直後の2011年4月からそんな活動をしていて、私もメンバー不足のときに何度か駆り出されて参加したことがあります。

今回行った葛尾村全村避難となっていますが、住民の多くは三春町の仮設住宅に住んでいます。仮設住宅ではペットを飼えないケースも多く、葛尾村の家にペットを置いて来ている方も多いそうです。定期的に餌を上げに行ける方ばかりではなく、車の運転ができない、息子夫婦が遠くに避難してしまって頼みにくい、など色々な事情から、ボランティアを頼る人が多いようです。今では状況も落ち着き、さまよい歩くペットたちは居なくなり、定期的に餌を持ってきてくれる人間を家で待っている状況です。

区域再編図

原発事故直後は原発から半径20キロ圏内の警戒区域と20キロ圏外でも年間積算放射線量が20ミリを超える恐れのある地域の計画的避難区域に分かれていましたが、平成25年3月22日に放射線量に応じた区域に再編成されました。

葛尾村区域再編図H25.3.22~葛尾村は帰還困難区域居住制限区域避難指示解除準備区域の3つの地域に分けられました。

で塗られている帰還困難区域は私たちボランティアは入れません、そこに家がある人も1か月に1回の一時帰宅が認められているだけです。

黄色居住制限区域避難指示解除準備区域の違いは年間積算放射線量が20ミリシーベルト以上か以下かで分けられていますが、除染を進めることでより早く人が住めるようになるであろう、と国が考えた区域です。私たちは黄色も緑にも入れます。今回餌を上げて回ったのは、この黄色と緑の区域です。道路を通っていても、黄色と緑の境界を示すものは見当たりませんでした。

避難準備解除区域では国の政策で盛んに除染作業が行われていました。草や土をはぎ取って袋に入れて一か所にまとめて置いてあります。この集まった大量の袋をどこへ持って行くのか決まっていないのが問題です。福島原発でも、燃料を冷やし続けるために大量の水を使い、日に日に汚染水が増え続け、タンクが一杯になっては又タンクを建設するというイタチごっこを繰り返しています。

image_009_36_54給餌ポイントではない場所で見かけたニャン。太っているので後ろの家飼い猫でちゃんと面倒を見てもらっているものと思われます。

image_107_39_06餌をあげると警戒しながらも食べてくれました。うまいにゃ~と舌をベロリ!

image_109_46_351葛尾村役場の特別警戒隊詰所のニャン、何を警戒する隊かというと、人が住んでいないため、どろぼうが入らないよう村中を車でパトロールしています。私たちも毎回挨拶に伺います。

image_209_46_352このラブちゃんは、飼い主の方が毎日餌をあげに帰って来て散歩もしてもらっています。行くと毎回喜ぶのでご挨拶に行ってきました。

image_307_39_06ホントの飼い犬は真ん中のブチ1匹だけだったのに、餌が目当てでその他3匹の放浪犬が集まって一緒に住んでいる家。餌をあげに行くと大喜びで付いて来ます。

image_407_39_07元気な3匹のワン。その他、もう1匹は老犬で3匹とは別行動、納屋の中で寝ています。

image_309_46_353別の家のマリ君も、たまに飼い主さんが来ますがいつもくらい納屋でひとりぼっちで寂しそう。訪ねると大喜びで迎えてくれます。

image_507_39_07牧場の居つき猫、7~8匹居るのですが、一番度胸のあるボス猫です。人間を恐れずひとなつっこく寄ってきます。他の猫は遠くから隠れるようにこちらを見ていました。

image_409_46_364別の家のトラ君。いつもひとりで住んでいて寂しそうです。

image_509_46_365通称ネコパラ1、というポイント。のら猫が沢山居ついているポイントです。餌をあげると、警戒しながら食べていました。

image_1007_39_09除染して集まった袋を一時的に集めて置く巨大なビニールハウス。

image_1307_39_10最後に葛尾村の除染基地にも猫が居ついているので餌をあげに行ってきました。

image_1207_39_09入口に掲げられていました。村の人口が1390人なのに、除染作業員が2893人ってすごい!

image_609_46_366ものすごい数の除染業者が作業に関わっているようです。

ブログランキング・にほんブログ村へ