ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


21日

ブロモ山のクレーターをバイクで走る (2013年6月21日)

image_016_00_06

火の神の住むというブロモ山の早朝の景色を見ようと、5時半に宿を出て火山のクレーター部へバイクで降りていきました。

image_116_00_06小高い丘へバイクで登って、上からクレーターの景色を眺めてみました。もう少し早い時間だったら、朝日が当たってきれいだったかな、とちょっと残念。明日は4時起きで来てみようと思います。

image_216_00_07ブロモ山へはこの階段をあがっていきます。

image_716_00_11外輪山から噴煙を上げる火口を眺めます。この山自体が聖地です。お金や花や食べ物のお供え物を火口へ向かって投げ入れる人たちがたくさんいます。帰りに生きたヤギを抱えて登っていく人がいましたが、その後のヤギがどうなったかはわかりません。

image_616_00_1110キロ以上もある広いクレーターの中はオフロード天国。地元ライダーもブイブイ言わせて走っています。

image_516_00_10宿に戻って気合いを入れて水浴び、ホットシャワーはありません。標高2000メートルなのでかなり寒いです。宿の犬ジャッキーが昼寝しています。

image_016_05_33隣のガディサリ村まで遊びに行ってみました。薪を集めて運んでいるおばさんたちに写真を撮らせてもらいました。このスタイルがジャワ島では珍しいヒンドゥー教徒テングル人女性の衣装です。布を前で結んでマントみたいにかぶっているのが特徴です。

image_116_03_53村は坂道に沿ってお店や家が立ち並んでいます。

image_016_03_52家の作りは寒い地方だけあって、気密性も高くしっかりしていそうです。どの家も壁の色と窓枠の色を変えていてかわいらしい感じです。

image_316_00_08ナシソトアヤムという香辛料入りおかゆのようなものをお昼に食べました。10000IDR(約100円)

image_416_00_09「ベンジン」とガソリン屋を示す文字のある家に行ってみると、おじいさんとおばあさんが出てきて今切らしてしまっているということでした。他の店にはありましたが1リットルずつしか売ってもらえませんでした。山の村なので不足気味なのかもしれません。

にほんブログ村 旅行ブログへ

ジャワ島のヒンドゥー教徒テングル人が住むブロモ山へ (2013年6月20日)

今日は1泊したプロボリンゴの町を散策した後、ブロモ山まで行ってみるつもりです。

ジャワ島はほとんどイスラム教徒の島ですが、今日行くブロモ山周辺だけはヒンドゥー教徒のテングル人が住んでいるそうです。火山であるブロモ山自体が火の神の住む山として信仰されているそうです。

image_022_11_30プロボリンゴの町を散歩してみます。朝からとても暑い。宿は市場のすぐ近く、周辺は朝から大渋滞でした。

image_122_11_31市場で朝食を食べます。隣のおばあちゃんがとても良い感じで笑っています。東南アジアのイスラム国へ来るのは初めてです。中東諸国と違って女性がかなり社会進出しているようです。バイクに乗っている女性も多いし、写真撮影にも気軽に応じてくれます。ビールも飲めるし、同じイスラムといってもかなり印象が違います。

image_922_11_40

image_1022_11_40

市場の周りには犬がいない変わりに猫がたくさんいました。なぜか三毛猫が多く、皆、なかなか愛嬌があります。

image_222_11_32

ブロモ山方面への道はどんどん標高が上がっていきます。ここが本当にインドネシアかと思うほど寒くなってきて、長袖ジャンパーの上にカッパまで着て走ります。ここより上はイスラム教徒ではなくヒンドゥー教徒のテングル人が住んでいます。犬も見かけるようになってきました。

image_1222_11_42

急な山の斜面も畑にして人が生活しています。

image_1122_11_41

変な標識発見。がけ崩れ注意なのかと思いますが、絵が分かりにくいです。

image_322_11_33

ブロモ山の拠点となるチェモロラワン村に着きました。村の入り口でブロモ山の入山料75500IDR(約750円)とバイク代金3000IDR(約30円)を支払います。標高は2000メートルくらいでしょうか。スクーターのエンジンの噴けも悪くなってきました。ガソリンを補給します。おじさん、丸い帽子をかぶって首に布を巻いています、これがテングル人のスタイルです。

image_422_11_34

最初に聞いたホテルでは5500円と言われ、次に聞いたバックパッカー向けのゲストハウスも、一番安い3畳くらいの狭い部屋で1750円。何軒か探してみて、テンガーパーマイというロスメン(民宿)に泊まることにしました。1泊100000IDR(約1000円)、宿の相場が高くこれでもこの村では安い方です。

image_522_11_35

宿の食堂でナシチャンプルの昼食12000IDR(約120円)。

image_622_11_36

午後はブロモ山の火山でできたクレーター部分に降りてバイクで走って見ました。

image_1322_11_44

クレーター部分だけで10キロ以上もあるくらい広いので走りごたえがあります。

にほんブログ村 旅行ブログへ