ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


27日

温泉と雪を求めて東北へ!車中泊旅行③(2013年4月25日)

昨晩は道の駅十文字に泊まりました。朝食は車内でコーヒー&サンドイッチ。

大曲、角館と国道13号線を北上していきます。山形市あたりまでは桜も咲いていましたが、北上するにしたがい、寒いんですね、つぼみどころかホントに咲くのかなという感じです。

409_14_38田沢湖町から乳頭温泉へ来ました。乳頭温泉はどこも魅力的ですが、今回は「黒湯」へ来ました。他の旅館は通年営業ですが、黒湯だけは冬季休業します。4月中旬に営業を再開したばかりの黒湯です。

509_14_41風情のある自炊棟。

209_14_34白濁した硫黄泉の混浴露天風呂です。大自然の中で野趣たっぷり。

309_14_36外から丸見えですが、残雪もあって雰囲気最高!単純硫黄泉で入浴料は500円です。

609_14_43男女別の露天風呂もありますよ。

009_14_29休暇村乳頭温泉の横に大斜面(スキー場跡 地?)があったので、ひと滑りしてみることにしました。ちょこっと滑るだけなので、服も普段着のまま。普段着の温泉というTV番組が確かありましたが、これは普段着のテレマークですね。

109_14_31なかなか、すばらしい斜面で楽しめました。

709_14_46夕方、「露天風呂水沢温泉」で入浴。水沢温泉の素晴らしい所は、単純硫黄泉の湧出量が多く、惜しげもなくどぼどぼとかけ流していること。ここの入浴料は500円。大きな露天風呂でくつろげます。

この日は田沢湖畔で車中泊しました。

温泉と雪を求めて東北へ!車中泊旅行②(2013年4月24日)

809_16_50前から来てみたかった赤倉温泉「三之丞」で日帰り入浴に行きました。

909_16_51玄関には「旅宿」の看板。

011_56_03

111_56_05

宿が建てられる前からお風呂だけはあったという、川沿いの湯船。美しい層なした岩盤に圧倒されました。42度くらいかな、適温のカルシュウム・ナトリュウム-硫酸塩泉。他にはちょっとない、すばらしい温泉でした。

1109_16_56次に向かったのは新庄市から北西に15キロほど行ったところにある羽根沢温泉「共同湯」。羽根沢温泉は2度目。前回は「加登屋旅館」で入浴しましたが今回は「共同浴場」に入りました。前回入ってびっくりしたのですが、すごいヌルヌルの泉質なんです。アルカリ性の重層泉は今までいくつも入りましたが、ここ羽根沢温泉ほどすごいヌルヌルには出会ったことがありません。

109_20_47入浴料は200円です。

009_20_44やはりすごい泉質です。入浴後は肌がしっとりすべすべします。ただ、共同浴場はちょっと温度が高かったので、あまり長湯できませんでした。ヌルヌル湯をゆっくり堪能するなら、適温に調整されている「加登屋旅館」のほうが良いかもしれません。あまり、話題にもならず、目立たない温泉ですが、この泉質は試してみる価値あり、オススメです。