ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


08日

メコン川と再び出会う (2013年3月6日~7日)

カンボジアA地点がアンコールワットのあるシェムリアップです。ここからB地点のストゥントレンへ行きたいんですが、グーグルマップでも道が途切れているのが気になるんですよ。道路が荒れたままなのか、バイクなら通れるのか、地雷除去が終わってないから通行止めなのか、道路状況は行ってみないとわかりません。行ってダメなら戻ればいいやという方法もありますが、今回は急がば回れでC地点のコンポンチャムでメコン川を越えてから北上し、ストゥントレンを目指すルートを選びました。

 

021_55_12シェムリアップからコンポンチャムまで1日かかって到着。ゴールデントライアングル、ルアンパバーン、ノンカーイと何度もこの川を見ながら旅してきました。東南アジアの旅とメコンは切っても切れない関係なんですね。ここまで下流にくると、水の少ない乾季といえどもさすがに川幅が広い!

 

121_55_14メコン川沿いのメコンホテルに泊まった翌朝、川辺をぶらぶら散歩。朝から快晴で今日も暑くなりそう。

 

221_55_15メコン以外にも川がたくさんあって、漁業が盛んな様子。これはチャイニーズフィッシングネットという手法かな?確か。石川県や、南インドでも見たことがあります。竹を組んで三角形を作り、一辺に網を張って沈めたり上げたりして魚を獲るんですよね、たぶん。

 

321_55_18最初は舟かと思ったんですが、良く見るとメコン川を渡っている牛車がいるじゃないですか!何だこれは!

 

421_55_20しばらく観察していて、何だかわかりました。ちょうどこの辺りは浅くて、中洲まで牛車で行けるみたいです。中洲までといっても200メートルくらいは川の中を歩かねばなりません。そして、中洲で川砂を取って青色の袋に入れて牛に運ばせていました。こちら岸までたどり着くと今度は、坂道を自動車道まで登ります。すると、大型トラックが待っていて川砂の入った袋が荷台にどんどん積まれていくところを見ることができました。

言って見れば、ただ、川の砂を運んでいるだけなのですが、いいもの見せてもらたな~と、何だか得した気分。

 

521_55_22クラチエから北はガソリンスタンドも見かけなくなり普通の商店で給油。

 

621_55_24クラチエの北まで来ると、道端に白いものをたくさん見かけるようになりました。一見、石のように見えるのですが。。。

 

721_55_25正体は芋。ヤムイモの一種?のようなものを、何故か細かく(5センチくらい)に切り、道端で大量に乾かしています。保存食にでもなるのでしょうか。ラオスの箒商売も大変そうでしたが、カンボジアの乾燥芋商売もなかなか大変そうです。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ