ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


09日

ラオスの温泉宿、ムアンカム温泉「ナムホーンリゾート」 (2013年2月6~7日)

017_13_32昨日のビエントン温泉も良かったですが、今日は170キロ離れたところにある、ムアンカム温泉「ナムホーンリゾート」へ向かいます。道中、国道6号線との分岐のポウラオ村の子供たちとワン。

 

117_13_34

ポウラオ村で写真を撮っていると、私たち撮ってと、もう少し年上の少女達もやってきました。

 

217_13_35国道6号線、ナムネウン村の食堂で一緒になったおばさんに、民族衣装が綺麗だったので写真を撮らせてもらいました。皆さん、写真に撮られるの好きみたいです。バスが停車するような村では、写真撮ってもいいですか?と聞くとお金をくれなんて言われてしまうこともありましたが、辺鄙な村での写真はたいてい、OKでした。バイクだからこそ寄れる小さな村、それが、大観光地より良かったりします。

 

317_13_36国道6号線、ケオラック村付近、「エリア・オブ・スライディング・キャリー」注意の看板。木製のゴーカートでも走って来るんでしょうか?どうする?避ける自信有り、ここはゴーです。

 

417_13_38ラオスの国道6号線。メインの一桁国道だというのに交通量がほとんど無し。ツーリングはこうでなくっちゃ。あと何年かするとバイクが増えて車も増えて行くんでしょうね。

517_13_39ムアンカム手前の峠道。カゴを背負って家へ帰る途中の姉妹。

 

917_13_45ラオスの温泉宿、ムアンカム温泉「ナムホーンリゾート」に着きました。行き方は、国道6号線と7号線が交わるムアンカムの町から、7号線を東へ16キロ行くと、リゾートの大きな看板がありますので、そこを右折(南へ進む)し5キロ行くと左側にあります。写真はリゾートの露天風呂。

 

1017_13_46「ナムホーンリゾート」の広い敷地内には、バンガローが点在しています。1泊100000キープ(2人で1200円)です。

 

817_13_43バンガローには、蛇口をひねれば温泉が出るバスタブがあって24時間入浴可能。

 

717_13_42ナムホーンリゾートの敷地内にある源泉。沼の底から温泉が湧きだしここから、各バンガローへパイプで湯を引いています。温泉好きとしては、この温泉沼に飛び込みたいところですが、ここは入浴不可。レストラン前の露天風呂に入るかバンガローの個室風呂に入るかのどちらかです。

ラオスにあって、これだけ設備の整った温泉施設は貴重な存在だと思います。値段だって、首都ビエンチャンの安宿と変わらないくらいの料金で温泉付きのバンガローに泊まれるのはかなりお得だと思います。自然の中でのんびり温泉に浸かってくつろぎたい人にはオススメだと思います。私たちも、1泊してラオスツーリングの疲れを取ることができました。機会があればまた、この「ナムホーンリゾート」にお世話になりたいです。

 

617_13_41最後に、温泉以上に癒されるのが、このおばちゃん。リゾート内の雑草取りやゴミ拾いをしてくれています。

 
にほんブログ村 旅行ブログへ