ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


11日

ミャンマーの首都ヤンゴンに飛んできました (2013年1月7日)

719_21_41今アジアで最も注目されている国、ミャンマーへやってきました。これから民主化が進めばこの国もどんどん変わって行きます。15年前にも来ていますが、大きく様変わりしてしまう前にもう一度ミャンマーを見ておきたくてタイから飛んできました。この写真左が主都ヤンゴンの中心部スーレーパヤー(スーレー仏塔)、右がモスクです。街の中心部というのに、電気が少ない、暗いです。

812_32_02

012_31_50

街の様子も無秩序で、車のクラクションが鳴り響き、埃っぽい。路上の電話屋さんが大活躍していたりと、タイから来ると、まるでタイプスリップしたような世界です。ちょっと、バングラデシュを思い出しましたが、バングラデシュに比べると、人口密度も少なく、人々の人当りもやさしく、のんびりしている感じがしました。

 

612_31_59日本の中古車もたくさん走っています。こちらは、上州こんにゃくとリクシャー(自転車タクシー)のコラボ。

 

419_21_37路上ではままごとセットのような小さなテーブルとイスの屋台が主流です。

 

512_31_58路線バスはわずか10円と安いですが、座席は木製。日本の中古に交じって、ビックリするほど古いデザインのバスが走っていたりします。

619_21_39

街歩きも楽しいのですが、しっかり観光もしておきます。ここはヤンゴンの中心にあるスーレーパヤーです。観光地には外国人料金が未だに適用されていてUSドル払い。手前の丸い顔が気になりますが、後ろのおじさんもなかなかどうして味があります。

 

519_21_38スーチーさんのカレンダーが街角で売られていました。外国人旅行者の外貨が軍事政権に流れていたのでスーチーさんは自宅軟禁中、ミャンマーの民主化のために外国人にミャンマー旅行に来ないでくださいと訴えていたそうですが、これから、観光立国として大きく変わっていくかもしれません。

 

にほんブログ村 旅行ブログへ

温泉に入ってチェンダオへ戻ります (2013年1月5日~1月6日)

011_42_42

 

111_42_44チェンラーイの市場。市民の足、色とりどりのバイクが駐輪してあります。朝食は市場でガイパット・バイカプラオ・カイダオドーイ(鶏肉と香菜の炒め物、目玉焼きのせ)。何とか市場でもスムーズに注文できるようになりました。

211_42_46ドイ・チャン(チャン山)への登りは赤土のダートが続きます。

 

311_42_47ホエイハイという村でバンガローを見つけて宿泊。この辺り宿探しに苦労しました。

 

411_42_49

511_42_50メー・カジャン温泉。ひとり150バーツと昨日宿泊したバンガローより高い入浴料ですが、せっかくなので入っておきます。かすかに硫黄臭のする透明の湯です。名前は北温泉と名づけられていました。

 

611_42_521月6にチェンダオに戻って、タイ北部ツーリングをいったん終了します。

1月7日~20日まではミャンマーをバックパッカー旅行します。1月21日からは国境を越え、ラオスへ走っていく予定です。

 

ところで、ミャンマーのネット環境がなかなか厳しく、記事アップが遅れがちです。タイツーリング第2部の動画もすでにできているんですが、ミャンマーではファイルが重すぎてアップロードできないでいます。

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ