ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


30日

中国文化の残る村アルノタイからタートンへ(2012年12月29日)

1216_25_42タイ北部ミャンマー国境地域には中国文化を保ったまま生活を送る人たちの村があります。第二次大戦後、中国では国民党と共産党の内戦がおき、破れた国民党の大半は台湾へ逃げましたが、雲南省や四川省にいた人たちはミャンマーに逃げ、そこでもミャンマー政府軍に追われ、タイへ逃げてきて住んでいるそうです。そんな村がタイ北部にはいくつもあり、ここアルノタイもその一つです。

 

416_25_31アルノタイの食堂。なんとタイ料理ではなく餃子があるじゃないですか。焼き加減も最高。餃子は中国より日本の味に近い感じでした。タレはチリとパクチーが効いていてタイ風。1皿30バーツ。

 

916_25_38コイン式のガソリン自販機。中国語とタイ語が併記されています。

 

516_25_32アンカン山の先Nor Lae~Nong Tao間はミャンマー国境スレスレの道を行くことになります。Nor Lae側で軍の兵士に最初は通過禁止と言われましたが、どうしても通りたいというと、無線でNong Tao側と連絡を取ってもらい許可されました。検問所の前ではのどかに子供たちが遊んでいます。

 

616_25_34Nong Tao側へは、しばらく整備されていない凸凹路面の急坂を下りて行きます。崖のすぐ下はミャンマー。落ちたら大変なので慎重に下って行きました。Nong Tao側では兵士にパスポートチェックをしてもらった後、記念撮影。本当はこのままミャンマーへ走っていければ面白いんだけど、ミャンマーへのバイクでの陸路国境越えは今のところ認められていません。

 

716_25_35

1316_25_43

この日はタートンまで走ってゲストハウスに泊まりました。タートンはコック川沿いにある静かな町。丘の上には立派なお寺がありました。

 

816_25_37商店のおばちゃんとブルドッグ。タイは国王も犬好きとあって国中で犬がかわいがられています。


より大きな地図で タイ北部2 を表示

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ

チェンマイからチェンダオへ(2012年12月27日~28日)

1116_25_41チェンマイではグッドウイルゲストハウスに宿泊しました。市場に近くて大変便利。市場の食堂で食べたカオソ-イ・ガイ(タイカレーヌードルの鶏肉入り)具だくさんの割に35バーツと安いです。

 

1016_25_39市場のソムタム(青パパイヤのサラダ)屋さん、「20バーツください」タイ語だと「コー・イーシップバーツ」というふうに頼むとその場で値段分のソムタムを作ってくれます。ビールのつまみに最高ですよ。

 

016_25_24ソーセージ屋の陽気なおかみさん。バジル入り、ニンニク入りがありました。

チェンマイのバイク屋さんに聞いたところ、ぽこの赤カブの登録書類は揃いましたが、けんいちの黒カブの書類がバンコクから届かず、年末を挟んで年明けになってしまうとのことです。書類がなければ国境を越えてラオスへ抜けられないので、頭を切りかえ、あと1週間ほどタイ国内のゴールデントライアングルやチェンラーイをツーリングすることにします。

116_25_27チェンマイ近郊のサンカムペーン温泉。一帯は公園として整備されていて大量の温泉が自噴しています。温泉卵を作れるようになっていたり、足湯も楽しむことができます。また、温泉プールや個室の入浴施設もあります。入場料が40バーツ、個室の温泉入浴が40バーツ、プールは50バーツでした。

 

216_25_28チェンダオへの道すがら、象注意の看板がありました。近くに象の施設がありましたがときには道路を横切ることもあるのでしょうか。

このあと、チェンダオの友人宅へ行きゴールデントライアングルやチェンラーイ方面、ラオスの情報を教えてもらいました。あと、タイ語で「目玉焼きを乗せてください」の言い方も教えてもらいました。食べ物名のあとに「カイ・ダーオ・ドーイ」を付ければよいそうです。さっそく使ってみたくなりました。言葉をひとつ覚えるごとに旅が楽しくなってきます。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ