ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


12月

ミャンマー国境へツーリングGoGo!(2012年12月18日)

 

021_17_02メーホンソンには連泊します。宿に荷物を置いて今日は日帰りツーリング。北上してミャンマー国境へ。ここの国境は地元の人の行き来はありますが、一般のツーリストの越えられないボーダーということで、分かってはいましたが一応イミグレーションの職員にそのことを確認したついでに記念撮影。

022_58_18

122_58_19国境近くの屋台で昼食。なかなか美味。20バーツ。後日、カオソーイ・カイという食べ物であることが分かりました。

 

 

帰りに田舎のお寺に寄ってみました。子供たちのにぎやかな声が聞こえてくるなと本堂へ入ってみると子供のお坊さん達の読経中でした。ときどき笑い声も聞こえお経というより歌い声のようでした。黒猫は我関せずという感じ。

 

 

 

有名な首長族の村にも行って来ました。入村料250バーツ。相当搾取されていることと思われます。ミャンマー難民の彼らを本当に支援するのなら、村の運営を彼らにまかせられるようにすべきなんじゃないかと思いました。郊外の近代的な住宅から出勤してくるくらいがちょうどよいのでは。ともあれ子供たちの笑顔はステキでした。

最後にメーホンソンの裏山のてっぺんにあるワット・プラ・タートに寄ってから宿に戻りました。明日は108号線を南下していきます。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ

サイ・ガム温泉~メーホンソン(2012年12月17日)

パーイから7キロ程北上し、右折してダートを4キロ、目指すはタイで2湯目の温泉、サイ・ガム温泉へ。

 

地面から新鮮な温泉が大量に自噴し、それが川になって流れ 出しているワイルド系の野湯です。これは、すばらしい!

 

メーホンソンへの道。のどかなタイ北部の集落を眺めながら、アップダウンの道を進みます。

 

メーホンソンのお寺、ワット・チョークラーン。ちょっとミャンマーっぽい感じ。

 

町の中心チョーンカム湖周辺、夜はライトアップされてとてもきれいです。

 
にほんブログ村 旅行ブログへ

タイカブでツーリングスタート(2012年12月16日)

朝、チェンダオの温泉に連れて行ってもらいました。川沿いに、このように丸くて大きな土管がたくさん設置されていて、源泉がかけ流しになっています。硫黄の成分を含んだ温泉で、温度もちょうど良いです。

 

タイの納豆。納豆菌が違うからなのか、製法がちがうからなのか、まったく日本の納豆とは違う味。あまり美味しく感じませんでした。

 

203_37_50

チェンダオの友人宅を出発。いよいよツーリング開始です。バイクの登録完了に約1週間かかり、それが済まないと国境越えはできないということなので、それまで、メーホンソーン、スコータイなどを回ってまた戻ってくるつもりです。

 

303_37_51

今日はパーイの町まで130キロの移動でした。やはり、止まりたいところで止まれ、行きたいところへ行けるバイクは良いです。燃費も50キロを超えていました。

 

小さい町ながら、立派なモスクとお寺がありました。

 

今日の夕食です。市場で買ってきて宿で食べました。メインはカノムチーンという麺に辛い汁をかけるもの、ビールとつまみは魚とチキンのフライ、それとトマト。ビール込みで180バーツくらいです。明日はメーホンソーンへ向かいます。

 
にほんブログ村 旅行ブログへ

タイでバイク購入しました(2012年12月15日)

滞在しているチェンダオの町のバイク屋だと、登録に2週間かかるということで、チェンマイのバイク屋で買うことにしました。こちらは登録に1週間だそうで、値段もチェンダオの店で聞いたときより少し安かったです。買ったバイクはホンダDream 110 i 。ぽこ号が赤、けんいち号は黒のボディー。強制保険、登録料込で1台38600バーツでした。これでツーリングを開始できます。

 

 

 

チェンダオの市場です。おいしそうなおかずがいっぱい並んでます。

 
にほんブログ村 旅行ブログへ

チェンダオに来ています(2012年12月14日)

昼寝中すみませんが、電車の切符買いたいんですけどよろしいでしょうか。

 

 

この電車でチェンマイまで移動しました。12時間の予定が遅れて14時間で到着。10時と15時にティータイムサービス(おやつ付き)と12時にタイ料理の弁当のサービスがありました。2等の座席指定で611バーツ。

 

 

翌朝、チェンマイの街を散歩。バンコクに比べて気候も涼しくて街ものんびりした雰囲気。外国人に人気があるのもうなずけます。

 

 

チェンマイから70キロ北にあるチェンダオの友人宅でお世話になります。

 

 
にほんブログ村 旅行ブログへ

ミャンマービザゲット!(2012年12月12日)

008_46_13

無事にミヤンマービザが取れました。チェンマイ行の夜行寝台は満席で取れなかったので、朝バンコクを出発して夜チェンマイに着く電車の切符を取りました。バンコクからチェンマイまで12時間もかかるようです。

 

 

ホアランポーン駅前のトレインインという宿に移りました。宿の前に寝ていた猫。宿のスタッフに聞くと、どこの猫かはわからないとのこと。

 

 

東南アジアの地図を買いました。NEELS社製のものが良さそうなので、それに決めました。1つ250バーツ。

 

 

ホアランポーン駅前の食堂で夕食。このロケーションすばらしいです。食後に中華街をぶらぶら歩きました。シーロム地区などを見るとバンコクの変わり果てた姿にびっくりしましたが、中華街は昔ながらのあやしい雰囲気に満ちていていました。明日はチェンマイです。

 

 
にほんブログ村 旅行ブログへ

タイに入国しました(2012年12月12日)

2012年12月11日夕方、大韓航空で成田を発ち12日の夜中にバンコクのスワンナプーム国際空港へ。

500バーツ払ってタクシーで移動し、予約していたホテルにチェックインしたのは午前3時。

 

 

ホテルはサートン地区にあります。

 

 

112_50_31

ホテルからミャンマー大使館までは歩いて10分ほど。今日は朝から、ミャンマービザの申請に行って来ます。 9時から12時までが受け付けですが、早めに8時に行きました。もうすでにたくさんの行列ができてました。さすが、今が旬のミャンマーです。

 

 

観光ビザ申請に必要なものは、パスポート、パスポートのコピー1枚、顔写真2枚です。それとカウンターに置いてある申請用紙1枚に必要事項を記入して出せばOK。1か月のツーリストビザは即日発給(午前申請、午後3時30分受取り)の場合1260バーツ、翌日発給が1050バーツ、2日後受取りが810バーツでした。一応、即日発給の場合は翌日フライトの航空券を提示することとの張り紙がありましたが、私たちは明日チェンマイへ行くので今日欲しいと交渉するとOKになり なした。こういう、アバウトなところが良いですね。ミャンマー期待できそうです。

 

 

312_50_33

昼食は30バーツでセンミー・ナームを食べました。 久しぶりのタイ料理、たまらなく美味です。これから安い宿を探して移動します。

 
にほんブログ村 旅行ブログへ

海外ツーリングレポート「シベリア」~「ナイジェリア」をアップ

海外ツーリングレポート「ロシア」から「ナイジェリア」までを最新アップしました。

コーカサスやアフリカの旅は本当に充実していたな、と再認識。

体力も当時と今では違うし、時代も少しずつ変化している。

同じような旅をすることはもうできないけど、またいつか、西アフリカ、中央アフリカへバイクで行って見たいな。

 

さてさて、感傷に浸ってる間もなく明日から90日の東南アジアツーリングに出発。

最初のミッションは、タイでのミャンマービザ取得とバイク購入だ。
にほんブログ村 旅行ブログへ

東南アジアツーリング 予定ルート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青色のラインで結んだところが今回の東南アジアツーリングの予定ルートです。 タイのチェンダオでバイクを買い、スタート。時計回りにラオス、カンボジア、マレーシアをツーリング。

緑色のラインで示したミャンマーとベトナムは、バンコクまたはクアラルンプールから飛んでバックパッカー旅行。 バイクをレンタルや購入するチャンスがあれば、乗るかもしれません。

滞在予定は90日間。温泉、釣り、犬猫観察、料理食べ比べなどの記事をこのホームページにアップしながら旅していきます。 2012年12月11日、いよいよスタートします!にほんブログ村 旅行ブログへ

東南アジアツーリング準備 その3 バイク編

今回の東南アジアツーリング、バイクはタイカブと呼ばれているタイで生産されているカブを買おうと決めています。

日本の他のメーカーや台湾のバイクなどもあるようですが、カブといえばホンダのイメージだし頼りになりそう。

タイカブにしようと決めたところで、メーカーのホームページを見てみるとカブでもいろいろあるんですね。気になるバイクは以下の3つ。

WAVE125 i

125 ccでパワーもあり燃料タンクが5、4リッターと大容量なのもすばらしい。シートの下にヘルメットが入る。他の2台に比べて値段も高そう。

 

 

WAVE110i

ウェーブの110ccモデル、値段も安くなりそうでいいけれど、タンク容量が3、7リッターしかないのがちょっと心配。シート下にヘルメットスペース有。

 

 

DREAM110i

上の2台に比べるとスタイリッシュさに欠けるものの、収穫した野菜を今まさに積むところを見ても、荷物を運ぶのが得意らしい。後ろのサスペンションが強そう。燃料タンクは4、2リッター。シートの下にヘルメットスペースは無いみたい。丈夫そうでなかなか良いかも。
にほんブログ村 旅行ブログへ