ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


登山

水引入道(偵察) 2017年1月3日

年末は31日まで出勤、正月も元旦から仕事はじめで3日だけ休みで4日から仕事。なので少しでも正月気分を味わおうと2日仕事が終わってから宮城蔵王まで北上して車中泊しました。ここは遠刈田温泉近くにある公衆トイレ。ここ。車中泊にとても便利なんですよね。山も温泉もコンビニも近いので。ここは11年前の正月休みに初めて泊まったのを今でも覚えています。4年間の長い旅を終え福島県に移住して初めての正月休みといってもせいぜい3連休くらいしか取れなかったと記憶していますが、ちょっと遠出してみようとここまで来たのでした。あの時はすごい大雪だったのに今回はまったくの雪不足、いったいどうなってるんでしょう?

 

今回のタイトル、「水引入道(偵察)」となっていますが、はじめから水引入道へ行ってみようと思っていたわけではありませんでした。雪が少なくてもスキーで登れる山でまず思い浮かんだのが、宮城蔵王のすみかわスキー場から刈田岳往復のルート。天気も悪くなさそうなのでいってみることにしたのですが・・・

 

すみかわスキー場へ着いてみると、かなりの強風。これは、山歩きが楽しめるレベルではなさそうです。ということで、あっけなくルート変更。

 

稜線が強風ならば、樹林帯へということで、以前から気にはなっていた水引入道へ行ってみることにしたのです。登山口となる白石スキー場へ行ってみます。ここも雪不足でリフトは動いておらず、ソリエリアだけ開放していましたが駐車場はガラガラです。不忘山へ登る際はスキーリフトが便利なんですが、今日の水引入道はリフトは利用せず、スキー場から伸びている林道から入山します。

 

雪があまりに少ないので、今回はスキーは車に置いて来てしまいました。偵察を兼ねてツボ足で行けるところまで登って見たいと思います。

 

標高850Mの登山口付近では積雪量は5センチだったのに、登るにつれてだんだん雪が増えてきました。樹林帯の切り開きも2Mくらいはあるのでスキーを持って来ても良かったなぁと少し後悔。

 

標高1000M以上になるとうるさい笹も雪の下へ消えて、なかなかいい感じになってきました。木と木の間は密ではありますが、もう少し雪が増えれば地味な藪山スキーが楽しめそうな気配です。

 

標高1200M、積雪量は50センチ以上1M未満くらい。ツボ足ではちょっと歩くのもしんどくなってきました。山頂は1650M付近とされているので、まだまだ先があるのですが、今日は偵察なのでこの辺で下山することにしましょう。次回、もう少し雪が増えたらスキーでリベンジしたいと思います。

 

今日のGPSトラックです。

 

 
 

 


にほんブログ村

 

 

 

高旗山 2016年12月25日

今日の午前中は地域の会合がありましたので午後からの出陣となります。まずは、須賀川市の「十割そば」という店で昼食。天丼300円、大盛もりそばが500円となかなかリーズナブルで味も満足。しかし、今日はクリスマスなんですが、我が家周辺では全くそんな盛り上がりは見られません、ハロウィンでさえ何かと盛り上がる都会とは大違いだなぁと思います。

もう年末なんですが、未だオープンできないスキー場がたくさんあります。一旦オープンしてみたものの、雪が溶けてしまいクローズしてしまったところもあります。最近の温暖化には困ったものです。自然降雪に頼ったリフト代が安めのスキー場がオープンすれば、行ってみようかなと思っていますが、いつになることやら・・・

ちなみに、私のねらい目スキー場は

あたりなんですが、どこのスキー場も軒並みオープン延期の状態です。

 

というわけで、例年ならスキーシーズンなのですが今日の午後は低山ハイキングへ行くことにしました。行先は高籏山、福島県の地理上のど真ん中にあって福島のヘソともいわれている、郡山市の西側にある山です。

 

都市(って郡山市のことですが)近郊の山の利点は、登山道が非常によく整備されていること。

 

登山開始すぐに、クマ出没の看板がありました。私は本州では2度、北海道ではもう少し多く数度、クマと遭遇したことがあります。見はしませんでしたが我が家のすぐ近くにも出てきたことがあって、結局は猟友会に射殺されてしまいました。カナダとアラスカを旅する前までは、クマを射殺するのも仕方がないと思っていましたが、今はクマ射殺に全く反対です。居たから、目撃したから殺してしまうというのは人間の傲慢だという考えです。人間の方で気を付けられる部分は気を付けて共存していくべきだと思っています。山は人間のためだけにあるのではないと思います。

 

午後の少し肌寒い中、早歩きでどんどんと標高を上げていくと、体が少しづつ温まり始めます。じわりと汗がにじんでくるのも心地よいです。意外となだらかな山なのだなと思いました。これなら山スキーにもよいかもと思いますが、郡山のすぐ横の立地で標高1000M未満なのでスキーできるほど雪が積もることはあまりないでしょうね、阿武隈高原の山々うぃ歩いているときも同じことを思いました。山スキーが楽しめるエリアって日本では意外と数が少なく貴重なのかもしれませんね。

 

山頂に着くと、何とマウンテンバイクのダウンヒルのために登山されている方とお会いしました。なるほど、この傾斜なら自転車の上手い人なら下れるかもしれません。こんな楽しみ方もあるんですね。

 

山頂から郡山市方面の眺めです。

 

今日のGPSトラックです。

 

下山後は休石温泉に浸かりました。カルシウム・ナトリウム‐硫酸塩泉で入浴料金は通常500円、温泉本利用で100円引き。土日などは日帰り入浴施設は混んでいるのでこうしたしっかりとした旅館で質の良い温泉に浸かった方がお得感ありますね。いや~、今日も良い湯でした。

 

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

舟鼻山 2016年12月20日

さてさて、今日も良い天気で山スキー日和。会津田島のセブンイレブンで昼食や行動食の買い出しをした後、国道400号線を北上していくと雪の量も多くなって来ました。舟鼻トンネルを越えたところの駐車スペースに愛車梵号を停めて登山準備。

 

9時30頃登山開始です。標高900M、まずまずの積雪量ですが、本格的に山へ入るにはまだまだ藪がうるさいので、今日も林道歩きがメインの山行となります。

 

何とびっくり!先行者のトレースがあるではありませんか!この時期に、こんなところを登るなんて・・・世の中には物好きな方もいらっしゃるようです。日曜日にでも来たのでしょうか。数日経った感じのかんじきの踏み後でした。

 

トレース有りで今日は楽できるぞ~と大喜びしていた私たちですが、トレースは200メートルほどで引き返していました。残念。さらに標高を上げていくと白森山が見えて来ました。この山もいつか登ってみたい山です。

 

ある程度林道を登りつめたところから、なだらかな舟鼻山の山頂を目指して森の中へと進んで行くこととします。

 

昨日に比べると気温は低く、歩きやすい雪質でした。

 

気分の良い森の中を歩いて山頂を目指します。

 

だだっ広い舟鼻山の山頂に到着です。標高は1220M。登山口から距離3,8キロ、標高差約300Mでした。

 

山頂でのランチタイム。

 

今日もカップ麺にパンという代り映えしない内容ですが、山で食べると美味いんですよね。

 

ランチをしていると急に曇ってきて雨もポツリポツリと降ってきました。雨だなんてまだまだ冬本番には程遠いんですね。ギンギンに冷える厳冬期が待ち遠しいです・・・遠くに我が天栄村の二岐山を眺めながら下ることとします。下りは坂道なのでラクチンであっという間でした。

 

今日のGPSトラックです。

 

今日は甲子温泉のちゃぽランドで入浴。温泉本利用で300円なので入りましたが、塩素消毒しているしあまりオススメはできません。オススメは大黒屋旅館ですが700円もするので今回はパスにしました。

 

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

 

黒岩山 撤退 2016年12月19日

今日は暖かかったです。11月中旬ころの気候とか。せっかく降った雪がどんどん溶けてしまっています。今日は南会津の黒岩山を目指してみることにします。国道から雪の積もった林道歩きが始まりましたが、雪がグサグサに腐って歩きにくいったらありません。フカフカだったらラッセルももっと楽なのに・・・

 

いろいろな動物の足跡がたくさんありました。これは、うさぎでしょうか?

 

2時間ラッセルで歩いて、僅か3,2キロしか進めませんでした。目指す黒岩山はまだまだ先。平行移動だからもっと距離を稼げると思ったのですが、なかなかそうは上手く行きませんでした。

 

今日はここでお昼にしましょう。それにしても、ぽかぽかと天気が良く、青空と白い雪が眩しいくらい。とても気分が良いです。

 

来る途中セブンイレブンで買ったカップ麺とパンが昼食。これからの季節はおにぎりは凍ってしまうのでパンが重宝します。あと、ウイスキーのお湯割りなんかも温まって美味しいですね。

 

今日の登りはここまで。このルートは雪の締まった春先がベストかもしれません。シールを外して帰りは楽々で滑り下りて行きます。

 

ターンができるような急坂はどこにもありませんが、スキーを履いて雪の上にいるだけで満足満足。季節はまだはじまったばかりです。

 

林道を下りきって今日のツアーは終了です。

 

今日のGPSトラックです。昨晩、地図上になだらかな山域を見つけて、黒岩山という山があるのを知りました。行ってみたいと思いチャレンジしてはみたものの、今回は残念ながら撤退となってしまいました。春先にでもリベンジしたいものです。

 

下山後はお楽しみの温泉。今日は下郷町の弥五島温泉「郷の湯」へ。330円とリーズナブルなところがうれしい湯。

 

さて、明日はどの山へ行こうかな。

 

 

 


にほんブログ村

 

 

 

西大巓手前、デコ平撤退 2016年12月14日

今朝は我が家の庭にも雪が積もっていました。浜通りの天気予報も雪なので、阿武隈高原の山でウェアがぐっしょり濡れるよりはと思い、福島県では一番雪の多いエリアでもある裏磐梯のグランデコスキー場へ向かうこととします。朝方、スリップして土手に突っ込んでいる車を2台見ました。雪道モードにまだ慣れていない内は自分も注意せねばと思います。

 

雪道をゆっくりと2時間のドライブでグランデコスキー場着。思った以上の銀世界が広がっていました。天気は悪そうですが、まずは雪があって満足。

 

圧雪された斜面を滑るのはそれほど面白いものではありません。おまけに、4700円も取られては辛すぎるので、今日はシーズン初めの足慣らしを兼ねて標高1000Mのゲレンデボトムからシール登高することにしましょう。

 

滑走してくる人の邪魔にならないようにゲレンデの端っこを登って行きますが、3キロも進むとそこから先はリフトも動いていないので誰も居なくて静かになりました。

 

更に、ぐんぐんと標高を上げていきます。

 

グランデコのゲレンデトップ、標高1600M地点に到着。標高差600M、距離4500Mを登ってきました。この第3リフトは運休中なので、辺りには誰もいません。かなり風が強く新雪も20センチほど積もっています。

 

本来であれば、西大巓の頂きにはここから登って行くのですが、笹が隠れきっておらず、積雪量がまだ足りません。積雪量が2メートルくらいになるとここからの登山が楽しめるようになります。早くジャンジャン積もって欲しいものです。

 

今日は、ここで昼食にして下山することにしましょう。スキー場リフトトップとはいえ、気温はかなり低く、強風です。ツェルト(簡易テント)を持って来ても良かったかな。ストーブの火を安定させるのにちょっと手こずってしまいました。カップ麺とカレーパン、美味かったです。

 

しばらくは圧雪されてない斜面を滑ります。ちょっと重めで難しい雪でした。

 

4キロほど滑走すると、スキー場の駐車場が見えるところまで降りてきました。初すべりも終了、良い運動になりました。

 

今日のGPSトラックです。

 

下山後は中ノ沢温泉「西村屋」さんへ。温泉本利用で極上の酸性泉に300円で入浴できます。

 

たまらんです~。いよいよ雪山シーズンイン!私の一番好きな季節到来です。

 

 


にほんブログ村

 

 

鎌倉岳(竹貫) 2016年12月7日

pc070106

今日も冬型の気圧配置で会津地方は天気が悪いらしいです。阿武隈高原の山でどこが良いか迷い、古殿町の鎌倉岳に決めて家を出発。意外と近くて車で1時間もかからずに登山口に到着しました。

 

pc070098

明治時代と比較的新しい石像、それに100円ショップの造花が飾られていました。

 

pc070099

小一時間も歩くと明るい林に出ました。山頂はもうすぐです。

 

pc070100

標高669Mの鎌倉岳山頂に到着。鎌倉岳は福島県にいくつかあるけれど、どこも、岩場で覆われているのが特徴とのこと。鎌倉という文字には岩場という意味が含まれているそうです。

 

pc070101

山頂からの眺めは抜群でした。阿武隈の山々はもちろん、遠く、安達太良山、磐梯山、那須連峰まで見渡せました。眼下は古殿の町並みです。

 

pc070104

周遊するように、遊歩道があったので下山は別の道を歩きます。賽の河原と名付けられた場所には、古そうな石像もありました。

 

pc070105

明るく気分の良い尾根道を歩き、駐車場まで戻って終了となりました。

 

%e9%8e%8c%e5%80%89%e5%b2%b3%e3%80%8020161207

今日のGPSトラックです。

 

pc071208

お昼は帰りがけ、石川町の天山というラーメン屋へ。ワンタンメンとミニチャーシュー丼セット。麺は白河系の手打ち麺でなかなか美味しかったです。

 

top-pic09061

温泉は同じく石川町の猫啼温泉「式部のやかた井筒屋」へ。写真はHPより。

 

冬の阿武隈の低山もなかなか良いですが、やっぱり雪が待ち遠しいです。

 

 

 

蓬田岳 2016年12月2日

pc021205

午前中に宇津峰に登り、須賀川市内の「ラーメン好房」で昼食を取った後、もう一つの山に登るため平田村へ移動しました。

 

pc020088

午後に登る山は標高952Mの蓬田岳です。登山口からの標高差は約400M。

 

pc020090

結構な急登が続いた後、尾根道へのぼりつめるとなだらかになりました。

 

pc020091

尾根を詰めていくと、山頂はもうひといき。

 

pc020092

標高952Mの蓬田岳到着です。この山も2回目の登頂、7,8年ぶりかと思います。

 

pc020094

山頂からは探検コースなるものがありました。登山口のジュピアランドに戻れるようなので、この道を下山してみることにします。

 

pc020095

探検コースというから、岩場がいっぱいあるのかなと思っていたけど、すごく整備された遊歩道で、楽々と下ることができました。

 

%e8%93%ac%e7%94%b0%e5%b2%b3%e3%80%8020161202

蓬田岳のGPSトラックです。

 

pc021207

下山後は、我が家の近所の新菊島温泉で汗を流して帰宅しました。

 

 

 

 

 

宇津峰 2016年12月2日

pc020087

12月になったというのに、県内でオープンしているスキー場はまだひとつだけ。シーズンによってはグランデコスキー場あたりにたっぷりと自然の雪が降って11月下旬にオープンしたこともあったけど、今年は予定を延期している状態のようです。今日は強い冬型の天気、白河市では風速30m/秒を記録したとか。日本海側では暴風雪警報が出ているところもあるようです。早く雪が積もればいいなぁと祈りつつ、職場への通勤路からも良く見える宇津峰へ登ってみることにします。

 

pc020080

宇津峰は須賀川市の東にある形の良い標高677Mの山。駐車場に車を停め、鳥居をくぐって登り始めます。登るのはこれで2回目、約10年ぶりくらいのはずです。

 

pc020081

年間を通じても登る人の数も僅かであろうと想像できるけど、道はきちんと整備されていました。

 

pc020084

登山口との標高差は200Mほどなので、あっという間に登ってしまいました。昔は山のてっぺんにお城が建っていたということで、頂上は広々としていました。

 

pc020086

戦争慰霊碑のようなものも山頂にありました。

 

pc020082

山頂付近から南西方向の眺め。

 

%e5%ae%87%e6%b4%a5%e5%b3%b0%e3%80%80

今日のGPSトラックです。

 

pc021204

下山後は、須賀川のお気に入りラーメン店「ラーメン好房」で好房ラーメン煮卵入りをいただきました。相変わらず美味くて満足。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユーザー車検&信夫山 2016年11月29日

pb291177

愛車「梵号」のユーザー車検に行ってきました。海外旅行中は車検切れ状態にしておいて、今年の2月9日に帰国してすぐに車検を通して乗れるようにしてありました。梵号は4ナンバーなので、車検の有効期限は1年、なので、来年2月まで乗れるのですが、2月は路面状態も良くないし、スキーなどで忙しいし、車検を受けるために車中泊仕様に改造した荷室を空っぽにする作業も寒くて辛いし、面倒。なので、前倒しで車検を受けることにしました。重量税とかちょっと金銭的には3か月分くらい無駄にはなってしまうけど、11月なら時間に余裕もあるので私にとって、車検には良いシーズンです。

 

pb291176-2

ユーザー車検は、もう何度も受けてるので慣れたもの。係りの人の言う通りにすれば良いだけなので簡単です。ナンバープレート灯が切れていたので一旦、車検場を出て85円で買って付け替えて、再検査して手続き終了。

かかったお金は、

自賠責保険代  13420円

重量税     12300円

車両検査代   1700円

車検申請用紙代 30円

ナンバー灯   85円

合計      27535円

貧乏人には辛い出費ですが、天栄村では、車はひとり1台無いと生活できないので仕方ないですね。梵号ももうすぐ走行20万キロ、買い替えなければならない何てことになると大変なので30万キロくらいまでは頑張ってもらわないと。

 

pb291179

せっかく陸運支局のある福島市まで来たので、うつくしま(福島)100名山のひとつである信夫山に登ってみることにします。山といっても人口30万の県庁所在地、福島市街のど真ん中にある小高い丘で、公園と遊歩道が整備されています。

 

pb291185

駐車場に車を停めて遊歩道を歩いて登って行きますと、猫稲荷なるものがありました。

 

pb291186

猫の幸せ祈願ということで、たくさんの自慢猫、思い出猫の写真がありました。

 

pb291196

さすがに歴史のある山のようで、参道には猫稲荷以外には歴史のある祠や神社などが建ち並んでいまして、頂上は羽黒山神社となっていました。奥に見えるのが有名な日本一のわらじなんだとか。

 

pb291195

もともとは飛脚が健脚祈願で300年前に建てたのが最初だとか、今は、足の不自由な方の義足などがたくさん奉納されていました。何とわらじの長さは12メートル。

 

pb291200

信夫山第2展望台から福島市街、花見山や競馬場、阿武隈川方面を望む。

 

 

%e4%bf%a1%e5%a4%ab%e5%b1%b1%e3%80%8020161129

GPSトラックです。

 

pb291202

お昼時になったので、福島市街へ戻って有名ラーメン店「伊達屋」へ。

 

pb291201

塩ラーメンがおススメとのこと。1番人気は塩チャーシュー麺らしいけど、私は塩ワンタン麺の大盛(1150円)にしてみました。ワンタンはエビワンタンでプリプリ、かなりグー。塩のスープもちょっと他では味わったことないくらい美味しい、大きなチャーシューはお箸で切れるほど柔らかく美味しかった。麺は平凡な感じ。赤みそラーメンも美味しいらしいし、塩のスープがかなりイケるので塩バターも試したいし、やっぱりこのチャーシューはもう一遍食べたい。行列ができるのも納得の伊達屋さん、値段は高いと思いますが、また来てみたいです。

 

pb291203

温泉は、奥つちゆ、川上温泉へ。半洞窟風呂目当てに訪れましたが、残念ながら今日は女性入浴日とのことで、万人風呂に入浴。

車検も無事通ったし、歴史のある信夫山も歩けたし、美味いラーメンと良い温泉を味わうこともできました。今日も良い休日だったと思います。感謝、感謝。

 

 

 

 

 

権太倉山 2016年11月26日

pb261171-2

今日は午前中は晴れの予報。午後から曇りになるというので、家から近い権太倉山へ行くことにしました。

 

pb260071

林道の終点に車を置いて登り始めることにします。

 

pb260073

登山道にはうっすらと雪が残っています。融け始まっているところもありますが、落ち葉もあるので靴がドロドロになることもなく歩きやすいです。

 

pb260074

もうそこが1000Mに満たない山頂です。

 

pb260075

家から近く、登りやすい山なので来るのはこれで3度目です。前回は千葉県のほうから団体で来られている人たち20名ほどと山頂でお会いし、こんな地味な山なのにとびっくりしたものですが、今日は私ひとりのようです。

 

pb260077-2

山頂から見た羽鳥湖。

 

pb260078-2

こちらは、羽鳥湖スキー場方面の眺め。

 

pb260079-2

磐梯山も見ることができました。

 

%e6%a8%a9%e5%a4%aa%e5%80%89%e5%b1%b1%e3%80%8020161126

今日のGPSトラック。

 

pb261172

下山後は甲子温泉へ。

 

%e5%a4%a7%e9%bb%92%e5%b1%8b%e3%80%80%e5%a4%a7%e5%b2%a9%e9%a2%a8%e5%91%82

地面から温泉が自噴する大岩風呂です。すでに先客が3名ほどいらしたので、画像はHPより借用させていただきました。ここは、県内でもお気に入りの温泉の一つ、ぬるめでじっくりと湯につかることができます。

 

pb261173

白河へ出て、とら食堂でワンタンメンを食べました。昔に比べチャーシューが薄く小さくなったような?味はさすがにおいしかったです。