ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


登山

安達太良山 2018年2月1日

 

 

今日は安達太良山へ登ります。天気も予報では安定しているようで期待しています。

 

スキー場のリフトを2本利用させていただきます。

 

ゴールドラインのリフトトップです。ここ数年、安達太良スキー場のゴンドラが運休してしまい、馬車道か、ここからの登山ルートが一般的になっています。今日はぽこゆうこは恵方巻作りのバイトのためけんいちのソロ山行です。

 

少々藪っぽいですが、夏道沿いに登れば藪に苦労することもなく高度を上げることができました。

 

薬師岳が見えて来ました。藪を避けるために忠実に夏道を辿ることとします。

 

薬師岳の展望台に到着。ここまで1時間かかってしまいました。「この上の空がほんとの空です」と智恵子抄の有名な文句が書かれています。今日は風も無く穏やかな青空、絶好の登山日和です。

 

更に登行を続けます。

 

薬師岳を振り返ります。安達太良山頂の青空に比べ、下界の雲が気になります。そういえば、今日は太平洋側に低気圧があるという、冬季には珍しい天気配置でしたね。予報では、今夜東京で雪が降るそうです。

 

山頂が近づいてきました。

 

更に進むと雪面が固くクラストしてきました。普段はこの辺りまで来ると強風で苦労するのですが、今日は穏やかです。

 

山頂直下に到着しました!しかし、厳冬期というのにこの素晴らしいコンディションです。なのに、まだ、誰にも登山者に会っていません。

 

山頂からは矢筈森方面へ縦走していきます。奥に見える山が鉄山です。

 

今日のメインディッシュ!振子沢が見えて来ました。ここはいつ滑ってもパウダーがたまっていて最高なんです。シュプールが全く付いてないので今日は独占貸し切りかな?

 

縦走中、西側へ目を転じれば沼ノ平です。火山の有毒ガスにより現在も立ち入り禁止です、過去にはホワイトアウトで道迷いの挙句に沼ノ平へたどり着いてしまい死亡事故も起きている危険地帯です。ここよりさらに西に下ったあたりは、川そのものが温泉になっており酸性泉の渓流浴を楽しめるエリアもあります。

 

矢筈森の滑降起点までスキーを履いて登って行けることもあるのですが、今日はダメッっぽいです。シュカブラが凄すぎで、スキーでは歩きにくいです。なので、ザックにスキーを括り付けツボ足で矢筈森滑走起点へ向かいます。

 

 

途中つるッと滑って1回転びましたが何とかツボ足で滑走起点まで来ることができました。本来なら安全のためアイゼン着用がベターでしょう。

 

ココが滑降起点。矢筈森直下です。崖っぷちで危険な場所なんですが、この周辺10メートルくらいの空間は平ら穏やかな雰囲気があり、私の大好きな場所です。

 

ここで昼食としましょう!眼下に今日初めて見る登山者が1名ワカンで登って来るのが見えました。

 

さて滑降開始!期待以上の雪質。今シーズン1番の気持ち良い滑降でした。さすがは安達太良の振子沢です。

 

すばらしい斜面をもう1回登って滑るという選択もありますが、私らぽこけんはあんまりやりません。ポリシーとかではなく単に軟弱なだけですが。それでも今日はあんまりコンディションが良かったのでどうしようかと迷いました。でもだんだん天気が下り坂でガスってきてるので止めました。

そして、勢至平から馬車道経由で無事下山しました。

 

下山後の温泉は岳温泉の共同湯「岳の湯」。入浴料が350円に値上がりしてからは足が遠のいていましたが、久しぶりに入ってみました。やっぱり良い湯は良いです。

 

今日のGPSトラックです。

 

 

 

刈田岳・熊野岳 2018年1月12日

山旅3日目最終日、今回の休暇三日間で一番天気が良さそうなので、15年振りの山形蔵王樹氷原巡りを計画していました。天気予報は二転三転しましたが、不安をよそにバッチリ晴れちゃいました!予定通り、今日は山形蔵王のライザスキー場から刈田岳と熊野岳を目指そうと思います。このルートは日本、いや、世界屈指の樹氷(スノーモンスター)の絶景を見ることのできるルートです。地元の人によると、太陽が出るのは1週間ぶりだとか。私たち、何てラッキーなんでしょう!

 

リフトを2本乗り継いで、スキー場トップまで来ました。今日は凄く冷え込んでます。鼻がちぎれそうに痛いです。マイナス15度くらいじゃないかと思います。

 

スキーにシールを貼って出発準備。スキーだけだと滑る道具ですが、シールを貼ることで登る道具に早変わり。積雪が5メートルあろうが、10メートルあろうが、これでどこまでも雪に潜らず歩いて行けます。ワカンの方が1名先に出発されていました。

 

前回、15年に来たときはここまで天気が良くはありませんでしたが、樹氷原がとてもきれいだった印象が残っています。今日の景色はかなり期待できそうです。

 

一歩一歩、ゆっくりと標高を上げて行きます。景色が美しすぎてどうしましょうって感じ。

 

少しガスって来てしまいました。避難小屋がありました。天気が悪くなると気分もブルーに・・・

 

再び太陽が出て来ました。樹氷は別名、スノーモンスターと言われますが、正にモンスターという感じです。これだけの樹氷が見られるのは日本でも珍しいのではないかと思います。

 

蔵王の稜線、刈田岳方面が見えて来ました。

 

最高の景色です。

 

だんだんと刈田岳が近づいてきます。

 

熊野岳方面も雲一つない快晴でした。この時は一日快晴が続くものと思っていましたが、この後、熊野岳はガスの中になってしまいます。

 

稜線まで登ってきました。先に見えるのが刈田岳山頂です。

 

後ろ側には熊野岳がくっきりと見えます。

 

稜線の東側には蔵王のお釜が望めます。

 

刈田岳山頂に到着しました。わが家の初詣はまだだったので、ここでお祈りすることにします。

 

まだ、お昼前の時間。蔵王の主峰、刈田岳から熊野岳へは約2キロの距離。厳冬期は余程条件が良くないと縦走はきついのです。今日は行けるかも?と判断し熊野岳へ向かうことにしました。

 

山の天気はこんなものです。熊野岳に向かってすぐにガスがかかり、あっという間にホワイトアウトになってしまいました。また晴れるかも?と期待しながらその後も前進しましたが、最後まで晴れることはありませんでした。12日午前中数時間のつかの間の晴れ間だったようです。

 

低温で鼻が千切れるように痛いものの、幸い風は蔵王稜線にしては弱めだったので、ホワイトアウトの中2キロを移動して熊野岳山頂へ来ることができました。私は厳冬期の熊野岳の頂に立てたことで感無量でしたが、妻は寒いし、何も見えないし面白くな~いと不満そうでした。

 

午前中と打って変わって悪天候になってしまい、昼食を取るより早く安全な場所まで下山することを優先させなければならず、14時ころ昼食休憩としました。

 

スキー場まで滑降して今日のツアーも終了です。山形蔵王の厳冬期といえば連日雪が降り続きます。だからこそ美しい樹氷原群が作られるんでしょうが、吹雪で真っ白な中でそれらを見てもただただ凄まじいという印象しか残りません。今回は奇跡のような数時間のつかの間の晴天をを突いて、樹氷原の絶景区間を探索できたことが何よりの収穫だったと思います。

 

今回のGPSトラックです。

 

今回の動画。蔵王のスノーモンスターは凄い!絶景という他ないですね。

 

 

 

 

西大巓 2017年12月21日

家を7時に出発。1時間半の下道ドライブでグランデコスキー場までやってきました。今日はぽこゆうこはクリスマスケーキ作りの主婦バイトのため山はけんいちソロです。車で走ってきた印象では猪苗代あたりも雪は多くないですね。たぶん、箕輪や安達太良で山スキーするには全然雪不足の状況ではないかという想像です。でも、ひと山越えてグランデコまで来れば雪はたっぷりです。スキー場のボトムで110センチだから西大巓中腹ではもう200センチを超えたことでしょう。日本海側では例年の3倍の積雪量のところもあるくらい降っているそうだから、裏磐梯では、この周辺から西のエリアだけ豪雪になっているのかもしれません。

 

1回券を3枚買ってゲレンデトップへ向かいましょう。それにしても、天気予報が外れてくれてこの天気!風もなく快晴とは本当にラッキー。雪が多いということは年中降ってるってことで、ここは春先は別ですが厳冬期に晴れることは本当に少ないんです。

 

第4リフトトップでスキーにシールを貼って登り始めます。先行者のトレースがありました。ありがたくたどらせていただきます。

 

2週間前に来たときは藪がまだ雪に埋まっておらず、登るのも滑るのも苦労しましたが、もう積雪量は充分過ぎるほど降り積もっていました。例年にくらべると、とても12月とは思えないコンディションです。

 

ニセピーク手前の斜面を登って行きます。積雪量は200センチを既に超えていると思われます。

 

西大巓の南斜面に出ました。

 

スノーモンスターも順調に育っています。

 

後ろを振り返るととんがった磐梯山が。あっちは雪少なそうです。磐梯山や安達太良山はやっぱり太平洋側の山で、ここ西大巓や飯豊山は日本海側の山なんだなぁと思いますねぇ。

 

西大巓南側の大斜面とスノーモンスターの狭間を歩いて標高を稼いで行きます。

 

山頂まであとわずか。

 

到着しました!西大巓山頂です。向こうに見えるのは西吾妻山。だんだんガスってきています。

 

西大巓山頂から東大斜面を滑ってみました。椎間板ヘルニアも心配なのでコルセットを着用しての滑走です。20センチほどのふかふかのパウダーで気持ちよく滑れました。いやぁ~たまらん。

 

西大巓東斜面を気持ちよさそうに滑る山スキーの方。この至福の感覚はゲレンデを何度滑っても決して味わえないものです。

 

滑ってるときはキラキラ至福!なんだけど、滑り降りた後、登り返さなければならない斜面の高いこと!スキーにシールを貼り直し、地道に高度を稼いでやっと一息ランチタイム。今日はトムヤムクンヌードルと昨日スーパーで買っておいた見切り品のカレーパン。やっぱり山ではエスニック系の食材がパワー出そう。最近お気に入りのチョコレートはロッテのバッカス、アルコール分3.2%。これ、山で疲れたとき元気でます。でも、家に置いておくと妻に食べられてしまい、肝心の山へ行くとき無い!となるので車の中に隠しておくようにしています。

 

下山後は、中ノ沢温泉のリゾートインぼなりの温泉で汗を流しました。こんなに素晴らしい日もあるんですね。何とか今シーズンも元気にすごせればと思います。

 

 

 

 

斉藤山 2017年12月13日

大雪注意報などでて、期待していたのですがそれほどのことはなくガッカリです。わが家付近で雪が無いからとわざわざ、会津の斉藤山山麓まで足を伸ばしましたが15~25センチほどの積雪しかありませんでした。まったく、まいったなぁと思いながら、行けるところまでと登山開始してみました。

 

福島県内どこへ行っても、まだ藪が雪で埋まるほどの積雪が無いので、林道の散歩みたいな感じができそうなところと、ここを選んでみました。

 

積雪量は25センチというところでしょうか。スキー板に時々ガリっと小石に当たるのが嫌ですね。心配したように、下山後はスキー板が傷だらけになってしまいました。まぁ、しょうがないですかね。

 

標高が上がって来るにつれ、積雪量も多くなってきました。

 

結局、標高930Mまで上がったところで時刻が12時ということで昼食とし、その後滑降しながらの下山となりました。

 

今日の動画。

 

 

下山後は甲子温泉で汗を流しました。

 

 

 

 

 

大白森山 2017年12月4日

大雪が降れば裏磐梯の西大巓にでも山スキーに行こうと思っていたけれど、降らなかったので近所で数年前から気になっていたルートの偵察に行くことにします。四季の中では冬が一番好き、なぜならスキーが大好きだから。でも、スキー場で滑るのは嫌い。と、何とも面倒くさそうな領域に足を突っ込んでしまって20年、その道のガイドブックに載っているルートを辿れば満足感のある山旅が楽しめるのは確かだけれど、地味で誰も来ない静かな山旅というのもなかなかグーというもの。さて、目に付けていたこのルートはどんなもんでしょう。出発地は甲子峠です。

 

甲子トンネルを越えた会津側に車を停めて、旧甲子峠を歩いて登って行きます。

 

甲子峠が見えます。ここから遥かかなたに見えますが距離は6キロ先のはず、1時間半も歩けばたどり着けるでしょう。

 

廃道となった林道を登って行きます。石がゴロゴロしているわけでもありませんから、どこに足を置こうかと思い煩うこともありません。傾斜も緩いので息があがるわけでもありません。ただ淡々と進んで行きますが、これが大変心地よいです。世間ではこのようなものは登山とは言わないでしょう、では何といえば良いのでしょうか、「山のお散歩?」「山の歩き旅?」「山のぶらぶら歩き?」、まぁ、名前何てどうでもいいんですけどね。雪が増えれば帰りは滑って降りて来れそうです。

 

左側の山が目指す大白森山ですが、まだまだ先のようです。

 

甲子峠に到着しました。ここから登山道を歩いて大白森山山頂を目指します。廃道になる前はオフロードバイクで何度も来たことのある場所だし、那須連山縦走の時もここを通ったことを覚えています。

 

山道に入って最初はスキーでも登れそうな傾斜の山道でした。

 

振り返ると甲子峠の向こうに甲子山が望めました。

 

徐々に傾斜は急になり、スキーで登るのが難しそうになってきます。

 

ツボ足で登りにくい急登を標高差で100Mほど格闘した後、ひょいと山頂付近の平らなエリアへ出ました。

 

予想以上に時間がかかってしまいましたが、なんとか標高1656Mの大白森山頂到着。奥手前が小白森山、その奥が二岐山。

 

大白森山から、鎌房山方面の眺め。

 

大白森山から、那須岳方面の眺め。

 

まあ、まあ、林道メインルートなので・・・移動距離は14キロ、標高差は650Mでした。誰とも会わない禅?のような山歩きを求める方におススメかも。

 

 

 

 

 

大将旗山 2017年11月28日

県内ではすでにいくつかのスキー場がオープンしたようですが、山スキーをするにはまだまだ雪が足りないのでもう少しの辛抱です。今日は郡山市の大将旗山まで軽く歩いてきました。出発地は御霊柩峠です。

 

先日は猪苗代町で60センチという11月としては記録的な大雪が降ったのですが、雪はかなり溶けてきていました。峠も車で登って来れたし、登山道も3シーズンのハイキングシューズで充分登れそうです。

 

風もなく、天気は快晴。気分爽快です。

 

バックの猪苗代湖上は雲海で湖が見えない状態でした。

 

アップダウンの尾根道を進んで行くと奥に今日の目的地、大将旗山が見えて来ました。

 

山頂に近付くにつれ、雪をかぶった磐梯山や飯豊連峰も良く見えるようになってきました。

 

登山口から1時間弱で山頂到着。なんと逆側から80歳の女性と79歳の男性ハイカーが来ていました。腰もピンと伸びていて顔にしわも無く、見かけはとてもそんな年には見えません。年中通して毎日のように山に登っているんだということで、とても健康そうなお二人でした。もう少し尾根を歩いて額取山まで行くのも可能ですが、今日は暖かく雪解けが一気に進んでいて足元もぬかるんでいるところが多くなってきているので、少し物足りないですがここから引き返すことにしました。

 

下山後は、郡山市の中央市場の市場食堂で昼食。海鮮丼かカキフライと思っていましたがどちらも売り切れだったため、消去法でエビフライ定食、680円でした。その後、バーデン温泉で汗を流して帰宅しました。

 

今日は、家の近所でササッと短時間で遊んでみました。こういうのができるのも福島の良いところだなぁと感じました。

 

 

 

那須・朝日岳 2017年11月22日

今年は雪が降るのが例年より早いようです。平地では積もるほどの積雪はまだありませんが、比較的標高の高い山なら雪山を楽しめそうかと思って今日は那須岳まで足を伸ばしてみました。

 

登山口ですでに標高1400Mあるので、樹林帯をすっ飛ばしあっという間に森林限界に出れるのがこのルートの魅力です。半年ぶりに雪の感触を楽しみながら登っていきます。

 

目の前は茶臼岳。まだ早朝というのにもう下山してくる人がいました。三斗小屋のでも泊まったのでしょうか。

 

風もなく、素晴らしい天気です。

 

峰の茶屋避難小屋到着。強風時には体が飛ばされてしまいそうで、ここまでたどり着けないこともあるのですが、今日は穏やかでした。

 

奥に、目指す朝日岳が見えて来ました。

 

片側崖っぷちの登山道を行きます。鎖があってつかまることはできますが、あまり気分の良いものではありません。

 

1896Mの朝日岳山頂に到着しました。

 

山頂から茶臼岳方面の眺め。雲がかかってきているから、こっちに登って正解でした。

 

山頂に居た小さなお地蔵さん。

 

今日のGPSトラックです。

 

お昼前に下山して、小鹿の湯の硫黄泉にゆっくりと浸かりました。

 

白河ラーメン「たいち」で手打ち中華大盛りを食べてから帰宅。

ここ数年、暖冬とか雪不足とか言われていますが、今シーズンは雪の多い寒い冬になって欲しいと期待しています。

 

 

 

 

湯ノ岳・みろく沢炭鉱跡 2017年11月13日(いわき旅行その2)

いわき市から大きく見える標高590Mの湯ノ岳。車でも頂上までいける山ですが、登山道もあるということで探してみますがなかなか見つかりません。

 

かつて炭鉱でにぎわった川平地区の住宅の横にある、炭鉱神社跡の常夜灯、ここから登り始めます。道路沿いには看板ひとつ出ていないので探すのに苦労しました。おまけに、車を停めるスペースが近くにないので、公共バスの回転スペースの一角に停めさせてもらいました。

 

常夜灯の奥の道標を見つけて一安心。道が整備されてればよいのですが・・・

 

登る人はいるのだろうかと思うようなうっそうとした杉林を進んで行きます。

 

写真ではわかりにくいですが、高速道路に架かった橋を渡って行きます。ここも登山道の一部です。

 

しばらく高度を稼ぐと開けた広葉樹林の森になり、気分も明るくなってきました。道も整備されており、まずまず登りやすいです。

 

標高差500Mを2時間ほど歩いて山頂到着。

 

展望もなく、電波塔のような施設が建ち並び、車道が通じている山頂です。帰りは車道を歩いて降りてみることにします。

 

車道を下りながら太平洋が望めました。

 

湯ノ岳のGPSトラックです。昨日と今日で歩いた距離は25キロ。標高差で1700Mを登り良い運動になりました。

 

昼食はいわき市内でとんかつ。

 

午後は再び登山口付近まで戻って、みろく沢炭鉱資料館を訪ねてみることにしました。

 

いわき湯本温泉一帯はかつては日本でも有数の石炭産業地で、1976年の閉山まで120年間炭鉱の町として栄えていたそうです。

 

石炭産業が廃れて、炭鉱が閉山し現在のスパリゾートハワイアンズができるまでの流れは映画フラガールに詳しく描かれていますよね。私は、あの映画が大好きでもう3回見ました。

 

当時はこの辺り一帯にこのような炭鉱長屋が広がっていたことでしょう。

 

当時の写真もたくさん展示されていました。

 

炭鉱で使っていたヘルメットなど。

 

これは炭鉱入り口を再現したものです。周辺は遊歩道になっていて、実際に使っていた坑道跡も見ることができました。

 

国道沿いにある石炭博物館のほうも見学したかったのですが、時間切れです。夕方、近くの共同湯「さはこの湯」で汗を流してから帰宅しました。なかなか充実したいわきでの2日間でした。

 

 

 

 

滝沢渓谷・明神山 2017年11月12日 (いわき旅行その1)

標高の高い山ではすっかり葉っぱが落ちてしまったけれど、低い山はどうかなと向かったのは矢祭町の滝沢渓谷。矢祭町は東北地方で最も早く桜が咲く地域。ということは、紅葉が最も遅い地域でもあります。約3キロの遊歩道が渓谷沿いに整備されていました。標高270Mの駐車場付近は紅葉にはまだ早い状況でしたが、登っていくうちに少しづつ葉の色が変わってきました。

 

標高570Mの頂上付近がちょうど見ごろでした。頂上といっても車でも行くことができ、お蕎麦屋さんまでありました。ずっと渓谷沿いを歩けるし、歩道も整備されていて気軽に歩けるので毎年来てもよいかなと思いました。

 

国道349号線沿いにあります。渓谷のGPSトラックです。

 

塙町へ戻って手打ち中華「きせん」で大盛ラーメンをいただきます。相変わらず美味かったです。

 

塙町からいわき市へ向かいました。明神山の登山口がわかりにくく、探し回っていたらもう3時。この時期は日が暮れるのが早いので、急いで登山開始します。

 

地味な山ですが、道はしっかりと付いていてほっとしました。

 

うっそうとした暗い杉林を抜けると、広葉樹も目立つようになって少し明るくなってきました。

 

標高差300Mを小走りに登って752Mの明神山頂到着。

 

山頂からの眺めはなかなか雄大でしたが、ゆっくりしても居られないので再び走って下山します。

 

明神山のGPSトラックです。国道289号付近からも登山道があるようですが、見つけることができませんでした。

 

いわき湯元温泉の共同湯「みゆきの湯」に入浴。250円というのがありがたい。

 

今日は道の駅で車中泊、明日はいわきの湯ノ岳に登る予定です。

 

 

 

博士山 2017年11月6日

今日は、前々から気になっていた柳津町と昭和村にまたがる博士山へ登ってみることにします。夏場にも来てみたのですが、アブが多すぎて駐車場から出られずに引き返したことがありました。

 

いきなり急登がはじまりました。ロープと鎖を使って攀じ登って行きます。

 

足を滑らせたら大変です。

 

急斜面は怖くて嫌ですが、あれよあれよという間に高度を稼いでいけました。ここはしゃくなげの洞門というところ。大きな岩が真っ二つに割れた上に木が生えていました。

 

標高差約500メートルの急斜面を登って尾根に到着。

 

尾根の上の山道は歩きやすいです。

 

博士山が見えて来ました。

 

所々、展望の開けたところもあります。今日は風もなく、雲一つない快晴です。

 

尾根道からの展望。奥に見えるのは飯豊連峰です。

 

博士山の山頂到着です。登山口からの標高差約750メートル、2時間半かかりました。

 

山頂での昼食は、トムヤムクンヌードル、おにぎり、みかんです。

 

登りは急登だったので、下りはより緩やかな斜面のコースで下山しました。

 

帰りは下郷町の弥五島温泉で汗を流しました。