ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


登山

浄土平~酸ヶ平(花・湯・食の旅) 2020年6月27日

梅雨です。あと1か月くらいは続くのでしょうか。雄国沼のニッコウキスゲを狙ってるんですが、どうも休みと天気の相性が合いません。雨が降ってないだけでも良いぁと、浄土平へ来てみました。一面ワタスゲ真っ盛り。花や植物には本当に癒されますね。

ワタスゲがいっぱい。

ベニバナイチヤクソウ。

ちょっとピンボケになってしまいました。ツマトリソウもたくさん咲いていました。

酸ヶ平へ向けて登山道を登っていくとゴゼンタチバナの大群落に遭遇しました。

アカモノです。

一切経山への登山道が、噴火警戒レベルが引き下げられ解除になりました。ですが、雲の動きを見る限り、今日の一切経は強風が吹き荒れているでしょう。山頂へ行くのはやめておきます。

イワカガミがあちこちで咲き乱れていました。可憐で好きな花のひとつです。

イワカガミ。

ほんの少しですが、ハクサンチドリも見かけました。

ここ酸ヶ平でもかなりの強風でした。今日はここまでとして下山することにします。

赤湯高好山荘にて汗を流しました。

下界へ降りて、福島市のラーメン名店「こばや」で塩蕎麦を食べました。前回の煮干し蕎麦に負けず劣らず美味。

今日は天気は良くなかったけど、花と温泉とグルメを楽しむことができ、満足な一日でした。

南月山 2020年6月14日

天気は午後から雨の予報。
午前だけで楽しめそうな山として、比較的近い那須連峰の南月山へ行くことにしました。峰の茶屋駐車場には関東からの車がいっぱい来ていました。緊急事態解除となって皆、ストレス解消にきているのかもしれません。登り始めるとすぐにマイヅルソウが群生していました。

花が小さくてかわいいので、好きな花です。

茶臼岳が見えてきました。天気は曇り。
天気が良いのに越したことはないけれど、山歩きできるだけで気分が良いものです。

峠の茶屋の避難小屋です。

茶臼岳の西側をトラバースして、南月山へ向かうと、ツマトリソウが咲いていました。

なぜか、南月山付近には白いイワカガミが咲いていました。普通はピンクなんですけど、珍しいです。

シロバナイワカガミというそうです。

南月山の頂上に着きました!

山頂で、サブのコンパクトデジカメの液晶をひっくり返して自撮り。したのは良いのですが、このあと、液晶が壊れて何も映らなくなってしまいました。液晶をひっくり返したときに配線の接触がおかしくなってしまったのかも。

南月山を折り返し、茶臼岳へ戻りはじめると天気が回復してきました。
やっぱり空が青いと写真の印象が全く違います。

茶臼岳です。

茶臼岳を東側に回り込んだところ。
この辺りから眺める茶臼岳は荒々しくてカッコいいです。

茶臼岳の山頂直下に咲いていたアカモノ。

茶臼岳付近のイワカガミは普通のピンク色でした。

峰の茶屋駐車場へ戻ると同時に雨が降ってきました。
今日のGPSトラックです。

帰りがけに「小鹿の湯」で汗を流したあと、「二代目いまの家」でチャーシューメンの大盛りを食べて帰宅。

山でコンパクトデジカメの液晶が壊れてしまったので、買い替えようかとも思いましたが、サブのカメラで撮るのは主にラーメンとか温泉なので、スマホで充分かなと思ったりして。けんいちはいまだガラケーでしたので、いいタイミングと思ってスマホデビューすることになりました。

安達太良山 2020年6月9日

コロナ自粛ですっかり体力不足になってしまっていることを、先日の鳥海山で思い知らされたので、体力をつけるために安達太良山へ来てみました。

今日は雲一つない快晴です。暑くなりそう・・・
コロナ太りで1~2キロ体重も増えてしまい、心なしか下っ腹が出てきてしまったような気もするので、ダイエット日和かも。

馬車道をショートカットする山道を歩いて行くと、ツマトリソウが咲いていました。

イワカガミはあちこちで大群落となっていました。

レンゲツツジの鮮やかなオレンジ色。

タニウツギも綺麗です。

くろがね小屋が見えてきました。登山道が良く整備されているので、今日は小屋経由で登ることにします。

峰の辻まで来ましたが、風も吹いてなく快適です。強風の時は立っていられないほどのこともあるポイントです。

イワカガミ真っ盛り。

冬場はスキーで滑っている斜面が、今は岩でゴロゴロ。

馬の背の稜線へ登れば、爆裂火口の沼ノ平が、そして、遠くには雪をかぶった飯豊連峰が見渡せます。


安達太良山頂へ続く稜線。

山頂です。

360度の展望を味わって、奥岳経由で下山しました。

今日のGPSトラック。

岳温泉で汗を流し、体重を計ってみると、コロナ前の66キロに戻っていて一安心。下っ腹もへこんだので、郡山のラーメン屋、手打ち中華麺匠ぜんでワンタンチャーシューメンを食べて帰宅。

梅雨に入る前に、ひとつでも多くの山に登りたいものです。

浄土平・鎌沼 2020年5月29日

快晴です!
今季、磐梯吾妻スカイラインが開通以来初めての浄土平です。毎年4月初旬にこの辺りでスキーを楽しむのですが、今年は、季節外れの雪とコロナの影響で来ることができずにいました。

すっかり雪が溶けてしまっています。平日というのに、今日はたくさんのハイカーで賑わっています。皆さん、外出自粛が解除されたので、天気の良いこのタイミングを待ち望んでいたのかも。

鎌沼へ向けて歩いていきます。所々雪が残っていました。

鎌沼が見えてきました。

スキーを担いだテレマーカーとすれ違いました。あわよくば前大巓の残雪で滑ろうと思ったのでしょうが、残念ながらすっかり溶けてしまっています。私はライブカメラを見てこれはダメだと諦めていました。尾瀬は6月末まで閉鎖だし、もう、東北では月山か鳥海山まで行かないとスキーは難しいでしょう。

鎌沼の残雪。素晴らしい景色に癒されます。

酸ヶ平避難小屋の手前で行き止まり。一切経山の噴火レベルによるものです。ここからは、同じ道を引き返すことにします。

短めのハイキングでしたが、景色が素晴らしくて、良い気分転換になりました。コロナの渦の中、無理のない範囲で、少しづつ山歩きを再開していきます。

二本松の「若武者」で味玉入り塩鶏中華そばの昼食を食べて帰宅。コロナが気になることもあり、今回は温泉は無し。

帰りに須賀川の手芸店に寄って布を買い、早速、新作マスクを作りました。白ではなく、生成りの布にしてみました。職場で柄物マスクNGなので、今回も猫のワンポイント付けてみました。

高柴山 2020年5月25日

山ツツジが見ごろとなってきたので、毎年恒例の高柴山へ行って来ます。浮金登山口には、平日というのに10台ほどの車が停まっていました。

気持ちの良い森の中のなだらかな道を登って行きます。今日は愛犬のユキも一緒です。

道端にはチゴユリが咲いていました。

頂上近くなると展望も開け、山ツツジが目立つようになってきます。

鮮やかな山ツツジ。

足元には小さなリンドウも咲いています。

頂上に到着しました。

展望台にも上がって見ました。天気は曇りでいまひとつでしたが、コロナで自粛の中、山の空気を吸って気分転換になりました。

高柴山はゆっくり歩いても、往復1時間半ほどなので、お昼は下山後に船引町の麺処さとうで食べました。

大将旗山 2020年4月21日

新型コロナウイルスの感染じわじわと増えてますねぇ。家に居ても運動不足になってしまうので近所の山で散歩してくることにしました。今日は、御霊櫃峠まで車で行って、大将旗山までのお気楽尾根歩きです。
時々、急登もありますが、基本的には穏やかな尾根のアップダウンで、左右の展望が望める道です。

景色が広々しているので、散歩にもってこいのルート。

可憐なセリバオウレンも咲いていて癒されます。

大将旗山に到着。東には郡山の市街、西には猪苗代湖、北西には磐梯山が望めました。

尾根は額取山方面へ続いていますが、今日は散歩なので無理せず引き返すことにします。

パクチーたっぷりの北タイ料理、カオソーイをタイ料理店「タイジンジャー」で食べました。コロナの影響で客足が遠のいているとのこと。有名店なのにお客さん2人しか居ませんでした。

今日は温泉には入らず、家に戻って映画「空飛ぶタイヤ」など見て大人しく過ごしました。

安達太良山 2019年10月2日

今日は安達太良山です。朝から快晴!最近バイクが多かったけど、下山後温泉に入るのが面倒になってしまったり、移動にも体力を消耗するので、今回は楽にキャラバンで移動です。朝7時前に家を出発、本宮市の「松屋」で朝食を摂り、あだたらスキー場の登山口へ。登山開始しようと思って車内を見てみると、ザックを忘れてきたことに気づきました。買い物用の手さげ袋に、食料や水などを入れて出発。

小一時間で奥岳まで登ってきました。ここまで来ると、ロープウエー利用の人もたくさん居ました。私も手さげ袋なので、見た目はロープウエー派ですね。

標高1500M付近の安達太良山直下付近の紅葉が始まっていましたがメインは黄色。赤がきれいな安達太良の見ごろはもう少し先になりそうです。

矢筈森付近の紅葉も始まりました。

山頂への中腹で小休止。この辺りは紅葉の真っただ中。

黄色・・・

赤・・・
色鮮やかです。

安達太良山の頂に着きました。平日というのに大人気。

沼ノ平の爆裂噴火口。

鉄山を眺めながら、カップ麺とおにぎりでランチタイム。

勢至平経由で下山します。矢筈森の振子沢も紅葉が始まっていました。厳冬期は山スキーで滑るお気に入りの斜面。

下山して岳温泉の「空の庭リゾート」で汗を流し、歯科受診して帰宅しました。歯ブラシで歯垢は取れてもプラークは取れないのでメンテナンスしてもらってます。老人ホームのスタッフになり、歯の重要性を痛感するようになりました。今では出勤バックにも歯ブラシを忍ばせ、1日3回歯磨きをしております。

今日のGPSトラック。
たまーに山に来た人なのでしょう、今日のビールは旨いぞ!などと話されているのを聞きながら・・・運動は麻薬なんだろうか?と考えてしまいました。
自分には足りないんですね、もっと激しい運動を求めてしまいます。ヘトヘトになりたいという欲求があるけど歩いても歩いても疲れないので、時間が足りないというのが今の状況です。


流石山~大倉山~三倉山 2019年9月30日

紅葉にはまだ早いかなと思いつつも、天気も良さそうなので裏那須連山の流石山から三倉山まで縦走してみることにしました。7時前に天栄村の我が家からバイクで出動。矢吹町の「すき家」で朝食を摂り、甲子トンネルを越え、林道大峠線の行き止まりの駐車場に8時半到着。既に3台ほど車が停まっていました。

30分ほどで森林限界を越えた大峠へ。ここから気分の良い尾根歩きが三倉山まで延々と続きます。天気の良い時には爽快な気分の味わえるお気に入りルートです。

流石山への斜面。少しですが草紅葉が始まっていました。北側が福島県、南側が栃木県、県境の小道を歩いて行きます。

北側遠くに旭岳と秋らしい雲が見えています。

尾根の上まで登ってきました。この辺りで標高は1800Mほど。見事に紅葉が始まっています。

流石山到着。体力、気力充分なので休憩もせず次の大倉山を目指します。

後ろを振り返れば、茶臼岳、三本槍岳と那須連山が見えます。

大倉山へ続く、気分の良い尾根歩き。後ろを振ったところ。

大倉山が見えてきました。風もなく、秋にしては暖かくTシャツでちょうどよい快適な気候。鼻歌でも唄いながら1時間もぶらぶら歩けば着くでしょう。至福の時間です。

右手には三倉山も見えます。あそこまで行ってランチの予定。

標高の高い尾根のてっぺん周辺のみ紅葉真っ盛り。紅葉を見下ろすのが秋の山歩きの醍醐味ですが、こういうのもまぁ、なかなか良いかも・・・夏でも冬でも思いますけど、一番気分を上げてくれるのは青い空。紅葉や花や雪質はその次。

五葉の泉に到着。

大倉山手前から茶臼岳方面を眺めたところ。
絶景を堪能できる贅沢な散歩道。
大倉山に到着。コンディション抜群で全く疲れないのでここも休憩なしでパス。何時間でも続けて歩けそうな感じ。

今日の目的地、三倉山が間近に迫ってきました。山頂近辺は良い感じに紅葉していました。

三倉山までもう一息。

11時半。三倉山山頂到着。ここで、大信のセブンイレブンで買ってきたおにぎりとカップ麺でランチタイム。

往路と同じルートで下山します。
あと、1週間か2週間後には、眼下に一面の紅葉を見下ろしながら尾根歩きが楽しめそうです。
そのころまた来ようかな。
今日のGPSトラック。
往復約15キロの山歩きでした。
日が暮れるのも短くなってきたため、温泉もパスしての帰宅となりました。

尾瀬 2019年9月25日

山では紅葉が始まった頃かなと思い、天気も良さそうなので尾瀬に行くことにしました。中通りから会津地方へ来ると、晴れてはいても雲が目立つようになってきました。尾瀬の入り口、御池まではバイクで2時間ほどで到着。車だと駐車料金が1000円ですが、バイクは無料です。

自家用車で来れるのは御池までです。駐車場にバイクを停めて、電気バスで沼山峠へ向かいます。

大江湿原は草紅葉がきれいでした。奥に見えるのが東北地方で最高峰の燧ケ岳です。

花の季節の終わりといえばリンドウですね。

大江湿原をひたすら歩いて行くと、尾瀬沼が見えてきました。

大江湿原から尾瀬沼へ流れ込む小さな川。

橋の上から川を覗いてみると、50センチほどの巨大岩魚が悠々と泳いでいました。ちなみに国立公園なので釣りは禁止です。

尾瀬沼と燧ケ岳を眺めながら昼食休憩。

長蔵小屋です。
平日なのでとても空いている尾瀬を楽しむことができました。
日帰りで気軽に来れるのがありがたいです。再び2時間のバイクツーリングで帰宅しました。

今日のGPSトラックです。
往復7キロのお気軽ハイキング。

茶臼岳と那須湯本温泉と白河ラーメン 2019年8月29日

自分でも忘れていたんですが、一昨日SNSで誕生日を迎えたことを知りました。51歳となりました。旅はもうし尽くしたような気分になることもありますが、やはりまだ長い旅をしてみたいという未練もあるのです。1年のうち3か月旅して、9か月仕事するような生活を思い描いてみたりしますが、厚生年金や老後のことを考えると今の生活を続けた方が賢明かなぁなどと思ってみたり・・・

自給自足&インドア趣味派であればもっと早く引退してもやっていけるような気もしますが、我が家はあちこち出かけるのが好きだし、趣味の道具も高価なので51歳で引退はちょっと早すぎるよなぁなどと考えています。

さて、今日の本題。秋雨前線でしばらく天気が悪い日が続くようです。で、白河ラーメン&那須湯本温泉。雨が降らなければ那須岳を散歩という計画を立てました。

朝の時点で天気は曇り。白河の松屋で朝食を摂って那須岳登山口へGo!

先日の安達太良山と同様、近所の100名山である那須岳もアクセスが楽な上、登山道がしっかり整備されているのが良い所。平日ならそれ程混まないので、楽ちん高原散歩が楽しめます。峠の茶屋避難小屋が見えてきました。

避難小屋を越え、今日は茶臼岳方面へ行ってみることにします。朝日岳方面の眺め。

ガスが少しづつ晴れてきました。茶臼岳の山頂へ続く道。

1917M。日本100名山、茶臼岳山頂です。

往復ルートではなく、山頂周辺をぐるりと回るルートを辿ってみます。

茶臼岳が最も格好よく見える南斜面で天気が好転してきました。

所々噴煙が上がり、硫黄の匂いが漂ってきます。

茶臼岳に登った後に、ぐるりと山頂周辺を1周して峠の茶屋避難小屋に戻ってきました。

下山直後に何と豪雨。雨にぬれずに済みましたが梅雨前線につかまってしまいました。

今日のGPSトラック。良いとこ取りの楽ちんルート。

下山後は、那須湯本温泉の小鹿の湯で汗を流しました。いつの間にか400円から500円に値上がりしていました。物価が上がるのは堪えます・・・

白河へ移動して、白河ラーメンの名店「火風鼎」へ。今日はシャーシュー麺の大盛りをチョイス!麺、スープ、チャーシューどれをとっても絶品ですが、ここの手打ち麺の美味さは他店より頭一つ抜け出てる感じがします。