ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


うつくしま百名山

流石山 2020年9月8日

東日本大震災を経験した時は、もう、自分が生きているうちでこれ以上の災害が起こることはないだろう、逆にこれからはいいことダラケかも?なんて楽観していたのだけれど、最近のこの閉塞感は何だろう・・・

海外へどころか、県外への移動も気が引ける。あちこちぶらりぶらりと漂うのが好きな自分には辛い、辛すぎる・・・じわり、じわりと首を絞められているような、何とも言えないイヤ~な感じ。

お仕事はしっかりして、とりあえず、3密を避けて流石山へ。登山口までの林道が崩壊しているため、3.5キロ手前から歩かねばならず、寄り付く人も少ない事から、コロナ禍では理想的なルート。バイクならいけるとの情報もあったが、間違いでした。今日行ってみて、大石がゴロゴロ転がっていてバイクでも不可と分かりました。

1時間半ほど歩いて大峠へ。
ここ、風景が開けていて、風が吹き抜けて、お地蔵さんが居て、好きな空間です。
ガツガツ登るのも何だかなぁ、なので、最近の戦術。休憩をたっぷりと取って、読書しながら山歩きすることにします。

もう何度も何度も来ているコース。気持ちよければ良いわけで、山頂を踏まなくても良いくらい・・・一日、何となく良い感じに過ごせればいい。


花の多いのが、この山域の特徴。だから、何度もきてしまうんですよ。
ハクサンフウロ。いい色。

ウメバチソウ。晴天で白い花を撮影するときは、ホワイトバランスをマイナスにして・・・パチリ!黄色の丸いタマタマがカワイイ花。

山でリンドウが咲き出したら秋が近いサイン。会津若松では35度にもなっているとラジオから聞こえてきますが、標高1800Mのこの辺りは、Tシャツだとちょっと寒いくらいでした。

東側を振り返れば那須の茶臼岳。

流石山の山頂。

気持ちの良い尾根歩きが、このルート最大の楽しみです。

今日のGPSトラック。黙々と、往復15キロ、6時間の山歩き。頭の中を整理する大事な時間。誰にも会わずに1日過ごせました。

額取山 2020年9月1日

天気はイマイチだけど、近場で汗をかきたくて、郡山市の西側に位置する額取山へ行くことにしました。歩道も整備されていて、展望も良く、町からも近く便利なトレーニングコースです。登山口は御霊櫃峠です。

展望は望めませんでしたが、意外にも花が多くて楽しめました。これはタカネナデシコ。

マツムシソウ。

ホツツジ。

ヤマトリカブト。

今日のGPSトラック。

郡山のらぁ麺おかむらで食べて、郡山温泉に入って帰宅。

一切経山 2020年8月13日

今日は浄土平に来ました。一切経山に登ってみようと思います。
酸ヶ平避難小屋が見えてきました。
ウメバチソウが咲いていました。

今日は下界は猛暑のようですが、ここは標高も高く、風も吹いているので快適です。

山頂に到着!

五色沼、別名魔女の瞳がとても綺麗でした。

鎌沼を通って姥ケ原へ向かいます。岩手の焼石岳で見ることのできたチングルマも、ここではほとんど終わっていました。

リンドウを見ると秋も近いのかなと感じます。

吾妻小富士を見ながら下山します。

今日のGPSトラック。
密を避けたくて、温泉は入らずに帰宅しました。

会津駒ケ岳 2020年8月3日

梅雨明け一発目は会津駒ケ岳です!朝7時半で既に駐車場はいっぱいになりかけてました。

アサギマダラが居ました。台湾の方から飛んでくるんだそうで・・・小さいからだなのに凄いですね。

ブナの森を抜け、森林限界を越えると湿原か広がっています。やっぱり何度来てもいい山です!

山小屋が見えてきました。

泊まったことはないけれど、コロナが収束したら、一度ゆっくり泊まってみたいものです。

コロナ対策はされているようです。

山小屋の周辺はお花畑になっています。
何と、偶然友人にも遭遇。朝4時半から登ったそうで、既に中門岳も往復して下山するところだとのこと。

ハクサンコザクラの群落があっちにも、こっちにも・・・

ハクサンコザクラは私の一番好きな花です。

チングルマもまだ咲いていました。

ミヤマリンドウ。

イワイチョウ。

ツルコケモモ。

中門岳方面へも足を伸ばしてみます。

ハクサンコザクラの大群落がありました。

ニッコウキスゲ。

天気も怪しくなって来たので、中門岳の手前でひきかえすことにしました。

会津駒ケ岳の山頂を踏んでから下山することにします。

今日のGPSトラック。
沢山の花に出会えて満足のいく山行でした。
温泉は、南会津の通称電気屋温泉に入って帰宅しました。

赤面山 2020年7月20日

今日は赤面山です。冬季は一番身近に山スキーが楽しめる山として、これまで何度も登っていますが、雪の無い時期に登るのは初めてかもしれません。

雪が無いと随分印象が違うものです。

9合目でも木々がうっそうとしています。冬場と違って解放感は感じられません。
山頂到着。晴れてはいません。今年の梅雨明けはいつになるのか・・・

今日のGPSトラック。

下山後、西郷村の二代目いまの家で「チャーシュー味噌」を。

温泉は白河温泉「弁天荘」へ。
天気がパッとしない日々が続いていて、遠出する気が起きません。しばらくは近場の山で遊んでいく感じですね。

白鳳三山 2020年7月2日

今日も天気はいまひとつ。
うつくしま100名山を参考にして、気軽に山歩き&ランチの楽しめそうなコースを選びました。
会津本郷を起点とする白鳳三山です。ここから歩き始めます。雨はまだ降って居ません。

整備された遊歩道でした。

所々、神社などがあります。昔はお城もあったそうです。

紫陽花が咲いていました。

見晴しの良い展望台からの眺め。

道端に咲くドクダミの花。

白鳳三山の最高峰、向羽黒山の山頂。ここでも409M足らず。

三山を縦走する形で進み、帰路は田んぼの横の道を三山を眺めながら戻るというルート。

今日のGPSトラック。

で、ランチですが、以前から行きたかった芦ノ牧温泉の有名ラーメン店「うえんで」へ。
山塩チャーシュー麺、とっても美味しかったです。お土産に焼き鳥を買って帰りました。
温泉は長沼のいつものやまゆり荘でした。

今日は全てスマホ撮影でしたが、ピンボケの画像がいっぱいありました。今後、注意していきたいと思います。

雄国沼 2020年6月29日

毎年恒例、雄国沼のニッコウキスゲ参り。満開と梅雨の時期が重なるので、なかなか、青空の下で満開とタイミングが合わないのですが、今日は曇りの予報なので、少しの期待をもって出発しようと思っていたのですが・・・

猪苗代町から見る磐梯山は裾野まで雲に覆われていました。雄子沢登山口へ向かうとなんと小雨。あたりは深い霧に包まれていました。

こんなコロナ絡みの看板が登山口にありました。

雄国沼休憩舎で1時間ほど天気待ちしてみましたが、好転する気配なく、雨はさらに強く、霧もさらに濃くなる気配さえ感じられ、出発することにしました。

花は一面満開です。
霧とニッコウキスゲも、まぁ良いかと思えるほど咲き乱れていました。

これほど濃い霧の雄国沼は初めてかも・・・

小雨は降り続いています。天気がいまいちの平日なのにハイカーでいっぱい。日本一と言われるだけあるニッコウキスゲの大群落ですからね、しかもかなり密・・・

大好きなトキソウもいっぱい咲いてました。

湿原のちいさなお姫様。

ショッキングピンクが目を引くサワランも、数は少ないですが確認できました。

今日のGPSトラック。

帰りに、喜多方ラーメンの人気店「喜一」へ行ってみたら13時ですでにスープなくなり営業終了でした。

別の店で食べたんだけど、スープがちょっとしょっぱ過ぎ、もう行かないかなぁ・・・
温泉は地元の藤沼温泉へ。

浄土平~酸ヶ平(花・湯・食の旅) 2020年6月27日

梅雨です。あと1か月くらいは続くのでしょうか。雄国沼のニッコウキスゲを狙ってるんですが、どうも休みと天気の相性が合いません。雨が降ってないだけでも良いぁと、浄土平へ来てみました。一面ワタスゲ真っ盛り。花や植物には本当に癒されますね。

ワタスゲがいっぱい。

ベニバナイチヤクソウ。

ちょっとピンボケになってしまいました。ツマトリソウもたくさん咲いていました。

酸ヶ平へ向けて登山道を登っていくとゴゼンタチバナの大群落に遭遇しました。

アカモノです。

一切経山への登山道が、噴火警戒レベルが引き下げられ解除になりました。ですが、雲の動きを見る限り、今日の一切経は強風が吹き荒れているでしょう。山頂へ行くのはやめておきます。

イワカガミがあちこちで咲き乱れていました。可憐で好きな花のひとつです。

イワカガミ。

ほんの少しですが、ハクサンチドリも見かけました。

ここ酸ヶ平でもかなりの強風でした。今日はここまでとして下山することにします。

赤湯高好山荘にて汗を流しました。

下界へ降りて、福島市のラーメン名店「こばや」で塩蕎麦を食べました。前回の煮干し蕎麦に負けず劣らず美味。

今日は天気は良くなかったけど、花と温泉とグルメを楽しむことができ、満足な一日でした。

安達太良山 2020年6月9日

コロナ自粛ですっかり体力不足になってしまっていることを、先日の鳥海山で思い知らされたので、体力をつけるために安達太良山へ来てみました。

今日は雲一つない快晴です。暑くなりそう・・・
コロナ太りで1~2キロ体重も増えてしまい、心なしか下っ腹が出てきてしまったような気もするので、ダイエット日和かも。

馬車道をショートカットする山道を歩いて行くと、ツマトリソウが咲いていました。

イワカガミはあちこちで大群落となっていました。

レンゲツツジの鮮やかなオレンジ色。

タニウツギも綺麗です。

くろがね小屋が見えてきました。登山道が良く整備されているので、今日は小屋経由で登ることにします。

峰の辻まで来ましたが、風も吹いてなく快適です。強風の時は立っていられないほどのこともあるポイントです。

イワカガミ真っ盛り。

冬場はスキーで滑っている斜面が、今は岩でゴロゴロ。

馬の背の稜線へ登れば、爆裂火口の沼ノ平が、そして、遠くには雪をかぶった飯豊連峰が見渡せます。


安達太良山頂へ続く稜線。

山頂です。

360度の展望を味わって、奥岳経由で下山しました。

今日のGPSトラック。

岳温泉で汗を流し、体重を計ってみると、コロナ前の66キロに戻っていて一安心。下っ腹もへこんだので、郡山のラーメン屋、手打ち中華麺匠ぜんでワンタンチャーシューメンを食べて帰宅。

梅雨に入る前に、ひとつでも多くの山に登りたいものです。

浄土平・鎌沼 2020年5月29日

快晴です!
今季、磐梯吾妻スカイラインが開通以来初めての浄土平です。毎年4月初旬にこの辺りでスキーを楽しむのですが、今年は、季節外れの雪とコロナの影響で来ることができずにいました。

すっかり雪が溶けてしまっています。平日というのに、今日はたくさんのハイカーで賑わっています。皆さん、外出自粛が解除されたので、天気の良いこのタイミングを待ち望んでいたのかも。

鎌沼へ向けて歩いていきます。所々雪が残っていました。

鎌沼が見えてきました。

スキーを担いだテレマーカーとすれ違いました。あわよくば前大巓の残雪で滑ろうと思ったのでしょうが、残念ながらすっかり溶けてしまっています。私はライブカメラを見てこれはダメだと諦めていました。尾瀬は6月末まで閉鎖だし、もう、東北では月山か鳥海山まで行かないとスキーは難しいでしょう。

鎌沼の残雪。素晴らしい景色に癒されます。

酸ヶ平避難小屋の手前で行き止まり。一切経山の噴火レベルによるものです。ここからは、同じ道を引き返すことにします。

短めのハイキングでしたが、景色が素晴らしくて、良い気分転換になりました。コロナの渦の中、無理のない範囲で、少しづつ山歩きを再開していきます。

二本松の「若武者」で味玉入り塩鶏中華そばの昼食を食べて帰宅。コロナが気になることもあり、今回は温泉は無し。

帰りに須賀川の手芸店に寄って布を買い、早速、新作マスクを作りました。白ではなく、生成りの布にしてみました。職場で柄物マスクNGなので、今回も猫のワンポイント付けてみました。