ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


うつくしま百名山

白鳳三山 2020年7月2日

今日も天気はいまひとつ。
うつくしま100名山を参考にして、気軽に山歩き&ランチの楽しめそうなコースを選びました。
会津本郷を起点とする白鳳三山です。ここから歩き始めます。雨はまだ降って居ません。

整備された遊歩道でした。

所々、神社などがあります。昔はお城もあったそうです。

紫陽花が咲いていました。

見晴しの良い展望台からの眺め。

道端に咲くドクダミの花。

白鳳三山の最高峰、向羽黒山の山頂。ここでも409M足らず。

三山を縦走する形で進み、帰路は田んぼの横の道を三山を眺めながら戻るというルート。

今日のGPSトラック。

で、ランチですが、以前から行きたかった芦ノ牧温泉の有名ラーメン店「うえんで」へ。
山塩チャーシュー麺、とっても美味しかったです。お土産に焼き鳥を買って帰りました。
温泉は長沼のいつものやまゆり荘でした。

今日は全てスマホ撮影でしたが、ピンボケの画像がいっぱいありました。今後、注意していきたいと思います。

雄国沼 2020年6月29日

毎年恒例、雄国沼のニッコウキスゲ参り。満開と梅雨の時期が重なるので、なかなか、青空の下で満開とタイミングが合わないのですが、今日は曇りの予報なので、少しの期待をもって出発しようと思っていたのですが・・・

猪苗代町から見る磐梯山は裾野まで雲に覆われていました。雄子沢登山口へ向かうとなんと小雨。あたりは深い霧に包まれていました。

こんなコロナ絡みの看板が登山口にありました。

雄国沼休憩舎で1時間ほど天気待ちしてみましたが、好転する気配なく、雨はさらに強く、霧もさらに濃くなる気配さえ感じられ、出発することにしました。

花は一面満開です。
霧とニッコウキスゲも、まぁ良いかと思えるほど咲き乱れていました。

これほど濃い霧の雄国沼は初めてかも・・・

小雨は降り続いています。天気がいまいちの平日なのにハイカーでいっぱい。日本一と言われるだけあるニッコウキスゲの大群落ですからね、しかもかなり密・・・

大好きなトキソウもいっぱい咲いてました。

湿原のちいさなお姫様。

ショッキングピンクが目を引くサワランも、数は少ないですが確認できました。

今日のGPSトラック。

帰りに、喜多方ラーメンの人気店「喜一」へ行ってみたら13時ですでにスープなくなり営業終了でした。

別の店で食べたんだけど、スープがちょっとしょっぱ過ぎ、もう行かないかなぁ・・・
温泉は地元の藤沼温泉へ。

浄土平~酸ヶ平(花・湯・食の旅) 2020年6月27日

梅雨です。あと1か月くらいは続くのでしょうか。雄国沼のニッコウキスゲを狙ってるんですが、どうも休みと天気の相性が合いません。雨が降ってないだけでも良いぁと、浄土平へ来てみました。一面ワタスゲ真っ盛り。花や植物には本当に癒されますね。

ワタスゲがいっぱい。

ベニバナイチヤクソウ。

ちょっとピンボケになってしまいました。ツマトリソウもたくさん咲いていました。

酸ヶ平へ向けて登山道を登っていくとゴゼンタチバナの大群落に遭遇しました。

アカモノです。

一切経山への登山道が、噴火警戒レベルが引き下げられ解除になりました。ですが、雲の動きを見る限り、今日の一切経は強風が吹き荒れているでしょう。山頂へ行くのはやめておきます。

イワカガミがあちこちで咲き乱れていました。可憐で好きな花のひとつです。

イワカガミ。

ほんの少しですが、ハクサンチドリも見かけました。

ここ酸ヶ平でもかなりの強風でした。今日はここまでとして下山することにします。

赤湯高好山荘にて汗を流しました。

下界へ降りて、福島市のラーメン名店「こばや」で塩蕎麦を食べました。前回の煮干し蕎麦に負けず劣らず美味。

今日は天気は良くなかったけど、花と温泉とグルメを楽しむことができ、満足な一日でした。

安達太良山 2020年6月9日

コロナ自粛ですっかり体力不足になってしまっていることを、先日の鳥海山で思い知らされたので、体力をつけるために安達太良山へ来てみました。

今日は雲一つない快晴です。暑くなりそう・・・
コロナ太りで1~2キロ体重も増えてしまい、心なしか下っ腹が出てきてしまったような気もするので、ダイエット日和かも。

馬車道をショートカットする山道を歩いて行くと、ツマトリソウが咲いていました。

イワカガミはあちこちで大群落となっていました。

レンゲツツジの鮮やかなオレンジ色。

タニウツギも綺麗です。

くろがね小屋が見えてきました。登山道が良く整備されているので、今日は小屋経由で登ることにします。

峰の辻まで来ましたが、風も吹いてなく快適です。強風の時は立っていられないほどのこともあるポイントです。

イワカガミ真っ盛り。

冬場はスキーで滑っている斜面が、今は岩でゴロゴロ。

馬の背の稜線へ登れば、爆裂火口の沼ノ平が、そして、遠くには雪をかぶった飯豊連峰が見渡せます。


安達太良山頂へ続く稜線。

山頂です。

360度の展望を味わって、奥岳経由で下山しました。

今日のGPSトラック。

岳温泉で汗を流し、体重を計ってみると、コロナ前の66キロに戻っていて一安心。下っ腹もへこんだので、郡山のラーメン屋、手打ち中華麺匠ぜんでワンタンチャーシューメンを食べて帰宅。

梅雨に入る前に、ひとつでも多くの山に登りたいものです。

浄土平・鎌沼 2020年5月29日

快晴です!
今季、磐梯吾妻スカイラインが開通以来初めての浄土平です。毎年4月初旬にこの辺りでスキーを楽しむのですが、今年は、季節外れの雪とコロナの影響で来ることができずにいました。

すっかり雪が溶けてしまっています。平日というのに、今日はたくさんのハイカーで賑わっています。皆さん、外出自粛が解除されたので、天気の良いこのタイミングを待ち望んでいたのかも。

鎌沼へ向けて歩いていきます。所々雪が残っていました。

鎌沼が見えてきました。

スキーを担いだテレマーカーとすれ違いました。あわよくば前大巓の残雪で滑ろうと思ったのでしょうが、残念ながらすっかり溶けてしまっています。私はライブカメラを見てこれはダメだと諦めていました。尾瀬は6月末まで閉鎖だし、もう、東北では月山か鳥海山まで行かないとスキーは難しいでしょう。

鎌沼の残雪。素晴らしい景色に癒されます。

酸ヶ平避難小屋の手前で行き止まり。一切経山の噴火レベルによるものです。ここからは、同じ道を引き返すことにします。

短めのハイキングでしたが、景色が素晴らしくて、良い気分転換になりました。コロナの渦の中、無理のない範囲で、少しづつ山歩きを再開していきます。

二本松の「若武者」で味玉入り塩鶏中華そばの昼食を食べて帰宅。コロナが気になることもあり、今回は温泉は無し。

帰りに須賀川の手芸店に寄って布を買い、早速、新作マスクを作りました。白ではなく、生成りの布にしてみました。職場で柄物マスクNGなので、今回も猫のワンポイント付けてみました。

高柴山 2020年5月25日

山ツツジが見ごろとなってきたので、毎年恒例の高柴山へ行って来ます。浮金登山口には、平日というのに10台ほどの車が停まっていました。

気持ちの良い森の中のなだらかな道を登って行きます。今日は愛犬のユキも一緒です。

道端にはチゴユリが咲いていました。

頂上近くなると展望も開け、山ツツジが目立つようになってきます。

鮮やかな山ツツジ。

足元には小さなリンドウも咲いています。

頂上に到着しました。

展望台にも上がって見ました。天気は曇りでいまひとつでしたが、コロナで自粛の中、山の空気を吸って気分転換になりました。

高柴山はゆっくり歩いても、往復1時間半ほどなので、お昼は下山後に船引町の麺処さとうで食べました。

西大巓BC 2020年3月23日

グランデコスキー場にやってきました。コロナウイルスで騒がれている割には、平日なのにお客さんでいっぱいです。というか、コロナだからこそ、オープンエアーで楽しめるスキーやボードが人気がでてるのかな?
福島県はコロナ感染者は現在2名。一人はクルーズ船の下船者。もう一人は大学に内緒でエジプトのナイル河クルーズに参加して感染した70代の女性教授。東京あたりからもお客さんの来るグランデコなので念のため、ゴンドラではなくてリフト利用でゲレンデトップまで上がることとしました。

標高を上げるに従い、太陽は隠れてしまいガスの中へ。

ニセ大巓が見えるころには、雪まで降ってきました。それより、問題はこのモナカ雪。下りが思いやられます・・・

南斜面。このあたりは樹氷の美しいエリアなのですが、すでに融けてしまいました。

もう、健康のための体力づくりと思って、展望のない中、山頂を目指します。

山頂到着。雪の状態がモナカなので、東斜面を楽しめることは無く、視界もあまりない状態。後は、シールを外してスキー場に安全に下るだけです。

モナカ雪は曲がりません。それが問題。というか、樹林帯ではかなり危険なんです。斜めに切りながらジグザグに直滑降を繰り返し、繰り返し、何とかスキー場にたどり着きました。

まぁ、こんな日もあるんですよ。あんまし良くないかな~と予感しても、やっぱり行っちゃうのが自分流。これでいいのだ!

今日のGPSトラック。

帰りに、磐梯熱海の味噌屋にてラーメンを食べました。ここは大のお気に入りの店。
今日は味噌屋ラーメン大盛味玉にチャーシュー4枚トッピングしました。

その後、郡山温泉で汗を流し、寝湯の露天風呂にて1時間ほど読書。
本が大好きなんですよね~。温泉の後は、郡山のブックオフでまた10冊ほど仕入れておきます。
常時、未読の本が10冊以上はないと不安になってしまうんです。

海外を8年以上も旅していたときは、日本人旅行者を見つけては本を交換したり、同じ本を何度も読み返したりでしのいでいました。そういう経験があるものですから、好きな本を好きなだけ読める状況、日本で働き日本で生活して、日本で日本語の本が読めることだけで幸せだと感じることができます。

安達太良山BC 2020年3月13日

今日はぽこゆうこの誕生日。スキー場の雪はすっかり融けてしまい、コロナで人ごみにも行きたくない。やっぱり山しかないので近場の安達太良山へ。雪不足で登山口からシール登高できずに、スキーを背負って出発進行!

橋の上の雪も随分少なくなりました。

馬車道をショートカットする夏道の登山道をスキー担いで登って行きます。

勢至平の手前でシール登高にしました、勢至平を突っ切る夏道は藪で前々回に懲りているので、くろがね小屋の手前から振子沢に沿って登って行くことにします。

木々が少なく、雪で埋まっているので楽ちんでした。

振子沢を登り詰めていきます。雪面が固いのでスキーアイゼンも使いましました。

くろがね小屋から峰の辻への夏道に合流しましたが、夏道は無視してそのまま振子沢を矢筈森に向けて登って行きます。急登なので雪質によってはシールが効かない時もあるこのルートですが、今日は何とかなりそうです。

矢筈森へ向けての急登。がんばって登ります。

ここが矢筈森。スキー登山の場合、安達太良山の山頂はここ。冬場は矢筈森ばかりで、ほとんど安達太良山の本当の山頂へ登ることはありません。矢筈森からは烏川右股、振子沢とスキーに適した長い滑走斜面が広がっています。いつ行っても誰も居ない、雪質も最高、福島県のバックカントリーの聖地みたいなところです。



矢筈森に到着。ここでランチ休憩をして、いよいよ、烏川右股源頭部をスキー滑降します。

安達太良山の沢源頭部のBCスキー動画です。

滑ってきました~!やっぱり最高ですねBCスキー!一日一本快適なスキーが滑れれば良い、そのために何時間もスキーを担いで山を登ることもまた楽しい、そんな感じです。

峰の辻から安達太良山の山頂を望みます。ここからは振子沢を滑って下ることにしましょう。

例年より雪不足とは言いながらも、安達太良山頂付近では素晴らしいスキーができました。でも、馬車道の半分から下まで滑って来るともうダメです。再びスキーを担いで下山することにします。

今日のGPSトラック。

ぽこゆうこの誕生日でもあるので、下山後は福島県の高湯温泉たまご湯旅館に泊まることにします。

部屋も広々。なかなか落ち着けます。

温泉はもちろんグーですが、雰囲気もグーですよ。

温泉に浸かって、浸かって、癒されて・・・
また明日も頑張ろうという気持ちになりました。

晩飯も美味しくいただき・・・

朝飯も美味くて・・・納豆をかき混ぜるけんいちです。
このあと、高速乗って出勤しました。雪焼けで顔が真っ赤なのは毎年のこと・・・

やはり、福島は住みやすいです。緩く仕事しながら、ガッツリ趣味を楽しめる、結果、豊かな人生が歩める気がします。

安達太良山BC 2020年3月3日

今日明日と連休だけど、天気予報がぱっとしないので、近場で遊ぼうということで近場の安達太良山へ来てみました。雪が溶けて減っているかな?と心配していましたが、逆に少し増えていました。

橋を渡るところ。この辺りは晴れていたのですが。

勢至平まで登ると、風も強く、行く手は白いガスに包まれています。

くろがね小屋が見えてきました。

くろがね小屋の手前まで来ました。今日はここから、夏道を外れ、振り子沢を登ってみようと思います。

振子沢には雪がたっぷり溜まっていて、楽に登ることができました。帰りも快適に滑ってこれそうです。

峰の辻まで登ったところでホワイトアウトになってしまいました。ここから沢の源頭部まで登りつめると快適なスキーができるんですが、視界が無いのでは無理です。今日は、ここで撤退することにします。

登山口のスキー場まで降りてくると晴れていましたが、やっぱり山頂方面は雲に覆われていました。

お昼を食べていなかったので、下山後、郡山のタイ料理店「ライタイ」でクァイティアオ(米の麺)を食べました。タイの人がやってるので味は本格的。700円ほどで食べられます。

郡山温泉で汗を流して帰宅しました。

今日のGPSトラック。

西大巓BC 2020年2月24日

昨日大雪が降ったので、今日はツリーラン目当てで西大巓へ行ってみることにします。世間は3連休ということで、登山者はいっぱい来ていました。

ラッセルされているので、楽させていただきます。

南斜面の樹氷群。視界はガスってきました。

西大巓の山頂到着。何と、登山犬も山頂まで登ってきていました。

防寒着、シューズ、ゴーグルもしていてカッコ良いんだワン!

東斜面はガスだったので今日は滑りませんでした。南斜面を滑ってから南西尾根を下ります。
雪がフカフカで快適でした。

橋に出ればそこからは林道を辿ってスキー場へ戻ります。

下山後は猪苗代町の喜多方ラーメンチェーン店「来夢」へ。ここもいつもはそれほど混むわけではないんだけど、3連休最終日ということで行列ができてました。

今日のGPSトラック。