ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


うつくしま百名山

箕輪山 2019年2月21日

2月下旬というのに昨日は雨。今後1週間ほど暖かい日が続くそうです。世も末なのでしょうか・・・がっかりです。今日は雪質は期待できないし、風も強いので、かねてから気になっていた道の駅つちゆから箕輪山の僧悟台へ連なる緩やかな尾根を散策してみようと登山口付近まで行ってみてあまりの雪の少なさに予定変更。横向きスキー場跡から箕輪山中腹まで登ってみることにします。


横向きスキー場跡付近では、ガリンガリンに凍った雪にテンションがた落ちでしたが、樹林帯に入ると新しい雪もほんの数センチほどありました。夜間、雨が雪に変わったのでしょう。とりあえず快適に滑れそうだと少し安心しました。


斜度が急になってきました。ここはパウダーのとき何度か滑ったことがあり、かなり快適だったのですが、今日のような雨の後のガリガリバーンの上にうっすら新雪が積もっている雪の状態で登るのはかなり困難だし、危険と判断しました。


滑落すると危険なので、スキー板を背負って、壺足で後ろ向きに階段を降りるように、慎重にステップを切って下山します。


ある程度斜度が緩やかになったところでシールを外します。


斜度の緩い森の中は快適に滑走できました。


横向きスキー場跡に戻ってきました。今日は早めに下山したので、これから福島市内へ降りてお目当ての店で美味しいラーメンをいただくことにしましょう。




お目当てのラーメンとは、伊達屋の塩ラーメンです。とにかくスープが絶品の塩ラーメンです。


今日のGPSトラックです。

ラーメンの後は登山道具店で注文していたビンディングのパーツを受け取り、土湯温泉のサンスカイつちゆで温泉に浸かってから帰宅しました。

最近の気温が暖かすぎるのと、今シーズンは残雪がいつくらいまで残ってくれるのか心配です。3月上旬までには恒例の大沢下りに行きたいと思っていますが、今後の天気予報が気になります・・・


赤面山 2019年2月18日


今日は赤面山です。今シーズン雪が少ないためまだ来ていませんでしたが、今を逃すとさらに雪が少なくなりそうで、来てみることにしました。案の定、スキー場跡付近は石が出ていたりしてかなりの雪不足。8合目から上はしっかり雪がありました。


山頂に近づくと風が強くなってきました。


山頂到着。かなりの強風で視界もあまりありません、残念。


山頂直下からシールを外して滑降開始。


上の方は雪が固くしまっていました。


9合目まで降りてくると、風もいくぶん弱まったので昼食休憩です。


今日はスキー場の隣の尾根を降りてみます。林間は斜度といい、木々の開き具合と言い申し分ないのですが、今日は気温が高く重い雪です。


ボーゲンとアルペンターンで滑って降りるほかありませんでした。


車道に出てきました。


今日のGPSトラックです。


下山後、大内宿へ行ってみました。アジア系旅行者でいっぱいでした。暖かい国から来ると、こういう雪景色に惹かれるのでしょうね。


今日は、ペンション「ひみつ基地」の10周年記念の招待で、会津東山温泉の老舗旅館「向瀧」に宿泊です。建物が有形文化財という歴史のある宿です。

ペンションひみつ基地は元々、バイク屋さんだったこともあり、私たちの海外ツーリングを日本で支えてくれた強い味方でもあり、現在ぽこゆうこがときどきバイトにも行っている我が家の貴重な収入源でもあります。これからも商売繁盛してがんばってもらわねばなりません。


夜は「雪見ろうそく」で中庭が照らされ、とてもきれいでした。


二岐山 2019年2月17日

今日の山は地元、天栄村の二岐山です。今シーズンまだ行っていなかったし、強風&快晴なので樹林帯のこの山が一番良いと思って選びました。
地元なので、我が家を8時半に出発。村の湯元小学校まで来ると、目指す二岐山が見えてきました。写真の左側のなだらかな部分が、山スキーの滑走斜面となります。


登山口に到着。日曜日とあって先行者もいるようです。


先行者のトレースは、私たちが最近取っているルートとは違っていたため、序盤はラッセルとなりますが、直に合流するでしょう。そちらのルートはここ数年藪がうるさくなって来てしまい、私たちは敬遠しているのです。


上空は凄い暴風で、雲がビュンビュンと西から東へと移動していきます。こんな荒れ模様の日でも、ここは秘密基地のように樹林帯に守られ、常にフカフカの雪が溜まっています。八甲田や月山山麓などに比べると、木々が密集していて滑るにはそれなりにコツが要りますが・・・


二岐山の「主」と私たちが呼んでいる大木。不思議とこの周辺に滑って楽しい好斜面が集中しています。


さらに高度を上げます。今回も1380M地点あたりからシールを外して滑降開始としました。この先、山頂までは急に斜度が急になり登りにくくなります。滑って楽しいのも、この辺りから下なので、地元の私たちは、余程気が向いた時でないと山頂までは行きません。

昼食休憩していると、駐車場に停めていた熊谷ナンバーのカップルが滑り降りてきました。昨日は赤面山を滑ってから二岐温泉に泊まって、今日は二岐山を滑ってこれから帰るのだとか・・・


昼食後はお楽しみの滑降。やはり今日も裏切らずにフカフカでした。


快適な林間滑走が続きます。


こういう、ブナの森の中を自由自在に滑走できるのは、山スキーの特権、ゲレンデでは味わえないことです。日曜日というのに駐車場には車3台ですから貸し切りみたいなものですし・・・

ヒヤ~!延々と続く粉雪・・・何とも言えず幸せです。


転ぶのもまた楽しい・・・

今日も良い一日でした。

今日のGPSトラックです。

今日の動画です。


帰りは、いわせ悠久の里の温泉で汗を流し、アスクで買い物して帰宅。地元どっぷりの一日でした。


あだたら山 2019年2月13日

安達太良スキー場の雪はまだ60センチと例年の半分ほどしかありませんが、山はそれなりに滑れるようになったのではないかと考え、今日は偵察に行って参ります。


登山口の雪はやっぱり少ないです。


今日はぽこゆうこも来ています。最近、左膝の不調のため、登りは楽しめても、下りは全くダメだそうです。


馬車道を登り、勢至平とくろがね小屋の分岐まで来ました。私たちは勢至平方面へと向かいます。


時折、風速20Mくらいでしょうか?強風が吹きつけます。普通なら撤退するレベルですが、前回、このポイントで雪不足のため撤退したので、同じ地点で引き返すのは悔しいので、もう少し先まで行ってみることにします。


篭山が見えてきました。


風が強く、倒されて転倒するほどです。気温も低く雪はサラサラで、ダイアモンドダストが吹き飛び流れて行くのがとてもきれいです。


矢筈森への登り。振子沢にたっぷりと軽い粉雪がたまっていて、滑走は期待できそうです。

風が強すぎるのが気になりますが、もう少し登っていくことにしましょう。


何とか、矢筈森へ到達しました。


薄っすらと、安達太良山の山頂も見えました。


矢筈森からの滑降準備をするぽこゆうこ。


ぽこゆうこ、振子沢源頭部より滑降開始!


けんいち滑降中。北海道以上?のパフパフ粉雪でした。


左膝をかばい、ゆっくりと滑降するぽこゆうこ。
不調でも登りを楽しむために、振子沢源頭部まで来ちゃうところが凄い・・・


今日のGPSトラックです。


今日の動画です。


鉄山・迷い沢 2019年2月1日

迷い沢近辺の沼尻スキー場の積雪量が120センチ、箕輪スキー場が190センチと増えてきたので、そろそろ迷い沢も滑れるのではないかと思い、偵察に行ってみることにしました。登山口に他の車は無し、今日はぽこゆうこは恵方巻作りのバイト、入山者は自分ひとりのようです。


看板の埋まり具合から見て、予想より積雪量が少ないのでは?と心配になります。


今日は連日に増して気温が低く、厚手のテムレスの手袋をしていても手がかじかむほど。雪質が良く軽くパウダーが10センチから20センチ積もっています。これは期待できそうと、足取り軽く進んで行きます。


雪が少なめかなと思っていたら、スノーブリッジをスキーを履いたまま渡れました。


ちょこちょこ笹は出ていますが、スキーをするには充分な積雪量です。


ガスは晴れませんが、今シーズン一番のパウダーが味わえそうです。


1430M地点から上は風も強く展望も利かないので、ここから滑走開始。このルートは緩斜面も多く、雪が多すぎると滑らないこともあるのですが、今日は軽く10センチから20センチのパウダーでスキーが滑り楽しめました。


ひとりなので、写真やビデオを撮ることもなく、一気に下まで滑り降りてきてしまいました。今日の昼食は天ぷらそばのカップ麺です。

下山後は中ノ沢温泉のリゾートインぼなりで汗を流して帰宅しました。


今日のGPSトラックです。


西大巓 2019年1月10日

先日、安達太良山へ山スキーへ行って来ました。雪の多い年であれば今ころ、岩と岩に挟まれた沢の源頭部に吹き溜まったパウダースノーで山スキーが楽しめるのですが、それ以前の段階で雪不足で前に進めない状況でした。雪が全くない、または200センチくらいある、というのは攻略しやすいのですが、50センチから100センチくらいしかないというのは木々の枝に阻まれ、登りにくいのはまだ良いにしても、スキーで滑降するには障害物が多くかなり危険なのです。

今年の雪の少なさから判断するに、県内では裏磐梯西部か会津桧枝岐近辺以外ではまともに山スキーができないのではないでしょうか。と、なげかわしいですのう、という調子で始まった今回のブログですが、我が家から車で1時間半も走れば、毎年どっさどっさと雪が降り積もる奇跡の豪雪エリアがあるのです。それが、西吾妻近辺です。一番手っ取り早くドカ雪が堪能できるのが今回のルート、グランデコから西大巓の往復です。


500円の1回券を3枚買ってリフトを3本乗り継いでリフトトップへ行くつもりが、第一リフトから第二リフトへ乗り継ごうとすると、第二は運休中でゴンドラに乗ってくださいとのこと。ちゃんとリフトの運行状況を確認しておかなかった自分達のミスです。時間とお金のロスで再びゴンドラ経由でリフトトップへ。そして、新板&新シールで登高開始。板が軽くてありがたいけれど、踏み跡が無いので、ラッセルには苦労しそうです。


ニセピークを越え、西大巓の南斜面を登ります。天気がは悪くないけれど、風速は20Mくらいありそうです。


眼下には登山口のグランデコスキー場が見えます。


雪好きには本当にありがたい・・・雪不足といわれる年でもここまで来ればこれだけの樹氷に出会えるのだから。


気温の低さゆえ、肌の出ている部分は痛いくらい・・・時折、ダイヤモンドダストがキラキラと周辺を舞っています。


山頂が見えてきました。雪をかき分けかき分け、一歩一歩進んで行きます。


山頂直下から、下界を振り返ります。風も強く、気温も低いです、雲もはるか下に見えています。厳しい環境ですが、こういう場所こそがスキー天国なのかもしれません。


西大巓の山頂に到着しました!もう、何十回も登頂していますが、厳冬期としてはこれだけ視界のあるのはラッキーな方です。後ろは西吾妻山です。


山頂から東斜面に滑り込みました。誰も居ないし、ぽこゆうこも今日はやめておくというので、正にひとりじめのプライベートゲレンデとなりました。私の場合、体力的に何本も繰り返し登るのは辛いということもありますが1本勝負の滑降を大事にしたいという気持ちが強いですね。その方が、美味く滑れなかったとしても、記憶にきちんと残る大切な1本になるような気がします。これが50歳のけんいち、1月10日の1本です。これ以上のシュプールを刻むことなく1本のみで満足して下山しました。


滑降後、西吾妻山を望む。昔は良く行ったけど、体力的にちょっと遠いよな・・・と思う今日この頃。


登りでは快調だったぽこゆうこ、下りになると、先日スキー場で転倒した右胸あたりが痛むらしく、かばいながら下山することになりました。


山頂近辺は強風が吹き荒れているため、偽ピーク直下まで降りて、風を遮り昼食休憩とします。


おにぎりでも何でも凍ってしまう厳冬期の定番は、やっぱりカップ麺です。美味すぎるぅ~!


最後はフカフカの雪の積もった森の中を降りていきます。ターンが楽しめるところは少ないですが、直滑降でも充分楽しいです。日本離れした幻想的な風景が連続して展開します。これを味わったら誰もが山スキーのファンになっちゃうんじゃないかと思います。


無事に下山しました。何日か下界で仕事して、また山へ戻ります・・・



今日のGPSトラックです。最短距離ではなく緩く弧を描いてますが、これがベスト。もっとも楽に登れる冬山ルートです。


今回のビデオです。

安達太良山 2019年1月2日

裏磐梯の雪はかなり増えて山スキーシーズンインとなりましたが、安達太良山はどれくらい雪が増えているのか気になり、行ってみることにしました。朝7時の安達太良山麓です、山頂付近には雲がかかっています。


登山口でもある安達太良スキー場に到着。気温が低く、ここ数日降雪が無かったためか、雪はガリガリ。そして、風が強いです。スキー場でこれだけ風が強いと山頂は踏めないだろうと思いました。


さて、気になる雪の量ですが、スキー板を傷つけずに滑るだけの量はかろうじてある程度でしょうか。


馬車道ルートを進んでいきます。人気の山だけあり、しっかりとトレースが付いています。馬車道をショートかットする登山道に入ると、雪の量が少ないため、木の枝でルートに段差が付いていたりして、スキーでの登高がしずらい場面もありました。


勢至平まで登ってきましたが、かなりの強風です。山頂方面はガスっていて真っ白です。


勢至平の分岐点です。右のルートはくろがね小屋、左は山頂直登ルートです。左へ進むことにします。


こちらのルートに入るとトレースも乏しくなりました。まだまだ雪の量が少なく、木々の枝がうるさくて登るのに苦労します。踏み抜きもありますし、あと1メートルは降ってくれないと、登りは良くてもスキーで安全に滑るのは難しいと思いました。


雪の量と強風を考慮し、勢至平の半ば、標高1400Mポイントから撤退することにします。下りもくろがね小屋との分岐までは、シールを付けたまま降りることにします。


先ほどのくろがね小屋との分岐まで戻ってからシールを外しました。帰りは馬車道でスキーが良く走ってくれて楽しめました。直滑降ばかりでしたが、それでも山のスキーは良いものだなぁと思いました。


今日のGPSトラックです。


下山後は岳温泉の「岳の湯」で汗を流してから帰宅しました。


西大巓 2018年12月22日

3日前に来たばかりですが、再びグランデコです。今、福島県内でかろうじて山スキーが楽しめそうなのはここくらいかなと思って西大巓リベンジです。今日は青空の下、西大巓と西吾妻の山頂が見えています。土曜日なので駐車料金が1000円かかってしまうのが辛いところです。


前回来たときは第3リフトが動いていなかったのですが、今日は3本乗り継ぎゲレンデのトップまで上がってきました。誰か上がっているかな?と思っていたのですが、ラッセル跡はありませんでした。


気温が上がってきているので、3日前に比べると木々に積もった雪が落ちてきています。


1750M付近まで登り後ろを振り返ったところ。


うさぎも登っています。


偽ピーク手前まで登ると、西吾妻山の山頂が見えてきました。


今日のトラブルはこれです。気温が高すぎてシールに雪が団子のようにくっついて離れません。3月のドカ雪の後のような感じです。


偽ピーク到着。


雪の状態が悪いので、偽ピークから降りようと考えていましたが、西大巓の山頂が見えてしまうと、どうしても行きたくなってしまいました。もう少し頑張ってみることにします。


偽ピークから登ってきた方向を見れば、随分下にグランデコスキー場が見えます。


標高1982Mの西大巓山頂に到着。スキーを脱いでみると、ズボッと股まで潜ってしまいました。
雪が固まってないので、とてもスキー無しでは歩けません。


残念ながら山頂付近はガスがでてきてしまい、景色を楽しむことはできませんでした。


昼食は龍上海のカップ麺。


雪の状態が良くないしガスもでているので、今日は東斜面は滑らず、南の斜面のみ楽しむことにしました。この辺りはまだそれでも、スキーが回ってくれましたが、下へ降りるにつれ生コンのような最悪な雪質に変わり、滑り降りるのに苦労しました。


今日のGPSトラックです。

帰りは地元の「いわせ悠久の里」の温泉で汗を流して帰宅しました。



西大巓(1700M地点まで) 2018年12月19日

いよいよシーズンイン。登山口のグランデコスキー場です。福島県内では桧枝岐村や只見町と並んで豪雪地帯といえば、裏磐梯と呼ばれるこのエリアです。今日も我が家付近では青空が出ていたのに裏磐梯に近づくにつれ雪がちらついてきました。平日なのでお客さんは少なめですが、雪はたっぷりあるようです。毎年ながら、さすが裏磐梯!と思います。山スキー好きにはありがたいことです。


1回券を2枚買ってゲレンデ中腹まで高度を稼がせてもらい、そこから先はリフトが動いていないのでシール登高となります。


ゲレンデ内も30~40センチのラッセルです。シーズン初めなのでついつい夏山のつもりで足を運んでしまいゼーゼーと息を切らしてしまい、いかんいかんとペースダウン。まだ、雪山モードに慣れておらず、無駄に体力が奪われて行きます。


何とかリフトトップまで登って来ました。


ここから先は山の世界が始まります。豪雪エリアとはいっても、北海道や青森のようなわけにはいきませんよね、さすがにまだ笹が出ています。本格的な山スキーシーズンはまだ先だなと思いつつ、ここで引き返すのももったいないので偵察がてら登れるところまで登ってみることにしましょう。今日は、ぽこゆうこはクリスマスケーキ作りのバイトで山はお休み。ラッセル交代できないのが辛いところ。


深い、かなり深いです。40センチのラッセル・・・スキートップが出てこないので前後にブルブルッとスキーを動かす動作をしなければならず、太もも疲れてきました。


どんどん進みます。雪との格闘がだんだん楽しくなってきました。滑るより登る方が楽しいくらいです、ほんと。


1メートルくらいは積もっていると思いますが、まだまだ、雪の量が足りないですねぇ、時々、雪面がぼこぼこしていて、どっちへ進むべきか悩みながら登らねばなりません。あと1メートルくらい積もると雪面はおおむねフラットになるのではないかと思います。


標高1700M地点まで登りましたが、疲れてしまったので、今日はここから降りることにします。ひとりで300Mほど登りましたが、3人くらいいればラッセルを交代しながら頂上まで行けたかもしれません。


森の中はまともに滑れる状態ではありませんでしたが、ゲレンデはまあまあ。粉雪が舞うほどの雪質ではないけれど、抵抗なくターンできるくらいの軽い雪でした。初日としてはまずまずの雪を楽しむことができました。


下山時にはガスも晴れ、猪苗代湖も見渡せました。


今日のGPSトラック。こうしてみると山頂ははるか彼方ですね。次回はぜひピークハントしたいものです。


下山後は道の駅猪苗代でソースカツ丼を食べ、藤沼温泉やまゆり荘で入浴して帰宅しました。



高旗山 2018年12月15日

日に日に寒くなってきています。若い時に比べれば体力は落ちているとはいえ、山の中で1日8時間くらい行動する気力と体力はまだ持ち合わせているつもりでいます。ところが、その山まで長距離を車でドライブしようという気力は年々落ちているような気がします。山形にドカッと雪が降ったのであれば、出向いて大好きな山スキーを楽しんでも良いなと頭の隅を思いがかすめても、実際には長距離ドライブがおっくうで行動できない・・・

というわけで、今日も近場で低山ハイクです。向かった先は郡山市の高籏山。土曜日というのに登山口の駐車スペースには車が1台も停まっていません、今日も貸し切りのようです。避難小屋などで見知らぬ人と酒を酌み交わすような山旅も好きですが、誰にも出会わないような山旅の方が自分は好みかもしれません。


駐車スペースのすぐ脇に鳥居があり、ここから歩いていきます。先日の女神山はシャーベット雪でしたが、今日は気温が0度くらいと低めなので、雪の感触もさらっとしていて歩きやすいです。


登山口の案内板。ここは、大都市郡山市郊外のお手軽ハイキングコースです。


積雪量は10センチくらいと多くはありません。贅沢を言えば、もう少し多い方が雪道散歩としては楽しいのですが、贅沢は言っていられません。


今年は我が家の裏でも熊が目撃されました。人間に見られただけで狙撃の対象となってしまうなんてひどい話ですよね。いったい日本人は何様のつもりになってしまったんでしょう?この辺の熊たちは無事に冬眠できたのでしょうか?


雪の感触はやっぱり良いものです。これからしばらくは雪の季節、休みの度に雪遊びができるかと思うと明るい気分になってきます。


尾根に登れば、緩やかな散歩道が頂上まで続いています。気温が低くて汗もかかず、快適に歩いていけました。


山頂直下の神社です。


標高968Mの高籏山の頂。


猪苗代湖が見えます。


山頂からは遠く、わが天栄村の二岐山が見えました。反射板のある手前の山は須賀川市の笠ケ森山。


今回のGPSトラックです。


せっかく、郡山市まで来たので、下山後の昼食はお気に入りラーメン屋の「ケラン」。こってり肉醤白麺と餃子にしてみました。美味しかったけど、次回はやっぱり定番の普通の醤白麺かポロネギ味噌にしようっと。

食休みにセブンイレブンの駐車場でコーヒーを飲みながら1時間ほど読書。山崎淳司著
「みんな山が大好きだった」を読了。

岩瀬悠久の里で温泉に浸かっていたらもう日没、冬はあっという間に一日が過ぎてしまいます。