ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


うつくしま百名山

吾妻連峰東部縦走(浄土平~谷地平~明月荘~一切経山)2018年8月16~17日

8月16日、17日の2連休、天気はいまひとつ。吾妻連峰東部縦走へ行ってみることにしました。登山口は磐梯吾妻スカイラインの浄土平です。雨こそまだ降っていませんがどんよりとした空です。

 

歩き始めてすぐ、コウメバチソウが咲いていました。

 

後ろを振り返れば吾妻小富士と浄土平が見えます。

 

姥ケ原から谷地平へは、うっそうとした森の中を下って行きます。

 

 

ヤマトリカブトが咲いていました。

 

谷地平避難小屋に到着。大昔に泊まったときはオンボロの小屋でしたが、新しく快適そうな小屋に建て直されていました。

 

谷地平湿原です。とうとう雨が降って来てしまいました。

 

谷地平からは東大巓へ向けて大倉新道を登って行きます。雨が強くなってきて、登山道が川のようになってしまったのも辛いところですが、道が笹に覆われて不明瞭でかき分けかき分け進まなければなりません。行けども行けども、笹藪で道は川のようでめげそうになります。

 

道は川のように水が流れています。ゴアテックスのトレッキングブーツもさすがにずぶ濡れになってしまいました。

 

ようやく、大倉新道を抜けて吾妻連邦の稜線に出ました。雨は相変わらず強く降っていて風も強いです。東大巓へ向けて登って行きます。

 

展望のない東大巓の山頂。

 

弥兵衛平へ下っていきます。

 

今日の宿泊地、弥兵衛平の明月荘避難小屋へ進んで行きます。

 

6時間、距離18キロを歩いて明月荘到着。こんな天気だから泊まるのは自分だけかと思っていたら、大学生の山岳部パーティーが泊まっていました。

 

明月荘の中の様子。ハムとチーズをつまみにウイスキーで一杯やって一息付けました。それにしても大倉新道の笹薮はきつかったです。登山道の整備はしないのでしょうか。夕食は中華丼を食べて早めに就寝。1日目終了です。

 

2日目です。雨に加えて昨日以上に風が強くなっています。福島県中道りの天気予報は朝から回復ではなく昼以降回復に修正されました。もう、あきらめて雨と風の中歩くしかないです。弥兵衛平湿原です。

 

吾妻連峰の東部を西から東へ縦走していきます。メインの縦走路というのに登山道は笹薮に埋まっていました。また今日も苦行が始まりました。

 

昭元山を通過。

 

烏帽子山で森林限界を越えたら飛ばされそうな突風が吹き荒れていました。これなら笹薮の方がマシかも。

 

ニセ烏帽子山通過。この辺りから、藪は少なくなり歩きやすくなってきました。

 

兵子通過。家形山へ早く着きたいという思いだけで歩き続けます。

 

リンドウが咲いています。

 

ようやく、家形山到着。ここまで来れば登山道も広くしっかりしているので安心、と思ったのですが、開けたところほど風が強く、飛ばされないように注意が必要です。

 

家形山から見えた五色沼。その先の一切経山はガスで隠れています。

 

一切経山到着。物凄い突風です。時々しゃがみこみながら、ロープを掴んで飛ばされないように慎重に進みます。

 

吾妻小富士と浄土平が見えて来ました。今日も6時間歩いて無事にゴールすることができました。2日間で歩いた距離32キロ、雨と風と笹薮に阻まれた修行のような山行でした。

 

今回のGPSトラックです。

 

 

 

 

箕輪山・鉄山・安達太良山 2018年8月11日

今日は「山の日」。世間はお盆休みに突入しました。山でハイカー同士が「こんにちは」と挨拶するのはとても良い習慣と思っている私ですが、昨年のお盆の磐梯山登山ではさすがに疲れてしまいました。登山で疲れるのではなく、ひっきりなしすれ違うハイカーとの挨拶に疲れてしまうのです。挨拶で疲れるので、挨拶をしないようにと試してはみるものの、何となく気まずかったりして。コチラからは挨拶せずとも、されたら返そうなんて思いなおしてみたり・・・せっかく山に遊びに来ているのにそんなことに神経を使っている自分が情けなくなったり・・・気が弱いのか、どっちにしても精神的にどっと疲れました。

山は静かなのが一番、と思いました。なので、お盆休みの山は慎重に選ばなければなりません。ということで今日選んだルートは塩沢登山口から箕輪山へ登り、鉄山、安達太良山と縦走して、くろがね小屋から塩沢へ降りるというもの。目論見通り、登山口駐車場に車は1台のみ。昭和の匂いプンプンな塩沢スキー場から登って行きます。

 

「ハチ発生中!通行をご遠慮ください。」の看板。親切とも言えますが、お節介とも言えます。海外の経験が長い方は、こんなところに日本を感じるのではないでしょうか・・・

何年かに一度電車に乗ることがありますが、やれ、白線の内側に下がれだの、忘れ物が無いように注意しろだの、到着が1分遅れて誠に申し訳ないだの、とにかくうるさすぎることにビックリします。最低限のアナウンス、注意喚起で後は自己責任ということにしてください、私は赤ちゃんじゃありません、と言いたくなるんですよね。

 

橋がつるつる滑って怖い・・・

 

緩やかな尾根を僧悟台へ向かって登っていくと、あちらこちらにオトギリソウが咲いていました。

 

コバギボウシも咲いています。

 

僧悟台に到着。曇りのち晴れの天気ですが、まだ、どんより曇り空。

 

笹平手前まで登って、僧悟台を振り返ります。まだ、誰にもハイカーには会っていないのでこのルートはなかなか静かで良いです。

 

箕輪山の山頂へ来ましたが、ガスで展望なし。

 

鉄山方面へ進みます。なんでしょうね、天気はイマイチなんですが、歩いていることが気持ち良いんですね。あの山の先、もっと先へとどんどん行ってみましょう。

 

冬場は何度も訪れ昼食休憩を取る、お馴染みの鉄山避難小屋。雪の無い時期に来ることは少ないエリアです。ここまで来ると、さすがは山の日、何人かのハイカーとすれ違いました。

 

鉄山山頂もガス。

 

この花を目にすると、もう秋だなぁと思いますね。ミヤマアキノキリンソウです。

 

鉄山から安達太良山への縦走路の西側には巨大な窪地、沼の平があります。有害ガスが常に発生している場所で、道迷いで死亡事故もあった危険個所です。

 

沼ノ平を見ながらの昼食。おにぎり&カップ麺です。

 

安達太良山方面へ尾根を縦走。左手にくろがね小屋が見えて来ました。日本最北にある通年営業の山小屋です。馬の背と呼ばれる縦走路を安達太良山山頂目指して進みます。噴火口の荒々しい景色が続きます。

 

安達太良山頂が見えて来ました。この辺りまで来るとさすがにハイカーでいっぱいです。

 

安達太良山頂直下です。

 

くろがね小屋まで降りて来ました。やっと晴れて来ましたが、これから下山です。

 

整備された登山道から外れ、塩沢へは左のルートを取ります。

 

川を渡ります。

 

またしても川渡り。涼しくていい感じです。

 

また川渡り。マイナールートなので誰にも会いません。

 

八幡の滝。道なりに下って塩沢へ無事下山することができました。

 

今回のGPSトラック。約16キロのハイキングで沢あり、縦走ありと楽しめました。沢沿いは危険個所もあるので、登りルートで逆回りの方が良いかなと思いました。

 

 

 

 

 

会津駒ケ岳 2018年7月13日

どうも!おはようございます。ハクサンコザクラが会津駒ケ岳で満開との情報がヤマレコで出ていました。花目当ての山行の場合、咲き始めとか、終わりかけなどの情報は非常に重要です。山の緯度とか標高とか残雪の多さでも変わってくるし、毎年ちょっとづつ満開の時期も違うんですよね。今年は南東北の山はどこも見ごろが前倒しな傾向のようです。

そんなわけで、昨日午後3時半に仕事を終えてから会津まで移動して「道の駅きらら289」で車中泊しました。朝の5時前に起きて朝ごはんを作ってるところです。天気は予報通りの曇り空であまりぱっとしません。

 

さすが日本100名山の会津駒は人気がありますね。6時半で駐車場は一杯、広島、山口、札幌など他県ナンバーの車が多かったです。それでは私たちも、標高1100Mの登山口から登り始めます!

 

歩き始めるとすぐにイチヤクソウが咲いていました。

 

ギンリョウソウです。

 

タカネニガナです。

 

アカモノも咲いていました。

 

マイズルソウが今頃咲いているとは・・・さすが豪雪の会津駒。

 

ユキザサ。

 

イワカガミ。

 

ゴゼンタチバナ。

 

コバイケイソウ。

 

ミツバオウレン。雪の少ない山では6月の花です。

 

ツマトリソウ。

 

標高差1000Mほど登って駒ノ小屋まできました。残念ながら天気はガスっています。

 

駒ノ小屋付近の池塘とお花畑。

 

咲いてました!ハクサンコザクラ!

 

1.5センチほどの小さな花です。

 

駒ノ小屋周辺では満開に咲き乱れていました。

 

天気は曇りでも、この花に出会えたのだから何も言うことはありません。

 

ハクサンコザクラ、最高!

 

近くには、モウセンゴケもありました。

 

こちらはイワイチョウです。

 

駒ノ小屋からは中門岳へ向かいます。山上の湿原を辿るルートで景色も最高なんですが、今日は残念ながらガスの中。

 

延々と湿原が3キロに渡って続いています。

 

もちろんハクサンコザクラの群落もたくさんありましたが、チングルマもまだ咲いていました。

 

スミレです。

 

シナノキンバイ。

 

なんと、ハクサンチドリも。残雪が溶けて一気に芽を出したのでしょう。

 

中門岳に到着。ここで昼食にします。一向に晴れる気配なしだね、なんて話していたら雨が降ってきてしまいました。

 

会津駒から中門岳は、湿原と池塘が美しいルート。

 

カッパを着て会津駒の山頂へ。ハクサンコザクラに出会えたので、天気の悪いのもOKとしましょう。あとは標高差1200Mを一気に下山します。

 

やったー!無事カエル、疲れました~。

 

今回のGPSトラックです。

 

帰りに「道の駅きらら289」の温泉に浸かって家へ戻りました。

 

 

 

 

流石山 2018年7月10日

午前中が曇り、午後から雷雨という予報なので近場で花の楽しめる、裏那須の流石山へハイキングへ行くことにしました。前回、道路の土砂崩れで日暮滝から歩かなければならなかったので、今日は登山口までバイクでアクセスしてみました。

 

しばらく登ると大峠に到着。

 

大峠周辺まで来ると赤、黄、青と色とりどりの花が点々と咲いているのが見えます。期待通りですが、天気の方は早くも不穏な雲が西に見えています。

 

花を眺めながら、流石山へ登っていくこととしましょう。

 

まずは、ハクサンフウロが目に飛び込んできました。色の濃いのや薄いのと様々咲いていました。

 

シモツケソウです。

 

ミネウスユキソウ。

 

オトギリソウ。

 

ヒメシャジン。

 

ニッコウキスゲ。

 

黄色いニッコウキスゲが青空に映えます。

 

テガタチドリ、ランの仲間の高山植物です。最初、名前がわからず家に帰ってから植物図鑑で調べてわかりました。

 

流石山の山頂到着です。雲行きが怪しいのでとっとと降りることにします。

 

ハクサンシャクナゲ。

 

コメツツジ。

 

ミヤマホツツジ。

 

オダマギ。

 

駐車場へ着く前に雨に降られてしまいました。今日のGPSトラックです。

 

西郷村の「手打ちラーメンふくふく」で昼食。はじめて入りましたがとても美味しかったです。

いったん家へ帰ってから、再びバイクで「いわせ悠久の里」の温泉に入りに行き、充実した一日でした。

 

 

 

雄国山・雄国沼 2018年6月26日

雄国沼では今、ニッコウキスゲが満開ということで行ってみることにしました。雄国沼のニッコウキスゲといえば、群生の密度では尾瀬以上で一面山吹色の絨毯を敷き詰めたようになることで有名です。私は日本一?のニッコウキスゲ観察ポイントだと思っています。さて、そんな雄国沼ですが、人気もあるため雄子沢コースはハイカーでいっぱい登山口の駐車場からあふれた車が数珠つなぎに路駐されているのは毎度のこと。なので、今回はラビスパ登山口から入山してみることにしました。こちらは歩く距離が長いこともあって駐車場はガラガラでした。

 

しばらく登ると見慣れた看板がありました。下の写真は今年の3月に山スキーで訪れた時のものです。

 

随分様子が違うものです。

 

ホウチャクソウがたくさん咲いていました。

 

タツナミソウです。

 

これは、ミヤマハコベ。

 

ギンリョウソウです。

 


樹林帯をしばらく歩くと、雄国山の山頂に着きました。

 

山頂からは雄国沼が見渡せました。湖畔の湿原がニッコウキスゲで黄色に色づいているのがわかります。

 

雄国山を下りて沼のほとりの休憩舎へ。ここまで来ると雄子沢コースからのハイカーとも合流し賑やかになってきます。

 

雄国沼に到着。ニッコウキスゲが満開でした。天気も良いし最高です。

 

雄国沼の湖畔の湿原いっぱいにニッコウキスゲが咲いています。

 

これは写真の撮りがいがあります。

 

平日だったのが幸いしてか、満開で快晴のベストコンディションというのにハイカーは少なめ。ゆっくり写真を撮ることができました。

 

やはり、日本一のニッコウキスゲ大群落だと思います。

 

咲いているのはニッコウキスゲだけではありません。足元に目を移せば小さな湿原の花が咲いています。これはトキソウ。

 

サワランも咲いています。

 

ワタスゲです。

 

これはアヤメ。

 

今日のGPSトラックです。

 

下山後、ラビスパで入浴しようと思ったら、火曜日で定休日のため入れませんでした。なので、家の近くまでドライブして岩瀬ゆうきゅうの里で温泉に入ってから帰りました。

 

 

 

 

 

西吾妻山 2018年6月22日

小野川温泉で車中泊した後に米沢市内の牛丼屋で朝食を食べて、天元台までやってきました。ロープウェイとリフトを乗り継いで標高1850Mの中大巓のふもとまで一気に登ってしまいます。天気も良く、平日なのにたくさんのハイカーが来ていました。

 

中大巓付近の稜線まででたところ。これから西吾妻山へ向かいます。

 

手前がチングルマで後ろのピンクの花がイワカガミ。

 

イワイチョウです。


大凹お花畑に到着。巨大な湿原にはたくさんの花々が咲き乱れていました。

 

チングルマが満開です。

 

ヒナザクラも可憐です。

 

ショウジョウバカマ。

 

大凹お花畑を越えて梵天岩へ登って行きます。

 

チングルマです。

 

花がきれいで見とれてしまい、なかなか前へ進めません。

 

梵天岩を越え吾妻神社まで来ました。奥には雪をかぶった飯豊連峰が見えます。

 

目指す西吾妻山が近づいてきました。

 

雪のある時期なら何度も訪れている西吾妻山ですが、無雪期の登頂は久しぶりです。こんなにうっそうとした山頂だったんだなぁと、びっくり。冬季なら木々は雪で埋まってしまい、周囲を360度眺められるのに・・・改めてこの山域の冬季の雪の多さを実感させられました。

 

西吾妻山から西吾妻避難小屋へ向かいます。

 

梵天岩へ向かう途中のコバイケイソウ。開花はまだ先でした。

 

吾妻神社での昼食後、イワカガミの群落がありました。

 

来た道を中大巓方面へ戻っていきます。

 

ミツバオウレン。

 

チングルマ。

 

帰りはちょっと寄り道で人形石に行ってみることに。西吾妻山を振り返ったところ。

 

人形石到着。

 

帰りはリフトを使わずに天元台まで歩いて戻ることにしました。サンカヨウが咲いています。

 

スキー場内を降りる途中咲いていたミツバオウレンの群落。

 

アカモノです。

 

今日のGPSトラックです。

2泊3日のお気楽車中泊&ハイキング旅はこれで終わりです。西吾妻スカイバレーを通って家まで戻りました。

 

 

 

 

 

 

 

田代山・帝釈山 2016年6月18日

オサバグサが満開らしいので田代山と帝釈山へのハイキングに行ってみることにしました。雨のおそれもあるので今日はユキは家で留守番です。桧枝岐村の馬坂峠が登山口です。

 

おお!いきなり咲いていました、オサバグサ!

 

ここにも、そこにも、あっちにも・・・もう、オサバグサだらけです!

 

本当にかわいらしい花ですね、たまらんです!

 

うっそうとした原生林の中を撮影しながら進んでいきます。

 

ゴゼンタチバナも咲いていました。何だかローソクのたくさん立っているバースデースケーキのようにも見えます。

 

ミツバオウレンもたくさん群生していました。

 

岩場の陰にはヒカリゴケが光っていました。

 

帝釈山到着です。コースタイムでは1時間なのですが花の撮影に忙しく2時間もかかってしまいました。天気はくもりで雲海も見えます、雨が降らないことを祈ります。

 

帝釈山の山頂周辺にはイワカガミが咲いていました。

 

ツマトリソウもときどき見かけました。

 

遠くに目指す田代山が見えてきましたが、不穏な雲も近づいて来ています。

 

ところどころ、歩きにくい岩場もでてきます。

 

岩場周辺にはシャクナゲがたくさん咲いていました。それにしても、花に恵まれたルートです。

 

ミヤマカタバミ。

 

スミレも咲いていました。

 

とうとう、雨が降ってきてしまいました。田代山には避難小屋があるので急ぐこととしましょう。

 

田代山まで来ると雨は上がってくれました。避難小屋で昼食を取ったあとは、山頂に広がる湿原を散策してみることにします。

 

ヒメシャクナゲです。

 

モウセンゴケ。

 

ギンラン。

 

木道の両脇にはワタスゲでいっぱいです。

 

タテヤマリンドウ。

 

チングルマ。

 

チングルマ。

 

イワカガミ。

 

来た道と同じルートで下山しました。

 

帰りに南郷町の高清水自然公園へ寄り道してヒメサユリを見物してきました。

 

全国でも福島や新潟周辺にしか見られない珍しいユリです。

 

今年もヒメサユリ見ることができました。また来年!

今日は花を大満喫の一日でした。

 

 

 

 

 

 

小富士山 2018年6月12日

ついに東北南部も梅雨入りしました。釣りをするにも川が濁ってしまうし、ハイキングするにしてもバイクツーリングするにしても雨は困りもの、ジメジメして嫌な季節です。そんなわけで今日はガッツリ山歩きではなく地元周辺なのに行ったことない場所を探訪するドライブを楽しむことにします。まず向かったのは我が家からも近い福島県石川町に位置する一之宮でもある石都々古和気神社へ行ってみることに。

 

由緒ある神社です。小道は標高差がある階段が続いているのですが、山野草など植物の管理が行き届いており素敵な散歩道となっています。まず初めに目に飛び込んできたのはタチアオイでした。

 

そして、もう、あちこちにどくだみが咲き乱れていました。

 

紫陽花も咲き始めていました。

 

ガクアジサイも咲いています。

 

道中には、ホタルブクロも咲いていました。

 

今日はユキも来ています。ぽこの母が飼っていた犬ですが亡くなってしまったので我が家で飼うことになりました。

 

次に、鮫川村の舘山公園へ。ニッコウキスゲが咲き始めていました。先ほどの石川町の神社もそうですが、この公園も元々はお城があったところだそうです。

 

村の交流施設「手まめ館」というところでお昼ご飯にすることにします。

 

1食500円とお手頃値段。これは辛子豚焼肉定食。納豆はオプションで60円プラス。

 

こちらはマーボー定食。豆腐だらけというかんじだけど、豆腐そのものがかなりうまい。地元で作っているの豆腐なのでしょう。

 

午後は棚倉町へ移動して福島100名山でもある小富士山に登ってみます。ここが登山口。

 

沢沿いにしばらく行った後は急登が続きます。

 

あっという間に山頂到着。なんだか雷も鳴ってきたので早々と下山しましたが、途中で土砂降りの雨になってしまい。私たちもユキもずぶぬれになってしまいました。帰りは矢吹町のあゆり温泉に入って帰りました。

地元から近いエリアにもまだまだ行ったことのない場所がたくさんあるもので、天気の悪いときはこんなドライブ&お散歩も楽しいものだと思いました。

 

小富士山の登山道です。今日はGPSもっていかなかったのでトラックの表示は無し。

 

 

 

 

 

 

 

一切経山・東吾妻山 2018年6月3日


1週間前にも犬連れで浄土平周辺へ来たばかりですが、イワカガミだけでなくチングルマも咲き始めたとのこと、天気が良さそうなので森林限界を気分よく歩きたいことなどの理由から再び浄土平周辺ハイキングです。今日は、一切経山や東吾妻山にも登ってみる予定です。いつものようにウサギ平駐車場から浄土平へ入りました。山肌の雪解けもずいぶん進んでいます。

 

木道を歩いていると、先週はほんの少ししか咲いていなかったイワカガミがたくさん咲いていました。季節はどんどん進んでいるようです。

 

浄土平のイワカガミ。私の大好きな山の花です。

 

まとまって咲いているのもありました。

 

背が低いのでぶれないように撮影するのはちょっと大変です。おまけに、最近老眼でピントが合ってるのかどうか見えにくくなってしまいました。

 

このような群落がいくつもありました。

 

酸ケ平への登りは一部雪渓が残っていました。1か月半前はここでスキーができたのに、もうだいぶ雪が解けてしまいました。

 

酸ケ平到着。今日は風もなく快晴、一切経山へは問題なく行けそうです。

 

酸ケ平避難小屋周辺にはミツバオウレンがたくさん咲いていました。

 

一切経山への登り。振り返ると酸ケ平と鎌沼、今日登る予定の東吾妻山が見えました。

 

一切経山は火山なので、標高を上げるにつれ草木の育たぬ荒涼とした風景に変化してきます。眼下に吾妻小富士の噴火口も見えます。

 

一切経山の山頂に着きました。頂きからは、別名、魔女の瞳とも呼ばれる五色沼が望めます。今日は天気が良いので魔女の瞳の色も鮮やかで綺麗でした。

 

一切経山からはもと来た登山道を酸ケ平まで戻り、鎌沼経由で姥ケ原へ向かいました。姥ケ原ではチングルマがたくさん咲いていました。

 

チングルマです。

 


姥ケ原からは東吾妻山へ向かいました。雪解けと共に一斉にショウジョウバカマが咲き始めていました。

 

もうすぐ東吾妻山の山頂です。

 

山頂付近にはアズマシャクナゲが咲いていました。

 

東吾妻の山頂で昼食休憩とします。風もなく良い天気です。

 

山頂南側の湿原。山のこちら側は訪れる人も少なくとても静かです。

 

1時間ほど昼寝することにしました。

 

ひどい藪の道を景場平へ向けて下っていくと、マルバスミレが咲いていました。

 

雪解けの水で靴がドロドロになりながら歩いていきます。4月中旬ころ山スキーで来たときには、こんなに藪だというのを想像できませんでした。雪が無くなると景色が一変してしまうものだなぁとびっくりです。エンレイソウも咲いていました。

 

景場平湿原に到着。奥に見えるのは高山です。藪と泥は嫌ですが、好天の日曜日というのに空いているのが不人気ルートのありがたい点です。

 

景場平を過ぎるとオオカメノキも目立つようになってきました。

 

ウサギ平駐車場まで戻り、今日のハイキングも終了です。近くにはサンカヨウが咲いていました。

 

今日のGPSトラックです。約13キロの散歩でしたが天気も良くたくさんの花を見て楽しむことができました。

 

 

流石山 2018年5月29日

花の山で有名な流石山なら何か咲いてるかもしれないと思って行ってみることにしました。何と、日暮滝で通行止め。ここから歩くほかありません。

 

道路が半分崩れてしまった箇所がありました。当分の間通行止めなので、いつ復旧するかはわかりません。本当の駐車場までは3,5キロの車道歩きで到着しました。

 

大峠までの道端にはカキドオシが咲いていました。

 

サルもいました。

 

エンレイソウ。

 

大峠に到着。流石山へはここから急な登りになります。

 

流石山への道沿いはイワカガミの大群落になっていました。花の山と呼ばれているだけのことはあります。

 

可憐な花ですね。

 

延々とイワカガミのお花畑が続くため、写真を撮りながらゆっくり登ります。急登で辛いところなはずですが全く気になりません。

 

尾根に飛び出して振り返ればムラサキヤシオの向こうに旭岳が見えました。

 

ムラサキヤシオです。

 

稜線上にはシャクナゲも咲いています。

 

足元にはミツバオウレン。

 

午後から天気が崩れる予報なので、今日は流石山までとします。那須の茶臼岳を眺めながら下山しました。往復15キロ、標高差750Mのハイキングでした。

 

今日のGPSトラックです。

 

午後は周辺の川で釣り。18センチのイワナが1匹。小さいのでリリースしました。