ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


うつくしま百名山

田代山・帝釈山 2016年6月18日

オサバグサが満開らしいので田代山と帝釈山へのハイキングに行ってみることにしました。雨のおそれもあるので今日はユキは家で留守番です。桧枝岐村の馬坂峠が登山口です。

 

おお!いきなり咲いていました、オサバグサ!

 

ここにも、そこにも、あっちにも・・・もう、オサバグサだらけです!

 

本当にかわいらしい花ですね、たまらんです!

 

うっそうとした原生林の中を撮影しながら進んでいきます。

 

ゴゼンタチバナも咲いていました。何だかローソクのたくさん立っているバースデースケーキのようにも見えます。

 

ミツバオウレンもたくさん群生していました。

 

岩場の陰にはヒカリゴケが光っていました。

 

帝釈山到着です。コースタイムでは1時間なのですが花の撮影に忙しく2時間もかかってしまいました。天気はくもりで雲海も見えます、雨が降らないことを祈ります。

 

帝釈山の山頂周辺にはイワカガミが咲いていました。

 

ツマトリソウもときどき見かけました。

 

遠くに目指す田代山が見えてきましたが、不穏な雲も近づいて来ています。

 

ところどころ、歩きにくい岩場もでてきます。

 

岩場周辺にはシャクナゲがたくさん咲いていました。それにしても、花に恵まれたルートです。

 

ミヤマカタバミ。

 

スミレも咲いていました。

 

とうとう、雨が降ってきてしまいました。田代山には避難小屋があるので急ぐこととしましょう。

 

田代山まで来ると雨は上がってくれました。避難小屋で昼食を取ったあとは、山頂に広がる湿原を散策してみることにします。

 

ヒメシャクナゲです。

 

モウセンゴケ。

 

ギンラン。

 

木道の両脇にはワタスゲでいっぱいです。

 

タテヤマリンドウ。

 

チングルマ。

 

チングルマ。

 

イワカガミ。

 

来た道と同じルートで下山しました。

 

帰りに南郷町の高清水自然公園へ寄り道してヒメサユリを見物してきました。

 

全国でも福島や新潟周辺にしか見られない珍しいユリです。

 

今年もヒメサユリ見ることができました。また来年!

今日は花を大満喫の一日でした。

 

 

 

 

 

 

小富士山 2018年6月12日

ついに東北南部も梅雨入りしました。釣りをするにも川が濁ってしまうし、ハイキングするにしてもバイクツーリングするにしても雨は困りもの、ジメジメして嫌な季節です。そんなわけで今日はガッツリ山歩きではなく地元周辺なのに行ったことない場所を探訪するドライブを楽しむことにします。まず向かったのは我が家からも近い福島県石川町に位置する一之宮でもある石都々古和気神社へ行ってみることに。

 

由緒ある神社です。小道は標高差がある階段が続いているのですが、山野草など植物の管理が行き届いており素敵な散歩道となっています。まず初めに目に飛び込んできたのはタチアオイでした。

 

そして、もう、あちこちにどくだみが咲き乱れていました。

 

紫陽花も咲き始めていました。

 

ガクアジサイも咲いています。

 

道中には、ホタルブクロも咲いていました。

 

今日はユキも来ています。ぽこの母が飼っていた犬ですが亡くなってしまったので我が家で飼うことになりました。

 

次に、鮫川村の舘山公園へ。ニッコウキスゲが咲き始めていました。先ほどの石川町の神社もそうですが、この公園も元々はお城があったところだそうです。

 

村の交流施設「手まめ館」というところでお昼ご飯にすることにします。

 

1食500円とお手頃値段。これは辛子豚焼肉定食。納豆はオプションで60円プラス。

 

こちらはマーボー定食。豆腐だらけというかんじだけど、豆腐そのものがかなりうまい。地元で作っているの豆腐なのでしょう。

 

午後は棚倉町へ移動して福島100名山でもある小富士山に登ってみます。ここが登山口。

 

沢沿いにしばらく行った後は急登が続きます。

 

あっという間に山頂到着。なんだか雷も鳴ってきたので早々と下山しましたが、途中で土砂降りの雨になってしまい。私たちもユキもずぶぬれになってしまいました。帰りは矢吹町のあゆり温泉に入って帰りました。

地元から近いエリアにもまだまだ行ったことのない場所がたくさんあるもので、天気の悪いときはこんなドライブ&お散歩も楽しいものだと思いました。

 

小富士山の登山道です。今日はGPSもっていかなかったのでトラックの表示は無し。

 

 

 

 

 

 

 

一切経山・東吾妻山 2018年6月3日


1週間前にも犬連れで浄土平周辺へ来たばかりですが、イワカガミだけでなくチングルマも咲き始めたとのこと、天気が良さそうなので森林限界を気分よく歩きたいことなどの理由から再び浄土平周辺ハイキングです。今日は、一切経山や東吾妻山にも登ってみる予定です。いつものようにウサギ平駐車場から浄土平へ入りました。山肌の雪解けもずいぶん進んでいます。

 

木道を歩いていると、先週はほんの少ししか咲いていなかったイワカガミがたくさん咲いていました。季節はどんどん進んでいるようです。

 

浄土平のイワカガミ。私の大好きな山の花です。

 

まとまって咲いているのもありました。

 

背が低いのでぶれないように撮影するのはちょっと大変です。おまけに、最近老眼でピントが合ってるのかどうか見えにくくなってしまいました。

 

このような群落がいくつもありました。

 

酸ケ平への登りは一部雪渓が残っていました。1か月半前はここでスキーができたのに、もうだいぶ雪が解けてしまいました。

 

酸ケ平到着。今日は風もなく快晴、一切経山へは問題なく行けそうです。

 

酸ケ平避難小屋周辺にはミツバオウレンがたくさん咲いていました。

 

一切経山への登り。振り返ると酸ケ平と鎌沼、今日登る予定の東吾妻山が見えました。

 

一切経山は火山なので、標高を上げるにつれ草木の育たぬ荒涼とした風景に変化してきます。眼下に吾妻小富士の噴火口も見えます。

 

一切経山の山頂に着きました。頂きからは、別名、魔女の瞳とも呼ばれる五色沼が望めます。今日は天気が良いので魔女の瞳の色も鮮やかで綺麗でした。

 

一切経山からはもと来た登山道を酸ケ平まで戻り、鎌沼経由で姥ケ原へ向かいました。姥ケ原ではチングルマがたくさん咲いていました。

 

チングルマです。

 


姥ケ原からは東吾妻山へ向かいました。雪解けと共に一斉にショウジョウバカマが咲き始めていました。

 

もうすぐ東吾妻山の山頂です。

 

山頂付近にはアズマシャクナゲが咲いていました。

 

東吾妻の山頂で昼食休憩とします。風もなく良い天気です。

 

山頂南側の湿原。山のこちら側は訪れる人も少なくとても静かです。

 

1時間ほど昼寝することにしました。

 

ひどい藪の道を景場平へ向けて下っていくと、マルバスミレが咲いていました。

 

雪解けの水で靴がドロドロになりながら歩いていきます。4月中旬ころ山スキーで来たときには、こんなに藪だというのを想像できませんでした。雪が無くなると景色が一変してしまうものだなぁとびっくりです。エンレイソウも咲いていました。

 

景場平湿原に到着。奥に見えるのは高山です。藪と泥は嫌ですが、好天の日曜日というのに空いているのが不人気ルートのありがたい点です。

 

景場平を過ぎるとオオカメノキも目立つようになってきました。

 

ウサギ平駐車場まで戻り、今日のハイキングも終了です。近くにはサンカヨウが咲いていました。

 

今日のGPSトラックです。約13キロの散歩でしたが天気も良くたくさんの花を見て楽しむことができました。

 

 

流石山 2018年5月29日

花の山で有名な流石山なら何か咲いてるかもしれないと思って行ってみることにしました。何と、日暮滝で通行止め。ここから歩くほかありません。

 

道路が半分崩れてしまった箇所がありました。当分の間通行止めなので、いつ復旧するかはわかりません。本当の駐車場までは3,5キロの車道歩きで到着しました。

 

大峠までの道端にはカキドオシが咲いていました。

 

サルもいました。

 

エンレイソウ。

 

大峠に到着。流石山へはここから急な登りになります。

 

流石山への道沿いはイワカガミの大群落になっていました。花の山と呼ばれているだけのことはあります。

 

可憐な花ですね。

 

延々とイワカガミのお花畑が続くため、写真を撮りながらゆっくり登ります。急登で辛いところなはずですが全く気になりません。

 

尾根に飛び出して振り返ればムラサキヤシオの向こうに旭岳が見えました。

 

ムラサキヤシオです。

 

稜線上にはシャクナゲも咲いています。

 

足元にはミツバオウレン。

 

午後から天気が崩れる予報なので、今日は流石山までとします。那須の茶臼岳を眺めながら下山しました。往復15キロ、標高差750Mのハイキングでした。

 

今日のGPSトラックです。

 

午後は周辺の川で釣り。18センチのイワナが1匹。小さいのでリリースしました。

 

 

 

高柴山・宇津峰山 2018年5月20日

この時期の悩ましい問題は、いつスキーの板納めをするか?です。毎年のことですが、今回で終わり!とキッパリあきらめることができずにいつの間にかフェードアウトとなってしまいます。実は今日も雪山へ行こうかと思って車にスキーを積んでいたのですが、長距離ドライブが面倒になって朝5時にスキー板を車から降ろし、家の2階の倉庫へ未練たっぷりに板納めしました。気持ちを切り替え向かった先は家からも近い高柴山。今ちょうど山ツツジが満開です。

 

いつものように浮金登山口から山頂展望台まで登ってきました。花は満開、天気は快晴、お手軽コースの日曜日とあってかなりの賑わいでした。

 

山頂展望台からの眺め。山全体が馬の放牧地であったため、毒の成分のある山ツツジ以外の草木が食べられてしまったため、山ツツジのみが生き残り、このような景観になったそうです。

 

展望台から別方向の眺め。

 

山頂一面が山ツツジで覆われています。

 

今日はユキも一緒です。

 

高柴山のGPSトラックです。

 

昼食は、須賀川のラーメン好房へ。お気に入りのラーメン店で夜勤明けによく寄っていくお店です。煮干しのだしの効いたスープが絶品です。

 

午後は宇津峰山に登ってみることに。須賀川市民の森からは何度か登っていますので今回は郡山の馬場平から登ってみることにします。

 

珍しいホタルカズラが咲いていました。

 

さらに登って行きます。登山道は整備されていますが、マイナールートなのか誰にも会いませんでした。

 

チゴユリ。

 

タニウツギの仲間?花の名前不明です。

 

ヒメシャガ。

 

ヤマタツナミソウ。

 

ミヤマハコベ。

 

何の特徴もない地元の低山と思っていましたけど、けっこういろいろな花が咲いていました。ユキ、ちょっとバテ気味です。

 

山頂は城跡になっています。

 

山頂から福島空港方面の眺め。

 

宇津峰山のGPSトラックです。

午前午後と低山を2つ登っただけで、たいした運動はしていないはずですが足が疲れました。山スキーとは下りで使う筋肉が違うのでしょう。これからは気持ちも体も夏山モードにシフトチェンジしていかねば。

 

 

雨・花・温泉 2018年5月8日

GWが終わり、やっと7日8日と連休になりました。天気が良ければ月山か鳥海山へ遠征して山スキーとなるはずでしたがあいにくの雨。昨日の7日は村内で釣り(釣果は、キャッチ&リリースの未来形とも称され、最近流行りのノンキャッチ)。今日も天気が悪く小雨ですが花見&温泉ドライブに出かけることにしました。まず向かったのは福島市の半田山、シラネアオイが満開でした。

 

シラネアオイが咲き乱れる群生地、しかも満開!雨なので花弁がたれ気味ですが見事なものです。

 

半田山はツツジも見ごろでした。

 

そして、今日の半田山で一番美しかったのはシラネアオイでもツツジでもなく、イカリソウでした。どうしてこんな形の花が咲くのか・・・自然というのは不思議なものですね。

 

昼食は福島市内の和屋(なごみや)。

 

昼食後は福島市上野寺の藤を見学。なかなか見事な藤棚。どうやって撮ろうか迷いましたが地面スレスレから見上げるような構図で撮ってみることにしました。

 

藤棚を接写してみました。きれいなものですね。

 

福島市水原地区はクマガイ草の自生地です。人工的に繁殖させた場所はたくさんあるのかもしれませんが、自然な状態で群落している場所は日本で3か所しかないそうで、その内のひとつがここだということです。確かに一面クマガイ草の大群落でした。

 

その後、土湯温泉に新しくできた共同湯に入ろうと思いましたが定休日でした。なので、同じく土湯のこけしの湯に入浴してから家に帰りました。

 

 

 

 

 

燧ケ岳 2018年5月1日

今年のゴールデンウイークは唯一5月1日だけ休みだったので尾瀬の燧ケ岳へ行ってみることにしました。4月中は天気との相性が悪くて3回しか山スキーができませんでしたが、さて、5月はどうでしょう?幸先は良さそうです。標高1500Mの御池から登り始めて広沢田代到着、例年に比べると雪がかなり少ないです。

 

広沢田代から左に巻いてトラバースしていくと燧ケ岳が見えてきました。家から比較的近いので5月には何度も来ることがある燧ケ岳ですが、5月1日時点でこれほど雪の少ないのは珍しいです。何でも、桧枝岐村の人の話によると、新潟で記録的な大雪が降った年なんかには桧枝岐の雪が少ないことはよくあることなんだとか・・・

 

熊沢田代に到着しました。ゴールデンウイークの割には登山者少ないですねぇ。一応平日扱いだから少ないんでしょうか。

 

最後の急斜面を登ります。この山は最初の御池から広沢田代の急斜面と最後の熊沢田代から山頂までの急斜面が難所なわけですが、今回はスキーアイゼンと雪の状態がバッチリ合ったようで、無理なく登ることができました。状況によってはシールがうまく効かず、ズルズルとずり下がる急斜面ですが、スキーで下るには景色もよく、最高に素晴らしい斜面です。

 

登山口の御池から3時間半で燧ケ岳の山頂に到着しました。雪がないのでプラブーツでは歩きにくいです。

 

尾瀬沼方面の眺め。まだ、かろうじて氷が張っています。

 

山頂直下に集う人々。情報交換やあいさつも交わされ和やかな雰囲気。

 

山頂から滑走して熊沢田代まで滑り降りてきました。雪解けが進み、ここまで木道が表れています。

 

熊沢田代から東田代へ滑り込んできました。訪れる人も少ない静かな湿原です。登山道もないので雪のある時期以外は藪に阻まれてしまうため、ここへ来ることは大変難しい貴重な場所です。

 

メラッパシ田代に滑り込みました。「メラッパシ」とは南会津の言葉で「娘っ子」みたいなニュアンスなんだそうです。田代は湿原という意味です。雪がなければ来れない場所にに行けるのもスキーの魅力ですね。

 

メラッパシ田代から車道へ滑り込み、今日の山旅も無事終了です。ここからは、御池の駐車場まで歩いて戻ることとします。

 

御池駐車場へ戻る道すがら、早くもショウジョウバカマが咲いていました。

 

今日のGPSトラックです。

 

下山後は燧の湯で汗を流しました。

 

燧ケ岳山スキーの動画です

 

 

 

 

前大巓 2018年4月17日

4月8日に開通予定だった磐梯吾妻スカイラインが雪のため延期されていましたが、4月17日に開通するとのことで、ちょうど仕事も休みだったので行ってみることにします。開通は10時なので、時間があるので途中の岳温泉で桜見物。ここは標高が高いので満開でしたが空が暗いので写真はいまいち。

 

10時15分前に磐梯吾妻スカイラインの土湯側ゲートに到着すると、すでに15台ほど開通を待つ車が並んでいました。待ち時間を利用してスキーにシールを貼っている方もいました。

 

兎平駐車場から登山開始します。

 

しばらく登ると浄土平と吾妻小富士が見えてきましたが雪が無いですねぇ。今年はたっぷりと積もったはずですが、溶けるのも早いようです。

 

鎌沼はまだ氷結していました。空が少し明るくなってきましたよ。やっぱり天気は大事。

 

後ろは東吾妻山です。何とか山頂付近まで雪が付いているようです。

 

前大巓へ登って行きます。後ろには鎌沼と蓬莱山が見えます。左の平らな部分は酸ケ平ですが雪が無くなっているのが見えます。

 

前大巓の山頂で昼食にしました。前大巓の下りは残念ながらスキーが引っかかるような雪質で滑りは楽しめませんでした。詳しくは動画で。

 

酸ケ平避難小屋までは何とか雪の上を移動して来れましたが、ここから蓬莱山へは雪が溶けてしまっているのでスキーを脱いで行かねばなりません。

 

蓬莱山の滑りは快適なザラメでした。今日は新しいスキーブーツを試しましたが、今まで履いていたモデルより足にフィットする感じがします。足に当たるところもなく、登りも滑りも快適でした。

 

今日のGPSトラックです。

 

帰りは中ノ沢温泉「大阪屋」で汗を流して帰宅しました。

 


今日の動画です。

 

大戸沢岳 2018年4月4日

今日はソロで南会津に来てみました。標高差1200Mガッツリ登る大戸沢岳です。朝7時半に標高850Mの登山口を出発です。南会津の春山で一番嫌なのが、登りはじめの急斜面&雪が溶けてしまった後スキーを担いで藪漕ぎをしなければならないこと・・・序盤からこれなので意欲を挫かれてしまい、やめようかな?帰ろうかな?と葛藤することになります。

 

今年は雪が多いはずですが、気温が高く桜が咲くのも早いので雪解けも早いのでしょうか。登山口から1時間かけ、藪&スキー担ぎで200Mの標高差を汗だくになって格闘した後、1050M付近でやっとシール登高を開始することができました。

 

1100M付近から見た三岩岳です。

 

標高1350Mまで登って来ると、目指す大戸沢岳方面の展望も開けてきました。序盤の藪漕ぎを思い起こせば、段違いの歩きやすさ。後は一歩一歩足を前に出していけば確実に山頂は狙えるはずです。気温が高すぎるのが気持ち悪いほどですが天気も安定しています。

 

1550M付近。ソロなので、ラジオを聞きながら登って行きます。

 

1700M地点付近です。もう山頂まで1時間半も見ておけば到着できるでしょう。

 

最後の急斜面を登って行きます。滑りも楽しめそうな斜面が連なっていました。

 

三岩岳もクッキリと見えます。

 

いよいよ2000Mを越え、大戸沢岳の稜線にでました。あとは緩やかなアップダウンの散歩道を行けば山頂へ着けるはず。遠くに尾瀬の燧ケ岳が見えてきました。

 

標高2089Mの大戸沢岳に着きました。標高差1200M、登るのに4時間半もかかってしまいました。手前は会津駒ケ岳で遠くに見えるのは燧ケ岳。

 

燧ケ岳です。あの山にも近々登ることになるでしょう。

 

山頂で昼食です。今日も誰もこの山に登ってくる人はいないようです。平日の山はどこも静かなものです。久しぶりにケーナを持ってきたので吹いてみました。

 

快適なザラメではありますが、もう少し気温が低いと回転が楽なのにな、という感じ。雪解けのため重い感じです。天気も最高なので贅沢は言えないのはわかっています。

 

4時間半かかって登りましたが、1時間で下山となりました。テレマークスキーブーツの蛇腹部分がそろそろやばくなてきました。買ってからもう12年以上になるのでそろそろ限界かなと思っていました。だましだまし使って来シーズン初め購入するか、それとも今購入するか?サイズも28.5と大きいので無い可能性も高く、板以上にブーツは悩ましい問題です。

 

今日のGPSトラックです。昨年、山スキー滑落死亡事故があったのは大戸沢岳の北東2.5キロ付近ということなので、1本北の尾根で起きた事故なのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

高陽山 2018年3月28日

今日、明日と2連休で天気も良さそうなので遠征することにしました。第一日目は西会津の高陽山です。家を5時40分に出発、すき家で朝食を取ったりしながら移動して、登山口の西会津町の中ノ沢集落に到着。集落の入り口に車を停めさせていただき、出発準備を整えたのが8時30分。それでは行ってきます!

 

標高は300Mほどなので天栄村の我が家と変わりませんが雪の量が違います。登山口の中ノ沢集落も既に誰も住んでいない家が目立ち寂しい限りです。集落からシール登行開始します。

 

砂防ダムの先に目指す高陽山が見えます。遠いなぁ・・・

 

細かな沢が入り組んでいてなかなかルート取りが難しいです。この陽気でスノーブリッジが崩壊するのも時間の問題だろうし、やはりベストシーズンは3月なのか・・・

 

春ですねぇ・・・ジャケットを脱いで標高を上げて行きます。

 

最高の春の山スキー日和・・・

 

標高950M付近で一部雪が途切れてしまう箇所がありました。

 

山頂付近一帯はブナの原生林でした。地味な山ですので1年に何人ここまで登ってくるのか・・・静かな山旅を満喫できることに感謝です。

 

あちこちで、雪が割れ初めていました。豪雪地域の春の風物詩ですね。

 

雲一つない快晴です。

 

やったー!山頂到着。標高差800M、3時間半で登ることができました。飯豊山の展望が素晴らしいです。

 

この景色の中、ランチタイムとは幸せです。

 

今日は気温が上がりすぎて雪が腐ってしまうような状態でした。そんなわけで滑りは楽しめませんでしたが、快晴、無風の高気圧ど真ん中の山スキーを堪能できました。山はやっぱり天気が良いのが一番ですね。

 

今日のGPSトラックです。

 


高陽山の動画です。

 

明日は新潟の浅草岳を目指す予定、この後、道の駅いりひろせで車中泊となりました。