ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


国内温泉

鹿狼山・羽黒山 2017年5月19日

昨日の田代島観光、かなり充実してました。あの後、石巻から女川と震災後の復興状況を見学して、結局は1泊目と同じ道の駅「上品の郷」で宿泊。連休3日目は福島へ戻ってうつくしま100名山のひとつ、鹿狼山へ。

 

鹿狼山は福島県と宮城県の県境に山頂があり、太平洋からも近く、初日の出を拝むポイントとしても有名です。何と山開きは元旦。日本で一番早い山開きの山としても知られています。東北の山というと、元旦だと雪が積もっているのでは?と思う人も居るかも知れませんが、鹿狼山は標高も430Mと低いし海沿いなので雪の心配はあまり無いようです。道がきれいに整備されており、ストレスなく登ることができます。体力づくりがてら登っているような地元の方もたくさんいるようで、平日というのに30人くらいハイカーに会いました。太平洋沿岸は人口が多いわりに、これという山が少ないので一見地味な鹿狼山のような山にもたくさんの人が訪れるのかもしれません。

 

1時間ほどの登りで山頂到着。太平洋と新地町、遠くは相馬市の方まで見渡せます。この展望の良さも鹿狼山の魅力なのかもしれません。

 

山頂にはベンチも整備されています。

 

太平洋とは逆の西側には、2日前に登ったばかりの蔵王連峰の展望がばっちり望めまました。

 

道が整備されている上、周遊コースになっていて至れり尽くせり。物足りない方は北への縦走ルートもあるようです。我が家からは遠い新地町と宮城県境の山ですが、満足度の高い山でした。機会があれば再訪したいおススメの山です。

 

鹿狼山は良い山でしたが山歩きにはちょっと物足りないので、もう一つ、近くの羽黒山へ行ってみることにしました。羽黒山もうつくしま100名山のひとつです。

 

この山はよくある地味系の低山のようです。道ははっきりしているものの、訪れる人はかなり少なそうです。

 

羽黒山というだけあって山頂には神社が祭られていました。

 

あっという間に登頂できてしまう地味山でした。

この後、相馬、南相馬、浪江、大熊、双葉、富岡、川内と原発被災地を久しぶりに訪れながら天栄村の我が家へ戻りました。腰のヘルニアの方も何とか少しづつ回復し、旅行やハイキングができるようになりました。このまま、順調に治っていって欲しいものです。今回はなかなか充実の3連休でした。

 

 

 

 

一切経山 2017年5月12日

ヘルニアを患って以降、公園のウォーキングや低山ハイキング中心にリハビリしていましたが、今日は天気も良いので久しぶりに高めの山に登って見ることにしました。目指すは、吾妻連峰の東に位置する標高1948Mの一切経山。とは言っても、磐梯吾妻スカイラインで標高を稼げるので初心者でも楽に登れる山です。

 

低山と違って標高の高い山へ行くときは、晴れや雨という天気の情報だけでなく風の情報が重要です。快晴でも山頂付近の風速が秒速30メートルではとても快適な登山はできないし、危険でもあります。最近はインターネットでそういった情報もすぐに手に入るのでありがたいです。今日の吾妻山は晴れで標高2000M付近の風は風速5Mとかなり穏やかな予報でした。

 

例年であれば山スキーで登る勝手知ったる斜面をトレッキングシューズで登って行きます。

 

奥に見えるのは吾妻小富士です。

 

酸ヶ平避難小屋。奥に見えるのは東吾妻山。

 

一切経山への登り、遠くに鎌沼も見えてきました。

 

ようやく一切経山の頂上へ到着。片道3キロ、風さえなければお気楽コースです。

 

山頂から見える魔女の瞳。現在、5月上旬。雪解けはどんどん進んでいました。ここまできて太陽が隠れてしまったのが残念。太陽が出ていればもっときれいな青色の瞳だったことでしょう。

 

昼食はカップ麺。タイの日清カップヌードル。味は好みでしたが、量が少ないのが残念。タイって1品の量が日本の2/3くらいなんですよね。そういえば、タイの人ってちょこちょこと少ない量を何度も食べている感じでした。日本人の私は2品くらい注文しないと一食分にならないなぁなんて思っていました。カップ麺もタイ人のニーズに合わせて少な目になってるんだと思います。

 

一切経山は下山したものの、ちょっと歩き足りない感じなので、吾妻小富士へも足をのばすことにします。

 

吾妻小富士のお釜の先に、さっき登った一切経山が望めます、けっこう歩いたなぁ・・・

 

今日も約9キロほど山道を歩き、良い汗が流せました。ちょっと腰が重い感じはあるものの、ヘルニアの痺れも痛みもなく快適な山行でした。

 

今日のGPSトラック。

 

下山後は野路温泉へ。硫化水素型の硫黄泉にゆっくりと浸かってから、須賀川のスーパーでカツオの刺身を買って帰宅。カツオで一杯やりながら今日の山行を振り返っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風呂山公園・矢祭山 2017年5月2日

いつもの年なら、春のザラメ雪を求めて山スキー真っ盛りの季節のはずですが、腰のヘルニアを発症してしまったので行くことができません。痛みは和らいで来ましたし、軽い山歩きはできるようになったものの、ときどきというか、特に朝方に足の脛あたりがビリビリ痺れるのが何とも不気味で不快であります。今日は仕事も休みなのでツツジ見物に福島県南部の塙・矢祭方面へ行ってみることにします。まず見えてきたのが塙町の風呂山公園。山肌一面ツツジが満開のようです。

 

なかなか見事なツツジです。遊歩道もあるので登ってみることにします。メタボな方々が息を切らして登っていますが、自分にとっては楽勝すぎる遊歩道。痺れる足を快調に運んであっという間に山頂です。

 

天気は五月晴れ!気分は足の痺れで曇り空くらいかな・・・

 

満開で本当にきれいでした。

 

山の上から塙町を見渡します。

 

塙町の風呂山公園のツツジ、なかなか見ごたえありましたね。次は更に隣町へ南下。茨城県境で福島南端に位置する矢祭町へ来ました。目の前にあるのが矢祭山です。

 

ここ。矢祭山もツツジで有名なんです。

 

接写してみました。

矢祭山公園まで行けば、山頂までのルートはすぐわかるだろうと思っていたのですが・・・

 

行けども行けども、山頂へ至る道が見つかりませんで、探鳥路という遊歩道を周遊する他なく下山しました。家へ帰ってから矢祭山についてちょっと調べてみました。登山道は一応この地図で緑色の旗を経由してあるようですが、踏み後も薄く、所々藪も濃く一般的ではないようです。いつかリベンジしてみたいと思います。

 

それにしても、今日は行楽のお客さんでいっぱいです。国道118号線もバイクでツーリングする人がたくさんいました。ゴールデンウィークなど味わったことのない私には羨ましいかぎりです。昼食は塙町の「きせん」というラーメン屋へ。白河と違って地味な塙ですから並ぶほどではありませんでしたが、流石の人気店ですので相席の満席でパンパン状態でした。

 

その後、須賀川のハローワークへ行って病気等が理由で離職した場合の制度について質問した後、須賀川市民温泉に浸かって帰宅しました。

 

 

 

福島花めぐり車中泊の旅 (その2・鳥屋山編) 2017年4月27日

車中泊の旅2日目。早起きして柳津町をぶらぶらと散歩してみます。まずは、只見川沿いを歩いて虚空蔵菩薩寺方面へ。何だか絵になる町だなと思っていたら、最近「ジヌよさらば」という映画の舞台にもなっていたみたいです。

 

ここが、虚空蔵菩薩寺。ちょうど桜が満開でした。

 

階段を登ってお寺へ行ってみましょう。

 

柳津町は赤べこ発祥の地だそうです。

 

1時間ほど散歩してからスーパーマーケットで268円の弁当を買って車の中で朝食とします。

 

その後は、つきみがおか町民センターで朝風呂に入ります。温泉からは丁度、満開の桜を眺めることができました。

 

温泉でまったりしてから、西会津の鳥屋山へハイキングに行くことにします。ヘルニアなので腰にコルセットをして登ります。痺れや痛みが増すようなら無理せず下山するつもりです。

 

登山道脇は一面カタクリの大群落。これほどたくさんのカタクリを一度に見たのは生まれてはじめてでした。

 

ショウジョウバカマも見ることができました。

 

今まっさかりのキクザキイチゲ。

 

つくしもたくさん生えてました。

 

標高が上がるにつれ、飯豊連峰の展望が開けて来ました。

 

2時間ほどの登りで山頂到着。往復で4時間約10キロほどのハイキング。もっとハードな登山ができるよう早く復帰したいのですが、ときどき足に痺れが来るので今はがまんです。

 

鳥屋山のGPSトラックです。

 

下山後、喜多方の沼の平地区へ。棚田の桜が満開でした。

 

喜多方市内へ行き、日中線の枝垂桜を見に行きました。ここも満開。

 

今日は喜多方で車中泊です。さて、明日はどこへ行こうかな・・・

 

 

 

 

 

 

福島花めぐり車中泊の旅 (その1・玉梨温泉編) 2017年4月26日

今日から3連休です。元々は鳥海山や月山へ山スキーに行こう思って希望休を出していたのですが、腰のヘルニアと分かった今はスキーへ行くというわけには行きません。かといってこの病気、痛みが引くまでは安静が必要ですが、痛みが引いて以降はストレッチや筋トレ、ウォーキングなどはむしろやった方が良いようです。今回は軽いハイキングを兼ねて花めぐりの車中泊旅に行ってみることにしました。

 

我が家を出発して甲子高原へ向かいます。会津へ抜けるトンネル手前にバスが停まっていました。撮影旅行のマイクロバスのようです。水芭蕉の群落がありました。

 

すぐ横の斜面にはカタクリがたくさん咲いていました。

 

水芭蕉、カタクリとくれば春の定番の花、キクザキイチゲですね。正に今が旬の花ですね。

 

天気はパッとしません。お昼になったので会津田島のリオンドールというスーパーマーケットでカップ麺と稲荷寿司を買って高野川の河川敷でお花見です。天気はどんより、明日へ期待します。

 

国道400号線を北上。昭和村を経由して会津金山町の玉梨温泉へ来ました。つげ義春の漫画に出て来そうな鄙びた温泉地ですが、半年前から「せせらぎ荘」という日帰り温泉施設がオープンしたそうで、行ってみます。

 

近代的な施設はあまり好まないのですが、ここ「せせらぎ荘」に関しては別かな・・・2種類のがっつり濃い、ぬる湯と適温湯に交互に浸かっていると本当に気持ちよく極楽気分になれました。福島温泉本で入浴料500円のところ半額で可。

 

玉梨温泉にゆったり浸かっているともう夕方。しかも、雨まで降ってきてしまいました。柳津町まで移動してスーパーマーケット「かねか」で買い出しをして「道の駅やないづ」で車中泊することにしました。

 

 

 

岩山・蝉山&芦ノ牧温泉&大内宿 2017年2月24日

昨日は今日より8度も高い気温で我が家付近でも暖かい春の雨が降って降りました。こうなるともう山の雪はほとんど全滅です。三寒四温と申しますが、今日から再び冬型の天気配置。福島近郊の山は全面モナカ雪となっていることが予想されます。

条件が最悪と言えども山へ行かないという選択肢は無し。ではでは、我が村とっておきの裏山ルートへでも行ってみますか、山を偵察した後は、さっさと下山して昼食と午後の温泉を楽しむプランで行きましょう!

 

蝉山を経て、岩山への登り。今日は西風が強いです。

 

風車の回る岩山山頂です。

 

送電線ルートを滑走しますが、悪雪に苦労させられました。良い練習にはなりました。前足後ろ足、前後に開き過ぎず、雪面からの圧力を両足裏で感じていれば何とか安定しているけど、荷重が前足だけ、後足だけになったとたんにオットットと不安定になることが改めてわかりました。パウダーばっかり滑ってると上達しないってことですかね・・・

 

半日コースなので11時には下山。さて、どうすっぺ?ということで、芦ノ牧温泉の牛乳屋食堂へGO!

 

手打ちラーメン、太すぎ!でもまぁこれがココの味。

 

芦ノ牧グランドホテルで日帰り入浴。ロビーには最新式のマッサージチェアーもあり大満足できました。

 

 

午後は江戸時代から続く宿場町、大内宿へ。

 

 

私たちには近所の地味な観光地という認識でしたが、最近は宿場町の風情やら、雪景色やらで、外国人にも人気みたいですね。

 

雪下ろしをしているおじさん発見。これは死人もでるわな、と納得。70歳越えたらやるべきではないと思ふ・・・

 

宿場町を高台から見たところ。
 

 

 

 
 
動画でもどうぞ・・・

 

 

 

 

にほんブログ村

 

 

吾妻連峰・家形山撤退(高湯ー慶応吾妻山荘分岐) 2017年2月20日

今日は「春二番?」の南風が吹いて山は大荒れだとか・・・気温もぐんぐん上がって雪崩も危ないらしい、さて、どうしたものかと思案して、ここにしました。吾妻連峰の家形山から高湯温泉へ伸びる尾根です。昔は吾妻スキー場から楽にアクセスできて山スキーのクラシックルートとしても有名でした。私たちも、もう20年近く前に来たことがあります。当時はスキー場もまだ営業していたのでアクセスも楽でしたが、今は高湯温泉から歩いて登るほかありません。車で高湯温泉を過ぎるとゲートで行き止まりになりました。そこに車を停めてスキーで登って行くことにします。今日はけんいちのソロ山行です。記憶では樹林帯のなだらかなルートだったはず、春二番の風が吹いても大丈夫でしょう、たぶん・・・

 

登りやすい斜面です。どんどん先へ進みます。

 

今のご時世ならば、看板をブナの幹に食い込ませるのはやまよう!みたいな声も上がりそうですが・・・何枚も食い込み看板があります。

 

賽の河原へ到着。この辺りはなだらか過ぎて帰りにスキーが滑るか心配でしたが・・・ゆるーい傾斜になっていて帰りも楽々でした。

 

井戸溝を越えます。雪が少ないと越えるのに苦労しそうですが、雪が多めで沢が埋まっていたので難なく通過していきます。

 

ニッポンビールがスポンサーの看板。今やそんなビールメーカー無いし・・・さすが山スキーのクラシックルート。歴史を感じますね。

 

雪が降っているんですが、赤いヤッケに触れると同時に溶けていきます。気温が高いんですね今日は。ちなみに、ヤッケとは昔の山用上着やスキーウエアのことを昭和40年ころ?呼んでいたのですが、要するに、英語で言うジャケットのドイツ語読みなだけです。やっぱり、ジャケットよりヤッケがいいね!

 

標高1560M地点。慶応吾妻山荘分岐です。標高差700Mを3時間で登って来ました。ここから先は傾斜も急峻になるし、天気も今ひとつなので撤退することにします。

 

このルート、帰りは主に直滑降です。オープンバーンでのターンを楽しむというより、地味に山旅を楽しむ感じ。私は最近こういうの大好きです。人が居なくて静かなのが良いんですね。登りルートから逸れて閉鎖された吾妻スキー場のゲレンデを下ってみました。リフト機材を撤去できないなら、初めからこんなもの作らなければ良いのに。

 

バニーハットという閉鎖スキー場の建物。ここから、車道、山道と経由して車を停めてあるところまでスキーで滑って降りました。

 

下山後は高湯温泉共同浴場「あったか湯」へ。

 

自分は露天風呂にはこだわらないたちで、どちらかといえば内湯の方が好きなんですが、ここは露天のみなんですよね。冬はあったまるまでが苦行です。

 

お昼を食べてなかったので福島市内でお気に入りのラーメン屋「和屋」さんへ。チャーシュー麺の大盛をいただきました。

 

今日は贅沢してはしご湯。帰りがけ、土湯温泉の共同湯「こけし湯」へ。ここも市営で250円と安いのに、湯の華舞うすばらしい源泉を味わうことができるんですよ。

 

今日のGPSトラックです。

 

 

にほんブログ村

 

 

 

 

 

北海道旅行3(千尺高地&豊平峡温泉) 2017年2月16日

北海道上陸3日目ですが、何と今日は3月下旬並みの気温とのことで福島では味わえないようなサラサラの雪を期待して飛んできた我々には残念な天気。今日のルートは豊羽鉱山から無意根山へと続くクラシックツアーコース。とは言っても、無意根山まで行くつもりはなく、千尺高地から先は状況が良ければ長尾山まで行きたいなという程度の曖昧な気持ち。

 

ツアー標識がでてきました。古くから山スキー屋に愛されている北海道の定番ルートをたどれるのは嬉しいです。札幌の時計台とか、小樽の運河へ観光へ行くのと同じような感覚でここに来ています。わぁ~、ここがあの有名な無意根山ツアーコースなのかぁみたいな感じ・・・

 

南風で気温が上がりすぎて雪はモッサモサ。天気もどんよりで条件は良くありません。気温と風とガスもその時々、これはこれでまぁいいかと思うほかないですね。

 

千尺高地へ近づくにつれ、ガスが濃くなってきました。

 

もう、何も見えません。今回はここまでとしましょう。

 

下山開始。千尺高地はモナカ雪でしたが、樹林帯に入るとモサモサ雪ですが曲がりやすくなっては来ました。

 

大分下ってきたところ。木にでっかい雪の塊がたくさんひっついていて面白いな。

 

今日のGPSトラックです。

 

動画です。

 


下山後は豊平峡温泉へgo!

 

名物のカレーをいただきます。

 

旨いです。

 

そんでもって、豊平峡温泉施設内にあるかまくら。でかいです。

 

 

 

にほんブログ村

 

 

 

 

北海道旅行2(塩谷丸山) 2017年2月15日

北海道上陸2日目。今回は札幌近郊で山スキーを楽しみたいということで調べておりましたところ、塩谷丸山がとってもよさ気なので行ってみることにします。登山基点はJR塩谷駅です。

 

しばらく、住宅街を歩いて行くことになります。

 

やがて、山道に入って行くのですが、やはり駐車禁止の看板が。このルート、やはり車は塩谷駅に置くのがマナーのようです。

 

林道のどん詰まりから標高を上げて行くと、眼下には日本海が見えて来ました。

 

標高は低いんですが、この日本離れした疎林感はさすが北海道。

 

約2時間ちょとの登高で標高629Mの塩谷丸山の山頂に到着。日本海がこんなに近い低山なのに藪山ではなくスキー向きな山なのに感動しました。やはり、本州とは植生が大分違うのですね。

 

このような、撃沈もありましたが、おおむね満足の行く滑降ができました。今シーズン一番気分よく滑れた山だったと思います。

 

詳しくは動画で、素晴らしい山の様子を見てください。

 

今日のGPSトラックです。

 

下山後は小樽の運河沿い倉庫街など観光してから定山渓の温泉宿へ戻りました。

 

 

 

にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

北海道旅行1(白井岳山麓) 2017年2月14日

長い旅から帰国して1年経過。仕事をして安定した暮らしも良いなと思いますがリフレッシュは大事、ということで、北海道へ4日間のスキー登山旅行へ行くことにしました。我が家から福島空港はすぐ近くなので楽々アクセス、駐車場も何日停めても無料というのもありがたいです。

 

ANAの早割75というやつで札幌まで片道、税込み6900円。荷物もスキーを含めて8個も預けて追加料金なしでありがたい。ザックに忍ばせていたチャッカマンは取り上げられてしまい残念でした。

 

1時間ほどで札幌到着。八甲田行くの考えたら楽々です。4日間で免責込6500円で借りたレンタカーに乗り換えまずはお昼の腹ごしらえ。

 

やっぱり、札幌と言えば味噌ラーメン!美味かったです。

 

もう3時ですが、ちょっと足慣らしを兼ねて白井岳の山麓をシール登高してみます。

 

札幌近郊というだけあって平日なのにすでにラッセルされていて楽に登ることができました。今日は30分ほど登ったところから滑走開始。

 

北海道にしては気温が高めな気がしますが、標高500Mでこのパウダーはさすがです。

 

じゃんじゃかと降っています。

 

動画です。

 

今日のGPSトラックです。

 

それでは、今日のお宿へ。定山渓ホテルです。ここに3泊することになります。安さ自慢じゃありませんが、ここもバイキング2食付きで本来8000円くらいするところ、早割とクーポン利用で1泊2食で税込み4800円、我々貧民にはありがたい価格です。

 

部屋ではWIFIも使えるし、トイレ洗面台もあるので衣類の洗濯もできます。ホテル内にコンビニもあるのでとっても便利、温泉もなかなか良いし、かなり快適です。

 

バイキングの夕食も種類豊富でなかなか。明日は晴れそうなので小樽近郊の山へ行く予定です。

 

 

 

にほんブログ村