ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


チリ3

ブエノスアイレスへ向けて北上 その1 2015年12月15日~17日

2015年12月15日

 

PC151067

朝7時にはリオグランデの野営地を出発。天気はあまり良くなく、ふリースの上にダウンジャケット、祖の上にバイクジャケットと着こんでもまだ寒いです。フエゴ島のチリ国境へ向かう途中、羊飼いの人とすれ違いました。

 

スムーズに国境越えをしてチリに入国してからは100キロ以上ダートが続きました。リアサスペンションがもう限界に近いため、時速40キロで進みました。セロソンブレロという町で給油しようとしましたが、ガソリンスタンドが閉まっていました。次の町リオ・ガジェゴスまで約170キロ。タンクはリザーブに入っていましたが予備タンクもあるし、まあ大丈夫だろうと思いそのまま10キロほど進んでから、ちょっと不安になってきました。何か声が聞こえたような気がします。妻の声なのか、自分の内側からの声なのかわかりませんが、「本当に大丈夫?」と。落ち着いて考えてみれば、まあ、大丈夫だろうってことは、ダメな可能性が無いわけじゃないよな、強風の向かい風になってガス欠なんてことにならないとも限らないよなと。ここは、引き返して、民家を訪ねて売ってもらうなどしてでも、ガソリンをもう少し補給しておくべきだと思い直しました。

 

PC151070

セロ・ソンブレロに戻って町の人に聞いてみると、ガソリンスタンドはあと15分後の午後1時からオープンするとのこと。1時オープン何て変だなぁと思いながら待っていると、本当に1時になったらおじさんが来て店をオープンしました。これで安心して次の町まで走れます。

 

PC151071

マゼラン海峡の一番狭い部分にはフェリーが行き来しています。これは無料で乗ることができました。

 

PC151082イルカでしょうか、又は小さめのクジラでしょうか。フェリーと伴走でもするかのように、回転したりジャンプしては遊びながら一緒に泳いでいる様子を見ることができました。

 

PC151084

再び国境です。今度はアルゼンチンに入国します。アルゼンチンはこれで4度目の入国です。

 

PC151086

今日はリ・オガジェゴスの10キロほど手前でキャンプです。運よく橋の下に良いスペースを見つけました。橋の下をバカにしては行けませんよ、橋の下ほど優れた野営地は無いのです。あの、弘法大師空海も橋の下で野宿しながら旅を続けていたと聞きます。

今日の走行距離450キロ、合計68892キロ。

 

アルゼンチンデータ

入国 無料
出国 無料

走行距離 772キロ
滞在日数 4日
通貨 1ペソ=8円
使ったお金 101ドル (一日平均25ドル)

 

チリデータ

入国 無料
出国 無料

走行距離 271キロ
滞在日数 半日
通貨 1ペソ=0,17円
使ったお金 10ドル

 

 

2015年12月16日

 

PC161088

朝6時半に出発。2550という数字はブエノスアイレスまでの距離数です。ウシュアイアからは3000キロ以上あったので、だいぶ北上してきました。

 

PC161090

出発して最初の200キロはどんよりした空模様でしたが、やがて快晴になりました。

 

PC161092

650キロほど走って、フィッツ・ロイ村の手前、道路脇の車道から見えにくいところでキャンプ。

 

PC161093

今日の夕食はステーキとトン汁ならぬ牛汁です。

 

今日の走行距離652キロ、合計69544キロ。

 

 

2015年12月17日

 

PC171097

昨日夜から降り出した雨は朝になっても止まないどころか、今日の夕方まで降り続きました。テントの下が水の流れ道になってしまい、テントの底に空いた小さな穴から水が浸入して、テントの中に水溜りができてしまいました。それどころか、テントの周辺一体がドロドロのぬかるみになってしまい、外へ出てもサンダルがドロドロになってしまう状態。無理にバイクで脱出しようとすれば、スタックしてしまいそうです。

 

PC171101

そんな天気でしたが、夕方には晴れてきました。地面はまだドロドロですが、明日になって水がはけてここから脱出できることを祈ります。

 

パタゴニア15

パタゴニア14

フィッツ・ロイ野営地までのルート。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村