ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


アルゼンチン4

イグアスの滝 その1(ブラジル側) 2016年1月19日~20日

2016年1月19日

 

P1191243

パラグアイを出国します。イミグレーションの出国スタンプは自分でもらいに行かなければもらえないようです。入国時、イミグレでバイクのナンバーのチェックがありましたが、出国時は何もないようです。ペルミソも無いので税関も寄らずに出国。アルゼンチン側ではイミグレでパスポートとバイクナンバーをチェックされ入国印をもらい、その後、税関でバイクのペルミソを作ってもらい手続き終了です。

 

P1191244

国道12号線をひたすら北上してプエルトイグアスへ向かいます。

 

P1201245

宿は1泊560ペソ(4500円)。クーラー付きのツインですがアルゼンチンはやっぱり高いですが、ここで2泊することにします。昼食・夕食ともにお金を節約するためスーパーで買出しして部屋で自炊しました。

 

今日の走行距離73868キロ、340キロ。

 

 

2016年1月20日

 

P1201248

今日は世界最大のイグアスの滝を見学します。イグアスの滝はブラジルとアルゼンチンにまたがっています。両国側から見ることができるのですが、まずはブラジル側から見に行きたいと思います。宿を8時前に出発。アルゼンチンをバイクで出国します。ペルミソの返却はせずにイミグレで出国スタンプをもらい、バイクのナンバーのチェックを受けましたが、待ち時間も少なくスムーズでした。ブラジル側では何の手続きも無く(日帰りの場合は必要なし)国境を素通りしてイグアスの滝入口へ着いたのは8時半、30分で着いてしまいました。駐車場は700円もするのでバイクがたくさん停まっているエリアに路駐しました。

 

P1201250

ブラジルのお金は持っていませんでしたが、入場券はアメリカドルでも買うことができました。54,3レアルでドル払いだと15,6ドル。お釣りはレアルでもらうことになります。

 

P1201251

入場するとまずは2階建てバスに乗車します。

 

P1203082

3つ目の停留所で降りて、滝を見ながら遊歩道を歩いていきます。南米ではマチュピチュ、ウユニ塩湖、ナスカの地上絵、ガラパゴス島、イーター島、パタゴニアとハイライトを巡って来ましたが、ここイグアスもそれらに匹敵する観光地です。写真に写っているのは全体の10分の1にもなりません。イグアスの滝がいかに巨大かが実感できます。

 

P1203106

遊歩道を進むうちに、滝の流れるドーッ!という音が大きくなり、風向きによって水しぶきが体にかかるようになってきました。カメラを濡らさないよう気を使って撮影しました。ブラジル側の特徴はイグアスの滝全体が見渡せることだそうで、世界一というのを実感することができました。午後は悪魔ののど笛というイグアスで最も迫力のある滝つぼを見るためにアルゼンチン側へ移動します。

 

P1201275

再びブラジルからアルゼンチンへ戻って来ました。プエルトイグアスの町中にあるファストフード店で昼食。サンドイッチ・デ・ロミート(肉のサンドイッチ)飲み物込で73ペソ(600円)。

 

午後はアルゼンチン側のイグアスの滝へ向かいます。

 

 

パラグアイ3

プエルトイグアスへのルート。

 

 

パラグアイデータ

入国 無料
出国 無料

走行距離 90キロ
滞在日数 2日
通貨 1グアラニー=0,2円
使ったお金 84ドル(ブラジルビザ28ドルを除いた1日平均28ドル)

宿 シングル 50000グアラニー~80000グアラニー(1000円~1600円)
食事 アサド 20000グアラニー(400円)
ガソリン 1リッター100円

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

 

 

パラグアイのエンカルナシオンへ 2016年1月16日~18日

2016年1月16日

 

P1161219

ホテルは朝食付きでしたが、アルゼンチンの朝食は甘い菓子パンとコーヒーというパターン。日本人には今一つピンと来ないメニューであります。8時半ころ出発してひたすら14号線を北上します。土曜日のためか家族連れが多く、ガソリンスタンドが混んでいました。日中は暑さとの戦いです。天気予報でも連日37度の表示が出ています。町と町の間もかなり離れていて昼食も食べはぐれてしまいました。

 

P1161221

夕方、サント・トメという町でホテルを探すものの2軒立て続けに満室で断られました。先へ進んでビラソロの郊外でキャンプすることにします。どうせ、雨など降らない毎日が灼熱地獄。テントのフライシートも張らずに夕暮れを迎えました。シャワーも浴びれず汗だくで気持ち悪いですが、夜はホタルが舞っていて、テントの回りがキラキラ光っていたのには感動しました。

 

今日の走行距離681キロ、合計73341キロ。

 

 

2016年1月17日

 

P1171222

7時前には出発。パラグアイとの国境の町ポサダスへ向かいます。今日はパラグアイのエンカルナシオンまで行き、明日月曜日にブラジル領事館でビザの申請をするつもりです。バイクの旅はパラグアイで終えるつもりですが、南米最後はブラジルサンパウロから飛行機で飛ぶつもりなので、ブラジルビザが必要なのです。

 

P1171223

アルゼンチン側国境施設で、アルゼンチン出国スタンプとパラグアイ入国スタンプをパスパートに押してもらい、アルゼンチンのペルミソを返却。その後、橋を渡ってパラグアイ側へ行くと、イミグレで再び車両のチェックがありパスポートとバイクの登録証を提示。パソコンに打ち込んでいました。どうやら、車両で入国する場合は最初のイミグレには行く必要はなかったみたいです。そのまま流れに乗って行くと、税関も寄らずにパラグアイへ入国してしまいました。したがって、ペルミソは作っていません。

 

P1171224

ブラジル領事館からも近い安宿に落ち着きました。1泊50000グアラニー(1000円)と安いのは良いですが、つながると言っていたwifiはつながらず。

 

P1171226

物価の安いパラグアイへ来たので、アルゼンチンでは我慢していた外食も余裕でできちゃいます。3種類の焼肉セットにサラダ、パン、マンジョッカ芋で20000グアラニー(400円)。ビールが1リットル12000グアラニー(240円)。お昼から豪勢にやってしまいましょう。日中は37度もあるので町を散策することもできませんので昼寝することにします。

 

P1171229

夕方になってやっと外を歩けるような気温になってきました。

 

今日の走行距離117キロ、合計73458キロ。

 

 

2016年1月18日

 

P1181230

朝8時から早速ブラジルビザの申請に向かいます。必要なものは、事前にブラジル大使館ホームページのビザ申請フォームに必要事項を記載してプリントアウトした書類に顔写真を貼ったもの、それとクレジットカードのみです。行くとすぐに受理され、同日11時に発行さ言われました。

 

P1181235

11時まで時間があるので、30キロほど離れたトリニダー遺跡へ向かうことにしました。映画「ザ・ミッション」はイグアスの滝上部のグアラニー族に宣教活動をした記録を元に作られたそうです(私はまだ観たことはないのですが)。その、宣教の拠点となった教会やグアラニー族の住居が世界遺産となっています。1700年代に建てられたので、遺跡というにはまだ新しいですが、細かな模様も残っていてなかなか見ごたえがありました。ただ、炎天下なので、歩いて回るのはちょっと辛かったです。

領事館へ行って見ると、90日マルチプルエントリーのブラジルビザが発行されていました。値段は162500グアラニー(28ドル)です。

これから次の目的地イグアスの滝へ向かうこともできますが、もう暑い時間になって来たし、昨日インターネットにつなげなかったので今日はエンカルナシオンの別の宿でもう1泊して、明日朝早く涼しい内にスタートすることにしました。

 

 

P1181242

今日はwifiのつながる宿へ引っ越し。1泊80000グアラニー(1600円)。ブエノスで会った日本人ライダー松江さんもたまたまエンカルナシオンへ来ていることがSNSでわかり一緒に夕食を食べました。松江さんも同じ国境を越えてパラグアイへ入国しましたが、自ら税関に出向いてペルミソを作ってもらったそうです。ペルミソを作っても、作らなくてもバイクで入国できちゃうあたり、パラグアイ、かなり好感が持てます。明日は私はアルゼンチンへ戻りますが、たぶん、出るときも問題ないでしょう。松江さんは、パラグアイを縦断してブラジルへ向かうそうです。互い今後の旅の安全を願って別れました。

 

今日の走行距離70キロ、合計73528キロ。

 

パラグアイ2

エンカルナシオンまでのルート。

 

 

アルゼンチンデータ

入国 無料
出国 無料

走行距離 935キロ
滞在日数 2日
通貨 1ペソ=8円
使ったお金 79ドル (一日平均40ドル)

宿 ホテル1泊400ペソ(3200円)

 

 

ウルグアイへ向けて旅を再開 2016年1月14日~15日

2016年1月14日

 

P1141201

ブエノスアイレスを出発する日が来ました。昨年のクリスマス前、ガタガタのリアサスペンションで到着。一時はどうなる事かと心配でなりませんでしたが、修理完了して24泊したブエノスアイレスを後にします。日本旅館には本当にお世話になりました。先の見えないトラブルで落ち込みそうになりましたが、日本旅館と、宿に滞在する旅人たちのおかげで元気が出て、この試練に耐えることができたように思います。日本旅館にはカナダ以来2人目の日本人ライダーにも会いました。彼はコロンビアでインドメーカーのバイクを買いウシュアイアまで南下した後ブエノスアイレスまで登って来ました。この後、リオのカーニバルを見に行くそうです。写真はウルグアイ川を渡るところ、これからウルグアイへ向けて走っていくところです。

 

P1141202

ウルグアイ川を渡ると、両国の国境施設が見えてきました。

手続きは、いたって簡単。イミグレスタンプをもらった後、アルゼンチンの税関でペルミソ返却、ウルグアイの税関でペルミソを作ってもらい終了。

 

 

アルゼンチンデータ

入国 無料
出国 無料

走行距離 3218キロ
滞在日数 30日
通貨 1ペソ=8円
使ったお金 923ドル (サスペンション修理代330ドルを除くと、一日平均20ドル)

宿 ホテル1泊370ペソ(3000円)、ドミトリー9ドル(1000円)

 

 

P1141203

ウルグアイに入国しました。久々の初めての国、これで訪問国は115か国目です。どんな国なのか楽しみです。久しぶりにバイクで走る喜びをかみしめています。いつも条件が良いとは限りません、この時期のウルグアイは30度以上の猛暑、熱風の中のツーリングは快適とは言えませんが、それでも、ただバイクにまたがって、あの丘を越えるとどんな景色があるのかなと想像しながら、初めての道を走るだけで楽しいんです。トラブルのおかげでツーリングの原点を思い出せたような気がします。

 

P1141204

メルセデスの町が見えてきました。アルゼンチンよりもどこかのんびりした雰囲気が漂っているように思います。

 

P1141205

ドローレスという町の川沿いに無料のキャンプ場を見つけたので、町まで食料の買い出しに来ました。これは町の中心にあるカテドラルです。

 

P1141209

とても暑いのですが、木陰が多いので助かります。午後6時を過ぎるとテントの中に入れるくらいの気温になってきました。

 

P1141207

今日の夕食はパスタ。暑いので冷たいビールで流し込みます。夜は裸で寝ても暑いくらいでした。キャンプもこう暑くてはもう限界かもしれません。

 

今日の走行距離370キロ、合計72106キロ。

 

 

2016年1月15日

 

P1151213

田舎道を抜けてコロニアの町までやって来ました。植民地時代の建物が数多く残る観光地で世界遺産にも登録されています。朝早かったせいかまだ人が少なくて、じっくり観光することができました。

 

P1153039

とにかく、メキシコ以降の中南米はコロニアルのオンパレード、1年も見続けていると飽きもきますが、雰囲気があるのは確かです。日本でいうと小京都を歩くような感覚なのでしょう。

 

P1153052

このクラシックカーは完全にオブジェですが、ウルグアイは古い車が目につくのは確かです。車だけでなく、全体的にノスタルジーを感じるんですよね。田舎町を眺めてみるとどこか東欧っぽい雰囲気を感じるのは私だけでしょうか。

 

P1153055

旧市街の灯台。

 

P1153058

日陰で休んでいるワンコ。

 

P1151215

来た時とは別の道を通って、アルゼンチン国境へ。ウルグアイはガソリン代も1リッター160円とアルゼンチンの1,5倍するし、スーパーマーケットの値段もやはり高いです。コロニアに満足したので、物価の安いアルゼンチンへ戻ってからパラグアイを目指すことにしました。

 

 

ウルグアイデータ

入国 無料
出国 無料

走行距離 486キロ
滞在日数 1日
通貨 1ペソ=4円
使ったお金 30ドル

宿 キャンプ場 無料

ガソリン 1リッター160円

 

P1151218

アルゼンチンに戻ってからは14号線を北上します。今日はコロンという町のビエッハ・カジェーラ・ホテルに泊まることにします。1泊400ペソ(3200円)、朝食付き。

 

今日の走行距離554キロ、合計72660キロ。

 

パラグアイ1

コロンまでのルート

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

 

 

先の見えない年末年始 その2 2016年1月1日~11日

2016年元旦

P1011164▲正月はおせち料理とお雑煮で

あけましておめでとうございます。おせち料理、お雑煮まで出て来るとは、日本旅館最高です。バイクの件で気分的にはすっきりしない年明けですが、日本旅館のおかげで元気をいただけます。まさに、南米のオアシス。トラブルにあっているときには、ありがたさが身に沁みます。

 

 

2016年1月2日

PC293006▲肉の焼ける良い臭いがするアサド屋さんの前で昼寝

正月休みなので町は静か、日本旅館から出発した旅行者が強盗にあって戻ってきました。日曜日や祝日は強盗に合う危険が高まるとは聞いていましたが、ブエノスアイレスほど強盗の話を頻繁に聞く町は今までありませんでした。コロンビアもペルーも、ブエノスアイレスに比べれば平和なように思われます。意味のないぶらぶら歩きはなるべく避けるようにし、カメラなども必要なとき以外は持ち歩かないよう気を付けなければと思いました。

 

 

2016年1月3日

昼はサンドイッチ、夕食はカレー。明日はバイク屋へ行こうと思います。インターネットでブエノスアイレスのバイク屋がどこにあるのか調べましたが、大きなヤマハショップ以外は見つかりませんでした。日本旅館の情報ノートには、先人たちの残した細かいバイク屋情報があり助かりました。ブエノスアイレスの北側のリベルタドール通り(Av. del Libertador)にはバイク街があるようなのでまずはそちらをあたってみようと思います。

 

 

2016年1月4日

P1041181

▲リベルタドール通りのバイク屋

バイクでリベルタドール通りを目指します。信号待ちで、地元の人がひったくりにあっているところに遭遇。南米では通行人は、仕返しが怖いので見て見ぬふりと聞いていましたが、通行人に捕まり10人くらいに囲まれ、たまたま走ってきたパトカーに連行されていきました。この間わずか30秒、やっぱり犯罪は多いみたいです。

バイク屋街に着き、YAMAHAの看板を出しているバイク屋へ行って サスペンションの交換、又は修理は可能か聞いてみると、パーツは取り寄せられるとのこと。値段は工賃込みで9000ペソ(72000円)。お金はかかるけどこれでまた、旅行を再開できると喜んで日本旅館へ戻りました。

夕方、バイク屋から電話。今度はさっきの話と一転、パーツはアルゼンチンでは手に入らないとのこと。しかし、修理なら可能ではないかとの返事。修理代金や修理完了日を聞くと追って連絡するということでした。しばらく待つと電話があり、修理代金は4500ペソ、何だか当てにならない気もしますが、今はその言葉にかけるほかありません。1月8日の金曜日にはできるだろうということでお願いすることにしました。

 

 

2016年1月5日

P1011169

▲ブエノスアイレスの納豆

修理をお願いしたものの、いつ、やっぱり修理は不可能でしたと電話がかかって来るのではないかと心配でした。南米では口約束はあてになりません。修理完了した実物を手にするまでは疑ってかかった方が良いでしょう。チリのプエルトモンでチェーンが予定日に届かなかったこと、MSRが新品なのに不良部品が入っていたことなどを思い出します。

今日はカサ・ハポネサで納豆5パック、長ネギを購入。

 

 

2016年1月6日

バイク屋から電話がかかってこないので、修理が上手くいっているのかもしれないと期待してしまいます。もしだめだったら、弁護士を通じて廃車手続きすることも考えました。日本からは法律上送れない、アルゼンチンでパーツは手に入らない、修理も不可能となれば、弁護士を通じて税関に掛け合い廃車手続きができるのではないかと。

20世紀少年、読み始めました。映画は見たことがあるのですが原作は初めてです。映画とちょっと内容が違う部分はありますが、ストーリーが凝っていてさすが大ヒットした作品だなぁと思いました。

 

 

2016年1月7日

今日は手巻き寿司パーティー。日本旅館は旅行者を楽しませるために、時々パーティーをやってくれるのが有難いです。サーモン、エビ、イカ、卵焼き、アボガドなどが主な具材。海苔も酢飯も久しぶり、美味しくいただきました。

 

 

2016年1月8日

PC281150

▲日本旅館周辺の街角

今日はバイクの修理完了予定日です。いつ電話が来るかと夕方まで待ってみましたが、連絡が来ないのでメールしてみると、電話がかかってきました。もう修理は完了したとのことです。助かった!と思いました。これでパラグアイまで走れる。返金分をアルゼンチンペソでなら今日払えるけど、ドルなら月曜日の3時に来てほしいと言われました。返金分はドルでほしかったし、ここまで来て慌てることもないので1月11日月曜日に向かうことを伝えました。

 

 

2016年1月9日

スーパーへ買い物。まだ、バイクは受け取っていませんが、ようやく、ブエノスアイレスを出発できそうだと思うと、気分も軽くなってきました。長いトンネルの先に光が見えてきた感じです。心なしか、街の風景も明るいように感じます。

 

 

2016年1月10日

今日は、再びアサドパーティー。前回はご飯を食べ過ぎ、最後のころお腹いっぱいになってしまい、肉を残してしまったので、今回はペース配分に気を付けました。アルゼンチンの肉はやっぱり最高に美味しいです。

 

 

2016年1月11日

P1111182

バイク屋へ行って見ると、無事に修理完了していました。サスペンションをばらしてオイルとガスを注入したわけではなく、バネや接合部など外枠はそのままに、中のダンパー部分だけ交換したようです。これでまた3万キロくらいは平気で走れるのではないかと思います。再出発できるようになって良かったです。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

先の見えない年末年始 その1 2015年12月22日~31日

2015年12月22日

PC221126

▲日本旅館の本、漫画コーナー

アルゼンチンの税関では国内での廃車はできないと言われてしまいました。何としても国外に出さなければならなくなりました。パラグアイの友人に訊ねると、パラグアイでバイクを手放す旅行者は多いとのこと。今の私にはありがたい情報です。今日はたまっていたブログアップなどをして過ごしました。

 

 

2015年12月23日

PC281146

▲ブエノスアイレスの犬の散歩屋さん

バイクの事で悩んでいます。リアのサスペンションがガタガタになってしまいましたが、ウシュアイアから3000キロ走って何とかブエノスアイレスまでたどり着きました。しかし、目指すパラグアイまではまだ1500キロ以上あります。そんなに走れるのか不安です。路上で走行不能になってしまったらどうしよう、やはりきちんと直してから出発するべきなのか。

 

 

2015年12月24日

PC241129

PC241132

▲日本旅館のクリスマスパーティー

夜中に悩んで寝不足気味です。やはり、不安を残したままの出発はやめた方が良い、きちんとここブエノスアイレスでバイクを走れる状態にしなくてはと思い直しました。そして、日本で私のバイクの旅をサポートしてくれているペンションひみつ基地に連絡を取りました。私は、新品のサスペンションを送ってもらうつもりで相談しましたが、我が家には妻のぽこゆうこが乗っているヤマハセローが1台あります。私がこちらで旅行に使っているXT250と同じ構造なので、そこからサスペンションを外してブエノスアイレスへ送るのが一番早いのではないかと言われ、妻にも相談しました。

夜は、日本旅館でクリスマスパーティーでした。

 

 

2015年12月25日

PC251137

▲日本旅館の中庭

ぽこゆうこが我が家のワンボックスカーにセローを積んで、ペンションひみつ基地まで運び、ひみつ基地でセローのサスペンションを外して郵便局のEMSで送ってもらえることになりました。

荷物を受け取るには、ここ日本旅館は最適です。便利な立地にあって共同キッチンもあります。安く滞在できるだけでなく、NHKの衛星テレビも見れるし、日本語の本や漫画がたくさんあるので退屈もしません。オーナーも客も全て日本人なので話し相手にも事欠かないし、安心して快適に過ごすことができます。

 

 

2015年12月26日

PC271142

▲アルゼンチンは夏真っ盛り。日本旅館でかき氷

年末の忙しい中、ぽこゆうこにはバイクを運んでもらい、ペンションひみつ基地にはサスペンションを外して郵送するという面倒な仕事をお願いして申し訳なかったです。

 

 

2015年12月27日

PC271139

▲ブエノスアイレスの日曜市、歩行者天国になっていました

パラグアイで大洪水のニュース、友人に連絡すると無事だったようでひと安心。

 

 

2015年12月28日

PC221125

▲日本旅館で自炊、アルゼンチンといえばステーキです

ひみつ基地から、サスペンションを送ってくれたと連絡が来ました。ブエノスアイレス到着は1週間後くらいでしょうか。

ブエノスアイレスでは納豆が買えるらしいです。日本旅館からは歩いて30分ほどかかりますが、カサ・ハポネサという日本食材店で買って来ました。現地の日系人の方が作っているそうです。ペルー以来の納豆に大感動でした。糸の引き具合や粒の大きさも申し分のないクオリティーでした。100グラムで250ペソ(200円)という値段も庶民的で嬉しいです。

 

 

2015年12月29日

PC291157

▲日本旅館のアサドパーティー

 

PC293007

▲カミニート

 

PC293023

▲世界で2番目に美しい本屋さん

ブエノスアイレスに着いた頃は、バイクをどうするか先行きが見えず、観光する気にもなりませんでしたが、サスペンション発送の知らせを受けて安心したので、今日は観光へ行って見ることにします。

ブエノスアイレスと言えばここというカミニート。アルゼンチンタンゴ発祥のボカ地区にあるカラフルな家の並ぶ通りです。小さな一角ですぐに見終わってしまいました。

その後は世界で2番目に美しいと言われている本屋さん。元々劇場だったところを本屋に改装したそうです。

夕食は、日本旅館主催のアサドパーティー。アルゼンチン風バーベキューです。アルゼンチンでは週に1回はアサドをやるというほどポピュラーな食事のようです。肉の様々な部位を焼いて順々に食べていくスタイルです。

 

 

2015年12月30日

床屋さんで散髪。ペルーで切って以来4か月ぶり。前回は刈り上げにされてしまったので、今回はパスポートの顔写真を見せてこんな感じでお願いしますと頼んだところ無難に切ってもらえました。

送ってもらったサスペンションはEMSなので、荷物の行方を追跡調査することができます。チェックしてみると、何と東京税関から差出人へ返送となっていました。何かの間違いなら良いのですが...

 

 

2015年12月31日

PC311161

▲紅白歌合戦を見ながら大みそかパーティー

ペンションひみつ基地に連絡をとってみると、高圧のガスが入っているのでサスペンションは海外へは送れないと郵便局から送り返されたということです。もう、がっかりです。振り出しにもどってしまいました。年末の忙しい中動き回ってくれた妻やひみつ基地にも申し訳ない気持ちです。

さあ、これからどうするか。こちらでパーツを探すか、修理できるところをさがすか、又は日本へ持って帰ろうか。いずれにしても、今は正月休みなので1月4日以降じゃないとバイク屋もオープンしません。

日本旅館は年越しパーティー、豪華な居酒屋メニューを食べながら紅白歌合戦を見て、年越しそばを食べて、日本に居るのと変わらない充実したおおみそかを過ごすことができました。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

 

ブエノスアイレスへ向けて北上 その2 2015年12月18日~21日

2015年12月18日

 

PC181102

悪天候のためテントの中で2泊停滞したフィッツロイ野営地。今日は天気が回復したので出発できそうです。テントがずぶ濡れなのである程度乾かしてから出発することにします。パタゴニアではもう何度か停滞を経験しました。天気が良い時になるべく長距離を進んでおかなければと思います。

 

PC181104

カレタ・オリビアから先は海沿いの気分の良いルートを走ります。心配していたリア・サスペンションですが、ここへ来て状況はさらに悪くなり、ほんの小さなギャップでもガツンガツンとサスペンションが底まで付いてしまうようになりました。何とか少なくともブエノスアイレスまでは持ちこたえてくれと、祈るような気持ちで走り続けました。

 

PC181106

今日のお昼はサンドイッチです。

 

PC181111

ウシュアイアから1500キロほど北上してきましたが、景色はほとんど変わりません。しいて言えばウシュアイアでは10くらいの短い草が茂っていたのが、30センチくらいに長くなったくらいでしょうか。今日はテレレウの30キロ手前でキャンプします。ゴミが散乱しているのは気になりますが、地面もしっかり締まっているし、道路から一段低くなっているので風も防げる良い野営地でした。

 

今日の走行距離542キロ、合計70086キロ。

 

 

2015年12月19日

 

PC191112

今日も晴れて良かった。毎日朝起きた後、空を見るときが一番ドキドキします。これから進む北の方角の天気が良いとほっとします。

 

PC191113

町と町は数百キロも離れていて、変わり映えのしない真平な風景の中の一本道を延々と進んで行きます。その間人の気配は全くありません。今日は、木と言ってよいのか分かりませんが、枝のある植物が密生しているのが見られるようになってきました。変化と言えばそんなところです。それと、北上するにつれて確実に気温が上がってきており、パタゴニア南部では手放すことができなかった冬山用のオーバーミトン(スキーグローブのような物です)では暑く感じられるようになってきました。

 

PC191116

アルゼンチンまで1000キロを切ったあたりからは、道沿いに人家も見られるようになってきました。農業を営んでいる様子も見られるようになり、緑も多くなってきました。2000キロ走ってようやく風景に変化が見られるようになってきました。ここ数日でアルゼンチンのとてつもない広さを実感しました。バイクで旅行するなら、北海道くらいの景色の変化と町と町の距離が理想的だなぁと思いました。

 

PC191118

今日はビジャロンガ近郊でキャンプです。虫が多くて参りました。久しぶりに蚊取り線香役に立ちました。

 

今日の走行距離682キロ、合計70768キロ。

 

 

2015年12月20日

 

PC201121

今日も6時過ぎには出発。天気が崩れる前に進めるだけ進んでおきたいです。昨日までガソリン1リッター10ペソ(80円)くらいだったのに、15ペソ(120円)になっています。一斉値上げかと思ったら、パタゴニアはガソリンの税金が安く設定されているから値段が違うのだそうです。バイアブランカを過ぎたあたり、アクセルのスロットルを戻すと、リア・サスペンションが更に沈み、連結部品が後ろの泥除けを押してタイヤと接触するまでになってしまいました。もう完全に沈み切ってしまっています。このまま乗るのは限界かもしれません。

 

PC201123

ブエノスアイレスまではあと300キロ。キャンプ地を探すのも相当難しくなってきたので、今日はアスールという町でホテルに泊まることにしました。ホットシャワーを浴びるのも、wifiにつなぐのも10日振りです。

 

PC201124

1泊370ペソ(3000円)で朝食付きの快適な宿でした。

インターネットで調べもの。ブエノスアイレスでは日本旅館という宿の中庭にバイクが停められるそうで、早速予約をいれました。それから、私も聞いたことのあるホルヘの家が、ここアズールの町にあることがわかりました。世界中からライダーが来る有名な場所でテントで宿泊もできるようです。知っていれば、そちらに行っていたのですが、明日からの宿泊はもう日本旅館に予約してしまいました。それよりも何よりも、バイクの問題が解決していないので心の余裕も無い状態です。税関に質問したいことがあるので、明日はまずブエノスアイレス国際空港の税関へ行って見ることにします。

 

今日の走行距離580キロ、合計71348キロ。

 

 

2015年12月21日

 

PC210001

ホルヘのところに寄ってみたかったけど、今一番気になるのはバイクをどうすべきかということ。市内へ入れば道路のギャップも多いのでサスペンションを更に傷付けて、それこそ、走行不能になってしまうのも心配です。ブエノスアイレスへ向けて進むことにします。だんだん交通量も増えてきました。

 

PC210002

ブエノスアイレス国際空港の税関事務所へ行ってみました。私が質問したかったのは、バイクが故障してしまったので、廃車にしてペルミソを返却できないかというものでした。しかし、答えは私の予想していなかった厳しいものでした。アルゼンチンでは外国の車両を廃車にすることはできない、修理するか、または、たとえ、壊れたままであろうと、ペルミソ有効期限中に国外へ出国させなければならない、というものでした。やはり、パラグアイまで行って何とかするより方法はないのでしょうか。

 

PC210003

GPSを頼りにブエノスアイレスの大都会真っただ中にある日本旅館に到着。中庭にバイク置かせてもらえるし、キッチンもあり、本や漫画もたくさんあります。ここなら、長居できそうです。バイクの件もあり、ブエノスアイレスを旅の終点にすることはできなくなりました。かといって、これ以上このままの状態で走るのは危険です。日本からサスペンションを送ってもらい、パーツを交換してから再出発するつもりです。なので、クリスマスと年越しは、ここ、日本旅館で迎えることになります。

 

今日の走行距離339キロ、合計71687キロ。

 

 

ブエノスアイレス1

パタゴニア16

ブエノスアイレスまでのルート。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

 

 

ブエノスアイレスへ向けて北上 その1 2015年12月15日~17日

2015年12月15日

 

PC151067

朝7時にはリオグランデの野営地を出発。天気はあまり良くなく、ふリースの上にダウンジャケット、祖の上にバイクジャケットと着こんでもまだ寒いです。フエゴ島のチリ国境へ向かう途中、羊飼いの人とすれ違いました。

 

スムーズに国境越えをしてチリに入国してからは100キロ以上ダートが続きました。リアサスペンションがもう限界に近いため、時速40キロで進みました。セロソンブレロという町で給油しようとしましたが、ガソリンスタンドが閉まっていました。次の町リオ・ガジェゴスまで約170キロ。タンクはリザーブに入っていましたが予備タンクもあるし、まあ大丈夫だろうと思いそのまま10キロほど進んでから、ちょっと不安になってきました。何か声が聞こえたような気がします。妻の声なのか、自分の内側からの声なのかわかりませんが、「本当に大丈夫?」と。落ち着いて考えてみれば、まあ、大丈夫だろうってことは、ダメな可能性が無いわけじゃないよな、強風の向かい風になってガス欠なんてことにならないとも限らないよなと。ここは、引き返して、民家を訪ねて売ってもらうなどしてでも、ガソリンをもう少し補給しておくべきだと思い直しました。

 

PC151070

セロ・ソンブレロに戻って町の人に聞いてみると、ガソリンスタンドはあと15分後の午後1時からオープンするとのこと。1時オープン何て変だなぁと思いながら待っていると、本当に1時になったらおじさんが来て店をオープンしました。これで安心して次の町まで走れます。

 

PC151071

マゼラン海峡の一番狭い部分にはフェリーが行き来しています。これは無料で乗ることができました。

 

PC151082イルカでしょうか、又は小さめのクジラでしょうか。フェリーと伴走でもするかのように、回転したりジャンプしては遊びながら一緒に泳いでいる様子を見ることができました。

 

PC151084

再び国境です。今度はアルゼンチンに入国します。アルゼンチンはこれで4度目の入国です。

 

PC151086

今日はリ・オガジェゴスの10キロほど手前でキャンプです。運よく橋の下に良いスペースを見つけました。橋の下をバカにしては行けませんよ、橋の下ほど優れた野営地は無いのです。あの、弘法大師空海も橋の下で野宿しながら旅を続けていたと聞きます。

今日の走行距離450キロ、合計68892キロ。

 

アルゼンチンデータ

入国 無料
出国 無料

走行距離 772キロ
滞在日数 4日
通貨 1ペソ=8円
使ったお金 101ドル (一日平均25ドル)

 

チリデータ

入国 無料
出国 無料

走行距離 271キロ
滞在日数 半日
通貨 1ペソ=0,17円
使ったお金 10ドル

 

 

2015年12月16日

 

PC161088

朝6時半に出発。2550という数字はブエノスアイレスまでの距離数です。ウシュアイアからは3000キロ以上あったので、だいぶ北上してきました。

 

PC161090

出発して最初の200キロはどんよりした空模様でしたが、やがて快晴になりました。

 

PC161092

650キロほど走って、フィッツ・ロイ村の手前、道路脇の車道から見えにくいところでキャンプ。

 

PC161093

今日の夕食はステーキとトン汁ならぬ牛汁です。

 

今日の走行距離652キロ、合計69544キロ。

 

 

2015年12月17日

 

PC171097

昨日夜から降り出した雨は朝になっても止まないどころか、今日の夕方まで降り続きました。テントの下が水の流れ道になってしまい、テントの底に空いた小さな穴から水が浸入して、テントの中に水溜りができてしまいました。それどころか、テントの周辺一体がドロドロのぬかるみになってしまい、外へ出てもサンダルがドロドロになってしまう状態。無理にバイクで脱出しようとすれば、スタックしてしまいそうです。

 

PC171101

そんな天気でしたが、夕方には晴れてきました。地面はまだドロドロですが、明日になって水がはけてここから脱出できることを祈ります。

 

パタゴニア15

パタゴニア14

フィッツ・ロイ野営地までのルート。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村