ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


チリ

イースター島へ 2015年10月27日~11月6日

イースター島

サンペドロ・デ・アタカマで、まさかのバイクトラブルでへこみました。バイク屋は無いからエンジンが急に止まってしまう状態のはっきりとした原因はつかめないものの、タンクの下に取り付けてある燃料ポンプの不具合が怪しい、ということで日本から送ってもらうことになりましたが。10日から2週間もこの辺鄙な町で待っているのもなんなので、イースター島へ行って見ることにしました。我ながら、グッドアイディア!

インターネットでイースター島へのフライトを探します。日によって値段がまちまちです。比較的安く現地での滞在日数も丁度良い10月31日サンチャゴ発、11月5日サンチャゴ戻りの便を予約しました。値段は7万7千円。

同じチリ国内ではありますが、サンペドロからはかなり遠いです。サンペドロからサンチャゴまでは1700キロ、バスで23時間の道のり。サンチャゴからイースター島へは3700キロ、飛行機で5時間かかります。

 

PA271812

10月27日、チリでは大手のTURバスでサンチャゴへ向かいました。23時間のバス旅行ということで少々うんざりした気持ちでの乗車でしたが、シートも広々しているしリクライニングもバッチリ、トイレも付いているので快適な移動でした。料金は40500ペソ(6900円)。南米らしくなく時間も正確でした。さすが南米の先進国チリ。

 

PA291825

サンチャゴでは、キッチン付の安宿に3泊しました。バイク旅の場合、サンチャゴのような大都市は駐車場探しが大変なのですが、今回はにわかバックパッカーなので、そんな心配も無用、気楽に大都会サンチャゴを満喫しました。今回泊まったHOSTAL TALESという宿は空港行きバス発着所まで歩いて3分という好立地、キッチンも付いていてドミトリーが1泊6000ペソ(1000円)でした。チリは物価が高いので、当然毎食自炊です。このニャンコは食料買い出のため中央市場の野菜売り場に居ました。段ボールのヘタレ具合から見て、ここが定位置のようです。

 

PA311835

10月31日、サンチャゴから3700キロ離れたイースター島へ。インディヘナのような人は全く居ません。完全にポリネシアの文化圏のようです。とは言っても、タヒチへも4000キロ離れてるし、一番近い島からでも2000キロ、南米大陸からは3700キロも離れています。一番最初にこの島へたどり着いた人は漂流してたどり着いたのでしょうか。気候もサンチャゴとはずいぶん違って湿気も多く気温も高いです。陸の孤島へ来てしまったなぁ、というのが私の第一印象でした。

 

PA310334

最初の計画では物価の高いイースター島なので、宿泊はキャンプ場にしようと思っていましたが、サンチャゴで天気予報を見ているとどうもイースター島はチリ本土よりこの時期、雨が多いようなのでハレ・カポネという宿を予約しました。日本人で現地に在住するガイドの川口さんの経営する日本人宿です。ハレ・カポネとは現地語で日本人の家という意味だそうです。値段もキャンプ場と変わらないし、キッチン付きのドミトリーで大変快適でした。食事は毎食チリ本土から買ってきた食材で自炊でした。イースター島関係の日本のテレビ番組を録画したDVDなどもありモアイ観光前の予備知識もバッチリ頭に入りました。宿に同時期宿泊した那須君、瞳さんとも毎回ご飯をシエアしたり、夜は一緒にワインンを飲んだり、モアイ観光では3人でレンタカーを借りて回ったりと、ここハレ・カポネでとても楽しく過ごすことができました。

 

PB010342

沖ではマグロも釣れるというので期待して、那須君と漁港へ釣りに行きましたが釣れたのはカラフルなボラばかり。食べられないこともなかろうと調理はしてみたものの、やっぱり、あまり美味しいとは言えない味でした。

 

PB021899

ここは、イースター島唯一の町、ハンガ・ロアから歩いて行けるアフコテリクというモアイ。他のモアイを見るには遠いので歩いて行くのはちょっと無理なんです。だいぶ天気も回復してきたので、明日はレンタカーを借りてモアイ観光へ行こうかと、那須君、瞳さんと話をしているところです。

 

PB021902

アフタハイの周辺をウロウロしていたワンコです。他にもたくさんいて島の人には可愛がられている様子でした。

 

PB021924

11月2日、早速3人でレンタカーを借りてモアイ観光へ出発。レンタカーは24時間で45000ペソ(7650円)。食堂で1食食べると3000円という物価高のこの島の物価から考えると安めに感じました。まず、向かったのは、ラノララクと呼ばれるモアイの製造場所です。ここは岩山になっていて、イースター島のすべてのモアイはここで作られ運ばれていったそうです。製造途中のモアイや運ぶ途中のモアイなど約400体が広い敷地に点在していていました。イースター島の全て見学を終えてから振り返っても、ここラノララクが一番迫力があり、思い出に残っています。

モアイは謎と言われてもいますが、だれがいつ何のためにというのは、あくまでも説の範囲を越えるものではないのかもしれないものの、研究により随分わかって来ているそうです。ポリネシアからイースター島に人が移り住んだのが4世紀。その人たちがモアイを作り始めたのが10世紀から。17世紀には作られなくなったそうです。モアイが作られた理由は村の守り神として、そのため、モアイは海を背にして村を見つめて立っていた、という説が有力だそうです。

私が不思議に思うのはやはりその運搬方法です。初期のモアイは3メートル足らずでしたが、徐々に巨大化して20メートルを超えるものも作られるようになります。1体のモアイを作るのに30人で約1年かかるという事にもびっくりですが、クレーンや大型トレーラーの無い時代にこれほど巨大で重量のある物を何十キロも先まで運び、しかも、数メートルあるアフと呼ばれる高い台座の上に立たせ、プカオという帽子のようなものまで乗せています。

どのような方法を取ったにせよ、気の遠くなるような年月と努力が必要だったことでしょう。当時の島民にとってはモアイを作り、運び、立てることに人生の全てを費やしていたことが想像できます。

 

PB022006

イースター島のモアイ象は、1700年代にヨーロッパ人がこの島に到達したときには、部族間抗争によってすべてのモアイがうつぶせに倒されていたそうです。うつ伏せである理由はモアイにはかつて目がはめ込まれており、その目に霊力があると信じられていたため、顔を地面に付けた形、うつぶせに倒されたのだそうです。近代になって各国の協力によって倒されたモアイが修復されています。写真の15体が並んだモアイは四国に高松にある大手クレーン会社、「タダノ」によって復元されたものです。きっかけは、テレビ番組「世界ふしぎ発見」でクレーンがあれば倒れたモアイを復元できるのに、というコメントが放送されたのを聞いた「タダノ」の社員がうちでできないでしょうか?と社長に相談して実現したそうです。修復には1991年から1993年まで2年間かかったそうです。バブルと被っているのは否めませんが、日本の一企業がモアイを立て直してくれたのは日本人として誇りに思えました。

 

PB022029

これは、アナケナという美しいビーチに立つアフナウナウというモアイ。プカオという帽子とも髷とも言われているものを頭に乗せています。プカウはモアイ本体がグレー色なのに対して、赤い石で作られていています。赤石の取れるプカウ専用の採掘場が島の別の場所にあります。プカウを頭に乗せるだけでも昔はたいへんだったろうなぁと思います。

 

PB022086

イースター島の夕日の名所、手前のモアイはアフバイウリ、後ろの5体がアフタハイ。

 

PB022091

同じくアフタハイ近くのアフコテリクの夕日。

 

PB032095

15体のモアイが並ぶアフトンガリキの朝焼け。

 

PB032136

15体アフトのモアイ、アフトンガリキに登る朝日。

 

 

イースター島旅行で使ったお金(サンチャゴ出発、サンチャゴへ戻って来るまでの5泊6日)

航空券 648ドル(LAN航空   イースター島往復)

国立公園入域料 60ドル

移動費 30ドル(サンチャゴ空港へのバス2ドル×2回、レンタカーをシェア22ドル、ガソリン代4ドル)

ホテル代 62ドル(ハレ・カポネ5泊)

洗濯代 3ドル(1回2ドル、シェア可)

飲食費 39ドル(サンドイッチなど外食9ドル、買い込んだ食料代30ドル)

合計 842ドル

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

 

 

サンペドロ・デ・アタカマでバイクトラブル 2015年10月22日~26日

PA222365

サンペドロ・デ・アタカマの教会です。なかなかオシャレ。さすがチリという感じです。

 

バイクの方ですが、この町で急にアクセルを開けていてもストンとエンジンストップするようになってしまいました。この町は観光地なんですが、とても小さな町でバイク屋は1軒もありません。車の修理屋を訪ねたところ、一生懸命見てもらえました。プラグを磨いても症状変わらず、どうも、エンジンは調子良さそうだし燃料が行かないのが原因ではないかということで、燃料ポンプが故障したんじゃないかとのこと。

その日試運転をしてみると、全くエンジンストップの症状が無くなり、直ったと思ったのですが翌日乗ってみると再びエンジンストップの症状が出てしまいました。やはり、原因は素人の私が想像したようなガソリンの質などではなかったようです。思い返せば、このような状況がペルーのウルバンバへ向かう途中、1度ありました。あの頃から症状は出なかったものの、燃料ポンプは本調子ではなかったのかもしれません。

だましだまし、100キロ先のバイク屋のあるカマラという町まで行って見てもらおうか迷いましたが、チリ・ヤマハのホームページを見てやめました。販売されているバイクのラインナップが他の中南米と違うんですね。XT250かXTZ250が販売されてればパーツもチリ国内で手に入りやすいと思ったのですが当てが外れました。先進国なのでテネレ1200など大型バイクは販売されてるんですがね。もちろん私のバイクの燃料ポンプと共通パーツがチリで販売されているヤマハのバイクのどれかに使われている可能性はありますが、日本に頼んだほうが確実だと判断しました。

妻に聞くと、鹿児島で写真展があるなどの都合で迅速に手配できないということで、いつもお世話になっているペンション「ひみつ基地」にお願いすることにしました。元バイク屋さんなので、バイクが調子の悪い時相談にのってもらったり、今回のようにパーツを送ってもらったりお世話になっています。本当にありがたいことです。

 

 

PA222366

サンペドロ・デ・アタカマの町並みです。

 

ペルーの時が日本から送ってもらって7日で到着しました。ペルーは日本と直行便で結ばれているのに対し、チリは直行便がない事、前回は首都に送ってもらったけど今回は国の北外れの田舎町な事、でも、ペルーより仕事が早そうな事など考えてみると、予想は日本から10日前後で到着、かな。で、宿と交渉してあと2週間滞在するからと安くしてもらったのです。

ところが、この町、バイク屋もないくらいですから小さくてすぐに見終わってしまいました。一応遅いのですがネットもつながるので、ビデオは難しいですがユーチューブの朗読を聞いたり、青空文庫というページで古い文学作品を読んだりして時間をつぶしてみました。最初は、骨折の時よりましだなんて思っていたのですが、体が元気となると現金なもので、なかなかこの退屈さに耐えられなくなってきました。前回ペルーに送ってもらったパーツは数千キロそのまま走っても直接影響が出るパーツじゃなかったので、移動しながらのパーツ待ちでしたが、今回のはエンジンがストップしてしまうのでバイクは動かせません。

そんなこんなで4泊したところで、予定変更することにしました。チリからはイースター島へ行く予定でいました。サンチャゴからのフライトなので、ここからだと1700キロも離れていますが、バスだと100キロ先のカマラからサンチャゴまで24時間程度で行けるようです。バスに24時間も乗るのはうんざりですが、ここで太宰治ばかり読んでいるとかなりどんよりしてしまいそうです。

宿の人に聞いてみると荷物もバイク預かってくれるということなので、ネットでイースター島についてしらべてみました。フライトは日にちによって値段に差があるようです。物価も高いので滞在日数もあまり長くはできないな、と思っていたら、設備の整ったキャンプ場に1泊10ドル程度で泊まれることがわかりました。自炊&キャンプなら5泊しても大丈夫かな?色々比べてフライト日を決めました。往路10月31日、復路11月5日。フライト価格は648USドル(77000円)。5万円くらいかなと思っていたけど、元々行くつもりではあったのだから仕方がないでしょう。

今後の予定ができたので、前向きな気持ちになれてきました。後は、バイクのエンジンストップが燃料ポンプ交換で直るかどうか。バイク屋さんに見てもらったわけではなく、車の修理屋さんが、ここが怪しいと言っているだけなので、まだ安心はできないのです。パーツ交換で直ることを祈ります。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

アルゼンチン→チリ国境越え 2015年10月19日~21日

2015年10月19日

 

PA190271

夜中トイレに起きたときは降るような星空だったのに、朝起きたら天気が今一つ。というより、すごい強風です。チリとの国境であるハマ峠へ向かうと風はより一層強くなってきました。西からの向かい風になかなかバイクが進みません。

 

PA190276

標高4200メートルの国境まで行くと、何とチリ側が吹雪のため国境が閉鎖され通行止めになっていました。今日は開くことは無いということです。

 

PA190277

ガソリンスタンドとアドべレンガの家が数軒あるだけのようなハマ峠ですが、ちゃんと宿もありました。中は山小屋のようで、なかなか良い雰囲気でした。1泊100ペソ(750円)。

 

PA190282

食事もここで食べることができます。ビーフカツが60ペソ(450円)でワインが30ペソ(230円)。味はまあ、山小屋なのでこんなもんかな、という感じ。さすがアルゼンチン、ワインが安いのが素晴らしいです。

今日の走行距離262キロ、合計59622キロ。

 

 

2015年10月20日

 

PA200286

今日は朝から国境が開くと思っていたのに、なかなか開きません。国境前にはバスやトラックなど長蛇の列ができています。11時ころまでは私も待ちましたが、開いたとしても国境の手続きでまた長時間並ばなければならないと思うと気が滅入ってきます。ここの山小屋風安宿もなかなか居心地が良いのでもう1泊することにしました。結局国境はお昼頃に開きましたが、まあ、一日延ばしても良しとしましょう。

 

 

2015年10月21日

 

PA210287

今日は朝から良い天気。雲一つありません。朝8時ころチリ国境へ向かいました。

 

PA210288

ここはアルゼンチン側ですが、国境の建物にはチリのイミグレと税関も一緒になっていました。バスが1台来ていたのでそれなりに混雑していましたが、窓口も分かりやすく、向かって左からアルゼンチンイミグレ、チリイミグレ、アルゼンチン税関、チリ税関、チリ検疫所と並んでいました。チリでバイクのペルミソ作成時には保険の要求はありませんでした。また、検疫所では果物や動物を持ち込まないという誓約書を提出します。バスの乗客は荷物を空港にあるようなエックス線検査機のようなものに通さなければならないようですが、バイクの私は検疫官に荷物のトップケースを開けてちらっと見られ、口頭で荷物の内容の質問がある程度の形式的なものでした。お金は一切かからず約1時間で全ての手続きが終了。

 

PA210291

国境事務所からしばらく進むと、ハマ峠があります。ここが地形上の本当の国境です。チリに入国。これで訪問国は116か国目。2度目の国も多いので100か国目以降はなかなか数が増えません。

 

PA210295

国境のハマ峠は標高4320メートル。当然、ここからチリ側へ向かって降りていくと思ったのですが、そう甘くはありませんでした。

 

PA212342

その後も高原地帯は続き、標高4800メートルまで登っていきました。晴れてはいるのですが風が強く手がかじかむほどに寒かったです。

 

PA212352

チリ側のアタカマ高地は絶景の連続でした。富士山のようなリンカンカブール山が見えてくれば、目指すサンペドロ・デ・アタカマの町ももうすぐです。

 

PA212354

標高5916メートルのリンカンカブール山。

サンペドロ・デ・アタカマの町に着いて、ATMでチリのお金を引き出しましたが、最大で3万円くらいしか引き出せないのに、手数料が800円もかかります。噂には聞いていましたがチリのATM手数料高すぎです。その後昼食、定食が3500ペソ(600円)とアルゼンチン以上の物価です。

 

PA210306

お昼を食べて走りだすと、どうもバイクの調子が良くありません。エンジンが途中で止まってしまうのです。プラグを交換しても状況は変わらず焦りました。町の人に聞くと、バイク屋は100キロ先のカマラまで行かなければないとのこと。車の修理屋さんに行くと親切に見てくれました。最初、ガソリンのフィルター詰まりが原因かとタンクを外したりして見てもらいましたが、燃料ポンプの不良かもしれないということになりました。となると、100キロ先のカマラまでバイクを運んでくれる人を探さねばなりません。途方に暮れてバイクを組み直し走らせてみると、ノッキングもしないし、エンジンも急に止まったりしません。さては、アルゼンチンのハマで入れたガソリンの質に問題があったのかもしれません。試しに、新しいガソリンを入れて20キロほど町の回りを試運転してみましたが、1度もエンジンストップ無し。良かった!故障じゃなかった、と胸をなでおろしました。まったく、エンジントラブルだけは避けたいものです。

※翌日、またしてもエンジンストップ。やっぱり直ってなかったようです。燃料ポンプ交換かなぁ。

今日の走行距離226キロ、合計59848キロ。

 

チリ4

サンペドロ・デ・アタカマまでのルート。

 

アルゼンチンデータ

入国 無料(バイク保険の要求あり)
出国 無料

走行距離 528キロ
滞在日数 4日
通貨 1アルゼンチンペソ=7,5円
使ったお金 70ドル

宿 1泊100ペソ~200ペソ(750円~1500円)
定食 45ペソ~60ペソ(340円~450円)
ビール 1本20ペソ(150円)
ガソリン 1リッター13,8ペソ(100円)~18.5ペソ(140円)

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村