ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


国内旅行

福島花めぐり車中泊の旅 (その2・鳥屋山編) 2017年4月27日

車中泊の旅2日目。早起きして柳津町をぶらぶらと散歩してみます。まずは、只見川沿いを歩いて虚空蔵菩薩寺方面へ。何だか絵になる町だなと思っていたら、最近「ジヌよさらば」という映画の舞台にもなっていたみたいです。

 

ここが、虚空蔵菩薩寺。ちょうど桜が満開でした。

 

階段を登ってお寺へ行ってみましょう。

 

柳津町は赤べこ発祥の地だそうです。

 

1時間ほど散歩してからスーパーマーケットで268円の弁当を買って車の中で朝食とします。

 

その後は、つきみがおか町民センターで朝風呂に入ります。温泉からは丁度、満開の桜を眺めることができました。

 

温泉でまったりしてから、西会津の鳥屋山へハイキングに行くことにします。ヘルニアなので腰にコルセットをして登ります。痺れや痛みが増すようなら無理せず下山するつもりです。

 

登山道脇は一面カタクリの大群落。これほどたくさんのカタクリを一度に見たのは生まれてはじめてでした。

 

ショウジョウバカマも見ることができました。

 

今まっさかりのキクザキイチゲ。

 

つくしもたくさん生えてました。

 

標高が上がるにつれ、飯豊連峰の展望が開けて来ました。

 

2時間ほどの登りで山頂到着。往復で4時間約10キロほどのハイキング。もっとハードな登山ができるよう早く復帰したいのですが、ときどき足に痺れが来るので今はがまんです。

 

鳥屋山のGPSトラックです。

 

下山後、喜多方の沼の平地区へ。棚田の桜が満開でした。

 

喜多方市内へ行き、日中線の枝垂桜を見に行きました。ここも満開。

 

今日は喜多方で車中泊です。さて、明日はどこへ行こうかな・・・

 

 

 

 

 

 

福島花めぐり車中泊の旅 (その1・玉梨温泉編) 2017年4月26日

今日から3連休です。元々は鳥海山や月山へ山スキーに行こう思って希望休を出していたのですが、腰のヘルニアと分かった今はスキーへ行くというわけには行きません。かといってこの病気、痛みが引くまでは安静が必要ですが、痛みが引いて以降はストレッチや筋トレ、ウォーキングなどはむしろやった方が良いようです。今回は軽いハイキングを兼ねて花めぐりの車中泊旅に行ってみることにしました。

 

我が家を出発して甲子高原へ向かいます。会津へ抜けるトンネル手前にバスが停まっていました。撮影旅行のマイクロバスのようです。水芭蕉の群落がありました。

 

すぐ横の斜面にはカタクリがたくさん咲いていました。

 

水芭蕉、カタクリとくれば春の定番の花、キクザキイチゲですね。正に今が旬の花ですね。

 

天気はパッとしません。お昼になったので会津田島のリオンドールというスーパーマーケットでカップ麺と稲荷寿司を買って高野川の河川敷でお花見です。天気はどんより、明日へ期待します。

 

国道400号線を北上。昭和村を経由して会津金山町の玉梨温泉へ来ました。つげ義春の漫画に出て来そうな鄙びた温泉地ですが、半年前から「せせらぎ荘」という日帰り温泉施設がオープンしたそうで、行ってみます。

 

近代的な施設はあまり好まないのですが、ここ「せせらぎ荘」に関しては別かな・・・2種類のがっつり濃い、ぬる湯と適温湯に交互に浸かっていると本当に気持ちよく極楽気分になれました。福島温泉本で入浴料500円のところ半額で可。

 

玉梨温泉にゆったり浸かっているともう夕方。しかも、雨まで降ってきてしまいました。柳津町まで移動してスーパーマーケット「かねか」で買い出しをして「道の駅やないづ」で車中泊することにしました。

 

 

 

桜めぐり 2017年4月21日

腰の痛みに加え痺れも出てきてしまい、整形外科を受診するとMRI検査で画像を確認しないと何とも言えないが、腰椎椎間板ヘルニアの可能性が高いと言われていました。この際、はっきりさせておこうとMRI検査を受けたのが4月17日。結果はL4とL5の間左側の椎間板ヘルニアでした。腰骨の骨と骨の間にある軟骨が左斜め後ろに飛び出し、神経を圧迫して痛みやしびれが出ているようです。

ただのぎっくり腰であってほしいという願いは崩れ、がっくりな結果でした。で、この病気について本を読んだりネットで検索したり、ミクシーの椎間板ヘルニア友の会に入ったりして真剣に調べまくりました。

いったい治るのか、治らないのか。私の人生は終わってしまったのか、まだいけるのか・・・

症状がほとんど消え、スキーやゴルフを楽しまれている人もいれば、ほとんど寝たきりになってしまう人もいるという経過にかなり幅のある病気だということがわかりました。

今、目指しているところは、痛みやしびれが消えてストレスなく日常生活を送れる状態です。1か月前に比べれば痛みは随分なくなってきましたし、しびれもなくなってきています。仕事は腰に負担のない役割に回してもらっています。日々のストレッチを続けながら回復を待ちたいところです。将来への不安はやっぱりありますね。長期目標としては、もう1回バイクで世界一周するというのがありますから、慎重にこの病気と付き合っていきたいと思います。バイクが無理なら自転車でもいいんですが・・・

 

さて、前置きが長くなってしまいました。今年も桜の季節が来たというのに、腰の不調のせいでどうも晴れやかな気分になれないでいましたが、仕事が休みの21日、妻に誘われ桜めぐりのドライブへ行って参りました。天気には恵まれず曇天ですが、満開の桜はやっぱり良いものですね。ここは、我が家からすぐ近くの茂林院という小さなお寺です。

 

三春まで行って滝桜を見物。満開ですが渋滞無く駐車場まで入れました。平日で天気が悪かったからかな。樹齢1000年の迫力はなかなか写真では表現できないですね。見たことない方は一度満開の時の実物を見ることをお勧めします。私は福島へ移住してからは、行けるときは毎年来ています。

 

滝桜とセットで見ることの多い「不動桜」を見に行きました。ちょうど、雲が薄くなり青空も見えて来ました。来ているお客さんたちの車のナンバーを見ると本当に全国から来られています。皆さん車中泊をしながら桜前線とともに北上されているのでしょうか。悠々自適の旅暮らし、羨ましい限りです。

 

桜に目を奪われがちですが、視線を下げれば春の野草キクザキイチゲも満開でした。

 

三春町で滝桜を見た後は、二本松市の合戦場のしだれ桜へ。ここの桜も迫力あります。空が青ければ良い写真になったことでしょう。曇天で残念な1枚。

 

合戦場のしだれ桜を別アングルで。やはり、どんなに努力しても晴天に勝るもの無し・・・

 

ホットモット弁当を買って三春の桜公園で花見しながらの昼食。満開の桜を見ながら話題の中心はヘルニアについて・・・

がんばれ、俺!

 

 

 

 

 

北海道旅行4(氷涛祭り) 2017年2月17日

4日間の短い休暇はあっという間に最終日になってしまいました。定山渓の温泉宿を9時にチェックアウト、千歳空港からの出発時間は16時なので、どう時間をつぶそうか・・・スキー場でゲレンデスキーも考えましたが、近くの札幌国際スキー場、3時間券が3600円と信じられないほど高額なので却下。適当にドライブしながら行きましょう、ということになりました。まずは、道の駅「望羊中山」へ。中山峠にある道の駅なんですが、羊を望むって何?と思っていたら、ニセコの羊蹄山が望めるってことだったんですね、納得しました。

 

次に「きのこ王国」というドライブインへ。価格100円のきのこ汁で客寄せしてお土産品などを売る施設のようです。けっこう繁盛してました。

 

私たちも、きのこ汁だけいただきました。寒い中、あったまります。これで100円ならグーです。

 

さらに、支笏湖へ行ってみると、氷涛(ひょうとう)祭りというのをやってました。札幌雪祭りの変形バージョンみたいな感じでしょうか?

 

氷で作った色々な建物や巨大な作品が展示されていました。支笏湖でこんな祭りがあるのを全く知りませんでしたが、思いがけず冬の北海道らしいお祭りに出会えてよかったです。

 

子供にはたまらんような滑り台も。

 

道産子というやつでしょうか。やたら足の太い馬の乗馬体験もできるようです。平日だからか、空いていてあまり祭りっぽくなかったけど、展示物などのクオリティーはなかなか高かったと思います。

 

千歳の町でみそラーメンをいただき、レンタカーを返しました。早めに空港へ向かいます。4時の飛行機で福島に戻ってきました。5時半には自宅着。今回の北海道旅行を振り返ると、塩谷丸山のような日本離れした山スキー向きの山を体験できたのが良かったですし、費用も思っていたより抑えられたのが良かったと思います。毎年行ってもいいかなと思いました。

 

にほんブログ村

 

 

北海道旅行3(千尺高地&豊平峡温泉) 2017年2月16日

北海道上陸3日目ですが、何と今日は3月下旬並みの気温とのことで福島では味わえないようなサラサラの雪を期待して飛んできた我々には残念な天気。今日のルートは豊羽鉱山から無意根山へと続くクラシックツアーコース。とは言っても、無意根山まで行くつもりはなく、千尺高地から先は状況が良ければ長尾山まで行きたいなという程度の曖昧な気持ち。

 

ツアー標識がでてきました。古くから山スキー屋に愛されている北海道の定番ルートをたどれるのは嬉しいです。札幌の時計台とか、小樽の運河へ観光へ行くのと同じような感覚でここに来ています。わぁ~、ここがあの有名な無意根山ツアーコースなのかぁみたいな感じ・・・

 

南風で気温が上がりすぎて雪はモッサモサ。天気もどんよりで条件は良くありません。気温と風とガスもその時々、これはこれでまぁいいかと思うほかないですね。

 

千尺高地へ近づくにつれ、ガスが濃くなってきました。

 

もう、何も見えません。今回はここまでとしましょう。

 

下山開始。千尺高地はモナカ雪でしたが、樹林帯に入るとモサモサ雪ですが曲がりやすくなっては来ました。

 

大分下ってきたところ。木にでっかい雪の塊がたくさんひっついていて面白いな。

 

今日のGPSトラックです。

 

動画です。

 


下山後は豊平峡温泉へgo!

 

名物のカレーをいただきます。

 

旨いです。

 

そんでもって、豊平峡温泉施設内にあるかまくら。でかいです。

 

 

 

にほんブログ村

 

 

 

 

北海道旅行2(塩谷丸山) 2017年2月15日

北海道上陸2日目。今回は札幌近郊で山スキーを楽しみたいということで調べておりましたところ、塩谷丸山がとってもよさ気なので行ってみることにします。登山基点はJR塩谷駅です。

 

しばらく、住宅街を歩いて行くことになります。

 

やがて、山道に入って行くのですが、やはり駐車禁止の看板が。このルート、やはり車は塩谷駅に置くのがマナーのようです。

 

林道のどん詰まりから標高を上げて行くと、眼下には日本海が見えて来ました。

 

標高は低いんですが、この日本離れした疎林感はさすが北海道。

 

約2時間ちょとの登高で標高629Mの塩谷丸山の山頂に到着。日本海がこんなに近い低山なのに藪山ではなくスキー向きな山なのに感動しました。やはり、本州とは植生が大分違うのですね。

 

このような、撃沈もありましたが、おおむね満足の行く滑降ができました。今シーズン一番気分よく滑れた山だったと思います。

 

詳しくは動画で、素晴らしい山の様子を見てください。

 

今日のGPSトラックです。

 

下山後は小樽の運河沿い倉庫街など観光してから定山渓の温泉宿へ戻りました。

 

 

 

にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

北海道旅行1(白井岳山麓) 2017年2月14日

長い旅から帰国して1年経過。仕事をして安定した暮らしも良いなと思いますがリフレッシュは大事、ということで、北海道へ4日間のスキー登山旅行へ行くことにしました。我が家から福島空港はすぐ近くなので楽々アクセス、駐車場も何日停めても無料というのもありがたいです。

 

ANAの早割75というやつで札幌まで片道、税込み6900円。荷物もスキーを含めて8個も預けて追加料金なしでありがたい。ザックに忍ばせていたチャッカマンは取り上げられてしまい残念でした。

 

1時間ほどで札幌到着。八甲田行くの考えたら楽々です。4日間で免責込6500円で借りたレンタカーに乗り換えまずはお昼の腹ごしらえ。

 

やっぱり、札幌と言えば味噌ラーメン!美味かったです。

 

もう3時ですが、ちょっと足慣らしを兼ねて白井岳の山麓をシール登高してみます。

 

札幌近郊というだけあって平日なのにすでにラッセルされていて楽に登ることができました。今日は30分ほど登ったところから滑走開始。

 

北海道にしては気温が高めな気がしますが、標高500Mでこのパウダーはさすがです。

 

じゃんじゃかと降っています。

 

動画です。

 

今日のGPSトラックです。

 

それでは、今日のお宿へ。定山渓ホテルです。ここに3泊することになります。安さ自慢じゃありませんが、ここもバイキング2食付きで本来8000円くらいするところ、早割とクーポン利用で1泊2食で税込み4800円、我々貧民にはありがたい価格です。

 

部屋ではWIFIも使えるし、トイレ洗面台もあるので衣類の洗濯もできます。ホテル内にコンビニもあるのでとっても便利、温泉もなかなか良いし、かなり快適です。

 

バイキングの夕食も種類豊富でなかなか。明日は晴れそうなので小樽近郊の山へ行く予定です。

 

 

 

にほんブログ村

 

 

 

杜の都仙台へ 2016年12月10日~11日

杜の都、仙台にやってまいりました。東京海外旅行研究会の仙台例会がここ仙台市民会館で行われ、講演のため行って参りました。

 

人前で話すのは苦手なんですが、先月の東京での講演よりは緊張せずに話せたような気がします。わざわざ聞きに来てくれた皆さん、どうもありがとうございました。

 

会の終了後は参加者の皆さんと街に繰り出し2次会の居酒屋までぶらぶら。ちょうど仙台市定禅寺通りは光のページェントが行われていました。

 

居酒屋での2次会、盛り上がりました。東北在住の方も居ましたが、関東勢が大多数だったのがちょっと残念。こういう旅の会が東北でももっと盛り上がって行けばと思います。

 

この日は、仙台駅から電車で20分ほどの美田園駅前の24時間スーパーマーケット、トライアルの駐車場で車中泊。

 

久しぶりの宮城県なので、遠刈田温泉の共同湯「神の湯」に入浴。330円に値上がりしていました。

 

今日は、宮城で湯めぐりと行きましょうか。次は小原温泉へ。共同岩風呂「かつらの湯」へ遊歩道を歩いていきます。

 

10年ぶりくらいですが、今も200円の入浴料でがんばっていました。

 

渓流沿いの湯小屋に入ると、下へ階段が伸びていて、降りていくと岩風呂がありました。日曜日だというのに貸し切りです。さっぱりとした単純泉です。

 

いや~、たまらんですね。

 

宮城から福島へ南下、福島市内の「かつや」で昼食。エビ・ロースかつ定食にヒレカツの単品を加え、豚汁を大に変更。贅沢してしまいました、揚げ物天国、至福の時間。

食事を済ませるともう2時、今は、日も短いですし、そのまま大人しく天栄村まで帰りました。

 

 

 

東京で旅の話をしてきました 2016年11月12日~14日

pb121128-2東京の品川区で、ワールドツーリングネットワーク主催で旅のお話し会をするために上京することになりました。地方へ行くときはたいてい道の駅で車中泊をするのですが、東京方面はなかなか良い宿泊地が見つかりません。千葉県の流山市の総合運動公園は24時間ゲートが閉まらずトイレも使用可とのことで、福島県天栄村から200キロ、約6時間のドライブでたどり着きました。お話し会は明日なので、今日はここでゆっくりと過ごすことにします。

 

pb135625-2翌日は朝から近隣を散歩などしてから10時過ぎにゆっくりと出発。運動公園からつくばエクスプレスという電車で秋葉原へ出て、山手線など乗り継ぎお話し会の会場へ向かいます。電車に乗るのも5か月ぶりです。前回は原宿で行われた海外ツーリングフェスタに参加するために電車に乗ったのでした。

人前で2時間も話をするのは大変だなぁ、時間が余ったらどうしよう?と思っていたのですが、実際は時間切れになってしまい、話したかったベトナムの話など削らねばならなくなってしまいました。来月は宮城県の仙台市でお話しする機会があるので、今回の反省点を踏まえてもっと簡潔にわかりやすく話ができればと思います。

 

pb131131-2お話し会の後は、居酒屋へ行きました。居酒屋へ行くのも5か月ぶりの体験。やっぱり居酒屋はいいなぁと思います。できれば、もう少し頻繁に来てみたいものです。この日は12時近くまで盛り上がり、車中泊の地、流山運動公園へ戻ってぐっすりと眠りました。

 

pb140044

翌日はタカノフーズへ。茨城県小美玉市、おかめ納豆の本社工場へ向かいます。ここには、納豆博物館があるほか、納豆の工場見学もできるので、納豆好きの私は数年前から来てみたいと思っていたのです。今回、お話し会で関東地方へ来る機会があったので、帰りついでに寄ることにし、事前に工場見学ツアーの予約も入れておいたのです。

 

pb140006

見学ツアーは毎日午前午後2回行われています。参加費は無料。私たちが参加したのは11月14日月曜日午前のツアー。集合時間の10時に行ってみると、すでに全国から納豆ファンが30名以上集まっていました。今回のツーアーの説明と納豆やタカノフーズの歴史について学ぶビデオを見ます。

 

pb140010

その後、工場内の見学です。納豆ができるまでの工程を見ることができ、とても興味深かったのですが、工場内の写真撮影は禁止でしたので外観のみ撮影。

 

pb140016

最後に納豆博物館を見学します。稲わらにはもれなく納豆菌が付いており、大豆を煮て40度くらいの温度を保った状態で納豆菌とくっ付くと納豆になるようです。元々は偶然の産物だったようですね。

 

pb140026

実に興味深い、納豆好きにはたまらなく魅力的な博物館です。

 

pb140032

昔のパッケージも何となく覚えています。そうそう、こんなんだったよな。

 

pb140033

1970年代のおかめ納豆のパッケージ。

 

お話し会は反省点もあるけど、次回12月の仙台の講演会につなげられればいいかなと思います。そして、以前から行きたいと思っていたタカノフーズの納豆博物館を訪ねることができて有意義な休日を過ごすことができました。これから寒くなって雪が降ると私の一番好きな季節がやってきます。毎日々々少しづつ寒くなるにつれワクワクと期待する気持ちが高まって来ます。

 

 

 

 

 

背戸峨廊といわきツーリング 2016年10月27日

pa272063今シーズンは山登りばかりしていました。4年間の旅行中はバイクに乗りっぱなしだったので、山登りがとっても新鮮ではまっていました。先日、職場で健康診断があり、4年前に比べ体重がマイナス7キロ、ウェストがマイナス7センチ、運動の成果でしょうか?おまけに身長もマイナス1,5センチ、これは老化かな。実際縮むらしいですね、身長って。背骨の間のクッションもへたって行くし、曲がって行くしでどんどん小さくなっていくんでしょうね。

季節はどんどん進んで、福島ではバイクのシーズンも終わりかけです。久しぶりに日帰りツーリングへ行ってみることにしました。紅葉にはまだ早い、いわき方面へ出発。まずは、小野町にある東堂山満福寺へ。ここはユニークな五百羅漢があることで知られています。

 

pa272071元々羅漢とは、仏像ではなく一般人の中で尊敬に値する人や修行者などの像らしいのですが、ここの羅漢像はいかにも人間味あふれるものが約500体も並んでいて、一体、一体観察するとその人の生前の様子が想像できて面白かったです。

 

pa272073鼻くそをほじっている姿の像もあります。人の一瞬を切り取れば恰好良いときも、格好悪いときもあるでしょう。この方はあえて、格好の悪い姿を切り取って残すことに意味を持たせたのでしょうか。そもそも、格好が良い悪いなどに思いを寄せることこそ、つまらぬことだと悟ってらっしゃるのでしょうか。

 

pa272075和式便所にまたがって、物を確認されている羅漢像もありました。自分の出したもののは責任を持てという教えなのか、目を反らさず何でも凝視せよという教えなのか。そもそも、教えなどというものはつまらんという教えなのか。。。

 

pa272076こちらは、安全第一で作業されることを生業として一生を終えた方の羅漢像ですね。明解でよろしい。落ち着いて作業しろよ!ちゃんと休憩取れよ!安全第一だぞ!というメッセージが伝わってきます。

 

pa272077こちらもいいですねぇ。歌こそわが人生。シャンソンとかではなく、たぶん演歌がお好きだったのでしょう。婦人会や地区の忘新年会、温泉旅行などではマイクを離さないタイプだったのかもしれません。例えば、マイクを離さないというと、一見、和を乱したような自分本位の行為に感じることもありますが、唄うことが本当に好きな人が懸命に歌っている姿というのは周りを幸せな気分にさせることもありますよね。

 

pa272078こちらの方はビール、特に生ビールがお好きだったのでしょうね。まぁ、どんどん飲んでいただきましょう。

 

pa272079こちらは、日本酒なんですが、お前も飲むかい?みたいな感じでとっくりから注いでいます。注がれる方は上を向いて口を開けています。よっぽどの酒好きなのでしょうか?それとも何かの罰ゲームを表していて現世の人々を戒めているのでしょうか?ちょっと解釈が難しい羅漢像です。

 

pa272080この羅漢像はよほど愛犬が好きだったのでしょうね。ここまでの関係を動物と築けるのはやはり特殊能力、たぶん犬語も話せた聖人と思われます。

 

pa272082いや~、五百羅漢、予想以上に楽しかったです。では、いわき方面へ再出発!すると、田舎によくある「無人君」が。カブ50円、自然薯140円をお買い上げ。

 

pa275335背戸峨廊へ向かうため夏井川渓谷沿いの道をすすんでいきます。途中何度かローカルな踏切を渡りました。

 

pa275339背戸峨廊には渓谷沿いのハイキングコースがありますが、今年の夏の大雨の影響でトッカケの滝より先の登山道が崩れているそうです。片道30分のここ、トッカケの滝を見て引き返すことにしました。途中、40センチは超える大ヤマメが悠々と泳いでいるのが見えました。

 

pa275340いわきの四倉に出て昼食。ぽこゆうこおススメの「草の根」という食堂へ。海鮮丼が550円。

 

pa272090ソースヒレカツ丼も550円。サラダや漬物、副菜などはセルフで食べ放題です。素晴らしいお店!私もすぐに大ファンになってしまいました。毎日来たい!

 

pa275342塩谷崎灯台へ。津波被害の影響で、海沿いの道は防波堤の建設工事が盛んに行われていました。豊間海水浴場あたりも全く昔の面影が無くなっていました。

 

rimg1587午後2時半。いわき湯本温泉共同湯「さはこの湯」に入浴。泉質は最高の硫黄泉。風呂場の匂いを嗅いでいるだけで幸せな気分になれる場所ですが、昔は220円でしたが、230円に値上がりしていました。労働者の給料は下がっているのに、温泉の値上がりは厳しいです。

 

まぁまぁ、今日も平和で楽しい一日でした。