ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


国内旅行

散歩とドライブとクマガイソウ 2020年5月17日

磐梯吾妻スカイラインへ向かうも、雲が立ち込めているので、行き先を変更して岳温泉周辺をウォーキングすることにする。軽く3キロコースを歩いたが、この程度ではコロナ太りを解消はできそうにありません。大汗かけるガッツリとした山旅がしたいものです。早く収束しておくれ~。

岳温泉はウォーキングに力を入れていてたくさんのコースがあり、標識もしっかりしていました。普段なら安達太良山が見えるはずですが、今日の山は荒れ模様。

鏡沼です。手前の温泉宿は吉幾三がお忍びで良く来ると噂の宿。

岳温泉のウォーキングコース脇に咲いていたオダマキ。

お昼は、福島市のラーメン屋「こばや」へ。これはけんいちの食べた煮干し中華。850円は高い気もしますが、麺の量は並・中・大で同料金。とにかく味が最高だったので、高いとは感じませんでした。また行きたいと思いました。

ぽこゆうこは、塩中華に味玉トッピング。850円+味玉150円ですが、美味しかったので満足したとのこと。

午後は、二本松の東和地区にあるクマガイソウの群落を見に行きました。一般家庭の庭の一角を開放していて、私たちはほぼ毎年見に行かせてもらってます。協力金として300円が必要です。入り口には見事な藤棚がありました。

クマガイソウの大群落。見事です。

光の入らない写真の方が、無難で良い物が撮れます。ひとつ前の写真が良い例です。が、やはり、スポットライトが当たると絵が更に引き立つような感じがします。

光と影とクマガイソウ。自分はこの写真が面白いと思ったのですが、どうですかね。やっぱり、花の写真は曇り空が無難なのかな?

さくら巡り 2020年4月14日

今日は風が強そうなので、バックカントリースキーはやめてゆっくりとさくら巡りをしながら北上。明日月山でBCスキーをすることとします。
まず、最初に訪ねたのは、紅枝垂れ地蔵桜。後ろの雪山は安達太良山です。

下から見上げたところ。

次は、常林寺の桜。

同じく常林寺の桜。

山田の天王桜。

是哉寺地蔵桜はちょっと早かったみたいです。

合戦場の枝垂れ桜は満開でした。

中島の地蔵桜。少し空が白っぽくなってきてしまいました。後ろの安達太良山も霞んでいます。

秋山桜。

山形へ移動して道の駅で車中泊です。
明日は月山でBCスキー、天気が良いと嬉しいなぁ。

さくら巡り 2020年4月9日

コロナウイルスが流行っているようなので、3つの密を極力避けながら、福島のさくら巡りをしてきました。まず最初は、近所の横田陣屋屋敷の桜。見事に満開でした。

次は、須賀川、釈迦堂川の桜。青空と鯉のぼりが良い感じ。

谷田川の桜。

こちらも、谷田川の桜。49号線からも高台に咲いているのが見えます。

三春の弘法桜。

有名な弘法桜でも、見に来る人はあまり居ないので3つの密をしっかりキープ。

高屋敷稲荷神社。桜の名所ではないけれど、青空と赤鳥居がきれいでした。

三春の「村田や」でチャーシューワンタンメンの昼食。

午後一番に訪れたのは不動桜。

滝桜はコロナウイルス拡散の影響で駐車場が閉鎖されていました。桜に近づくこともできないようになっていました。皆さん、遠くの駐車スペースに車を停めて、歩いて滝桜近くまで来て、車道から眺めていました。

本宮、塩ノ崎の大桜。

七草木の天神桜。
この後、合戦場のしだれ桜へ向かいましたが、日が傾き、撮影に適さなくなってしまっていたので、そのまま帰宅しました。


山寺 2020年3月18日

蔵王の刈田岳へ登ろうと、ライザスキー場で天気の回復を待っていたものの、一向に良くならないのであきらめて蔵王温泉に予定変更。上湯共同浴場に入ることにします。

誰も入ってなくて貸し切りでした。新鮮な硫黄泉が嬉しいです。本当は入浴料200円なんですが、去年、蔵王温泉の旅館に泊まった時にもらった無料券があったのを思い出しました。車のダッシュボードに入ってました。思いだして良かった良かった。

その後、山形市内のケンチャンラーメンへ。太めの麺に魚介系スープが絡んで美味しかったです。

その後は山寺へ久しぶりに行ってみることにしました。

サルがいっぱいいて写真を撮ると威嚇してきます。怖かったなぁ。

岩山にへばりつくように祠のようなものがたくさんありました。何だか去年行ったブータンのタクツァン僧院にそっくりだなぁと思いました。

一番てっぺんから山寺の集落を見下ろします。朝よりは天気は回復して来たみたいです。明日は晴れてほしいです。

明日は湯殿山へバックカントリースキーに行く予定で、今日は道の駅寒河江で車中泊です。

北海道BC旅 その6 札幌雪祭り 2020年2月6~7日

塩田丸山のあとは、小樽に戻って「あっぱれ亭」でみそラーメンを食べました。チャーシューも麺もスープもとても美味しかったです。

続いて、石狩温泉へ。

何と、温泉に入るカピバラを見ることができました。泉質は茶色のモール泉でヌルヌル系でした。

札幌では大通り公園にも近いビジネスホテルに宿をとりました。そして、夜のススキノへくりだします。

札幌雪まつりを見て周りました。

ポーランド広場。

アイヌをモチーフとした雪像です。

ぽこゆうこの友人と合流して居酒屋で盛り上がり、最後の締めはやっぱり札幌ラーメン。

翌日は支笏湖の氷濤(ひょうとう)まつりを見に行きました。

雪ではなく、水を凍らせて作られているのだそうです。

とても寒いです。

氷の水族館。

氷でできたお城の窓。

滑り台もあります。滑っているのはぽこゆうこ。

北海道BC旅、最後の締めもやっぱりみそラーメン。千歳の有名店「麺や麗」。ここも大変美味しくいただきました。

レンタカーを返して新千歳空港へ。楽しかった北海道も終わりです。
また、来年も来たいと思います。

北海道BC旅 その4 小樽の夜 2020年2月5日

ニセコから小樽へ移動してきました。今夜の宿は運河の近くのビジネスホテルです。

場所は最高なんですが、部屋六畳ほどの和室。雪で濡れてしまった山道具などを乾かすと、自分たちの居場所はさらに狭くなり大変でした。

夜は小樽の寿司屋街へ。寿司、カニ、イカ、ホッケと財布のひもを緩めて堪能しました。

イカソーメン最高に美味しかったです。

ホッケも大きくて大満足。

今季一番の寒気が来ているとのことで、運河も凍り始めていました。

紅葉ドライブ 2019年11月13日

今日は天気も良いので志津倉山へ登る予定でした。荒々しい岩壁と紅葉の写真が撮れるかなと思っていたのに、台風19号の影響が1カ月経った今でも残っていて、会津もあちこち通行止め。登山口まで行くこともできなくて、結局は紅葉ドライブとなりました。

でも、結果的には今年のベストショットともいえる撮影ができて満足な一日となりました。

矢吹町のすき家で、まぜのっけ朝食ミニ(税込み320円)を食べ、これお気に入りです。甲子街道の雪割り橋へ。紅葉の名所です。橋が老朽化しているため、新しい橋を建設中でした。

甲子トンネルを抜けて下郷町から昭和村へ、県道346号を通っていると何と台風19号の影響で通行止め。昭和村へ行くには会津田島を経由しなければならないとのこと。遠回りだけれど、仕方ありません。昭和村まで来るとお目当ての喰丸小学校の大イチョウの撮影です。

イチョウの黄色って何とも言えず好きです。咲いている時も綺麗ですが、散ってしまった後もまた美しい。レトロな小学校校舎とイチョウの落ち葉、雲一つない青空、とても満足のいく撮影ができました。

人それぞれ好みは分かれるでしょうが、私はこの縦のアングルが気に入りました。自分の中で、今年のベスト10に入る写真が撮れたと思いました。

喰丸小学校は現在は小学校としては機能していません。現在は交流・観光拠点としてカフェも併設され、映画「ハーメルン」のロケ地にもなったそうです。学校内部は無料で見学することができます。私の通っていた小学校はもっと大きかったですが、古さや作りは同じような感じで大変懐かしくなりました。

教室には机や椅子も置かれていました。

国道400号から志津倉山の登山口へ向かうも台風の影響で通行止め。もう、今日は紅葉ドライブに切り替えます。

更に国道400号を、野尻川沿いの紅葉を見ながら金山町へ向かいます。

金山町まで来ると、只見川沿いの国道252号を進みます。大志集落です。

道の駅「みしま宿」からJR只見線只見川第一橋梁の展望台へ。実は数日前にも来ているのですが、天気が曇り空でしたので、今日は再訪です。素晴らしい景色ですね。良く案内板を見てみると、1日片道6本列車が通るようで、通過時刻も書いてありました。あと1時間後の13時05分に通過するようです。今日は紅葉もなかなか見事だし、せっかくなので列車を入れて撮影してみたくなってきました。

JR只見線只見川第一橋梁を列車が通過するまでの間、1時間あるので道の駅で昼食とします。「新そば」の張り紙に惹かれて、天ざる大盛りにしてみました。税込み830円というのもなかなかお得と思いましたが、自販機の料金設定に誤りがあったのか、630円で食券が買えてしまいました。ラッキー?私の勘違いかもという思いもあり、道の駅にはこの件伝えていません。すみません。

味はなかなか美味しかったです。

昼食後は、展望台で撮影。やはり、列車が入ると写真が格段にいい感じになります。鉄道マニアではないですが、素晴らしい撮影場所だと思いました。列車が3両と短いのも可愛くて良いです。

その後は柳津町の福満虚空蔵尊「円蔵寺」へ。ここも紅葉の名所であります。そして周辺は、映画「ジヌよさらば」(松田龍平主演、西田敏行、阿部サダヲ、松たか子助演)の舞台でもあります。

福満虚空蔵尊「円蔵寺」も紅葉真っ盛りでした。
須賀川まで戻って、夕方、やまゆり荘で温泉に入って帰宅。

今日も良い一日でした。

福島・山形、花巡り 2019年5月15日

2連休です。第一の目的は明日の鳥海山での山スキーですが、今日は花巡りをしながら福島、山形、秋田へとドライブしながら北上してみたいと思います。まずは、福島市水原地区の「クマガイ草群生地」昨年に引き続き来てみました。絶滅危惧種の植物が群生しているということで、毎年県外からもたくさんの花好きや、アマチュアカメラマンが集まってきます。この日も関西方面からのグループが来て撮影していました。

今回の旅行は、ぽこけん夫婦+犬のユキと、一家総出で来ています。福島市上野寺のふじ棚を見に来ました。

ふじ棚とユキ。

見事に、だら~んと垂れてますねぇ~。

近づいて見るとこんな感じです。鮮やか!

山形県の米沢市で昼食。お目当てのラーメン屋は残念ながら水曜日のため定休日。たまたま寄ってみた「からころ食堂」、かなり美味しく良かったです。障がい者就労継続B型作業所が経営する食堂。おすすめのからころカレーをいただきました。カレーライスの上にからあげ3個コロッケ1個乗ってました。

こういう福祉作業所で力を付けて一般企業へ就職していく人も居ます。私は、2005年から20012年までそういう方々をサポートする仕事をしていました。

国は障がい者もどんどん企業で働けというが、企業側は本当に戦力になるのか?と不安になる。大企業では障がい者の法定雇用率を下回れば、国に納付金を納めなければならない。障がいがあっても、ルーティンの仕事ならむしろ、健常者よりしっかりとやってくれると企業側にアピールしたりして。

当然、国はちゃんと進めてくれていると思っていたから、私も企業に強く言えたんです。ですが、2018年、障がい者雇用水増し問題が勃発しました。あのときは、既に障がい者をサポートする仕事をしていませんでしたが、ここ何十年で一番憤りを感じる事件でした。

長井市の白ツツジ公園です。名前通り、白ツツジしかないのがすばらしい。

長井市。好きな都です。かつては最上川交通の要所として栄えましたが、今は山形の大動脈はの米沢、南陽、上山、山形、天童、東根と国道13号線沿いになってしまいました。そんな中、国道287号線沿いの古い町、貴重だと思います。

次に訪れたのは、日本の棚田100選にも選ばれている「椹平の棚田」。ちょうど山形は田植えのシーズンなので、水が張って一面鏡のような良い写真が撮れるのでは?と思っていたのに、山はまだ田植え前なんですね、残念。それにしても、棚田といえば中国の雲南省やベトナム北部を知っている私には、これではインパクト薄いかな?斜度と曲線美が棚田の魅力なのに・・・こんなにきれいに四角の緩い段々畑風の田んぼが日本の棚田何だなぁ~。ベトナムや中国の方が絵的にきれいと思うのは、実際に作業する人を無視した写真家側のひとりよがりなのかもしれません。

寒河江市の寒河江公園。ツツジがきれいでした。

夕方、河北町のべに花温泉で入浴。

その後も北上をして明日の鳥海山登山に備え、「道の駅 清水の里鳥海郷」で車中泊となりました。


福島さくら巡りツーリング 2019年4月22日

今日は快晴です。地元の桜も満開なのでバイクツーリングがてら、巡ってみることにしました。まずは、郡山市の樹齢350年の「上石の不動桜」。満開でした。


特に名前があるわけではない、ごく普通の桜。満開できれいでした。この付近の農村地は、高台の集団墓地に古い桜の木があるパターンも多いです。これらは墓守桜と呼ばれているそうです。


郡山市の「忠七桜」です。電線が目立たぬように撮っても電柱がジャマ!良い桜なんですが、毎度、なかなか撮影に苦労する桜です。


郡山市。忠七桜から紅枝垂れ地蔵桜枝垂れへ向かう途中にある「表の桜」。


樹齢400年の紅枝垂れ地蔵桜です。これも郡山市。


三春町でランチ。お気に入りラーメン店「村田や」にて、けんいちはチャーチューワンタンメン、ぽこゆうこはシンプルに中華そば。


では、午後の部開始!三春町の「弘法桜」。これも樹齢400年の墓守桜。400年前というと江戸時代初期、このころ植えられた桜が多いのは、戦国時代が終わってやっと平和な時代が訪れ、人々の心に余裕ができてきたからなのではと想像してしまいます・・・


三春町内へ移動。三春城主田村家の菩提寺にある「福聚寺桜」。


「福聚寺桜」の桜吹雪。


三春町、「大聖寺の枝垂れ桜」。


三春町「大桜」。


三春町、農村の名も無き桜。


三春町「七草木桜」。これも、古い墓守桜の一つ。


「戸ノ内桜」、三春町。素晴らしい枝ぶりですが、光の当たり方が残念、この桜の撮影は朝が良いようです。


本宮市にある樹齢600年の「塩ノ崎の大桜」。1週間前はまだ5分咲きだったので再訪です。前回は午前の撮影でしたが、今日は午後なので別アングルから撮影。午前のみ、午後のみの桜が多い中、どちらでもOKの万能な桜、貴重な存在です。


二本松市の「合戦場の枝垂れ桜」。


二本松市の「福田寺の糸桜」。


田村市の「小沢の桜」。ここは夕方の撮影が最高。

その後、3か所ほど桜の名所を回るも、どこも光の加減が良くなくて撮影は断念・・・それでも一日天気が持ってくれたので、満足なさくら巡りができました。



福島さくら巡り 2019年4月16日

福島にも春が来ました。桜があちこちで咲き始めています。今日は天気も良いので、花見をしながら北上し、明日は山形の月山あたりで山スキーを楽しもうという計画です。朝6時に家を出発。すき家須賀川店でまぜのっけ朝食ミニの朝食を摂り、セブンイレブンのコーヒーを飲みながら三春の滝桜には7時到着。平日の早朝というのにすでにお客さんでいっぱいでした。


8分咲きでした。樹齢1000年。この桜を毎年見て元気をもらっています。


冬場は留守番が多かったのですが、暖かくなってきたので今回は我が家の愛犬、ユキも同行しています。


滝桜の次に訪れたのは同じく三春のカタクリの里。一面に群生していましたが、平日早朝ということもあり、お客さんもまばらで静かでした。


雪村桜です。室町時代の画僧「雪村」が活動拠点とした雪村庵の桜です。


本宮まで北上してきました。塩ノ崎の大桜。ちょっと早かったかな、5分咲きくらい。

あだたら山もくっきり見えます。


合戦場のしだれ桜です。ここも8分咲きくらいでした。


次は中島の地蔵桜。まだ3分咲き。でも、あだたら山がくっきりと見えました。


川俣まで北上してきました。秋山の駒桜です。後ろの山は女神山。今日はお昼になっても全く雲のない快晴が続いています。


福島市のお目当てのラーメン屋が火曜日で定休日だったので、びっくりドンキーでハンバーグの昼食。


午後は福島市の花見山へ。花見山へ行くにはこの時期、シャトルバスを利用しなければなりません。電話で問い合わせると、犬もシャトルバスに乗れるとの返事。このダンボールにユキを入れてシャトルバスに乗りました。


はじめてのバス乗車に大興奮のユキ。


花見山散策です。


お客さんでいっぱいの花見山。


午後なので、景色がかすんでしまっているのが残念。やはり、ここも早朝がシャッターチャンスが多いんですよね。


明日は月山あたりで山スキーをする予定なので山形の寒河江へ移動してきました。寒河江の市民温泉は茶色のアルカリ系モール泉でなかなか気持ちよかったです。値段も山形価格。今晩は道の駅さがえで車中泊します。