ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


アメリカ

待たせたな、メキシコ! 2015年1月22日

アメリカ・ロサンゼルスからツーリング再開

 

P122002212

さて、今日からツーリングスタートです。朝7時に2泊したモーテルDREAM INNを出発します。早く出たつもりがロサンゼルスのハイウエーはすでに通勤ラッシュが始まっていて大渋滞でした。ロサンゼルスを抜けると車の流れもスムーズになり、405号線→5号線→805号線→905号線とハイウエーを乗り継いでメキシコへのオタイ国境へ向かいました。流れに乗るのが精一杯で、残念ながら写真は撮れませんでした。

アメリカ走行距離266キロ、合計26426キロ

 

 

メキシコ入国

メキシコの入国審査もバイクのペルミソ(許可証)も、2度目なので戸惑うことなく済みました。

1回目のアメリカ→メキシコ出入国のレポートはこちら

 

 

P122002711

前回1泊したティファナは飛ばして、海沿いの道をエンセナーダ目指して走ります。

 

P12201604

丘の上のキリスト像、何だかラテンアメリカっぽくなって来ました。

 

P12201577

ロサリートで昼食にします。

 

P12201596

やっぱり、メキシコといえばタコスです。ひとつ15ペソ(130円)。

 

P122003010

4か月前の悪夢の大転倒を引き起こしたアスファルトが緩んでできた段差、まさに、その現場です。

 

P12200328

前回、鎖骨骨折のため11日間滞在したエンセナーダの安宿、HOTEL RIOに戻ってきました。宿の人たちも覚えていてくれて、肩治ったの?良かったねと迎えてくれました。

 

P12201643

夕方、エンセナーダの港まで散歩に行きました。人間のおじさんっぽいワン公発見。

 

P12201802

ペリカンがいっぱいいました。

 

P12202020

さあ、ここまでは前回と同じ道のりでしたが、明日からは未知の世界が待っています。

 

メキシコ2

エンセナーダまでのルート

今日の走行距離382キロ、合計26560キロ(北中南米大陸の合計)

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

 

 

ロサンゼルスへ無事到着 2015年1月20日~21日

2015年1月20日

メキシコのエンセナーダでまさかの転倒で鎖骨骨折をしたのが、2014年9月20日。その後、日本へ一時帰国をして治療。そして、4か月後の2015年1月20日、旅行を再スタートできることになりました。

 

P11900040

妻のぽこゆうこに成田空港まで送ってもらいました。大韓航空で韓国経由、ロサンゼルスまでのフライトです。旅行が続けられるのは楽しみですが、家族としばらく離れるのはやっぱり寂しいです。長い旅行で心配もかけますが、こころよく送り出してくれる家族に感謝しなければならないです。ありがとう、行って来ます!

 

P12000081

1月20日の午後3時ころロサンゼルス空港に着きました。ESTAの人はこっち、と案内していまして、入国審査の列に並びます。しばらくすると、自分の番が来て、ATMのような画面を見ながら自分で機械を操作します。ESTAの人物認証マシーンのようです。日本語も選べます。指紋や顔写真の撮影が終わるとレシートが出て来ました。レシートとパスポートをイミグレに提出して、簡単な質問に答えて入国審査は終了。ロサンゼルスの気温は16度くらいでしょうか、東京より大分暖かいです。空港からはメトロ駅まで走っている無料のシャトルバスで向かいました。

 

P12000102

メトロ駅からは東行きのグリーンラインに乗り換えます。メトロは切符ではなく、TAPカードをまず購入して、お金をチャージする仕組みです。1回1.75ドルでした。

 

P12000113

メトロのクレンシャー駅で降りて500メートルほど歩くと、予約していたモーテルDREAM INNです。1泊税込で65ドル。宿は日本より高いですね。

 

P12000150ロサンゼルスは相変わらず水道水が消毒のため激マズ、とても飲めないのでスーパーまで歩いて水を買いに行きます。ついでにビールと夕食も。夕食はスーパーの横のパンダエクスプレスという中華料理のファストフード店で買いました。味が不味いのはがまんできますが、こんな中華弁当が700円もするのはちょと高すぎだと思います!無駄に量が多いのもやめてほしいです!

ついでに、スタンドでガソリン価格をチェック。1ガロン約2.5ドルでした。1リッター80円くらいですね。やった~!4か月前に比べ2割くらい安くなってました。一喜一憂する器の小さい中年男子でした。

 

2015年1月21日

時差ボケ防止のために睡眠導入剤を使ったので、まんまと自分の体内時計をだましてロス時間の朝10時起床。ぐっすり眠って爽快です。ちょっと起床時間が遅いと思われるでしょうが、日本時間ではまだ夜中の3時ですからね。

早速行動開始。

メトロ駅まで歩いて、メトロとバスを乗り継ぎ、バイクを預けてもらっているバイク屋さんへ向かいます。

 

P12100185

居ました!久しぶりにヤマハXTと再会です。エンジンも問題なく始動しました。これで、バイク旅行が再開できます。嬉しいです!

モーテルに戻ってからは、また、これからもよろしくな!と心の中で語りかけながらXTをきれいに掃除してあげました。同行二人って言葉聞いたことがありますか?四国八十八か所を回るお遍路はたった一人で旅していても、常に弘法大師と一緒に二人で旅しているという意味です。天下の弘法大師とバイクを並べては失礼だと思いますが、北米で自分が辛い時も快適な時も常に一緒だったのはこのXTです。これからの中南米の道も、相棒のXTを大事にしながら同行二人のつもりで走って行きたいと思います。

 

P12100210

今日の夕食はマックのお持ち帰り。アメリカでは、お持ち帰りはテイクアウトでは通じませんので、トゥーゴーと言うようです。あとですね、セットというと日本では、ポテトやらドリンクが付いた定食のようなイメージで使われますが、これも通じないようですね。ビッグマック定食が欲しい時は、セットは使わず、ビッグマックミールと言います。マック英語はどうでもいいんですが、今の気分は、アイ・ミス・納豆かな。(ミスmissとは失って寂しいという英語)

 

久しぶりの外国へ来て思ったこと

私は、ネイティブのアメリカ人ほど英語が解りませんから、アナウンスされていること、周囲の人々が話していること、アメリカ人にとって当たり前のことが良く分かりません。例えると、度数の合っていない眼鏡をかけているようなものかも知れません。分かる部分もあり、ぼやけて不明な部分もあるのです。ですが、何十年もこの世に生きているからでしょうか、経験や勘を頼りに自分の不足している部分を補うことで、困ったときの解決方法もわかり、ある程度は不安もなく外国を旅行することができるようです。障がいと共に生きている方々も同じような感覚で日々を生きているのかもしれないと、今日、改めて感じています。眼鏡が必要な方であれば眼鏡を、補聴器が必要な方であれば補聴器を、杖が必要な方であれば杖を、それらを失った時を思えばイメージしやすいかと思います。これから、見知らぬ国で多くの方に助けられると思います。自分も、眼鏡を失くした方がもし困っていたら、眼鏡の代わりになるような助けをサッとできるような人になりたいと思ます。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

 

さらば、アメリカ 2014年9月18日

バイクの整備も整いメキシコ国境へ向けて走ります。

 

P91837393

今居る、エル・セントロもメキシコとの国境の町なんですが、アメリカで海を見て置きたいと思って、サンディエゴ方面へもうひとっ走りしてみます。オーシャンサイドって町の名前でしょうか、何だかいい感じ。最初はこんなのどかな道でしたが、サンディエゴが近づくにつれ交通量が多くなってきました。海が近くなってからは、気温も下がり過ごしやすい気候になってきました。

 

P91837402

西へ西へと進んで行くうちについに太平洋に到着。サンディエゴのラ・ホヤというオシャレなエリアです。フェラーリとかポルシェが走っていたりします。我がXT250は荷物からゴム長靴がはみ出していたり田舎まるだし、ちょっと恥ずかしかったです。

 

P91837551

キャンプ場にでも泊まってから明日出国するつもりでしたが、見つかりません。まだ、3時30分だし国境越えちゃおうかと、サンイシドロボーダーからメキシコへ行ってみましたが・・・

 

バイクの一時輸入許可証(ペルミソ)を作ってもらうため、入国してからサンイシドロのバンヘルシート(Banjercito)まで人に聞きながら行って見ましたが、サンイシドロのバンヘルシートではペルミソを作ることができない、10キロほど東のオタイボーダーのバンヘルシートへ行って作るように言われました。この時点で4時30分、バンヘルシートは午後6時までやっていると言われましたが、それらの手続きをやってからティファナで宿探しをしていたら日が暮れてしまうと判断して、この日は一旦アメリカ側へ戻って明日出直すことに決めました。

 

P91837570

アメリカ側へ戻ってサンディエゴのオタイ(Otay)ボーダーの場所を確認した後、近くでキャンプしました。周辺にはボーダーパトロールの車がたくさん居て、日が落ちるまでヘリコプターが飛んでいましたから、密入国の人をチェックしているのかもしれません。

 

今日の走行距離361キロ、合計25543キロ。

 

アメリカ18

サンディエゴまでのルート

 

アメリカデータ

走行距離 9109キロ

滞在日数 37日

使ったお金 1950ドル(ズボン60ドル、バイク修理530ドル、バイクパーツ整備177ドルを含む)

1日平均の出費額 32,0ドル(上記を除いたガソリン代、宿泊費、食費、施設入場料など)

 

ガソリン代 リッターあたり0,9ドル~1,1ドル

食料品 パスタ1,5ドル、ツナ缶0,7ドル、ソーセージ5本で3ドル、玉子6個1ドル、米1キロ1ドル

ビール 350ml6本で6ドル

キャンプ場 10ドル(州立)~21ドル(カナブの民営キャンプ場)

宿 モーテル44ドル~60ドル

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

メキシコへの準備 2014年9月16日~17日

2014年9月16日

もう、アメリカにもう思い残すことはありません。充分堪能しました。何といってもザ・ウエーブが良かったし、アンティロープ・キャニオンもすばらしかったです。今回はバイク旅で田舎中心のアメリカ旅行になりましたが、20年ほど前にはバスでロスからマイアミ、キーウエストも行ったし、ニューヨークで仕事を探したこともありました。今回はこれで、アメリカはもう十分です。アメリカにケチを付けるわけではありませんが、アウトドア好きの自分は物価が高いとは言え、カナダの方がウンと自分にフィーリングが合っていた気がします。アメリカを旅することで、よく似ている自然豊かなカナダの良さが増々際立ってきた感が強いです。

 

アメリカでやって置かねばならないことがいくつかあります。中南米で使うドルを作って置くこと。これはもうすでにやりました。今やトラベラーズチェックはなくなってしまい、カードの時代です。アメリカのATMを利用して先日、楽天の国際キャッシュカードで1000ドル、クレジットカードで1000ドル引き出しました。私も、国際キャッシュカードで自分の口座からお金を下すのと、クレジットカードでキャッシング(借りる)のとどっちが得なのかなと疑問に思っていたのですが、結果が判明しました、クレジットカードでキャッシングの方がちょっと得なことが分かりました。

詳細は以下です。

その日の外国為替レートは1ドル104米ドル。

楽天国際キャッシュカードから1000ドル引き出し、プラスATM手数料3ドル、計1003ドル→107600円

VISAのオリコクレジットカードでキャッシング1000ドル引き出し。プラスATM手数料3ドル。計1003ドル→105782円

でした。

 

それから、バイクの整備です。メキシコに入ってからでもできるとは思うし、逆に安いかもしれませんが、アメリカにいるうちにリアタイヤとドライブチェーンの交換をしておこうと思いました。ドライブチェーンはカナダのバンクバーからずっと予備を持っていますが、タイヤはこれから探しながら進んでいこうと思います。

 

P91637260

どんどん標高が下がり、暑くなってきました。いつの間にか、ロスも近づいて来ました。

 

P91637291

エル・セントロといういかにもメキシコ国境らしい名前の町のバイク屋でリアタイヤを注文しました。早ければ明日届くだろうということです。町の電光掲示板によると、気温は102F(39度)暑いわけです。モーテルに泊まりたかったけれど、夕方からのチェックインではもったいないなと思って今日は郊外の砂漠でキャンプ。夜中、パンツ一丁でも暑かったです。

 

今日の走行距離557キロ、合計25086キロ。

 

 

2014年9月17日

 

P91737320

今日は朝から宿探しです。中には1泊25ドルなんてのもあったけど、今どきアメリカでwifi無しというのはパスしました。何せ、電話持ってないので注文したタイヤが来たかどうかメールをもらうことになってるので。ということで、ここスーパースターインに泊まることにしました。ここは税込44ドルです。

 

P91737352

40度近い気温から逃げ、冷房の効いたモーテルで数日ぶりのシャワー&洗濯をしていると、タイヤが来たとのメールあり。午後からバイク屋へ向かいました。工賃ですが、チェーン交換が59,5ドルは良いとして、タイヤ交換が問題でした。バイクからホイールを外した状態だと24ドルだけれど、バイクごと持ち込みだと75ドルと3倍も違うんです。店先でホイールを外そうとしていると、店員がそれやると店長がうるさくてね、と恐縮しています。じゃあ、モーテルに戻ってホイール外して来るは、と言って実は、1ブロック先の他店の駐車場でホイールを外して、えんやこらとバイク屋へ持って行って24ドルでやってもらってから、また、他店の駐車場でホイールをバイクを組み直しました。何でこれだけのことで、50ドルも値段が違うのかな?ま、店員さんは皆良い人でしたけど。

 

P91737381

そんな、こんなはありましたが、これで、バイクの整備完了。写真はちょっときたないですが、タイヤもチェーンも新品です。いつメキシコへ行ってもOKの状態になりました。

 

今日の走行距離96キロ、合計25182キロ。

 

アメリカ17

エル・セントロまでのルート

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

グランンドキャニオン・サウスリム 2014年9月15日

昨日、グランドキャニオンサウスリム付近でキャンプしていたので、今日は朝焼け狙いで夜明け前に起床。暗い内から行動開始です。

 

P91536100

迷ったあげく、あまり有名すぎず、無名すぎずというところで、グランドビュー・ポイントというところで夜明けを待つことにしました。メジャーなサウスリムにあってギャラリーも多すぎず、静かな夜明けを堪能できました。

 

P91536601

グランドビューポイントから見た、朝日の当たるグランドキャニオン。とてもきれいでした。

 

P91536912

朝日がすっかりのぼった後、メジャーなマザーポイント方面へ移動。途中で鹿に遭遇。普通アメリカで会う鹿は、会った途端に猛ダッシュで逃げてしまいます。そのもうダッシュのスピード、跳躍の高さ、姿形の美しさにいつも見とれていましたが、国立公園の鹿はちょっと違うようです。人間を全く恐れず、何か用?みたいな顔でこっちを見ています。写真に撮れたのは良かったけれど、住んでいるところでこうも人間に対する姿勢が違うものかとビックリしました。

 

P91537093

ヤバパイポイントからの眺め。ここの博物館でちょっと勉強になりました。ノースリムの標高は約2100m、サウスリムの標高は約2400m、ノースリムからサウスリムまでの距離は約16キロ、谷底に流れるコロラド川の標高は約700m。ということは、ここから谷底までの標高差は1400m。標高差1400mというと、丁度、鳥海山の湯ノ台ルートと同じ。谷底までのトレッキングルートはあるようですが、谷底日帰りはかなり健脚じゃないと難しいですね。帰りが登りというのも先が読み難いので体力配分が難しそうです。あまりに巨大すぎて距離感が分からなくなってしまいます。すぐそこに見えるけど、思った以上に距離があるのがグランドキャニオンだと分かりました。

 

P91537144

リスも鹿同様、あまり逃げません。自分たちが保護されていることを動物たちも知っているんでしょうか。国立公園内の動物たちはとてものんきでした。

 

P91537215

グランドキャニオン・サウスリム、確かに良かったけれど、自分個人的には昨日のアンティロープ・キャニオンの方が感動が大きかったです。その後、フラッグシップという町を通りすぎました。ここは前々から、メキシコに入る前にバイクを整備するのに良いポイントと思っていました。なぜなら、標高が高く過ごしやすそうで、人口もそれほど多くないのでバイク屋も見つけやすいと思ったからです。ところが、今日は日曜日。アメリカのバイク屋は日曜月曜と2連休のところが多いのです。しかも、フラッグスタッフの長期予報はずっと雨。スルーすることにしました。そのあと、パワースポットで有名なセドナの町(上の写真)を通過、気に入れば滞在しようかとも思ったのですが、町を行ったり来たりしてみたものの、私が鈍感なのか、パワーも魅力も感じることができずこの町もスルー。

 

P91537246

結局、プレスコットという町郊外まで走ってキャンプすることにしました。もう、メキシコも射程範囲にきました。アメリカであとやることと言えば、リアタイヤ交換とチェーン交換くらいです。明日からはそれらのできるバイク屋を探しながらメキシコ国境方面へ進んで行きます。

 

今日の走行距離392キロ、合計24529キロ。

 

アメリカ16

プレスコットまでのルート

 

 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

アンティロープ・キャニオン 2014年9月14日

ザ・ウエーブで二人の日本人女性が薦めていたアンティロープ・キャニオンへ行くことにします。

 

P91434570

アンティロープキャニオンにはアッパー(上流)、ローワー(下流)のキャニオンがあります。最初アッパーへ行くとツァー代金が40ドル、ナバホ族エリア入域料8ドル、計48ドルと言われました。じゃあ、ローワーはいくらなの?と聞くとツアー代金20ドル、ナバホ族エリア入域料8ドルで計、28ドルとのこと。どちらにしても高いなぁ、ツアーじゃないとダメなの?と聞くと、ツアーでしか入れないとのこと。まぁ、ローワーへ行くことにして、2軒ツアー会社があるうち、KEN’S TOURという馴染みやすい名前に惹かれてここに申し込みました。

 

P91434581

これが、プライスリストです。ここは国立公園ではなく、あくまでもナバホ族のエリアです。国立公園などよりかなり高めの料金設定で設備もそれなりではありますが、ここのキャニオンは本当に凄かったです。グランドキャニオンなどはもっと規模の小さいものはどこかで見たことがありましたが、この、アンティロープキャニオンのような世界は初めて見ました。結果、28ドルは私には全然高くなかったです。このような場所があったのかと感動しました。

 

P91436012

さて、アンティロープ・キャニオンとはどんなところなのかというと、一見、このような大地にあるただの割れ目です。割れ目の幅は1メートルほど、深さは5メートルから10メートルくらいだったでしょうか。鉄砲水によって岩が削られてできたそうですが、これが何とも美しい岩の曲線の不思議な世界でした。もし、小人になって人間の体の中を旅することができたら、こんな世界が見えるかも、そんなふうに思いました。では、中へ入っていきます。

 

P91434913

階段を10メートルくらい下りて川底に着いたところです。

 

P91434944

上の狭い割れ目から淡い光が差しています。ところどころ、人がひとり通るのがやっとの狭い場所があったり、いきなり広くなったりします。

 

P91435135

なぜこのように岩が削られたのでしょうか。

 

P91435186

曲線と淡い光が独特の世界を作り出しています。

 

P91435557

こんなところがあるとは全く知りませんでした。アンティロープ・キャニオン、かなりおススメです。

 

P91435638

彼女たちに教えてもらって、来ることができて良かったです。

 

P91436020

この日はさらに移動して、グランドキャニオン国立公園サウスリム付近でキャンプしました。

 

今日の走行距離420キロ、合計24137キロ。

 

アメリカ15

グランドキャニオン国立公園サウスリムまでのルート

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

グランドキャニオン・ノースリム 2014年9月13日

カナブからグランドキャニオン国立公園へ向かいます。グランドキャニオンにはノースリム(北の淵)とサウスリム(南の淵)がありますが、今日行くのはノースリムです。

 

P91333982

バイクでのグランドキャニオン入場料12ドルを支払って公園内へ入りました。このチケットは1週間有効でサウスリムでも使えます。先日キャンプ場で会ったドイツ人のクラウスさんに、サウスリムは観光客で大混雑しているからノースリムがおススメと聞いていたのですが、ノースリムには決定的な欠点があることに気付きました。考えてみれば当たり前なのですが、北から南を眺めるので風景が全体的に逆光気味になって白茶けてしまうことです。早朝か夕日の時間以外は写真的にはちょと難しいと思いました。

 

P91334211

それにしても、渓谷の対岸までの距離が16キロとは驚きです。距離感が麻痺してきそうです。

 

P91334340

ノースリム観光は自分にとっては、写真が上手く撮れなかったのでいまいちの印象となりました。サウスリムに期待したいと思います。今日はヤコブレイク付近でキャンプです。

 

今日の走行距離465キロ、合計23717キロ。

 

アメリカ14

グランドキャニオンまでのルート

 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

ザ・ウエーブ 2014年9月12日

世界有数の絶景と言われているザ・ウエーブ。岩の保護のため入場者数を1日20名に限定しています。

20名のうち10名はインターネット抽選、後の10名は前日にザ・ウエーブから80キロ離れた、ユタ州のカナブで行わる抽選会で決まります。

昨日抽選会で大当たりして入場権利をゲットしたので、今日行って来ました。

もったいぶっても何なので、まず、ドドーンとそのザ・ウエーブの写真を載せちゃいます。

 

P91233620

凄かったです。地球にこんなところがあって良かった、自分の目で見ることが出来て良かったと心から思いました。

 

P912325310

話を戻しますね。ザ・ウエーブまでの道は日中とても暑くなるということなので、今朝は6時30分にカナブのキャンプ場を出発しました。89号線を走っているうちに夜が明けました。この時間はまだ、ダウンジャケットをを着ても寒いくらいに冷えこんでいます。道はダートになり、カナブから約80キロ離れたWire Pass Traihead というところに駐車場があり、トレッキングのスタート地点となっています。

 

P91232569

朝の8時ころスタート。GPSを頼りに歩いて行きます。

 

P91232818

9時を過ぎたころから急速に温度が高くなってきました。Tシャツでも汗が出てきます。オレンジ色と白の縞模様の山々が見えだしてきました。

 

P91232867

ザ・ウエーブまではこんな感じの景色が続いていました。

 

P91233504

そして、スタートから1時間半ほど歩いて、9時30分ころザ・ウエーブに到着しました。もう、ビックリ&感動でした。

 

P91233165

よくもまあ、こんなに美しく岩の層が波打っているものです。まるで、ここだけこの世の場所ではないような錯覚に落ちいってしまいそうですが、まぎれもなく、ここは地球であり、アメリカであり、自分が今、ここに立ってこの景色を見ている。このような場所が在って良かった。ここに来れて良かった。見れて良かったと本当に思いました。

 

P91233632

昨日の説明会ではトレッキングは6マイル(9.6キロ)と言っていましたが、実際は5.5キロほどでした。ザ・ウエーブ以外にも見所があるようなので、それらすべて回ると6マイルなのかもしれません。

 

P91233573

実際行って見て、1日20名というのもわかる気がしました。何層にも分かれた岩の断面は、所によってもろい部分もあるようで、連日大勢の人が押し掛けると欠けてしまう部分もありそうな感じでした。

 

P912335811

昨日、私と同じくめでたく当選した日本の女性2人組に話をお聞きすると、今日の入場許可を得るためのインターネット抽選は700以上の応募があり、彼女たちはそれに外れてしまって現地カナブでの抽選会に来たとのことです。今回は6日間の旅行で来て、1日目は外れてしまい、2回目の昨日大当たりして今日来ることができたそうです。現金なもので、それを聞いてますますここへ来れて本当に良かったなと思うんです。今回の抽選会、ラスベガスで10万、いや100万、ん、100万はもとい、20万円儲けるよりある意味素晴らしい大当たりだったな~と、気分だけはかなり懐があったかい気分になれました。

 

P91233701

帰りに見かけたトカゲさん。世界各地のトカゲをみてきましたが、水玉模様のトカゲさんは初めてかも?良く自分の役割をわかっているようで、写真撮影の時だけ静止状態キープしてくれました。

 

今日の走行距離163キロ、合計23252キロ。

 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ザ・ウエーブ抽選会 2014年9月10日~11日

2014年9月10日

 

P91032280

ラスベガスの滞在を終え、15号線のフリーウェー(高速道路)をセントジョージ方面へ向かっていました。先週悪天で断念したザ・ウエーブの抽選会の行われるカナブの町へ今日中に向かい、明日その抽選会に参加する予定です。所が、60キロほど進んだところ、フリーウエーが通行止めになっていました。テレビ局の車だけが、その先へ向かっていますが、一般車は引き返して行きます。このときは、交通事故でもあったのだろうと思っていました。

 

P91032291

う回路といっても、日本のように網の目のように道路が張り巡らされているわけではないので、数百キロもまわり道をさせられることになります。そのうち、通行止めの理由が何となくわかって来ました。う回路の道路の脇がえぐれていたり、道路に土がかっぶっていたり、普段は涸れた川と思われるところを大量の水が流れた跡が見えました。聞いて見るとやはり、大動脈のフリーウェー15号線は水害で通行止め、しばらく通れないだろうということでした。

雨を避けるためにラスベガスへ逃げて来たのは確かですが、まさか水害が起こるほどの雨だったとは驚きました。自分の判断が正しかったことを再認識しました。

でも、それからが大変。明日抽選会に出たいので何としても今日中にカナブまで行っておきたいと思って走りに走りました。水害がなければ400キロ弱のときろ、663キロも走りました。午後8時、日が暮れてからカナブに無事到着しました。これは、私の1日のバイクでの走行距離の過去最高記録です。

今日の走行距離663キロ、合計23064キロ。

 

2014年9月11日

 

P91132474

朝8時30分、カナブの抽選会場へ向かいました。大雨でザ・ウエーブまでの道が閉鎖されないか心配でしたが、大丈夫だったようで、予定通り抽選会も行われるようです。おそらく、雨は全体的というより、集中的にある場所で豪雨となってフリーウェーを破壊してしまったのでしょう。

 

P91132330

ぞくぞくと抽選会場に人が集まってきました。世界有数の絶景と言われるザ・ウエーブですが、岩の保護のため1日の入場者数を20名に限定しています。20名のうち10名はすでにインターネットによる抽選会で決定しています。ここは現地抽選会場です。残りの10名をロトで決定します。10名選ばれると、翌日のザ・ウエーブの入場権利が与えられます。

抽選会の受付は朝8時30分

場所はGrand Staircase-Escalante Visitor Center 住所は745East Hwy 89 Kanab

抽選会の参加者はざっと目で数えたところ55名。所定の用紙に名前、住所、車のナンバープレート、緊急時の連絡先などを記入します。私の番号は18番。この抽選会は何度チャレンジしても良いようなので、カナブの町に滞在しながら数回目のチャレンジという人もたくさんいます。私は今日を含めて2回だけチャレンジ、それがダメだったらあきらめようと決めていました。

 

P91132370

私の番号は18番。抽選会は9時に始まりました。

 

P91132402

スタッフの人がこのボールの入った抽選マシーンを回転させ、自分の番号が出てきたら大当たりというわけです。

 

P91132463

そして、あっさり当選、大当たりでした。明日のザ・ウエーブ入場権利獲得です。ラスベガスのカジノで運を使わずためて 置いたのが良かったのでしょうか。

 

P91132485

当選者はは残って、その場で7ドルを支払い、ザ・ウエーブの入場許可証をもらいます。

 

P91132496

そして、GPSデータなども書いてあるザ・ウエ-ブへのトレッキング地図をもらいました。英語の他、各国語も準備されていて日本語版もありました。ザ・ウエーブまでは国道から約13キロバイクでダートを入ったあと、10キロトレッキングになるようです。注意事項の説明と質問コーナーがあって抽選会は解散となりました。

 

P91132507

自分のGPSにトレッキングルートのデータをダウンロードしておきます。

久しぶりの長いトレッキングになりますが、頑張って行ってきます。

 

今日の走行距離25キロ、合計23089キロ。

 

アメリカ13

カナブまでのルート

 

 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

ラスベガスでの日々 2014年9月7日~9日

グランドキャニオン方面の天気がしばらく崩れるので、ラスベガスへは雨を避けるために来ました。

ラスベガスといえば砂漠にできたカジノとネオンの街ですが、私は結局カジノを一度もせずに滞在を終えてしまいました。カジノをしようとも、しないとも決めていなかったのですが、やったことがないこともあり、何となくタイミングを逸してしまった感じです。

ということで、カジノ無しのラスベガス滞在ではありましたが、期待以上に快適で楽しく過ごすことができました。

 

P90932130

こちらが、私が3泊したエルコルテス・ホテルです。手前の2階建て部分がビンテージ館。カジノの2階の旧館です。後に見えるビルが新館です。ラスベガスは大きく分けると、ストリップ地区とダウンタウン地区に分かれています。きらびやかな中心部はストリップ地区、ダウンタウンはかつての中心部でしたが、今は人気をストリップ地区に取られてしまっている感じです。平日のダウンタウンのしかも旧館ということで、インターネットで3泊4日、6841円で予約することができました。この宿を拠点にラスベガス観光をしていきます。

 

P90831560

ここはダウンタウンの中心部、フレモント通りです。宿から歩いてすぐです。ストリップ地区に人気を取られているとはいえ、それなりに活気はあります。ラスベガスの宿で自炊して警報機でも鳴らしてしまっては大変なことになるので、食事はたいていマクドナルドのテイクアウトを利用しました。とても便利な地区で快適でした。

 

P90931881

ストリップ地区へは、24時間2階建てのバス(24時間チケットが8ドル)が頻繁に往復しているので気軽に行くことができます。ストリップ地区のカジノホテルはそれぞれテーマを持っていて、建物を見ているだけで面白いです。これはイタリア、ベネチアのリアルト橋ですね~。

 

P90932033

こっちは、ニューヨーク。本当に良くできています。

 

 

P90931912

ちょっとびっくり。ラスべガスの白バイは何と私と同じバイク、XT250です。

 

P90932214

私が一番好きだったサーカスショー。実はサーカスが大好きなんです。でも、ちょっと消化不良になっちゃいます。何故かというと、無料ショーなのでしょうがないのですが、サーカスショーを10分やると50分休みくらいのペースでしか見ることができないんです。あくまでも、サーカスはメインではなく客を寄せるためのショーで、次のショーまでの待ち時間はカジノをお楽しみくださいというスタンスなんです。だから、ぶっ続けでサーカスを見たい私のような客はじれったくなっちゃうんですね。

 

P90932266

ラスベガスも不景気だからか、このところ無料ショーの中止が続いているそうです。大人気だった海賊ショーやマスカレードショーも無くなってしまったそうです。今見れるのはこの噴水ショーや火山噴火ショーなど、その他いくつかあるそうですが、減少傾向にあるようです。

 

P90932245

カジノ無しの地味なラスベガス観光になりましたが、私としては充分楽しめました。いつでもホットシャワーの出る部屋に泊まって、歩いて繁華街まで出て行けて、今までのキャンプ旅とは全く違った経験がアメリカのもっともアメリカらしいこの街ででき、良い思い出になりました。

明日からはまた、自然いっぱいのところへ戻って行きたいと思います。

 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ