ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


カナダ

森と湖を抜けて 2014年6月25日

おはようございます。デリックレイク、ニジマスは釣れるし、無料だし、静かだし、なかなか良いところだけど、蚊が多いです。朝から攻めてきます。

 

P62511695

今朝もキャンプサイト横の湖で釣りをしてみます。

 

P62503680

今朝も開高けんいち、3匹頂きました。

 

P62511767

朝食は焼きニジマスとご飯。ここのニジマスは身が鮭のようにオレンジ色をしています。

 

P62503722

釣り三昧で楽しかったデリックレイクのキャンプサイトから国道16号へ戻ってきました。あちこちにある無料のレクレーションサイトの看板は、このように見落としそうなほど地味です。大抵ガラガラに空いています。

 

P62511859

道沿いの風景は、森と湖の繰り返しが延々と続きますが、美しいのであまり飽きるということはありません。

 

P62503753

今日のお昼は、サッポロ一番。はい、また、です。いけませんか?これが簡単でいいのです。周りにお店なんかないですし、あっても入りませんけど。実は、カナダへ来てまだ一度も外食をしてなかったです。ファストフードで7ドルとか使うならスーパーマーケットで肉とか野菜買った方が良いかなと思ってしまいます。まだ、当分自炊生活が続きそうです。ところで、このサッポロ一番、ピカンテ味ですよ。ピリ辛が癖になります。

 

P625119111

イスカット村は昨日寄った、トーテムポールのあったキワンクール以降370キロぶりの村です。ここで給油。僻地価格でリッター1,68ドル(168円)でした。都会より20~30円くらい高いです。

 

P625119210

今日の目的地のキャンプ場目指してもう少し走ります。

 

P625120112

今日のキャンプ地は、モーチュアレイク・レクレーションサイト。やはり、ここも無料です。

 

P625120313

テーブルの周りに木の棒で枠が作ってあるのがわかりますか?

 

P62503834

熊対策で食糧をテントに入れて置けないので、この木の棒に食糧や調理道具を吊るして置くための物です。

 

BC州6

モーチュアレイクまでのルート。今日の走行距離374キロ。合計4494キロ。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 

北をめざして釣~リング 2014年6月24日

昨晩から今朝までずっと雨、このまま数日雨が続くのでは?と心配でしたがテントの中で休んでいると、8時ころから晴れ間も出てきました。良かった!ホットシャワーを浴びて出発。キャンプ場オープン中、キャンプ代15ドルと書いてあるものの、昨日も今朝も誰も居なくてお金を払えずじまい。まあ、良いか。

 

P62411083

しばらく16号を進みニューハゼルトンという村で休憩。オリンピックで金メダルを取った人の出身地だそうです。先住民の方のようですね。

 

P62411104

国道から寄り道してキスピオックスという村を目指して進みます。畑にカナダの案山子がありました。案山子は世界中あちこちで見かけます、やっぱり効果はあるってことでしょうね。

 

P62411185

インディアン村という看板があったので寄ってみることにしました。観光地として整えられた公園になっていて博物館やキャンプ場が併設されていました。公園だけなら無料なので見学してみることにします。先住民の人たち、顔も私たちアジア人にそっくりだし、トーテムポールの彫刻も家に描かれた絵もどことなくアジアに通じるものがあるような気がします。

 

P62411340

地図ではキスピオックスの先にも道があり、100キロほど先で37号線へ合流するはずでしたが、村のガソリンスタンドに行って聞いて見ると、この先はひどい道で村もないし、危険だからやめた方がいいと先住民のおばさんに止められました。地元の人がそういうならと引き返します。

 

P62411417

16号からは37号線へ右折して一路北上。730キロ先のアラスカハイウエーとのジャンクションへ向けて走ります。

 

P62411428

16号と37号の分岐にあったガソリンスタンド。ここで満タンにしておきます。

 

P62411479

天気も回復してきたようで一安心。先は長いのでのんびり行くことにします。回りの景色を楽しみながら60~70キロくらいのスピードで進みます。

 

P62403581

次のガソリンスタンドまでの距離が表示し、注意を促しています。

 

P62403570

なんか、楽しそうな看板にも見えますが、鉄の橋だからスリップしないでね、の表示です。

 

P62411531

37号線に入ってすぐのキトワンクールという村に立ち寄ってみました。この村にもトーテムポールが並んでいました。この先、16号沿いにはガソリンスタンドやモーテルはあっても村は300キロほど北のタトンガまでありません。

 

P624116012

16号から6キロほど枝道を入ったところにあるデリックレイクの畔にあるキャンプ場で泊まることにします。ここは州立公園ではなく州のレクレーションサイトと呼ばれるもので無料で泊まることができます。探すとけっこう沢山あります。設備はトイレとテーブル、ベンチくらいで簡素ですが、いつ行っても空いているし、何より無料なのがありがたいです。

 

P62411592

はい、こんにちは。開高けんいちです。早速デリックレイクで釣りをしてみると、ニジマスが立て続けに5匹釣れました。食べきれないので3匹だけいただくことにしてあとはリリースしました。

 

P62403622

本日のパスタ。ニジマスと玉ねぎのしょう油マヨネーズ味。なかなか美味かったです。このところ、蚊の勢いが増しています。日本の蚊と比べると2倍くらいの大きさのが大群で攻めてきます。バンクーバーで買っておいた蚊よけネット、最近買った虫除けスプレーが重宝しています。

 

BC州5

デリックレイクまでのルート。今日の走行距離231キロ。合計4120 キロ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

カナダで林道ツーリング、モーリスタウンまで 2014年6月23日

おはようございます。実は数日前インターネットで週間天気予報をチェックしたんですが、今日、23日は雨の予報がでていました。朝起きると薄曇りの空。ほっとしました。ラジウム温泉のときのように5日間も雨になったらたまりません。

 

 

P62303420

3500キロ走ったので朝のうちにオイル交換しておきます。これで2回目の交換です。

 

P62303461

16号線を進みます。周囲は農家が多くなってきました。こんなのどかな看板を見つけました。

 

P62310761

どの農家も、道沿いに番地名を書いた表札を立ていますがここの家のはなかなかユニークです。古い耕耘機の部品やガスボンベで作ってありました。

 

P62310832

ちょっと今日は寄り道してみます。国道16号から外れてバビンレイクの方へ。さすがに交通量が少なくなります。道端にはこんな綿帽子のような花が咲き乱れていました。

 

P62310903

バビンレイク手前のレストエリアで昼食。今日は何と、サッポロ一番のやきそば味です。

 

P62303502

青のりまで付いていて感動です!たまりません。

 

P62310938

バビンレイク湖畔のグラニスクという村で給油しました。店からは先住民族の若者が出てきて給油してくれました。大きな町では白人が目立ちますが、こういう辺鄙な村では先住民の人の比率が高いようです。

 

P62311040

グラニセリからは62キロの林道ツーリング。道もフラットで走りやすかったです。

 

P623110610

何だか雲行きが怪しくなってきてしまいました。天気予報はやっぱり合っていたんですね。林道ツーリングは楽しかったけれど、珍しい動物に会えるかな、良い釣り場はあるかなという期待は外れてしまいました。

 

P62303543

その後、16号線に出てから今日のキャンプ場はどこにしようとGPSに電源を入れてみるものの、案山子農園で入れて置いたはずのキャンプ場データが入っていません。どうも、ポイントメモリーが一杯だったようです。道路脇のレストエリアで日本の山のポイントデータを100件ほど削除してから、パソコンを起動してキャンプ場のポイントデータをGPSへ転送しました。これでホワイトホースまでのキャンプ場探しはOKです。

 

P62303554

そうこうしているうちに雨が本格的になってきてしまいました。カッパを来てカメラを濡れないようトップケースに入れて、モーリスタウンキャンプ場まで走ります。屋根もないので木の下にテントを張って落ち着きました。テントってありがたいものですね。テントのフライシートの下で簡単に調理できるもの、またしてもサッポロ一番!今度は味噌味を作って食べました。今日は雨の音を聞きながら眠ります。明日の天気が心配です。

 

BC州4

モーリスタウンまでのルート。今日の走行距離325キロ。合計3889キロ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

さて、北上開始!16号線をフラスターレイクまで 2014年6月22日

きのう泊まった宿、案山子農園、本当に良かったです。キャビンでインターネットにも繋げて20ドル。ぐっすり眠れました。

 

P62210580

今朝もホットシャワーを浴びてスッキリ。朝食をゆっくり取って10時過ぎに出発しました。カナダは雄大で素晴らしいですねというと、農園のおじさんが、ヨーロッパから来た連中も皆同じ事言うね、たしかに素晴らしい。けど、一番近いプリンスジョージの町まで200キロ以上ある、生活するのは大変、特にガソリン代がかかり過ぎるのが問題だよ、と言ってました。なるほどねぇ、と納得。

 

P62210593

国道16号線を進みます。カナディアンロッキーも見ることが次のできたし、次の目的地は北極圏のイヌビックだけれど、とりあえずはユーコン準州のホワイトホースを目指して行きたいと思います。この先15キロ、ムース(ヘラジカ)に注意の看板。ノルウェーでは見たことがありますが、カナダではまだ見ていません。ぜひ、会いたいものです。

 

P62203381

良さそうな川があったので釣りをしてみます。

 

P62203332

こんな感じのところで、水は濁っていますが、果たして。。。

 

P62203240

はい、こんにちは。開高けんいちです。いきなり40センチクラスのドリーバーテンでしょうか?イワナの親分みたいのが来ました。日本の感覚で言うと、濁った川にはこのようなトラウト系の魚は居ないイメージなんですが、カナダへ来てから見る川は、ほとんど濁っているんです。濁っていても魚はたくさん居そうなことが、これでわかって良かったです。この後も立て続けに25センチクラス、再び40センチクラスと来ましたか、水辺ギリギリのところであばれられて、切られてしまいました。相手をもっと疲れさせてから取り込むべきでした。今日はプリンスジョージで色々買い物などしなければならないし、まだ、午前中なので魚はリリースしました。

 

P62210705

プリンスジョージという町へ向かって16号を進みます。途中延々と森が続きます。

 

P62210746

プリンスジョージの大型スーパーマーケットの前にシーク教徒の寺院がありました。リトルインディアでもあるんでしょうか。

 

P62203404

プリンスジョージから先は大きな町が無くなるので10日分ほどの食糧を買いだめしておきます。キッコーマンのしょう油も買いました。300ミリリットルほどで4ドル(400円)です。高いですが、日本の物だから高いのではなく、全てが高いです。例えば、たまご6コで3ドルなどと日本の1,5~2倍くらいの感じでしょうか。

 

P62210757

今日はフラスターレイクにある、州立のキャンプ場に泊まります。シャワー無し、水・トイレ有りで16ドル(1600円)でした。お金を集めに来たお姉さんの兄弟が福島で英語教師をしていると聞きびっくりでした。

 

BC州3

フラスターレイクまでのルート。今日の走行距離393キロ。合計3564キロ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

カナディアンロッキー4日目(マウントロブソン) 2014年6月21日

昨日の夜は雨がずっと降ってましたが、朝起きると空は晴れています。何というグッドタイミング。今日はマウントロブソンというカナディアンロッキーの最高峰を見に行きます。山ははたして見れるのか?

 

P62109931

ジャスパーの町を過ぎてマウントロブソンへ向かう途中、列車が停まっていました。カナダへ来てから何度か列車が通るのを見てますが、その連結車両がえらく長~いんです。そういえば、シベリアでも長~い列車を何度も見ました。そのときは確か、とにかく長くて1キロくらいあるんだよね、何て人に話していたと思います。この列車は停まっている、ならば、バイクのメーターで測れるではないか!と思いついて測ってみました。さて、問題です。どのくらいあったでしょう?

 

P62109962

はい!最後尾まで着きました。長かったですよ~。答えは、1キロどころではありません、3,3キロありました。

 

P62110044

マウントロブソンに着きました。この圧倒的な存在感、何なんでしょう?バルセロナの町をバイクで走っていて、初めてサグラダファミリアが目の前に現れたときも腰を抜かすほどびっくりしたけど、この山もそれに匹敵するほどの威厳があります。山頂がガスっているのでレストエリアで早めの昼食を食べながらガスが取れるのを待ちました。

 

P62110103

来ました、ドカーン!っていう感じです。神々しいとでも言うんでしょうか。圧倒されて胸がプルプル震えそうです。今、私の立っているところの標高が826メートル。マウントロブソンが3954メートル。すごそこの近い所に3000メートル以上の壁がドーンとあるんです。この、近さと、見あげるような高さ、そして、横に何十にもある雪のスジ。これらが、合わさって独特の雰囲気を出しているんでしょうね。いや~、凄い、惚れました!

 

P62103170

こんなのも撮ってみました。感動しているけど忙しい私。

 

P62110325

撮影の関係でバイクの向きは逆です、さらば、マウントロブソン!また来る日まで!

ということで、4日間に渡るカナディアンロッキーツーリングは終了。カナディアンロッキー、最短で走り抜ければ400キロくらい、1日か2日の行程だと思います。私は写真を撮ったり行ったり来たりしている間に900キロも走ってしまいました。まだ、ジャスパー近郊とかは行ってないところも多いんですが、ひとまず、カナディアンロッキーは満足できました。次に目指すのは北極圏、カナダの一番北の方にあるイヌビックという町です。

 

P62110426

今日は、初めて民間のキャンプ場を訪ねてみました。マックブリッジ近くのスカーレクロー・ファームというところ。日本語だと、案山子農園ですね。wifi、ホットシャワーが付いてテントで15ドルも安いなと思ったけれど、このキャビンが20ドルというので、迷わずキャビンにしました。毎日こんなところばかりなら言う事なしなんですけどね。ここは特別安いような気がします。

ということで、一気にカナディアンロッキーのブログをアップできたというわけです。

 

P62110528

案山子農園の黒いワン公。7才のでぶちん男子です。人懐っこくてかわいいですよ。広ーい農園を気ままにゆっさゆっさとのんびり歩いています。

 

P62110517

案山子農園の家族の人が夕方、ハミングバードが来ているから見においでと誘ってくれました。ハチドリですね。南米以外では初めて見ました。カナダにも居るんだとびっくり。この水は砂糖水で置いておくと水を飲みにハチドリがやって来るそうです。面白いですね。

 

BC州2

スカーレクロー・ファーム(案山子農園)までのルート。今日の走行距離210キロ。合計3171キロ。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

カナディアンロッキー3日目(マヤッタ温泉) 2014年6月20日

カナディアンロッキー3日目です。今日はアイスフィールド・パークウェーをさらに北上して行きます。

 

P62008860

サンワプタ峠を越えて行きます。このあたりはなだらか斜面も一部あってスキーやボードで滑ったようなシュプールも所々見ることができました。心配なのは天気です。自分の頭のてっぺんあたりは晴れているのに、行く手の北の空は真っ白く曇っている様子。

 

P62008981

アサバスカ氷河です。やっぱりちょっと曇ってます。寒すぎることもあり、アイスフィールドセンタというところで暖まりながら1時間ほど天気待ちをしてみますが、好転する気配はありません。

 

P62002854

これは、アイスフィールドセンターで連続放映しているビデオをデジカメで撮影したものです。氷河のアトラクションとして、雪上バスで氷河を登り見学するというものがあるそうです。確か、5000円くらいの参加費でした。なかなか良いお値段。値段もありますが、今日は天気も曇り空なので、私は参加しませんでした。

 

P62009052

その代りに自分で100メートルくらいですが、氷河を登ってみました。クレバスなどに落ちる危険もあるのであまりおススメはできないということでした。

 

P62009193

その他、今年から始まった新しいアトラクションでスカイウォークというものがありました。絶壁の上をガラス張りの橋が半円状にあって、そこを歩くというものでした。これは、2500円くらいでした。これも不参加です。残念ながら、高すぎて手が出ませんでした。

 

P62009435

更に北上し、昨日寄ったバンフの次に大きいカナディアンロッキーの町を目指します。カナダのライダーです。やはり大きなバイクが多く、私なぞ小さいバイクにまたがる子供みたいなもんです。でも、我がXT250、すっごいですよ。今日久しぶりに燃費計ってみたらリッター40,5キロです!えらいなぁ、ロングツーリングの友としては頼もしいかぎりです。

 

P62009566

アサバスカ滝、大迫力です。

 

P62009647

ジャスパーの町の手前、アサバスカ川の淵にあるレストエリアで昼食。今日も懲りずにサッポロ一番チキン味。具に玉ねぎを入れるのが最近流行しています。

 

P62009708

ジャスパーの町です。食糧の尽きて来たのでスーパーマーケットへ行ってみましたが高い!まぁ、予想はしてました、田舎な上に、国立公園ですから。さらに、リカーショップのビールは安いところで2ドルのはずの500㏄缶が4ドルもしてます。こんなに高いなら飲まない方がマシってものです。でも、州の税金の違いでしょうか、ガソリンはアルバータ州に入ってちょっと安くなりましたよ。ここなんか、アルバータで一番高そうですが、それでも、レギュラーでリッター1,3ドル(130円)くらいです。

 

P62009779

ジャスパーの町から国道16号線を北上し45キロ進むで、温泉の看板を右折して17キロ進むとマヤッタ温泉に到着しました。

 

P620097610

入場料6,05ドル(600円)を払って中に入ります。外は硫黄の匂いがプンプンしていました。源泉温度も50度以上ということで期待していましたが、外れてしまいました。相当フィルターを通しているのか、硫黄が全く感じられません。もったいないことをするものです。無職透明無臭、いや、消毒臭はします。しかも、温度はぐっと38度くらいまで下げられています。手間とお金をかけてカナダの人が喜ぶような個性のない湯に仕上げられているようです。まったく残念。カナダは無料の温泉が良いですね。とは言っても、17ドルもする熊の出るキャンプ場に泊まってもシャワーは浴びれないのだから、6ドルで温泉に入れるのは貴重です。併設されているシャワールームで、しっかりと髭を剃り、身体も洗わせてもらいました。

 

P620098411

ジャスパーまで戻り、スナーリンキャンプ場に泊まりました。広いキャンプ場ですが、土曜日とあって見る見るうちにサイトがいっぱいにうまり空がなくなってしまいました。ここは15,7ドル(1570円)でした。何と夜中に雨が。。。明日の天気が心配です。

 

バンクーバー近郊8

スナーリンまでのルート。今日の走行距離288キロ。合計2961キロ。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

カナディアンロッキー2日目(キャンプサイトに熊さんが) 2014年6月19日

カナディアンロッキー2日目です。バイクで走っていると、次から次へこれでもかと絶景が現れるカナディアンロッキー。今日はどこまで行こうとかは決めていません。好きな風景の中で飽きるまでいて、また移動する。夕方になったらキャンプ場にテントを張って眠る、そんな感じで行ってみます。

P61907030

モスキートクリークキャンプ場の朝。キャンピングカーがずらりと並んでいます。ヨーロッパや日本のような小型のキャンピングカーは少数派で、バスのような大型のものや中型クラスのものが主流です。とは言ってもこうしたデラックス版はお年寄りが多いです。若者やファミリーはまだまだテント派も多いです。今まだ朝の6時半、寒いです。起きているのは犬の散歩をしている人と私くらいであとはみんなグースカ寝ています。

 

P61907241

もう一度モレイン湖が見たくて向かう途中、ハーバード湖の湖面に山々が写りこんでとてもきれいに見えました。モレイン湖もこうだといいのだけれど。

 

P61907362

モレイン湖への道です。

 

P61907313

望遠レンズで向こうの山を見てみました。

 

P61907464

ここの坂を下っていけば、モレイン湖。

 

P61907585

残念ながら、今日も湖面はさざ波が立っていて、逆さ写しの山々は見ることができませんでした。これでも、充分きれいですけど。モレイン湖はレイクルイーズに比べ、水の色が緑がかっていますけど、それは石が水に溶けているからだと誰かが言っていました。

 

P61907706

また、お気に入りのモレイン湖で2時間以上過ごしてしまいました。今度はカナディアンロッキーを貫く、アイスフィールド・パークウェーを北上して行きます。

 

P61907808

ボウ湖に着きました。ここまで来ると標高も2000メートル近くあるので寒いです。湖も6月中旬というのにまだ凍っていました。ちなみに、私は日本では冬でもモモヒキをはかないんですが、カナダに来てからは手放せません。毎日はいています。それくらい寒いんです、山は特に。

 

P61907797

ボウ湖のレストエリアで昼食休憩。カナダのレストエリアはテーブルとイスがあるのがありがたいです。毎日、お昼にお世話になっています。

 

P61908299

昼食後はボウ峠からちょっと歩いてペイトー湖の展望台へ。絵の具のインクのような不思議な色をした湖。そういえば、カレンダーか何かでこの湖の写真、今までに見たことのあるような気がします。

 

P619084610

夕方になってきたので、キャンプ場まで移動します。アイスフィールド・パークウェーの途中、ビッグホーンシープを見かけました。今日の動物はこれだけかな?と思っていたんですが。。。

 

P619086812

ランパートクリークキャンプ場、17,6ドル(1760円)でテントを張って、キャンプ場内の薪置き場から薪を取りに行った帰り、何とブラックベアーの熊さんとばったり会っちゃいました。熊さんはお前なんてカンケーネーみたいな感じなんですが。。。

 

P619086011

そして、私のテントサイトにまで来て洗濯したばかりのモモヒキをクンクン匂いを嗅いだりしているんです。そのうち、石をひっくり返してみたりして、何だつまんねーみたいな感じで他の人のサイトの方へ行ってしまいました。

これが、日本なら当然皆さん避難ということになるんでしょうが、熊さんが居て当たり前なのがカナダなんでしょうね。カナダにびっくりしっぱなしです。日本の常識が世界の常識ではないんですね、日々実感しています。

 

P619087013

食べ物や食器類はこのフードボックスに保管します。ぶきっちょな熊さんには開けられないような仕組みになっています。テントに食糧の匂いが無ければ安全ということで、私もテントでグッスリ寝ました。熊さんも近くのどっかでグッスリ寝ていたことでしょう。

 

バンクーバー近郊7

ランパートクリークまでのルート。今日の走行距離183キロ。合計2673キロ。

 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 

カナディアンロッキー1日目(モレイン湖) 2014年6月18日

カナディアンロッキーを目の前に、雨にたたられラジウム温泉で5日間の停滞。やっと今日出発です。国道93号線をロッキー方面へ登っていくと、雪をかぶり、切り立った岩山群がドカーンと見えてきました。天気もまずまずのようです。待った甲斐があったかな。

 

P61802760

まずは、モレイン湖というところを目指して行くことにしました。湖に向かう途中、山があまりにきれいなんで記念撮影。日本の東北に住んでいるので、なだらかなで山スキーに適したような山々ばかりを見ていたせいか、この壁のような岩山群には本当にびっくりです。しかも、ここだけじゃないんです。こんな景色が300キロ以上にも渡って続いているというのだから、もう、言葉もありません。

 

P61805871

お隣のレイクルイーズの方が有名なんですが、数年前からカナダのガイドブックを見ていて、モレイン湖の写真が素晴らしくて、ここに一番に来たくて行ってみました。もちろん今日もきれいでしたが、写真では湖面が鏡のように真っ平で山々がはっきりと写りこんでいたのです。今日は風もそれほど強くは感じませんでしたが、2数時間ほど待ってもさざ波はおさまりませんでした。

 

P61806012

次に、隣のレイクルイーズへ向かいました。途中にオシャレなロッジがありました。「ディア・ロッジ(鹿の小屋)」という名前。いったいいくら払えばこんなところ泊まれるのでしょうか。私にはお呼びでないようです。

 

P61806133

きゃ~かわいい!みたいなニュアンスで観光客に注目されていたバーニーズ。デカかったけど可愛かったですよ。レイクルイーズの前で飼い主にあまえていました。

 

P61806304

湖の水の色もあかるく、対面の雪山も美しい湖。カナディアンロッキーで持指折りの観光地です。レンタルカヌーが繁盛していましたが、30分で45ドル(4500円)とかなりのお値段。

 

P61806465

ボウバレイ・パークウェーという旧道を南へ、バンフというカナディアンロッキーの中心の町へ向かう途中、キャッスルマウンテンの見えるレストエリアで昼食休憩。

 

P61806496

まさに、お城のようなキャッスルマウンテン。

 

P61806617

ボウバレイ・パークウェーの途中でカリブー(トナカイ)を見かけました。カリブーは今回初めて見ました。

 

P61806678

バンフの町です。カナディアンロッキーの中では一番大きな町です。お土産物屋と洋服屋が多かったです。観光で成り立っている町のようです。町をちょっと散策してから、再びボウバレイ・パークウェーを今度は北上します。そろそろ、今日の寝床になるキャンプ場探しになります。

 

P61806829

しばらく走ると、今度はグリズリーに会いました。明らかに、ブラックベアーとは色も違うし、顔も違う感じです。まだ若いようで、1,5メートルくらいしかありませんでしたが、成長し大人になると2,5メートルくらいに大きくなるそうです。さすが、カナディアンロッキー、居るところには居るものですね。

 

P618070010

今日の宿泊地、モスキートクリークキャンプサイトです。17,6ドル(1760円)。

 

バンクーバー近郊6

モスキートクリークまでのルート。今日の走行距離351キロ。合計2490キロ。

 

 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 
 

明日こそは出発するぞ! 2014年6月16~17日

カナダツーリングをスタートし10日ほど、パンクなどトラブルはあったものの、天気は毎日晴天に恵まれ、温泉に入ったり釣りをしたりしながら何とかカナディアンロッキーの麓の町、ラジウム温泉へたどり着きました。ところが、ここで天気が崩れて今日で5泊目。明日以降は少し天気も回復しそうなので、出発を決意しました。

毎日ブログアップを心掛けて来ましたが、さすがにネタがないので今回は昨日と今日の2日分まとめてしまいます。

 

6月16日

P61605180

雨の合間にバイクでラジウム温泉の町へ出てみました。ビジターセンター横の道をキャンプ場方面へ登って行くと、ラジウム温泉の町が一望できる丘にたどり着きました。その後、スーパーマーケットでパン(見切り品で半額1,15ドル)とハンバーグ(2個で3,4ドル)とジャガイモ(1個0,75ドル)を買って帰りました。

 

P61605241

夕食です。ハンバーグを焼いてから、トマトソースで少し煮込んでみました。ジャガイモは茹でて塩をふっただけ、玉子を残して行った旅行者がいたので遠慮なく頂いて料理に加えました。

今日の走行距離18キロ。合計2139キロ。

 

 

6月17日

P61702660

今日もラジウム温泉へ入りにいきました。地球の歩き方カナダ編のカナディアンロッキーのあたりを読みながら入ったので、ロッキー観光の予備知識はバッチリ頭の中に入ったはずです。

 

P61702680

ラジウム温泉こ受付前に居るこのおじさん人形、ブログにラジウム温泉創立の父みたいな人じゃないかと書きましたが、今日行って良く説明文を読んでみると、ちょっと違っていて、カナダで最初に国立公園を作ったJ・B・ハーキンという人のようです。

 

バンフ天気

宿に戻ってバンフ(カナディアンロッキー中心都市)の週間天気予報をチェック。明日のマークは雨ですが、時間ごとの予報で見てみたら朝8時ころから快復へ向かうようです。その後数日間も完全な快晴ではありませんが、ここ数日の90%という降水量より少ないですし、晴れ時々雨のマークもあります。

もう、これ以上待つのも嫌なので明日は絶対出発することに決めました!


今日の走行距離4キロ。合計2143キロ。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

フェアモント温泉 2014年6月15日

今日でラジウム温泉の町に滞在3日目。

今日は40キロほど南にあるフェアモント温泉へ行って見ます。今のところ曇っていますが、いつ雨が降ってもおかしくない空模様。天気が心配です。

 

P61504650

国道へ出て2キロほど進むと、再びビッグホーンシープの群れに遭遇しました。羊というと、可愛いイメージを持っていましたが、このビッグホーンは美しい、というか気高い印象を持ちました。飼われているわけではなく、野生なんですね~。間近で見れるなんて感激です。

 

P61502501

走り出してしばらくすると、もう雨がぽつぽつ降って来ましたのでカッパを来て進み、フェアモント温泉の入り口に着きました。温泉だけではなく、ゴルフ場やスキー場、キャンプ場、プールなどが一体となったリゾート施設のようです。

 

P61502532

先ほどの入口からしばらく進むと駐車場があり、バイクを停めて歩いて行くと大きなプールが見えました。ここは入場料金がかかるようで1回12ドルということでした。私はもちろん入りません。目的は敷地内の別の場所にあります。

 

P61504806

プールと売店の間を抜け、川を眼下に見ながら橋を渡ってキャンプ場方面へ向かって少し歩くと、見えてきました。これが滝壺温泉か!でも、前に写真で見たときは滝壺に大きな湯船が作ってあったはずなのに、それは壊れてしまっているようです。それでも滝の左右にひとつずつと、お湯が流れ出た先にひとつ湯船らしいのが見えます。

 

P61504777

下へ降りて川沿いの道を歩き、滝壺へ近づいてみます。なるほど、温泉に違いないです。しかし、温度は足りないですね、37度くらいかな?今日の肌寒い天気だとちょっと辛いかも。

 

P61502543

せっかくここまで来たんだからと、入ってみました。暖かい日なら最高じゃないでしょうか。でも、また雨が降ってきちゃいました。あまりゆっくりできず残念。でも、実は、ここの風呂が今日の一番の目的ではないのです。フェアモント温泉にはヒストリカルバスと呼ばれる歴史的な湯小屋や地面から湧き出たすぐ横に作られた露天風呂があるというのです。それにくらべれば、滝壺温泉など大したことはありません。この滝、後から人工的に作ったもののようですし。

 

P615049610

駐車場の上の丘に石積みの建物があります。あれが歴史のある湯小屋だそうです。中へ入ってみましょう。

 

P61502584

湯小屋の中は3部屋に仕切られていて、それぞれ湯船がありました。この丘のあちこちから源泉が噴き出していて湯船へとお湯が引かれています。なかなか良い湯加減です、何だかカナダっぽくないな~。

 

P61504919

湯小屋の上の部分ですが、このように、ボコボコとあちこちから温泉が湧き出ていました。源泉に浸かって遊んでいる子供もいました。

 

P615050511

源泉が湧き出たすぐ横に作られた露天風呂です。今日の中ではここが最高に良かったですね。お湯の鮮度もさることながら、眺めの良さもぴか一。プールは12ドルもするのに、滝壺風呂とヒストリカルバスは無料で入ることができます。

温泉は最高だったのですが、この後降って来た雨はしばらく止まず、カッパを来てラジウム温泉のロッジまで戻ることになりました。ドミトリーで28ドルは安くないけれど、雨のときは本当にこういう宿がありがたいです。

 

P615050912

夕食はパスタです。ソースはトマトベースにツナと玉ねぎです。なかなか美味かったです。ごちそうさま。

 

今日の走行距離90キロ。

 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村