ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


カナダ

北米の釣り 2014年夏

6月から9月までバイクで北米を旅行しました。アラスカの北端のデッドホースへ行くことがこの旅行の一番の目的でしたが、途中、あちこちの川や湖で釣りも楽しみました。バイクなので釣りの道具を沢山は持てませんでしたので、小さくたためる釣竿とルアーという金属の疑似餌で釣りました。釣った魚のいくつかを、記録としてここにまとめておこうと思います。

 

 

P610029915[1]

■ドリーバーテン 50センチ超 (カナダ トラウトレイク 2014年6月10日)

いきなり来ました!何だかわからないけど50センチ越えの鱒です。さすが、カナダは鱒もデカいですね。糸が日本の岩魚用のままなので3ポンド(約1,4キロ)用なので、よく切れずにがんばってくれたと思います。今夜のおかずは鱒に決定!と喜んでばかりいるわけにはいきません。人間なら話せばわかるということもありますが、熊に会って「うまそうだな、それ、こっちによこせ」何て言われたらどうしよう?「魚は差し上げますから、命だけは助けてください」って熊語で何ていうのかな?などと、心配になってきます。

とりあえず、切り身だけビニル袋に入れて残りは川に流してキャンプサイトへ向かうことにします。

あとで、インターネットで調べました。魚はドリーバーデンと言う種類かもしれません。<ブログより>

 

 

 

P62203240[1]

■ドリーバーテン 40センチ (カナダ フラセー川 2014年6月22日)

良さそうな川があったので釣りをしてみます。水は濁っていますが、果たして...

いきなり40センチクラスのドリーバーテンでしょうか?イワナの親分みたいのが来ました。日本の感覚で言うと、濁った川にはこのようなトラウト系の魚は居ないイメージなんですが、カナダへ来てから見る川は、ほとんど濁っているんです。濁っていても魚はたくさん居そうなことが、これでわかって良かったです。この後も立て続けに25センチクラス、再び40センチクラスと来ましたか、水辺ギリギリのところであばれられて、切られてしまいました。相手をもっと疲れさせてから取り込むべきでした。今日はプリンスジョージで色々買い物などしなければならないし、まだ、午前中なので魚はリリースしました。<ブログより>

 

 

 

P62411592[1]

■ニジマス 25センチ未満 (カナダ デリック湖 2014年6月24日)

16号から6キロほど枝道を入ったところにあるデリックレイクの畔にあるキャンプ場で泊まることにします。ここは州立公園ではなく州のレクレーションサイトと呼ばれるもので無料で泊まることができます。早速デリックレイクで釣りをしてみると、ニジマスが立て続けに5匹釣れました。食べきれないので3匹だけいただくことにしてあとはリリースしました。<ブログより>

 

 

 

P70104231[1]

■ノーザンパイク 40センチ超 (カナダ ユーコン川支流 2014年7月1日)

緩やかな流れの川があったので釣りをしてみました。かかったのは40センチほどの雷魚?でしょうか。今まで雷魚は釣ったことがないので、これが雷魚なのかどうか判断しかねます。知っている人がいたら教えてください。

※後日、ノーザンパイクという魚と判明<ブログより>

 

 

 

P70505211[1]

■ノーザンパイク 30センチ超 (カナダ デンプスターハイウェー沿い 2014年7月5日)

天気が良く、余裕も出て来たので釣りをしてみます。何という魚かわかりません。知っている人がいたら教えてください。この後、別の湖で立て続けに糸を切られてしまいました。謎の怪魚?とにかく歯のある魚だとは思うのですが、ナイロンの糸では全く太刀打ちできません、無駄にルアーを3つも取られてしまいました。3つで18ドル(1800円)の損失も大きいけれど、ルアーに食いついた魚の今後の人生?(魚生)が気の毒です。食べてあげれば成仏できただろうに。。。釣り師というのは罪深いものですね。

※後日、ノーザンパイクと判明。インフォメーションにあったユーコンの魚という小冊子にはノーザンパイクには鋭い歯があると書かれていました<ブログより>

 

 

 

P719071010[1]

■アークティックグレイリング 25センチ(アラスカ サッグ川 2014年7月19日)

しばらく走ると、ブルックス山脈にぶちあたり、道は登り坂になります。ここからは峠越えになります。雨がしだいに雪に変わってきました。7月で雪とはさすが北極圏です。道にまで積もるような雪ではありませんが、バイクで走るには寒すぎます。

峠から降りてきました。少し空が明るくなってきたようです。久しぶりに見る青空。天気が良いと、釣りをする余裕も出てきます。これは、アークティック・グレーリングという魚。今夜のおかずゲットです。<ブログより>

 

 

 

P72707890[1]

■カラフトマス 60センチ (アラスカ ウィロー川 2014年7月27日)

今まで経験したことのない強い引きが竿に伝わってきました。竿はしなって今にも折れそうです。ここで慌てては、ルアーが外れるか、糸が切るか、最悪、竿が折れてしまいます。慎重にリールのドラグ機能(魚が引っぱれば、テンションがかかりながら糸が出て行く仕組み)を使いながら相手が疲れ抵抗力が無くなるのを待ちます。周りの人も、何でこいつこんな細い竿でサーモン釣りしてんだ?とか、何もたもたしてるんだ思ったことでしょう。自分には長い時間に感じましたが実際はそうでもなかったのかもしれません。

やがて、疲れ切った60センチのピンクサーモン(日本名カラフトマス)が出てきました。この瞬間、アラスカはもういい、大満足。明日からカナダへ向かい南下する旅をはじめようと思いました。フェアバンクスを出発したときはキーナイ半島も回ろうと思っていましたが、サーモンを1匹釣ってみると、もっと大きいのをとか、数をたくさん釣ろうとか不思議と思わなくなってしまいました。<ブログより>

 

 

 

P81122501[1]

■ドリーバーテン 40センチ(カナダ スタウベア湖から流れ出る川 2014年8月11日)

午前はゆっくり読書をしたりバイクを整備したりして過ごし、午後からはちょっと釣りに行ってみます。6月に50センチのドリーバーテンを釣ったポイントまで35キロなのでそこまでバイクで行って見ましたが、当たりも無しでした。同じところで同じ幸運は2度無いのかなと思ってがっかりしてキャンプ地に戻ってきました。

そうしたら何のことない、キャンプ地横の川で40センチ超のドリーバーテンがヒットしました。私は釣竿を2本持ってきていて今日は太い方の竿だったので楽に手元に寄せることができました。サーモンの時は釣れると思っていなかったので、細い竿でヒットしてしまい苦労しました。これで今日の夕食も万々歳です。

三枚におろして半身はビールのおつまみに、後の半身はパスタとまぜて食べました。昨日の23センチほどのドリーバーテンは生の状態では赤みがかった身で、料理すると白く変色しましたが、このくらいの大きさの魚になると熱を加えてもオレンジ色の身です。味も色もサーモンと変わりがありませんでした。同じドリーバーテンなのに、小さい魚と大きい魚で身の色が違うんですね。<ブログより>

 

 

 

アラスカ国境へ 2014年7月9日~10日

2014年7月9日

 

夜中までかかって何とかホワイトホースを出てから昨日までのブログをアップ。カナダはwifiに繋ごうと思うと高いキャンプ場やホステルに泊まらなければならないので、旅のレポートアップが遅れがちになってしまいます。

昨夜から今朝までずっと雨が降っていましたが、ブログをアップした以上、24ドルもするキャンプ場に泊まっていられないのでキャンプ場を移ります。

ユーコン川の対岸にあるホステルのキャンプ場は14ドルですがwifiは使えず。同じ使えないならばと、広々とした12ドルの州立キャンプ場へ移動しました。ドーソンシティーの図書館では1時間限定でwifiが使えるのでネットをチェックしてからドーソンの町を歩いて見ることにしました。

 

P70916300

ゴールドラッシュ時代の砂金採りのおじさんの銅像。

 

P70916351

これで古い町並み?と首かしげたくなるような感じです。アジアとは歴史の深さのレベルが違うことを痛感します。ゴールドラッシュなんてたった100年くらい前の話なんですから。

 

P70916392

ユーコン川の遊覧船です。トム・ソーヤーの冒険に出てきそうな船です。

 

P70916454

ユーコン川には橋が架かっていないので、バイクも車もこのフェリーを利用します。ドーソンシティーから私の泊まっている州立のキャンプ場へもこのフェリーで移動します。

 

P70916423

アメリカやカナダナンバーの荷物満載の旅人ライダーもたくさんこの町を通過していきます。

 

今日の走行距離22キロ。合計7558キロ。

 

 

2014年7月10日

 

P71016470

今日の天気は快晴、ユーコン川の向かいのドーソンシティーに別れを告げアラスカへ向かいます。

 

P71016501

トップオブザワールド・ハイウェーと呼ばれている道を進んでいきます。道はどんどん上り坂になり、眼下にはユーコン川が眺められます。

 

P71016522

何が世界一のハイウェーなのかと思っていたんですが、山々の尾根の上を行く道だから名付けられたようですね。眺めの良い道が続きます。

 

P71016543

それにしても、あの、有名な犬ぞりレース、ユーコンクエストのルートはトップオブザワールド・ハイウェーと平行して通っていて、この付近の山越えが一番の難所だそうです。夏でも肌寒いこの付近を真冬に犬ぞりで山越えするとは、凄いレースだなとあらためて思いました。

 

P71016614

さあ、もう少しでアメリカ・アラスカ州との国境です。

 

 

アラスカ7

アメリカ・アラスカ州国境へのルート。

 

カナダのデータ

走行距離 7672キロ

滞在日数 38日

使ったお金 2212ドル(バイク保険205ドル、バイクパーツ367ドル、キャンプ道具205ドルを含む)

1日平均の出費額 37,8ドル(ガソリン代、宿泊費、食費、施設入場料、釣り道具などを含み、上記初期投資を除く)

 
 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

北極圏への旅 デンプスターハイウェー復路 2014年7月6日~8日

イヌビックの町へ1泊した後は、通って来た道と同じデンプスターハイウェーを戻ります。イヌビックの更に先、北極海沿いの町トゥットヤットゥクまでの道は現在建設中で2018年完成予定だとか。完成すれば今より更に観光客が増えることでしょう。

 2014年7月6日

P70614880

デンプスターハイウェーに転がっていたバーストしたトラックのタイヤ。昨日はこのタイヤは無かったから、あの後バーストしたようです。トラックは大丈夫だったのでしょうか。大抵、トラックは100キロくらいのスピードでもうもうと土煙を上げて走って行きます。バイクの私はホコリまみれになってしまうのでいつも端へ除けて土煙が落ち着くのを待っていました。

 

P70615021

どこででも見ることができるヤナギラン。日本では高山でしか見ることができません。同じような気候のノルウェーでも道端にたくさん咲いていたのを思い出します。

 

P70615422

青空の下、今日も絶景の中を走ることができました。前回2泊したロックリバーキャンプ場に泊まります。

 

今日の走行距離341キロ。合計7013キロ。

 

2014年7月7日

 

P70705580

来るときはドロドロの姿で記念撮影をしたこれより北極圏の看板。

 

P70715484

70キロくらいのスピードでゆっくり走ります。私はいつもみんなに抜かされっぱなし。対向車で減速してくれる車は良いのですが、減速しない車からはタイヤではじかれた小石が飛んできて体にときどき当たって痛いです。ヘッドライトも割られないか心配です。なぜ皆さんこんな絶景の中飛ばすんでしょうか。もっと景色をたのしんでのんびり行けば良いのに。

 

P70715575

イーグルプラインスです。モーテル、キャンプ場、ガソリンスタンドがあり、デンプスターハイウェーの中継地点です。ここで給油します。あとは370キロ先までスタンドはありません。

 

P70705631

また雨が降って来たので、今日はドロドロ対策でレジ袋を使ってみました。靴も濡れないし汚れないし、良い感じでした。今後も雨の時はこの手を使いたいと思いました。

 

P70705702

雨も上がったので川で釣り。しかし、この魚は良く釣れます。何ていう魚かな?あまり美味しそうじゃないのでリリースしてますが。謎の怪魚(糸を3度切られた)対策でワイヤーを購入してルアーの根本に付けていますがあれから掛かってきません。ひょっとすると怪魚は雷魚?雷魚ってナイロンの糸を切るのかわからないけど。1回だけ雷魚が釣れたときはたまたま、切られないで済んだだけなのかな?とも思ってみました。ん~、怪魚の正躰何だったのかな?わからない。

※後日、この魚はグレーリングという魚と判明、ユーコンの魚という小冊子によると、北極圏では一番ポピュラーな魚ということです。そして、鋭い歯のある怪魚?はノーザンパイクという魚と判明しました

 

P70715836

このような池とも湖ともつかないのが大平原の中にいくつもあり、鏡のように青空と雲を映しています。

 

P70715968

もう夕方の6時過ぎですが、真昼のような日差しです。

 

P70705773

適当な場所を見つけて、ひとり野宿祭りを決行していますよ~!いや~、寂しいけど楽しいっす!

 

今日の走行距離374キロ。合計7387キロ。

 

 

2014年7月8日

 

P70816150

デンプスターハイウェーもあとわずかで終わりというとき、対向車のトラックが減速もせず通過していくとき、びっくりした鳥が道路へ出て来たと同時に轢き殺されてしまうのを目の当たりにしてしまいました。

 車が動物を轢き殺すなんて、ここだけの話ではありません。実は私も海外ではニワトリやら、何と韓国では小鹿まで轢き殺してしまったことがあります。北海道では毎年動物と衝突して亡くなるライダーが居ると聞きます。

デンプスターハイウェーはイヌビックの人々にとっては、有っても無くても同じような存在かもしれませんが、少なくとも動物たちにとっては無い方が良いのかもしれないな、なんて思いました。

実際、このハイウェー沿いでは動物をほとんど見かけません。中型以上ではヤギを3匹見ただけです。あれだけカナダ中に居た熊も見ないし、カリブーも見ません。動物の方であの近辺は危ないからと避けているのかもしれません。

でも、良い面も上げるならば、この道がなければ、私のような普通の旅行者が北極圏の原野の風景を見ることなど一生できないでしょう。誰でも簡単に素晴らしい感動的な風景に出会える道、そういう意味では大変貴重な道だと思います。もうすで道はできちゃったわけですから、後戻りはできません。私たちに出来るのは安全運転でゆっくり走るということでしょうか。

 

P70816222

 デンプスターハイウェー終了です。往復1500キロ。長かったですが、北極圏の景色を堪能することができました。木々の背丈がどんどん低くなるにしたがい視界が開けやがて地平線まで見渡せるようになって行くところが良かったです。

 

P70816243

国道2号線へ出てしばらく走るとドーソンシティーの入口です。かつて、ゴールドラッシュで賑わった町らしいです。

 

P70816295

ドーソンシティーの道並です。今になって観光地として昔風な町並みを再現しているのでしょう。

 

P70816284

その名もゴールドラッシュキャンプ場に泊まります。場所が町中にあって便利ですが、満杯状態に混んでいます。1泊テントだと24ドル(2400円)。wifi付き。ホットシャワーは6分で15ドル(150円)です。ちょっと高いですが、久しぶりにインターネットにアクセスしたいので泊まることにします。

ドーソンシティーのスーパーマーケットで買い物してきました。シティーといってもゴールドラッシュが去った今、イヌビックより全然小さな村なんですけどね。毎日麺類が多いので無性パンが食べたかったのでサンドイッチにします。今日買った物、パスタソース5ドル、ハム5ドル、アスパラガス6ドル、見切り品のパン半額で2ドル、見切り品のレタス9割引きで035ドル、シャンプー45ドル、合計税込で227ドル(2730円)でした。日本なら1000円ちょっとで済みそうなのに!

 

アラスカ6

ドーソンシティーまでのルート。今日の走行距離149キロ。合計7536キロ。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

北極圏の町イヌビック 2014年7月5日~6日

P705146411

 イヌビックでは町の中にあるハッピーバレーキャンプ場に落ち着きました。1泊15ドル(1500円)です。ホットシャワーがありがたいです。

 

P70505393

まずはスーパーマーケットへ買い出しに行きました。町の中心部にあるノースマートというスーパーです。人口3000人というと、私が日本で住んでい居る村と同じくらいのはずですが、こんなに大きなスーパーはありません。それに比べると、ここはかなり都会のようです。

 

P7050538   2

店内の様子です。品揃えも豊富でした、さすがカナダです。

 

P70505364

心配なお値段の方ですが。やっぱり高い!マヨネーズ1000円!その他にも、パスタソース700円とか、ハンバーガー800円とか、ブロッコリー500円とか。バンクーバーの約2倍くらいですかね。ガソリンはというと、レギュラーがリッター1,89ドル(189円)。ビールは350mlが1300円くらいでした。

 

P70614712

 キャンプ場から見たミッドナイトサンです。

P70614766

イヌビックの中心部町並みです。

 

P70605460

翌日町を散策。イヌビックの住宅街です。

 

P70614804

各家庭に暖房がパイプラインで引かれていました。

 

P70614743

これはイグルー教会。イグルーとはエスキモーの伝統的なテントのことだとか。

 

P70614865

モスクもありました。名前はミッドナイトサンモスクだそうです。

 P70605541

ノースウエスト準州のナンバープレートはホワイトベアーをかたどった物でした。

数十年前にデンプスターハイウェーが出来て、この町へも車やバイクで来ることが出来るようになりましたが、よく考えればもっともっとずっと前、ヨーロッパから白人が来るずっと前、何千年も前から先住民の人々はこの地で暮らしていたんですよね。私には不便に見えるここでの暮らしや想像すらできない冬の暮らしですが、大昔からこの地に留まり生活してきた人たちがいるということは、ここは生活必要な衣食住を得やすい好条件な環境に違いありません。道路が出来て喜んでいるのは白人と私たちのような観光客だけで、イヌビックの人たちには、少しは便利になったのかもしれないけれど、道路はあっても良いけど無くても良いくらいの存在なのかもしれないなと思いました。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

北極圏への旅 デンプスターハイウェー往路 2014年7月2日~5日

北極圏にあるイヌビックという町を目指してデンプスターハイウェーというダート(未舗装路)を北上していく旅のはじまりです。

2014年7月2日

 

P70204420

国道2号線からデンプスターハイウェーの看板に従って右折。ここからダートで735キロ先にイヌビックの町があります。

 

P70204512

今日はずっと天気が思わしくなく雨が降りそうな空でした。適当な川原を見つけて昼食休憩にします。

 

P70204503

今日の昼食は韓国製の即席めん、その名もキムチヌードルです。サッポロ一番ばかりだったので新鮮な味です。

XT250は燃費がリッター約40キロ。バイクのタンクと予備で携帯するガソリンタンクを足すと合計16リットル。ダートで燃費が落ちることを考えると約600キロ走ることができます。

 P70204524

今日はエンジニールクリークキャンプ場に泊まります。

デンプスターハイウェーの入り口にガソリンスタンドはあったのですが、カードでの支払いのみの無人スタンドでした。なので給油せずに走りタンクのガソリンを使い切り、予備タンクから給油しました。ここから170キロ先にガソリンスタンドがあるので、そこまでは余裕で走れるはずです。明日、再び満タンにします。

今日の走行距離335キロ。合計6079キロ。

2014年7月3日

 

P70304672

朝は曇りだったのに、雨がぽつぽつと降って来てしまいました。雨の中土の道をバイクで走ったことのある人はわかると思うんですが、道がツルツル滑って、それはそれは運転に気を使います。転ぶとケガの危険だけでなく、バイクを起こすのに手こずると、ガソリンが漏れて次のスタンドまでたどり着けなくなる恐れもあります。ここは、何としても転倒を避けなければなりません。時速30キロくらいで慎重に進んでいきます。

  P70304690 もちろん、バイクもドロドロになります。

 

 

 

 

P70304700

カッパを着て走りましたが、足元もこの通りドロだらけ。

無事にイーグルプラインスという地点で給油をし満タンになりましたが、リッター173ドル(173円)と高くなってきました。

  P70304994

何とか雨地帯を走り抜け、北緯3366分、これより北極圏の看板のところまでたどり着き記念撮影。

  P70313807

とにかく、落ち着けるキャンプ場まで走らなくてはなりません。さっきまで雨で景色を見る余裕もなかったけれど、北極圏は木々が低いため視界が広々しています。

  P70305082

今日はロックリバーキャンプ場に泊まります。12ドル(1200円)バイクを買って6000キロを超えたので3度目のオイル交換。本来ならフィルターも換えたいところですが、今回は延期。今は数に限りがあるので3回に1回の割合にしておきます。

  P70305071

本日の(も?)パスタ。具とパスタの種類を昨日とちょっと変え、ハム&アスパラのペンネです。我ながらかなり美味ですぞ。

 

今日の走行距離271キロ。合計6350キロ。

 

2014年7月4日

 

P70405112

こんな空なんです。晴れている部分もあるけれども荒れ模様。せっかくの北極圏をまた雨の中走るのではもったいないので、今日は停滞日とします。

  P70405123

幸い、キャンプ場の横が川なので洗濯しました。

 

P70405090

屋根付き小屋もあるので、蚊や雨から守ってくれるので快適に過ごせました。

  P70405101

電気はないものの、ケーナ(アンデスの笛)の練習をしたり、読書をしたり楽しく過ごせました。そうこうするうちにあっという間に一日が過ぎて行きます。

 

 

2014年7月5日

 

一日待った甲斐あって今日はドカーン!と晴れています。ロックリバーキャンプ場を出発です。

  P70514105

ほどなくすると前方に雲がナイアガラの滝状態になっているではありませんか。さすが北極圏の景色は違うなぁ、などと感心している場合ではありません。今日はライト峠という峠を越えなければならないはず。ということは、峠の向こうは雲の中?

  P70514196

ライト峠に近づいて来ました。青空と雲のコントラストがきれいですが、やはり向こう側の天気は悪そうです。

  P70514237

ライト峠のてっぺんです。やっぱり雲の中でした。ここまではユーコン準州でしたが、ここからはノースウエスト準州に入って行きます。

  P70514549

数十キロは雲の中でしたが、やがて天気は快晴に変わりました。標高は下がっているはずなのに、木々の背丈がどんどん低くなり、大展望が広がっています。どこまでも続く地平線を見ながら、地球はやっぱり丸いんだな、などと感心しながら一本道のダートを進みました。

  P70505211

天気が良く、余裕も出て来たので釣りをしてみます。何という魚かわかりません。知っている人がいたら教えてください。

※後日、ノーザンパイクと判明。インフォメーションにあったユーコンの魚という小冊子にはノーザンパイクには鋭い歯があると書かれていました

 

この後、別の湖で立て続けに糸を切られてしまいました。謎の怪魚?とにかく歯のある魚だとは思うのですが、ナイロンの糸では全く太刀打ちできません、無駄にルアーを3つも取られてしまいました。3つで18ドル(1800円)の損失も大きいけれど、ルアーに食いついた魚の今後の人生?(魚生)が気の毒です。食べてあげれば成仏できただろうに。。。釣り師というのは罪深いものですね。

 

P70505300

ちょっと脇道に入ったところで昼食休憩。ワイルドさは全然求めていない普通の旅行者なんですが、ベンチもないし、服もドロだらけになるし、仕方なくワイルド系になってしまいますな。

 

P705146110

イヌビックまでの道沿いに、ピール川とマッケンジー川と2か所フェリーで川を渡るか所があります。どちらも無料で、バイク1台のためだけにも船を動かしてくれます。アフリカでは、法外な渡し賃の値下げ交渉で1時間以上なんてこともあったなぁと懐かしく思い出しました。

    P705141412

今日はほとんど絶景の中を走ることができて満足な一日でした。人口3000人の北極圏の町イヌビックに到着です。

 アラスカ5

イヌビックまでのルート。今日の走行距離322キロ。合計、6672キロ。

  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村

北極圏へ向けて出発 2014年7月1日

ホワイトホースのバックパッカーズで3泊。雨が降っても屋根があり、快適なベッドやキッチンがあり、ホットシャワーがいつでも浴びれてインターネットへのアクセスもできる、でもちょっと人口密度が高すぎるのが難点でした。今日はそんなホワイトホースの快適生活から脱出します。目指すはデンプスターハイウェーを経て、1000キロ以上先のイヌビックという北極圏にある町です。

 

P70112783

 ホワイトホースの中心部にある犬の銅像。この町は世界的に有名な犬ぞりレース、ユーコンクエストの町です。オーロラ観測にも適しているそうで、冬は冬で夏以上に活気付くのかもしれません。いつか、冬にも来てみたい町です。

 

P70112824

 ホワイトホースを出発してしばらく走ると、大規模な山火事の後に遭遇しました。人為的な理由だけでなく、雷による山火事も多いそうです。

 

P70112865

 ガソリンスタンドに貼ってあった犬ぞりレース、ユーコンクエストのポスター。

 

P70112896

 今日71日はカナダデーで祝日です。建国記念日みたいなものでしょうか。各地でお祭りが行われているはずですが、なにせ、人口の少ない村がたまにあるくらいなので、盛りあがり方もそれなりに静かなものでした。

 

P70104260

緩やかな流れの川があったので釣りをしてみました。

 

P70104231

 かかったのは40センチほどの雷魚?でしょうか。今まで雷魚は釣ったことがないので、これが雷魚なのかどうか判断しかねます。知っている人がいたら教えてください。

※後日、ノーザンパイクという魚と判明

 

P70113048

 今度は湖があったのでまた釣りをしてみます。先客がいたので聞いて見るとニジマスが釣れるよ、とのこと。サイズ聞くと2030センチくらいかな、とのこと。

 

P70113027

 早速、私もルアーを投げてみると3投目くらいで20センチほどのニジマスがヒット!ニジマスは小さく てもジャンプして抵抗したり、力強い引きが楽しめるのが良いですね。この後も更に一匹釣れ、夕食のおかずにキープしておきます。

 

P70113119

今日はムースクリークにあるキャンプ場に泊まります。112ドル(1200 円)。

 

P70104342

ニジマスはそのまま焼いて食べました。メインはツナ缶とアスパラのパスタ。ホワイトホースで奮発して粉チーズとタバスコを買ったので味が新鮮です。

 

アラスカ4

 ムースクリークまでのルート。今日の走行距離404キロ。合計5744キロ。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

ホワイトホース滞在、北極圏の旅の準備 2014年6月29~30日

ホワイトホースではバックパッカーズに泊まることにしました。ここでは、北極圏イヌビクへの旅の準備とたまっていたブログのアップをしながら3泊滞在します。バックパッカーズなので相部屋のドミトリールームです。1ベッド1泊30ドル(3000円)もしますが、物価の高いカナダでは仕方がないのかもしれません。

 

P62912630

宿にはワーキングホリデービザで滞在している日本人の若者が2名。約、1か月ぶりで日本人に会い、日本語で話をしました。偶然にも2人とも一番の目的はバックカントリーのスノーボードということで、テレマーカーの私も話が合いました。

 

P62912701

ホワイトホースの町並みです。人口3万人と小さい町の割に、観光客も多く活気があるように感じます。アウトドアショップの充実ぶりもバンクーバーと変わらないほどの品揃えです。ガソリン代もスーパー食料品も僻地価格ではなく、安く手に入るのがありがたいです。

 

P62912752

若者の栗栖くんとブラブラ町歩き、お腹が空いたのでマクドナルドで昼食です。私にとっては今回の旅はじまって以来の外食です。ダブルビッグマックとコーヒーで8,2ドル(820円)でした。マックのくせに、なかなかのお値段を提示してきます。栗栖くんでない方のワーキングホリデーの若者に聞いたところ、最低賃金が自給12~15ドルくらいということなので、マックのこの値段はまあ、カナダでは妥当なところなのかもしれません。

 

P63004160

カナダをこれまでツーリングしていて、水とガソリンを常に携帯することの重要さが身に染みています。キャンプ場に着いても水がないことは良くあります。何もそれは、無料のキャンプ場だけのことではなく、1泊15ドルくらいする州立のキャンプ場でも水がないことがあります。なので、適当な水筒を探していたのですがなかなか良いものがありませんでした。ホワイトホースのアウトドアショップでMSRの10リッターの布製の水筒があったので買いました。これで52ドル(5200円)くらいしますが、使い勝手は良さそうです。それと、釣り用のルアーを8個、食糧を10日分くらい買いこみました。お金は散財しましたが、この町を出たらもうしばらく手に入らない物が多いのです。

明日から、北極圏への旅がはじまります。

 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ホワイトホース到着 2014年6月28日

さあ、今日中にホワイトホースに着けるでしょう。ホワイトホースに着いたら、まず、シャワーを浴びたいです。安全運転で行きましょう!

 

P62812451

ユーコン川に沿って道は続きます。カヌーを楽しむ人がだんだん増えて来ました。やはりカヌーが盛んなんですね。

 

P62812582

ホワイトホースの町に近づいて来ました。知りませんでしたが、茨城県の牛久市と姉妹都市だったんですね。

 

P62812603

ユーコン川沿いの小さな町、ホワイトホースに到着しました。

 

P62804150

キャンプ場へ行ってみると、wifiは今壊れていて使えないとのこと。ホワイトホース滞在の大きな目的がインターネットに接続することだったので、ホステルに向かうことにしました。リードドックというホステル、1ベッド30ドル(3000円)です。

早速、ホットシャワーを浴びて、洗濯、ブログの更新と忙しく過ごしています。

 

アラスカ3

ホワイトホースまでのルート。今日の走行距離245キロ。合計、5280キロ。

 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

アラスカハイウェー 2014年6月27日

今日も晴れ。国道37号線もあとわずか。アラスカハイウェーに出て、あと2日くらいでホワイトホースに着くはず。

 

P62704070

ユーコン準州に入りました。

 

P62712232

アラスカハイウエーとのジャンクションです。

 

P62712216

ジャンクションで給油します。アラスカハイウエーに出たからでしょう、北上してきているのにガソリン代がリッター1,54ドル(154円)と安くなりました。

 

P62712243

ホワイトホースへあと424キロです。

 

P62704091

あちこちで、山火事の被害があるようで、針の山のようになっていました。

 

P62712294

再び、森と湖の道をどんどん進みます。

 

P62712365

今日はモーレーレイク・レクレーションサイトでキャンプです。ここも無料のキャンプ場です。モーレーレイクは遠浅なので釣りには向かなそうです。

 

アラスカ2
モーレイレイクまでのルート。今日の走行距離276キロ。合計5035キロ。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

ホワイトホースまで500キロちょっと 2014年6月26日

今日も天気は快調。私も快調。あんなにはるか遠くに感じていたホワイトホースも射程圏内に入ってきました。今日も北上を続けて行きます。

 

P62603860

見よ、野生生活。

 

P62603871

はい、見てみました。熊さんは毎日のように見かけます。動物が多いので、やはり飛ばし過ぎは危険です。私の60~70キロで正解ではないでしょうか。と思うのですが、皆さん100キロくらいで飛ばしていきますね~。

 

P62603923

道路工事中。北上するライダーもたくさん見かけるようになりました。アメリカナンバーのバイクが多いです。目指せ、宗谷岬みたいなのりなんでしょうか。

 

P62603892

レストエリアで昼食。食後の休憩タイムはケーナの練習です。

 

P62612086

今日も森と湖の連続。

 

P62612147

真っ直ぐな道をのんびりと。疲れたら休憩。

 

P62603964

3週間前、バンクーバーを出発したときはあんなに遠くに感じていたホワイトホースもあと少し。一歩一歩確実に近づいています。

 

P62604055

今日のキャンプ場はフレンチクリーク・レクレーションサイト。ここも無料です。珍しく1組先客がいました。蚊さん、今日も元気です。

 

BC州7

フレンチクリークまでのルート。今日の走行距離265キロ。合計4759キロ。

 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村