ぽこけん

ぽこ&けんいちによる、海外ツーリング、国内ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです


テレマーク

あだたら山 2019年2月13日

安達太良スキー場の雪はまだ60センチと例年の半分ほどしかありませんが、山はそれなりに滑れるようになったのではないかと考え、今日は偵察に行って参ります。


登山口の雪はやっぱり少ないです。


今日はぽこゆうこも来ています。最近、左膝の不調のため、登りは楽しめても、下りは全くダメだそうです。


馬車道を登り、勢至平とくろがね小屋の分岐まで来ました。私たちは勢至平方面へと向かいます。


時折、風速20Mくらいでしょうか?強風が吹きつけます。普通なら撤退するレベルですが、前回、このポイントで雪不足のため撤退したので、同じ地点で引き返すのは悔しいので、もう少し先まで行ってみることにします。


篭山が見えてきました。


風が強く、倒されて転倒するほどです。気温も低く雪はサラサラで、ダイアモンドダストが吹き飛び流れて行くのがとてもきれいです。


矢筈森への登り。振子沢にたっぷりと軽い粉雪がたまっていて、滑走は期待できそうです。

風が強すぎるのが気になりますが、もう少し登っていくことにしましょう。


何とか、矢筈森へ到達しました。


薄っすらと、安達太良山の山頂も見えました。


矢筈森からの滑降準備をするぽこゆうこ。


ぽこゆうこ、振子沢源頭部より滑降開始!


けんいち滑降中。北海道以上?のパフパフ粉雪でした。


左膝をかばい、ゆっくりと滑降するぽこゆうこ。
不調でも登りを楽しむために、振子沢源頭部まで来ちゃうところが凄い・・・


今日のGPSトラックです。


今日の動画です。


富良野岳 2019年2月6日

今日も天気は風と雪。十勝岳は昨日偵察し、吹きっさらしの雪が全て飛ばされていたので、行き先を変更して樹林帯の多い富良野岳に行くことにしました。車は十勝岳温泉と吹上温泉の分岐に停めてスタート。


川を渡ってから樹林帯に進んでいきます。雪質は軽くてフカフカで期待できそうです。


どんどん標高を上げていきます。


樹林帯を抜けます。


樹林帯を抜けると疎林になってきましたが、風でフカフカの雪は飛ばされてしまっていて残念。滑りはこの辺りから下でないと楽しめないかもしれません。


さらに標高を上げていきます。行く手はホワイトアウト、雪質はガリガリ、風も強くなってきたので、この辺をドロップポイントとします、標高は1420M。


樹林帯まで降りてくると、軽いパウダーが待っていてくれました。白樺が美しく、やはり本州と違うな、という感じ。


川まで戻って昼食とします。富良野岳へ山スキーに来ているのは8割が欧米人でした。白銀荘に戻ってスタッフに聞いてみると、ニセコなどでは5,6年前から外国人が増えていたけれど、白銀荘には去年あたりから外国人が来るようになったということでした。やはり、北米やヨーロッパより雪質が良いので山スキーヤーが北海道に集まってくるのでしょう。


車を停めた場所まで車道脇を戻ります。


戻ってきました。展望はなかったけど、パウダースノーに大満足でした。


午後は白銀荘から、昨日も登った三段山へ行ってみることにします。天気も少し良くなってきました。


十勝岳と三段山の分岐で記念撮影。


三段山を滑り降ります。


これで、今回の北海道での山スキーは終了です。天気には恵まれませんでしたが、気温が低かったので、北海道らしいパウダースノーを堪能できて良かったです。また、来年の冬も来たいと思います。明日は雪祭り見物のため、札幌へ移動します。


白銀荘の温泉棟、いったいどれだけ雪が積もっているのか。


今日の富良野岳と三段山のGPSトラックです。


富良野岳の動画です。


三段山 2019年2月5日

おはようございます。白銀荘は自炊の山小屋なので、毎回食事は自分達で作らなければなりません。外人さんたちはパンとかバナナとか、フレークに牛乳を入れて食べたりしていましたが、私たちはやっぱり納豆と生卵とご飯とみそ汁。


天気はいまいち。気温はマイナス16度。今日は三段山へ行けるところまで行って帰ってくる予定です。


ここが、十勝岳方面と三段山方面の分岐。


さすがにいつもの福島あたりの寒さとは違います。顔面が痛い感じ。


1480M地点で、強風とホワイトアウトのため降りることにしました。


上の方は雪が固く締まっていましたが、樹林帯まで降りてくるとパウダーが楽しめました。


白銀荘まで降りてきました。


白銀荘の食堂まで戻って昼食休憩。このあと、温泉に入ってから午後は十勝岳方面を偵察にいくことにします。


十勝岳方面へ向かいます。


1180M付近まで登って引き返しました。


白銀荘のスキー乾燥室です。


乾燥室には、シールをかける専用な棚もあります。


今日のGPSトラックです。


三段山の動画です。今回は短めなので音楽なしです。


白銀荘へ 2019年2月4日

5連休なので、北海道へ山スキーに行くことにします。昨年の2月も北海道へ行く予定でしたが、空港でチェックイン後ぽこゆうこの母の訃報が届き中止となったのでした。あれからもう1年、早いものです。


無事に千歳空港に到着しました。これからレンタカーを借りて、大雪山十勝岳の登山口にある温泉付きの山小屋、白銀荘へ向かいます。


昼食は札幌ラーメンにします。


なかなか美味しかったです。


今回の北海道は、予報を見ても天気には恵まれない感じです。白銀荘へ来る間も猛吹雪で道路が見えなくて自動車の運転が難しい場面もありました。明日からの天気もあまりよくなさそうですが、無事に2年ぶりに北海道へ来れたので、まずは乾杯!


北海道の雪質が素晴らしいことは秘密にしておきたかったのですが、世界に知られるようになってしまい、白銀荘のお客さんも今や国際的、世界中から山スキー好きが集まる山小屋になりました。


鉄山・迷い沢 2019年2月1日

迷い沢近辺の沼尻スキー場の積雪量が120センチ、箕輪スキー場が190センチと増えてきたので、そろそろ迷い沢も滑れるのではないかと思い、偵察に行ってみることにしました。登山口に他の車は無し、今日はぽこゆうこは恵方巻作りのバイト、入山者は自分ひとりのようです。


看板の埋まり具合から見て、予想より積雪量が少ないのでは?と心配になります。


今日は連日に増して気温が低く、厚手のテムレスの手袋をしていても手がかじかむほど。雪質が良く軽くパウダーが10センチから20センチ積もっています。これは期待できそうと、足取り軽く進んで行きます。


雪が少なめかなと思っていたら、スノーブリッジをスキーを履いたまま渡れました。


ちょこちょこ笹は出ていますが、スキーをするには充分な積雪量です。


ガスは晴れませんが、今シーズン一番のパウダーが味わえそうです。


1430M地点から上は風も強く展望も利かないので、ここから滑走開始。このルートは緩斜面も多く、雪が多すぎると滑らないこともあるのですが、今日は軽く10センチから20センチのパウダーでスキーが滑り楽しめました。


ひとりなので、写真やビデオを撮ることもなく、一気に下まで滑り降りてきてしまいました。今日の昼食は天ぷらそばのカップ麺です。

下山後は中ノ沢温泉のリゾートインぼなりで汗を流して帰宅しました。


今日のGPSトラックです。


村山葉山 2019年1月20日

昨日、山形市内の雪の少なさにびっくりしていました。「道の駅天童」で車中泊して今朝、村山葉山の登山口へ向かうにつれ積雪量が増していき安心しました。村山葉山の西側には日本屈指の豪雪地、肘折温泉があります、山形市では田んぼの上の雪も溶けてしまっていたのに、わずか40キロほど移動するだけでこれほど積雪量がちがうものなのですね。


村山葉山は初めてです。長年憧れていた山ですが、やっと来ることができました。序盤は林道歩きが続きますが、斜度も維持されているので帰りは無理無く下って来れそうです。


林道に設置されているカーブミラーも、足元に埋もれています。標高はわずか300M足らずですが、さすが日本屈指の豪雪地です。


標高を上げるにつれガスが深くなってきました。今日は暦の上では大寒で1年で一番寒いはずですが、残念ながら今日は暖かく雨に限りなく近い雪が降っています。足元に積もった雪も重い湿雪で滑降に期待は持てません。


標高810M付近から滑降開始します。雪は重く、非常に滑りにくいです。


ぽこゆうこは、こんなに重い雪は滑れないとリタイア宣言。山形の豪雪地帯とはいえ、標高が低いですからねぇ。


下るにつれ、雪も雨に変わってきました。


林道に出て、今日のツアーも終了。


今日のGPSトラックです。
今回のビデオです。


刈田岳 2019年1月19日

せっかくの2連休、少し雪の多いところで山スキーを楽しもうと、昨日はけんいちの仕事終了後「道の駅米沢」まで来て車中泊。朝から更に北上してかみのやまの松屋で朝食を取ったあと蔵王のライザスキー場へ。今日は刈田岳神社への初詣と、樹氷原見物を兼ねて山スキーを楽しみたいと思います。


天気予報では今日は冬型が緩むとのことで青空に期待しながら進みます。雪不足で暖冬の今シーズンですが、さすがは山形蔵王、積雪量も樹氷の育ち具合も充分、あとは天気が回復して青空の元絶景を待つばかり・・・


避難小屋到着。未だにホワイトアウト。


標高を上げるにつれ、強風から突風に変わってきました。晴れれば、この辺りはこの世とは思えないほどの美しい樹氷原なのですが、全く視界は無く、寒すぎて鼻水ばかりが出てきます。


おお!天気回復の兆しが・・・と思ったのも一瞬だけでした。風は益々強くなり、寒いというより痛いです。手の指先の感覚がなくなるので時々、手袋の中でじゃんけんのグーの形を保持したり、もんだりして解凍します。


土曜日なのでたくさんの登山者が居ましたが、皆、手前で引き返してしまったようで、この突風の中で刈田岳山頂まで来るもの好きは、我らぽこけん登山部だけのようでした。


とりあえず初詣をして、今年もよろしくと安全祈願をします。昨年の初詣もここ、刈田岳神社でした。今後も毎年この時期に来れればいいなと思います。


吹っ飛ばされそうな風とホワイトアウトの中、必死で一歩一歩高度を下げて行くと、やがて風も穏やかになり、ガスも晴れて周辺が見渡せるようになってきました。やはり、樹氷は見事でした。


これが、今日のベストショットでしょうか?ほんの一瞬、青空が見え、樹氷に陽が差しました。


避難小屋へ戻ってきて、カップ麺の昼食。


スキー場へ向かって下山。


スキー場まで降りてきたら晴れていました。山の上はまだガスってますけど。今回はぽこ&けんいちのほか、トイプードルのユキも旅行に参加しています。ぽこけんが山へ行くときは車の中で留守番ですが、車中泊中は一緒に過ごしています。


蔵王温泉に移動しました。土曜日なのですごく賑わってました。外国人の方もいっぱい来ていました。私たちは蔵王温泉上湯共同湯に入りました。


髪の毛は洗えないのですが、硫黄泉であたたまります。


山形市内へ降りて、百目鬼温泉へ。山形市内は都会でもクオリティーの高い日帰り温泉激戦地。たまらんです。


今日散策してきた蔵王刈田岳方面を望む。雲がもうもうとしているあたりが刈田岳。やはり夕方になっても天気は完全回復しなかったようです。それにしても、山形市、雪全然ないけどだいじょうぶなんでしょうか!明日は村山葉山へ行こうかなと思ってるけど、こんなに雪が少なくて不安になってしまうよ・・・


今日のGPSトラック。


下山後は「道の駅天童」にて車中泊。明日は村山葉山だ!


昨年の刈田岳の記録

刈田岳・熊野岳 2018年1月12日

鎌房山 2019年1月15日

わが天栄村の羽鳥湖スキー場に来ています。今日は福島県民感謝デーで、福島県民は1日リフト券が無料なんです。ちなみに、栃木県民、埼玉県民、茨城県民、千葉県民無料デーもあるのでHPで確認してみてね。


とりあえず、2時間くらいはゲレンデを滑走してみます。一定角度のストレスのない斜度が続き快適です。また、日本一の高速クワッドリフトがあるので、らくらくと短時間でリフトトップまで登れるので効率よく滑れるのも良い感じです。


ゲレ食に力を入れているのも、羽鳥湖スキー場の特徴です。けんいちは第一回料理対決勝者メニューの「ガリステ」(ガーリックステーキ&ピラフ&温泉たまご)を注文。まぁ、リフト券が無料じゃなかったら頼まなかったけど、1500円でもその価値あったかも・・・というくらい美味かったですよ。


ぽこゆうこは、現在開催中の第4回料理対決メニューの一つ「味噌カツ御膳」。ゲレ食にしては、かなりのクオリティーだったそうだが、「ガリステ」をつまみ食いした結果、ガリステのほうが上だと思うとのこと。


さて、長らく引っ張りましたがようやく山スキー、午後の部スタートです。リフトトップからちょっと降りたところから、樹林帯の切り開きを登って行くのです。


ここ最近、降雪が無かった上、冷え込んでいるので雪は固めでした。安達太良や二岐山も同じような状況でしょうから、県内では相変わらず裏磐梯か会津でないと、まともな山スキーはできない現状かと思います。


下界まで広く見渡せる、樹林帯の切り開き。


切り開きの道を、カモシカが横切った足跡。


切り開きが終わると、明るいブナ林となります。シールをきかせて一歩一歩進みます。雪に覆われた森を歩くのは実に気持ちが良いです。


釜房山の山頂に着きました。雪不足ということもあり、最後の山頂付近は藪がうるさかったです。


雪不足の年に地元の山に登るとやっぱり寂しいです。ターンができなくてもなんでも、たっぷりとしたフカフカの雪があれば、それだけで満足なんですが古く固い雪しかありません。


ブナ林を下ります。ゲレンデに比べれば柔らかな雪が残っていましたが、クオリティーは低いです。


切り開きを下って今日のツアーを終了とします。総括するとすれば、福島県内で満足する山スキーは今のところ裏磐梯か会津にしかない。羽鳥湖スキー場のゲレ食はレベル高い、1500円もするが「ガリステ」を食すべき。さらに、もっと雪が増えれば大白森へ行ってみるのも面白そうだということ、以上!


今日のGPSトラックです。

温泉はやまゆり荘は定休日、悠久の里も月曜が祝日だったため火曜が定休日となり、温泉に入れず家に帰ってきてしまいました。まぁ、こういう時もあるでしょう・・・


西大巓 2019年1月10日

先日、安達太良山へ山スキーへ行って来ました。雪の多い年であれば今ころ、岩と岩に挟まれた沢の源頭部に吹き溜まったパウダースノーで山スキーが楽しめるのですが、それ以前の段階で雪不足で前に進めない状況でした。雪が全くない、または200センチくらいある、というのは攻略しやすいのですが、50センチから100センチくらいしかないというのは木々の枝に阻まれ、登りにくいのはまだ良いにしても、スキーで滑降するには障害物が多くかなり危険なのです。

今年の雪の少なさから判断するに、県内では裏磐梯西部か会津桧枝岐近辺以外ではまともに山スキーができないのではないでしょうか。と、なげかわしいですのう、という調子で始まった今回のブログですが、我が家から車で1時間半も走れば、毎年どっさどっさと雪が降り積もる奇跡の豪雪エリアがあるのです。それが、西吾妻近辺です。一番手っ取り早くドカ雪が堪能できるのが今回のルート、グランデコから西大巓の往復です。


500円の1回券を3枚買ってリフトを3本乗り継いでリフトトップへ行くつもりが、第一リフトから第二リフトへ乗り継ごうとすると、第二は運休中でゴンドラに乗ってくださいとのこと。ちゃんとリフトの運行状況を確認しておかなかった自分達のミスです。時間とお金のロスで再びゴンドラ経由でリフトトップへ。そして、新板&新シールで登高開始。板が軽くてありがたいけれど、踏み跡が無いので、ラッセルには苦労しそうです。


ニセピークを越え、西大巓の南斜面を登ります。天気がは悪くないけれど、風速は20Mくらいありそうです。


眼下には登山口のグランデコスキー場が見えます。


雪好きには本当にありがたい・・・雪不足といわれる年でもここまで来ればこれだけの樹氷に出会えるのだから。


気温の低さゆえ、肌の出ている部分は痛いくらい・・・時折、ダイヤモンドダストがキラキラと周辺を舞っています。


山頂が見えてきました。雪をかき分けかき分け、一歩一歩進んで行きます。


山頂直下から、下界を振り返ります。風も強く、気温も低いです、雲もはるか下に見えています。厳しい環境ですが、こういう場所こそがスキー天国なのかもしれません。


西大巓の山頂に到着しました!もう、何十回も登頂していますが、厳冬期としてはこれだけ視界のあるのはラッキーな方です。後ろは西吾妻山です。


山頂から東斜面に滑り込みました。誰も居ないし、ぽこゆうこも今日はやめておくというので、正にひとりじめのプライベートゲレンデとなりました。私の場合、体力的に何本も繰り返し登るのは辛いということもありますが1本勝負の滑降を大事にしたいという気持ちが強いですね。その方が、美味く滑れなかったとしても、記憶にきちんと残る大切な1本になるような気がします。これが50歳のけんいち、1月10日の1本です。これ以上のシュプールを刻むことなく1本のみで満足して下山しました。


滑降後、西吾妻山を望む。昔は良く行ったけど、体力的にちょっと遠いよな・・・と思う今日この頃。


登りでは快調だったぽこゆうこ、下りになると、先日スキー場で転倒した右胸あたりが痛むらしく、かばいながら下山することになりました。


山頂近辺は強風が吹き荒れているため、偽ピーク直下まで降りて、風を遮り昼食休憩とします。


おにぎりでも何でも凍ってしまう厳冬期の定番は、やっぱりカップ麺です。美味すぎるぅ~!


最後はフカフカの雪の積もった森の中を降りていきます。ターンが楽しめるところは少ないですが、直滑降でも充分楽しいです。日本離れした幻想的な風景が連続して展開します。これを味わったら誰もが山スキーのファンになっちゃうんじゃないかと思います。


無事に下山しました。何日か下界で仕事して、また山へ戻ります・・・



今日のGPSトラックです。最短距離ではなく緩く弧を描いてますが、これがベスト。もっとも楽に登れる冬山ルートです。


今回のビデオです。

だいくらスキー場 2019年1月7日

去年の今頃は雪がたっぷりで、どこの山へ行こうか迷っていたものですが、今年は雪不足でなかなか厳しい状況が続いています。先日安達太良山へ行ったけれども、馬車道以外はシールを貼ったまま下るような状況でした。

私は、山スキーへ行ける目安として、周辺スキー場の積雪量をチェックしています。ちなみに昨日の積雪量。安達太良山系は、あだたら50㎝、箕輪80㎝、沼尻70㎝。期待の裏磐梯はデコ190㎝、ネコマ100㎝、天元台240㎝。那須山系では羽鳥湖100㎝、mt.ジーンズ80㎝という数値。

県内では、裏磐梯か会津以外ではまだ山スキーができる状態ではないようです。会津のスキー場の積雪量を調べていると、だいくら月曜シニア1日券2000円の文字が飛び込んできました。無理して山に入って木の枝にでもスキーを取られてケガするより良いか、しかも、ぽこゆうこは初すべりで初板デビューなのでスキー場もありかなということになって、急遽、本日はだいくらスキー場でゲレンデスキーとなりました。


今季初すべり&ほぼ10年ぶりに板を新調したぽこゆうこ。


だいくらスキー場は家からわりと近いのだけれど、約10年ぶりくらいかも。広々としていて、緩すぎず、急すぎず、斜度20~30度くらいのコースが多く滑りやすいです。会津なので雪もパフパフです。そして、手袋はもちろんテムレス。


新板ですが、まず軽さが心地よい・・・片手で楽々両板を持ち運びできます。山を登るときにはこの軽さがとてもありがたいです。そして、センター86㎜というのもテレマークにはちょうど良いかも。滑りも、軽いからといってバタつくわけでもなく滑りやすくひとまず安心しました。長く付き合っていけそうなメインのテレ板になりそうです。


山だと登り9割、下り1割という感じですが、ゲレンデだと滑りっぱなし。体力よりも筋力に気を遣うところですね。そこで、パウダーとか面白い斜面では真面目に楽しんで、それ以外では何時間でも滑り続けられる突っ立ちテレマークで筋力を温存します。この突っ立ちテレ、急斜面以外では全く疲れず何キロでも滑れるのでおススメ滑降法です。


リフト券が安かったので、昼食くらいはお金を落とそうかと食堂へやってきました。やはり平日の冬休み期間なのでファミリーとシニアが多いですね。


ぽこゆうこはソースカツ丼で、けんいちは牛乳屋味噌ラーメンとミニカレー。たまにはゲレ飯もグーですね。


昼食を取った第1ロッジ食堂からゲレンデを見渡します。ゴンドラがあるわけではなく、かなり昭和な雰囲気ですが、雪質も良く、圧接されていない部分も多く2000円で楽しめました。


けんいちは突っ立ちテレ走法でいくらでも滑れたのですが、ぽこゆうこは後半、疲れから転倒が3回あり滑走を終えることにしました。下山後は藤沼温泉やまゆり荘で汗を流しました。

次回は、西大巓かな?